« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の投稿

2011年7月31日 (日)

電子に働くスピン軌道相互作用を電気的に制御することに成功

電子に働くスピン軌道相互作用を電気的に
制御することに成功
(電子スピンを使った量子計算機の開発に
新展開)

平成23年7月25日
科学技術振興機構(JST)
東京大学 大学院工学系研究科
東京大学 生産技術研究所
日本電信電話株式会社

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題達成型基礎研究の一環
として、東京大学 大学院工学系研究科の
大岩 顕 講師と樽茶 清悟 教授や
日本電信電話株式会社(以下、NTT)の
研究チームは、半導体量子ドット注1)
において、電子に働くスピン軌道相互作用
注2)の大きさを、電気的に制御すること
に世界で初めて成功しました。

 電子スピン注3)は、電子が持つ磁石の
ような性質で、情報の基本単位である
「ビット」として利用することが可能です
が、単一の電子スピンの情報を操作して
記憶する技術の開発は、量子情報処理分野
で重要な課題となっていました。

 電子スピンを操作する方法としては、
スピンに働く軌道相互作用の利用が
知られています。

 この作用を強くすれば電子を高速に回転
でき、逆にスピンの情報を記憶する時には、
スピン軌道相互作用をできるだけ小さく
します。しかし、そのためには、軌道相互
作用の大きさを電気的に制御する技術が
必要不可欠ですが、これまでに成功した例
はありませんでした。

 本研究チームは、スピン軌道相互作用が
強い材料であるヒ化インジウム(InAs)
の半導体量子ドットと呼ばれる
ナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)
の箱のような空間に電子を閉じ込めること
により、この空間の中の電子の位置を電界
で制御する方法と、それを評価する新しい
方法を組み合わせることで、スピン軌道
相互作用の大きさを電気的に制御すること
に成功しました。

 これにより、絶対安全な暗号や莫大な
データベース検索など次世代高度情報化
社会を支える量子情報処理技術の発展に
大きく貢献することが期待されます。

 本研究成果は、東京大学 生産技術研究所
平川 一彦 教授との共同研究で得られ、
2011年7月24日(英国時間)に
英国科学雑誌「Nature Nano
technology」のオンライン速報版
で公開される予定です。
---------------------------------------

-----
<研究の背景と経緯>の中で、
数個の電子を閉じ込めた半導体量子ドット
がスピン量子ビット注4)として有望視
されています。
基本的な演算は、1つの電子スピンの方向
を操作(回転)することです。
そこで鍵となるのがスピン軌道相互作用
です。
すでにスピン軌道相互作用を含めいくつか
の方法で、量子ドット中の単一電子スピン
操作が実現されています。
スピン軌道相互作用を利用すると、電界は
磁場に変換されて電子スピンを回転させる
ことができます(図1)。
スピン軌道相互作用が強ければ、高速に
回転させることができます。
しかし、スピン軌道相互作用はスピンの
方向が乱れる(緩和)要因でもあり、
情報を長い時間保持しておくためには、
スピン軌道相互作用は弱いほうが望ましい
と考えられています。
従って、スピン軌道相互作用を単一の素子中
でうまく利用して、高性能な
スピン量子ビットを実現するには、
量子ドット中の電子数を一定に保ったまま、
その大きさを電気的に制御する技術が
必要不可欠です。
-----
と言ってます。

なんとなくわかります。
「スピン軌道相互作用の大きさを電気的に
制御することに成功しました。」
ということは、量子ビットをうまく制御
できたということですね。

理想的な機能を持つ電子スピン量子ビットや
スピン軌道相互作用スイッチング素子の開発
への一歩を進めることが出来たと言うことで、
今後に期待したい。

量子コンピュータの実現はいつ頃になるので
しょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ:ハンドルに心電センサーを搭載した事故防止システムを開発

トヨタ:ハンドルに心電センサー
を搭載した事故防止システムを開発

2011年7月30日 medTech News

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 トヨタ自動車が、ハンドルに
心電センサーを搭載した事故防止システム
を発表しました。

 ハンドルに心不全の予兆を検出できる
心電センサー がついていて、心血管異常
が予測されると、緊急車両が手配
されたり、停止制御システムが働くそう
です。

 カーナビが表示されるモニター部分に
心拍数と心電図 が表示され、異常が検出
されるとアラートが鳴るそうです。

 この事故防止システムの場合、ずっと
ハンドルに手を置いてないといけないと
いう問題がありますが、フォードは
座るだけで心電図を取るイスを開発して
いるようですよ。
---------------------------------------

