« 提言「原発ゼロ社会」 | トップページ | 体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか? »

2011年7月14日 (木)

歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用

歯を腎臓内で育て移植
東京理科大、再生医療に応用

2011/7/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京理科大の辻孝教授らは歯の再生医療
の新手法を開発した。

 マウスの実験で、腎臓内で歯と歯周組織を
細胞から育て、口内の歯を失った部分に移植
し定着。
 再生した歯は移植後すぐに機能した。
 作りやすい場所で十分な機能を持つ器官
を育てて移植する将来の再生医療の足がかり
になる。

 成果は米科学誌「プロスワン」(電子版)
に13日掲載される。

 大塚ホールディングスグループの
オーガンテクノロジーズなどとの共同研究。
 マウスの胎児から得た、歯のもとになる
「歯胚」から上皮細胞など2種類の細胞を
取り出し、再び集めて再生歯胚を作った。

 これをプラスチック製器具を使って別の
マウスの腎臓内に入れ、長さなどを調節
しながら成長させた。

 60日後には歯と歯周組織が成長。
 臼歯を抜いたマウスに育った歯を移植
すると、すぐにかめた。
 40日後にはあごの骨にくっつき、血管や
神経も歯に入り込んでいた。
 痛みの刺激が神経を通じて脳に伝わる
のも確認した。
 歯を支える骨をなくしたマウスでも、
 再生した歯や歯周組織が定着した。

 研究チームは歯胚を新型万能細胞
(iPS細胞)から作る研究も
始めている。
---------------------------------------

良さそうですね。
歯の再生医療。

まだ臨床応用までには時間が掛かりそう
ですが、期待したい。

|

« 提言「原発ゼロ社会」 | トップページ | 体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52206278

この記事へのトラックバック一覧です: 歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用:

« 提言「原発ゼロ社会」 | トップページ | 体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか? »