« 防災減災の科学 液状化現象と側方流動 | トップページ | ”コミュニケーションをとる”ナノ粒子 ― MIT »

2011年7月 1日 (金)

あかつき 実験で原因を裏付け

あかつき 実験で原因を裏付け
6月30日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 去年12月、金星への軌道投入に失敗した
探査機「あかつき」は、エンジンに燃料を
供給する配管の弁が詰まったことが原因と
推定されていますが、地上での実験の結果、
燃焼を手助けする物質が配管を逆流すると、
燃料と化学反応を起こして、配管をふさぐ
ように結晶ができることが分かり、実験
からも原因が裏付けられました。

 日本初の金星探査機「あかつき」は、
去年12月、金星を回る軌道への投入に
失敗し、宇宙航空研究開発機構は、
あかつきから送られてきたデータを解析
した結果、「燃料タンクにつながる配管の
弁が詰まって、エンジンに燃料が十分供給
されなかった」などとする推定原因を
まとめています。

 これを裏付けるため、ことし3月から
地上での試験を行ったところ、燃焼を
手助けする酸化剤と呼ばれる物質が逆流し、
燃料と化学反応を起こして弁をふさぐ
ように結晶ができたということです。

 本来、酸化剤は、問題の弁によって逆流
できない仕組みですが、何らかの原因で
漏れを防ぐ部材からしみ出たとみられる
ということです。

 一方、6年後、再び金星への軌道投入が
できるかどうかについては、エンジンの
状態を調査中で、ことしの秋ごろにも
実際に宇宙でテスト噴射を行って確かめたい
としています。

 この調査結果は、30日に開かれる国の
宇宙開発委員会で報告されます。
---------------------------------------

あかつきの金星への軌道投入失敗の原因は
「エンジンに燃料を供給する配管の弁が
詰まったこと」らしいです。

配管の弁が詰まっているのなら、
金星への軌道再投入は難しそうですね~

関連記事です。
金星探査機:「あかつき」2015年
軌道再投入の計画発表

再投入の可能性は思ったよりあるのかな?

|

« 防災減災の科学 液状化現象と側方流動 | トップページ | ”コミュニケーションをとる”ナノ粒子 ― MIT »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52092416

この記事へのトラックバック一覧です: あかつき 実験で原因を裏付け:

» あかつき 2015年に金星再挑戦 [時々時事爺]
そううまくいくのか [?/]『はやぶさ』くんの時は並々ならぬ努力はもちろんあっただろうけど、底知れない偶然も重なったよな。その強運と人智を超えた部分での偶然が、あたかも『はやぶさ』自身の人格すら伴う行...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 22時58分

« 防災減災の科学 液状化現象と側方流動 | トップページ | ”コミュニケーションをとる”ナノ粒子 ― MIT »