« 「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明 九州大グループ | トップページ | ECRR議長・バズビー博士が内部被曝について重大な警告 »

2011年8月 3日 (水)

日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給するシステムを開発

日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給
するシステムを開発

2011/08/02 techon.nikkeibp

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Pcs
図1 左がリーフと接続して住宅に電力を
送る電力制御装置


 日産自動車は2011年8月2日、電気自動車
(EV)「リーフ」から住宅に電力を供給
するシステムを開発したと発表した
(図1)。

 リーフの急速充電口と電力制御装置を
ケーブルでつなぎ、同制御装置から住宅の
分電盤に電力を送る。

 最大6kWと大きな電力を住宅に供給
できる。

 リーフの電力容量24kWhの電池を満充電
にしておけば、「一般的な住宅の二日分
の電力をEVでまかなえる」
(日産執行役員ゼロエミッション事業本部
担当の渡部英朗氏)ことになる。

 2011年度内の販売を目指す。

 日産は、積水ハウスが日産の本社
(横浜市)近くに建設した住宅に今回の
電力供給システムを導入し、発表に併せて
動作の様子を実演した(図2)。
 住宅の駐車場に分電盤と接続した
電力制御装置を設置する。

 電力制御装置とリーフをケーブルで
つなぎ、駐車場に設置してある
タッチパネル付きディスプレイを操作する
と住宅内への電力供給が始まる。

 電力制御装置からの出力電力は、
電圧200Vで周波数が50/60Hzの交流である。

 電力制御装置とリーフの間の電力の
やり取りに際しては、「CAN」を利用した
制御信号を使う。
 制御信号のプロトコルは、急速充電規格
「CHAdeMO」で規定されたプロトコルを基に
日産が独自で拡張した仕様にしたという。

 電力制御装置から車載充電器に向けて
CANを使って出力電力などの要求信号を
送り、車載充電器側がそれに応じて
車載電池から電力を放電させる。

 なお既に発売しているリーフを今回の
システムに対応させるには、ハードウエア
部品の追加や変更はないが、ソフトウエア
については変更が必要になる。
---------------------------------------

>リーフの電力容量24kWhの電池を満充電
>にしておけば、「一般的な住宅の二日分
>の電力をEVでまかなえる」
電気自動車の電池って結構な容量を持って
いるのですね。

スマートグリッドが整備された段階で
車の電池を利用して電力の安定化に
つなげようとする話は聞いていますが、
私は懐疑的。

そもそも車として走るために充電して
いるものを他の目的で使用するとは
考えにくい。電池の寿命にも関わる。
非常時の電源としての意味は認めますが、
どうなんでしょう?

満充電したとしても、現在の電気自動車の
走行距離は十分ではない。

家庭で電源として使うのなら、それ専用の
電池を準備した方が良いのではないか?
車と、住宅での使用環境は違う。
従って設計条件も違う。
それ専用に設計した方が安価にできるの
では?

電気自動車がかなり普及して来た場合、
その有効利用という意味でのこうした
使い方はあるのかも知れませんが、

良く分かりません。様子見ですね。
興味深い。話ではあります。

|

« 「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明 九州大グループ | トップページ | ECRR議長・バズビー博士が内部被曝について重大な警告 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給するシステムを開発:

« 「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明 九州大グループ | トップページ | ECRR議長・バズビー博士が内部被曝について重大な警告 »