なかなか良いアイデアですね。

ただ、保険みたいなものだから、どの位需要が
あるのかわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「多系統萎縮症」に共通の遺伝子異常 北海道大など発見、治療に期待

「多系統萎縮症」に共通の遺伝子異常
北海道大など発見、治療に期待

2011.7.30 msn 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 小脳などが萎縮し運動機能が失われて
いく神経系の難病で、遺伝とは関係のない
「多系統萎縮症」の患者の多くに共通の
遺伝子異常があることを、北海道大学
医学部の佐々木秀直教授(神経内科学)と
民間研究機関「DNAチップ研究所」
(横浜市)の研究チームが初めて突き
止めた。

 発症や進行を抑える治療薬の開発に
つながると期待されており、国際科学誌
に論文が掲載された。

 研究チームは同病を発症した患者の
遺伝子解析を実施。
 卵性双生児で一人が発症、もう一人が
発症していないケースを詳しく解析した
ところ、発症者の第19番染色体の一部が
欠損していることを確認。
 他の患者についても33症例中10症例
で同じ遺伝子領域に異常を発見したことで、
同遺伝子の異常が発症の大きな要因と
なっている可能性が高いことが分かった
という。
---------------------------------------

>発症者の第19番染色体の一部が欠損
>していることを確認。
>同遺伝子の異常が発症の大きな要因と
>なっている可能性が高い
と言っていますね。

遺伝子異常が原因で発症する可能性が
高いと言っていますが、
遺伝子異常の原因が遺伝から来ている
ものとすると家族の中にもっと発症する
人が多くなると思うのですが、
どう考えれば良いのでしょう?

多系統萎縮症は、医学的な言い方をすると
※「孤発性」であるケースが多い。
という言い方になる。

難病情報センターを見ると例えば
オリーブ橋小脳萎縮症では、中年以降に
発病する弧発性疾患で、遺伝性はない。
と言ってます。
どうも「孤発性」という言い方に違和感を
覚えます。

それとも遺伝子異常が、遺伝ではなく、
その後の環境要因とか老齢化によって
起こったもの? と考えて良いのか?
←この可能性の方が高いように思えます。

経過を見て行きたいと思います。

原因を特定することが最初の
ステップ。


私の「孤発性」という用語に対する
解釈は下記のものです。

※「孤発性」という用語は、たまたま
 同一家族内に1人しか発症者がない遺伝性
の疾患に対して用いられ、遺伝性でない
疾患には用いられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

1号機格納容器内、放射性物質濃度は建屋内並み

1号機格納容器内、放射性物質濃度は
建屋内並み

2011年7月30日12時37分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力は30日、福島第一原子力
発電所1号機の原子炉を取り囲む
格納容器内の気体を採取して分析した結果、
放射性物質の濃度は原子炉建屋内の空気中
の濃度とほぼ同じだったと発表した。

 3月の炉心溶融後、原子炉の中心部に
近い場所の気体を採取したのは初めてで、
今後の廃炉処理に向けて原子炉内部の状況
を把握する第一歩となる。

 格納容器内部とつながる細い配管2本を
使って内部の気体を吸い出し、成分を分析。

 その結果、1立方センチ・メートル中の
放射性セシウム137は20ベクレル、
セシウム134は17ベクレルで、予想の
約1000分の1だった。
 ヨウ素131は検出限界以下だった。
---------------------------------------

これはどういうことを意味しているので
しょうか?

メルトスルーして圧力容器に穴があき
燃料は下に落ちた。
すなわち、格納容器の中に落ちたはず。
だったのでは?

そうだとすれば、かなり高い放射線が
検出されないといけないはず。
ということは、格納容器の中には核燃料は
存在しない?
水棺は断念したのだから、水はそんなに
高い所までは無いはず。

燃料は格納容器をも通り過ぎて、地下に
あるのでは?

報道も東電の報告をただ、載せるだけ
とは?
何故考えられる可能性を聞き出さない?

燃料が地下まで達している可能性が
あるのなら、直ちに、地下水への接触
対策をとらなければいけないはず。
現在の行程で良いのでしょうか?

不安になりません?

