« 鄭雄一さん 「骨博士」と呼ばれる東大教授 | トップページ | ドラッグストアで買える家庭用放射線測定器「エアカウンター」、エステーから »

2011年7月28日 (木)

大規模な太陽熱発電装置、米アリゾナで建設予定

大規模な太陽熱発電装置、米アリゾナで
建設予定

2011年07月27日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米アリゾナ州にて、高さ800メートルを
超える巨大ソーラー発電塔が建設される
そうだ。
 興味深いのは、太陽電池を使わずに
太陽熱を使って発電を行うという点
(Gizmag、本家/.)。

 仕組みは非常にシンプルで、塔の下には
巨大な温室装置があり、そこで暖められた
空気が中央の塔に集まり上昇気流が生まれ、
塔基部に設置されたタービンによって発電
が行われる。

 建設予定地の砂漠地帯では地表温度は
40℃程であり、温室内では80~90℃にも
なると考えられるとのこと。

 800メートル以上の塔の最上部との
温度差は大きく、強い上昇気流が生まれ、
ピーク時には200メガワットの出力が
期待されているという。

 他にもメリットとして次の点が
挙げられている。

・絶対温度ではなく温度差を活用する
 ため、天候に左右されない
・日中に温室が十分に暖められるため、
 夜間も発電可能
・暑く乾燥した土地に適した発電設備の
 ため、砂漠など実用性の低い土地を活用
 できる
・タービンのメンテ以外のメンテナンスは
 ほぼ必要ない
・太陽と空気のみで稼働可能
・環境を汚すことがなく、温室で植物を
 育てることも可能

 建設総額は7億5000万ドル(約585億円)
とのことだが、完成した暁には11年で元が
取れる計算だという。
 塔の耐久年数は80年を目指しているとの
こと。
 すでにSouthern California Public
Power Authority社への電力販売契約も
締結しており、およそ15万世帯に電気が
送られる計画であるとのことだ。
---------------------------------------

太陽熱と言うと、太陽光を集めて直接
媒体を暖めて、タービンを回すという
タイプを思い浮かべてしまいますが、
高さ800メートルを超える巨大ソーラー
発電塔をつかった温度差を活用したもの
だそうです。

天候に左右されず、夜間も発電できる
とは素晴らしい。
残念ながら日本では適地が無いよう
ですが、、

いろいろありますね。

|

« 鄭雄一さん 「骨博士」と呼ばれる東大教授 | トップページ | ドラッグストアで買える家庭用放射線測定器「エアカウンター」、エステーから »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52329758

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模な太陽熱発電装置、米アリゾナで建設予定:

« 鄭雄一さん 「骨博士」と呼ばれる東大教授 | トップページ | ドラッグストアで買える家庭用放射線測定器「エアカウンター」、エステーから »