« 歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用 | トップページ | 7月13日 菅総理の「脱原発依存」会見について 小出裕章(MBS) »

2011年7月14日 (木)

体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか?

体重免荷トレッドミルによるリハビリは
従来のリハビリより優れているか?

2011年06月26日 Neurology

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 体重免荷トレッドミルという期待の
リハビリ方法がある.

 これは患者さんの体を吊り上げて,体重
の30~40%まで軽減させるようにし(免荷)
トレッドミル上を歩行するものだ.

 歩行速度を徐々にあげていき,歩行の
改善とともに体重の免荷の程度も減らして
いく.何といっても歩行が自力で行えない
早期から歩行訓練が行える点が魅力的で
ある.

 いろいろな疾患に適応があるが,当然,
脳卒中後の歩行能力の回復を図るために
使用される.

 残念ながら当院にはないが,日本国内
でもすでに使用されていると聞く.
 ただ,このリハビリ法の有効性に関する
エビデンスと,適切な開始時期については
確立されていない.

 今回,NEJM誌に体重免荷トレッドミルの
有効性についての検討が報告された.

 さて結果であるが,歩行の改善は,
早期免荷トレッドミル群と在宅リハビリ群
のあいだで有意差なし(主要転帰の補正
オッズ比 0.83,95%CI 0.50~1.39).
 待期的免荷トレッドミル群と
在宅リハビリ群でも有意差なし
(補正オッズ比 1.19,95% CI 0.72~1.99)
歩行速度,運動機能の回復,平衡感覚,
機能状態,QOL の改善についても,3つの
群で同程度であった.
 待期的免荷トレッドミル群における
リハビリ開始の遅れは,1年後の転帰に
影響なし.

 体重免荷トレッドミルによる歩行訓練
が,従来行われてきた自宅での漸増運動
に比べて優れていることを示せなかった
という残念な結果になってしまった.

 とても残念な結果だが,新しい
リハビリ法についても,エビデンスを
きちんと作っていくことはとても大切
だとあらためて感じた.
---------------------------------------

残念な結果だったようです。

早期に始められるのだから、良い結果が
出てもよさそうなんですが、違うの
ですね。
確かに,エビデンスは大事だと思う。

|

« 歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用 | トップページ | 7月13日 菅総理の「脱原発依存」会見について 小出裕章(MBS) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52206372

この記事へのトラックバック一覧です: 体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか?:

« 歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用 | トップページ | 7月13日 菅総理の「脱原発依存」会見について 小出裕章(MBS) »