万一地下水に接触して海に流れ出したら
大変なことになる。
どう考えているのかぐらい聞き出して
欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薬の使用法:サイトで紹介--東大大学院医薬品情報学講座

薬の使用法:サイトで紹介
--東大大学院医薬品情報学講座

毎日新聞 2011年7月29日

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご紹介です。

---------------------------------------
 東京大学大学院の医薬品情報学講座が、
薬の用語説明や、薬を飲み間違えた事例
などを紹介する無料の会員制ウェブサイト
「みんくす」
(http://www.ikuyaku-ut.jp/minkusu/)を
始めた。

 澤田康文教授は「患者さん自身が身を
守る知識を身につけてほしい。
 使い方を誤った体験を寄せてもらえば、
薬の改良につながる」と話す。

 サイトは、
▽食べ物や飲み物と薬の相性
▽ジェネリック医薬品について
▽お薬手帳の活用方法
--などを説明している。

 問い合わせは事務局の栗本さん
(電話03・5841・1096、
メールminkusu@ikuyaku-ut.jp)へ。
---------------------------------------

良い活動だとは思いますが、
何故会員制にしないといけないのかな?

患者も学ばないといけないことはわかり
ますが、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京慈恵医大、水溶性抗がん剤も搭載可能なドラッグデリバリシステムを開発

東京慈恵医大、水溶性抗がん剤も搭載可能
なドラッグデリバリシステムを開発

2011/07/28 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京慈恵会医科大学の並木禎尚講師らの
研究グループは、異分野技術の融合により、
これまで磁気的に送達が困難であった
水溶性薬剤を中空磁性カプセルに密封する
ことで、水溶性薬剤の送達を磁力で制御
できるがん治療用ドラッグデリバリ
システム(DDS)を開発した。

 開発した中空磁性カプセルは、磁性ナノ
粒子を用いる従来技術と比べて5倍以上の
薬剤を搭載することが可能で
抗がん剤投与量を大幅に削減することが
期待されるという。
 同成果は米国の科学誌「Accounts of
Chemical Research」電子版に掲載された。

 進行がんの治療法として最も普及して
いる抗がん剤は、通常の薬剤とは異なり、
治療効果を発揮する薬剤濃度と、中毒症状
が発生する薬剤濃度とが近接する特徴を
持っているため、治療効果の向上を目指
して抗がん剤の投与量を増やすと、治療の
継続を妨げ、時には死を招く、有害な
副作用が起こり易い問題があり、この
「がん病巣における薬剤濃度の上昇」と
「正常組織での薬剤分布の低減」による
問題の克服を目指したDDS開発が各所で
進められているが、さまざまな課題が
残されているのが現状である。

 従来の磁性ナノ粒子には、水溶性
抗がん剤の「粒子内部への密封」、
「薬剤搭載スペースの確保」が難しい
といった課題が存在していたが、
今回研究グループでは、
(1)薬剤が自由に出入りできる網目状の
 隙間、
(2)大量の薬剤搭載スペースをもつ
 「中空磁性カプセル」を開発することで、
 これらの課題の克服を目指した。

 実際に内部に水溶性抗がん剤を密封し、
磁気誘導したところ、ヒトがん培養細胞
株において磁性カプセルを用いない場合と
比較して、抗がん剤単体の100倍以上の
抗腫瘍効果を発揮したことが確認された
ほか、薬剤搭載率は、中空スペースを
持たない従来型磁性ナノ粒子の5倍以上
を達成したという。

 研究グループでは将来的には、抗がん剤
の投与量を1/10以下に低減できる可能性が
あるとしており、今後、サイズの最適化
などを行い、動物モデルでの治療効果の
検証を進めていくほか、中空磁性カプセル
の性能をさらに高めることで、
「からだにやさしく、良く効く」がん治療
を目指したDDSの開発に取り組んでいく
としている。
---------------------------------------

良さそうですね。

話題になっている分子標的薬は、がん細胞
を死滅させることができませんので、
一般的な抗がん剤の併用は必須と
なります。

そこで、DDSの技術が重要となります。
期待したい。


関連リンクは下記
水溶性抗がん剤も搭載可能なドラッグ
デリバリーシステムを開発

2011年7月26日
独立行政法人新エネルギー・産業技術
総合開発機構
東京慈恵会医科大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガン治療“画期的新薬”をめぐる日本の課題

ガン治療“画期的新薬”をめぐる
日本の課題

2011年7月29日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 海外では使えるクスリが、日本で使える
までに時間がかかる。
 「ドラッグ・ラグ」の問題は、こと
ガン医療の分野に限っては、昨今では
かなり解消されてきた。
 ガン治療薬のラインナップは世界標準に
近づくと思われたが、意外な分野で格差が
再び開きつつある。


