« 浄化設備 汚染水漏れ半日停止 | トップページ | 「核燃料サイクルは破綻している」 »

2011年7月11日 (月)

天然ウナギの卵、大量にとったどー マリアナ諸島沖で

天然ウナギの卵、大量にとったどー
マリアナ諸島沖で

2011年7月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 天然のウナギの卵を大量にマリアナ諸島
沖で採取することに、東京大や九州大など
のチームが成功した。

 日本に持ち帰った卵を10日、東京都内
で報道関係者に公開した。
 卵がとれた深さや日時から逆算すると、
産卵は日没~夜11時に、
水深150~200メートルで行われると
推定できるという。

 ウナギの天然卵の採取は、世界初となった
2009年5月に続き2回目。

 天然ウナギの資源は激減している。
 産卵生態の解明は、飼育下で卵から
育てる「完全養殖」の実用化に役立つと
期待されている。
---------------------------------------

Good Newsだと思います。

「完全養殖」の実用化出来ると良いですね。
このままだと絶滅してしまう。

関連記事です。
ウナギの卵:東大で世界初公開
16日からは一般にも

毎日新聞 2011年7月10日

|

« 浄化設備 汚染水漏れ半日停止 | トップページ | 「核燃料サイクルは破綻している」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52177540

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ウナギの卵、大量にとったどー マリアナ諸島沖で:

« 浄化設備 汚染水漏れ半日停止 | トップページ | 「核燃料サイクルは破綻している」 »