« 糖鎖の迅速プロファイリング技術でiPS細胞を精密評価 | トップページ | Apple、1,500万台のiPhone 5を発注か »

2011年7月 8日 (金)

WiMAX2はやすぎる! フィールドテストで下り最大150Mbpsを達成

WiMAX2はやすぎる!
フィールドテストで下り最大150Mbpsを達成

2011.07.06 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「WiMAX2」は、現在サービス中の
モバイルブロードバンドを提供している
インターネット回線サービス「WiMAX」を
さらにパワーアップさせたもの。
 最近だとガチャピンとムックが100万契約
突破のCMをやっていますね。

 そのWiMAX2の特徴は、下り最大330Mbps、
上り最大110Mbpsの高速回線。
 今の固定回線ですら100Mbpsが一般的
なのに、このスピードを持ち出して
使えるんですから...ほんとすごい時代に
なったもんですね。

 その回線速度がこちら。
 下りスピードが150Mbpsも
出ちゃってる...!!
 下りは最大330Mbpsなので、おおよそ
半分の実測値ですね。

 今回はテスト用の20MHzシステムを
使っているので、この数値に落ち着いて
いますが、40MHzを利用することで
下り最大330Mbpsを実現するそうです。

 そのWiMAX2は、2012年以降に
正式サービスが開始されるようで、
もちろん後方互換を備えているため、
WiMAXの既存製品もWiMAX2の基地局に
接続できますよ。

サービスインが楽しみだ!
---------------------------------------

確かに「ほんとすごい時代になったもん」
です。

性能は十分だと思いますので、
是非、サービスエリアを広くしてください。

折角あっても使えないのでは意味がない。

光より安くて良いと思うのに、
現在住んでいるところでは使えない。

サービスエリアからちょっと外れている
のです。

|

« 糖鎖の迅速プロファイリング技術でiPS細胞を精密評価 | トップページ | Apple、1,500万台のiPhone 5を発注か »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52151901

この記事へのトラックバック一覧です: WiMAX2はやすぎる! フィールドテストで下り最大150Mbpsを達成:

« 糖鎖の迅速プロファイリング技術でiPS細胞を精密評価 | トップページ | Apple、1,500万台のiPhone 5を発注か »