 三つの課題を取り上げた。

1.“第4の治療”の期待高まるワクチン
 手術、化学療法、放射線療法に次ぐ
 “第4の治療”と期待されるのが
 「ガン治療ワクチン」だ。

 今最も進んでいるのは、
「ペプチドワクチン」と呼ばれるワクチン
の一種だ。
 ペプチドワクチンは、今のところ当局の
承認を得ていない。
 また、ワクチンで先行する米国では、
2015年までに10~15品目のワクチンが開発
される見込みだ。
 それらが日本に導入される可能性もあり、
国内のワクチンに対する評価基準の明確化
が望まれる。


2.クスリはあるのに使えない!
“適応拡大ラグ”の深刻
 ガン治療薬のラインナップは、一時的に
世界標準に近づいた。

 ところが、海外との格差が再び開きつつ
ある。
 抗ガン剤、特に分子標的薬は、あるガン
に効くクスリが、別のガンでも効果を
発揮することが多い。
 そのため、欧米では発売ずみの抗ガン剤
の投与対象を、次々に広げている。
 これを「適応拡大」と呼ぶが、日本は
この動きに出遅れた。

 その結果、特定のガンの治療薬として
使われているのに、海外で有効性が認め
られているそのほかのガン種に対して保険
が適用されない抗ガン剤が増えている
のだ。

 海外では十分な有効性や治療実績が
あれば、承認前の疾患に保険の適用範囲を
広げる例もある。
 日本でも“適応拡大ラグ”を埋める
新たな枠組みづくりが急がれる。


3.準備不足、病理医不在が生む
“宝の持ち腐れ”
 続々登場する画期的な新薬や治療法。
 しかしそれが即、患者の新たな選択肢に
加わっているわけではない。

 新薬や新たな治療法の導入に
当たっては、まず病院側で「対象となる
患者や、投薬の段取り、気をつけるべき
副作用などの情報を共有し、関連する
診療科や看護部門で導入準備を進めること
が不可欠だ」と畠清彦・癌研有明病院新薬
開発臨床センター長は指摘する。

 ただ、有名病院ともなれば、現場は常に
てんてこ舞い。
 準備にも時間がかかる。
 都心のある病院では、三つのクスリを
併用する「FOLFOX療法」を
ラインナップに加えるまでに、この療法の
承認から1年半もかかったという。

 一方、病巣から切り取った組織や細胞を
観察し、ガン細胞の有無や、進行度を
見極める「病理医」の不足も不安視
されている。

 検査専門会社に診断を外注する病院も
多いが、組織や細胞が正しく採取できて
いなくても、指摘もなく診断結果が
返されることがあるという。

 個別化治療や分子標的薬の有効性を確認
するうえで、事前診断の正確さは不可欠だ。

 画期的な新薬が発売されても、患者が
使えなければ、宝の持ち腐れ。
---------------------------------------

少しずつ進んでは来たけれど、おっとり体質
の文科省では世界に追いつくことは期待薄。

なんとかならないものでしょうか?
問題は分かっているのだから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

空気式パラレルマニピュレータを用いた手首リハビリロボット

空気式パラレルマニピュレータを用いた
手首リハビリロボット

26 JULY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 岡山大学の研究グループは、手首の
リハビリ支援を目的としたロボットを
開発しています。

 このロボットは、粘性抵抗を自由に設定
することができます。

 粘性抵抗とは、水中で手を動かした時
などに生じる力で、速度に比例して大きく
なります。

 手首動作に対して支配的に作用する部分
に筋電位センサを取り付けることで、
筋力をロボットにフィードバックさせる
ことも可能です。

 現在、理学療法士の絶対数不足に対して、
ロボット技術の導入が望まれています。
 研究グループでは、このロボットに訓練
動作を獲得させることで、理学療法士の
代わりや補助として使われることを目指
しています。
---------------------------------------

良いですね。
空気圧なので優しい。リハビリに良いと思う。
普及して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「どこでも発電」の世界を実現!広がるエネルギーハーベスティング技術

「どこでも発電」の世界を実現!
広がるエネルギーハーベスティング技術

2011.07.26配信 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 橋や建物、機械等の振動、体温と室温の
温度差、テレビや無線LANの電波など、
私たちの身の周りで、利用されずに
捨てられている小さなエネルギーを
拾い集めて発電しようというのが、
エネルギーハーベスティング技術です。

 国内でも多くの大学・企業が研究開発に
取り組み始めた、この分野の現状を
リポートします。
---------------------------------------

