« マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製する方法の開発に成功 | トップページ | 沿岸部の原発に迫る別の危険...クラゲ発生でも原子炉停止に追い込まれる! »

2011年7月 8日 (金)

藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立 ~燃料生産能力が最も高い藻の開発に成功、実用化を目指す~

藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立
~燃料生産能力が最も高い藻の開発に成功、
実用化を目指す~

2011年7月7日 IHIプレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 株式会社IHI(以下、IHI)と
有限会社ジーン・アンド・ジーン
テクノロジー(以下、G&GT)および
株式会社ネオ・モルガン研究所
(以下、NML)は、IHI NeoG 
Algae
(アイエイチアイ ネオジー アルジ)
合同会社を設立し、藻類バイオ燃料事業に
関する技術開発を共同で実施することに
合意いたしました。
 なお、会社設立は平成23年8月上旬を
予定しており、IHIは本事業の推進の
ため、当初2年間で4億円の投資を行います。

 このたび、神戸大学発ベンチャーの
G&GTが、現時点で明らかになっている
藻類の中で、燃料生産能力が最も高い藻
(以下、榎本藻(えのもとも))の保有を
明らかにしました。

 榎本藻は国内で発見された特殊な藻を
ベースに、G&GTの顧問である榎本 平
教授の指導のもとで、独自の品種改良を
重ねて、燃料生産に適した性質を持つように
開発された藻です。

 さらに、G&GTは榎本藻(えのもとも)の
性能を最大限に発揮できる培養法の開発
にも成功しました。

 榎本藻(えのもとも)は、燃料を生産する
緑藻(りょくそう)であるボツリオコッカス
の一種となりますが、一般的な
ボツリオコッカスに比較して一ヶ月間で
約1000倍の量に増殖します。
 また雑菌等の他の生物が混在する環境
でも培養が可能となる堅牢性を有している
だけでなく、生産する燃料は重油に相当する
高い品質であることが確認されています。

 IHI NeoG Algae 代表
藤田 朋宏は、次のように述べております。

 「藻類バイオ燃料に対する期待と投資が
世界中で高まっています。
 我々は、食糧を燃料に変換する方式
ではなく、太陽のエネルギーで二酸化炭素
を燃料に変換する光合成によって、食糧を
使わなくても高速で増殖する榎本藻
(えのもとも)を用います。
 プロジェクトを推進するために、
世界トップクラスのプラント技術を保有する
企業と世界で活躍するバイオテクノロジーの
ベンチャー企業が一つの器でゴールを目指す
体制を整えることができました。
---------------------------------------

2014年にも燃料の試作品を販売する計画
らしい。

>2020年までにはコストを
>10分の1以下に下げ、ジェット機向け
>の燃料などとして販売したい
とのことです。

頑張って欲しい。

こちらのものとは違うようです。
日本を産油国にする「藻」

こちらはボトリオコッカス・ブラウニー
ではなくて、オーランチオキトリウム
という藻です。

榎本藻が本当に一般的な
ボツリオコッカスに比較して一ヶ月間で
約1000倍の量に増殖します。
ということであれば、こちらの方が
生産効率は高いのかもしれない?

競争激しいですね。
どちらも頑張ってください。

>日本発の技術を磨きあげ、日本経済の
>為に貢献するだけでなく、数十年、
>数百年先を見据えて地球環境を守り改善
>することを目標にし、今後世界を変える
>ための技術を作り上げていきます。
という意味では同じですから、

|

« マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製する方法の開発に成功 | トップページ | 沿岸部の原発に迫る別の危険...クラゲ発生でも原子炉停止に追い込まれる! »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52150525

この記事へのトラックバック一覧です: 藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立 ~燃料生産能力が最も高い藻の開発に成功、実用化を目指す~ :

« マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製する方法の開発に成功 | トップページ | 沿岸部の原発に迫る別の危険...クラゲ発生でも原子炉停止に追い込まれる! »