« 「どこでも発電」の世界を実現!広がるエネルギーハーベスティング技術 | トップページ | ガン治療“画期的新薬”をめぐる日本の課題 »

2011年7月29日 (金)

空気式パラレルマニピュレータを用いた手首リハビリロボット

空気式パラレルマニピュレータを用いた
手首リハビリロボット

26 JULY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 岡山大学の研究グループは、手首の
リハビリ支援を目的としたロボットを
開発しています。

 このロボットは、粘性抵抗を自由に設定
することができます。

 粘性抵抗とは、水中で手を動かした時
などに生じる力で、速度に比例して大きく
なります。

 手首動作に対して支配的に作用する部分
に筋電位センサを取り付けることで、
筋力をロボットにフィードバックさせる
ことも可能です。

 現在、理学療法士の絶対数不足に対して、
ロボット技術の導入が望まれています。
 研究グループでは、このロボットに訓練
動作を獲得させることで、理学療法士の
代わりや補助として使われることを目指
しています。
---------------------------------------

良いですね。
空気圧なので優しい。リハビリに良いと思う。
普及して欲しい。

|

« 「どこでも発電」の世界を実現!広がるエネルギーハーベスティング技術 | トップページ | ガン治療“画期的新薬”をめぐる日本の課題 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52337143

この記事へのトラックバック一覧です: 空気式パラレルマニピュレータを用いた手首リハビリロボット:

« 「どこでも発電」の世界を実現!広がるエネルギーハーベスティング技術 | トップページ | ガン治療“画期的新薬”をめぐる日本の課題 »