節電だけではないですね。
こういう技術も重要です。

関連記事です。
携帯の電波で発電するデバイス、
TEDが発売

2011年07月22日 ITmedia

もう一つ
地デジ波やWi-Fi波などの環境電波を
収穫して電気に変換する技術

29 JULY 2011 diginfo.tv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州諸国:北アフリカなどで太陽光発電 ケーブルで送電

欧州諸国:北アフリカなどで太陽光発電
ケーブルで送電

毎日新聞 2011年7月26日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
【パリ福原直樹、ロンドン会川晴之】
 欧州諸国が北アフリカやトルコなど
地中海沿岸諸国に、太陽エネルギー発電施設
の増設を急いでいる。

 海底電線を整備して欧州連合(EU)
諸国に送り、50年にはEUの電力供給の
15%を目指す。
 EU側は「脱原発」による電力不足に
対処する一方、発電国側は外国投資も
見込める「一挙両得」の計画だ。

 フランス政府などによると、計画は
EU諸国と、地中海沿岸などの16カ国が
対象。
 仏が主に送電、独が発電分野を担当する。

 現在、欧州から電力供給を受けている
北アフリカ諸国に、EU諸国が資金と技術
を提供して太陽熱発電施設を建設する。

 20年までに、標準的な原子力発電所の
20基分に当たる2万メガワットの
発電量を確保し、5000メガワットを
欧州向けに輸出する計画だ。

 発電の主力は、トルコの1万メガワット、
モロッコ、チュニジアの各2000メガ
ワットなど。

 送電は、モロッコ→スペイン
▽チュニジア→シチリア島(イタリア)
→イタリア本土など、アフリカとEU間
だけで海中送電線の長さは計3000キロ
となる。

 ベッソン仏エネルギー担当相が今月、
モロッコ、チュニジアの両国を訪問。
 モロッコへの技術支援や、チュニジアの
送電線建設参加を決めた。
 モロッコではすでに中北部での発電所
建設計画が本格化し、15年稼働を
目指して、建設企業の選定作業が進んで
いる。

 EUでは90年代に電力自由化が進んだ
ことを受け、海底送電線も含め、各国の
送電網が縦横につながる。

 過不足の電力を互いに融通しあう
システムで、電力取引市場も整備されて
いる。

 22年までの脱原発を決めたドイツは、
仏やチェコなどから電力供給を受ける
ほか、国民投票で原発再開を見送った
イタリアも仏から電力供給を受けている。
---------------------------------------

>20年までに、標準的な原子力発電所の
>20基分に当たる2万メガワットの
>発電量を確保し、5000メガワットを
>欧州向けに輸出する計画だ。
すごいですね。
原発推進の仏も熱心なよう。

>EUでは90年代に電力自由化が進んだ
>ことを受け、海底送電線も含め、各国の
>送電網が縦横につながる。
>過不足の電力を互いに融通しあう
>システムで、電力取引市場も整備されて
>いる。
うらやましい。

どうしてこうも日本は孤立しているので
しょうか?

孤立がやむを得ないのならせめて国内で
の融通くらいスムーズに出来るシステムに
なっていないとおかしい。

あまりに世界の状況を見ていないから
でしょうか?
というかクローズした社会でうまい
汁を吸いたい人が推進しているから
かな?

過不足の電力を互いに融通しあうシステム
となっていないとおかしいと思わないので
しょうか?

こういう網が出来なければ、
再生可能エネルギーの比率を高めることは
決して出来ない。

ゆくゆくは、スマートグリッドが世の
流れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉医大ら、アルツハイマー発症に関わるたんぱく質の新たな代謝経路を発見

埼玉医大ら、アルツハイマー発症に
関わるたんぱく質の新たな代謝経路を発見

2011/07/26 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 埼玉医科大学と理化学研究所(理研)の
研究グループは、アルツハイマー病の発症
に関わるアミロイド前駆体たんぱく質(APP)
が、既知のセクレターゼによる代謝経路
とは異なる経路で代謝されることを
明らかにした。

 アルツハイマー病は、老人性認知症の中
でも最も多い原因疾患で、脳内に
βアミロイド(Aβ)が沈着することで、異常
にリン酸化したタウが蓄積し、最終的に
神経細胞が死滅することにより発症すると
考えられている。

 Aβの前駆体タンパク質であるAPPの代謝
を解明することは、アルツハイマー病の
発症機構を明らかにし、治療薬の開発に
つながることから、各所で研究が行われて
きた。

 これまでの研究により、細胞膜を1回貫通
したタンパク質であるAPPは、αまたは
βセクレターゼによって切断を受け、
残ったC末端断片(CTF)がγセクレターゼ
によって切断されて、最終的にAβや
APP細胞内領域(AICD)になるという
代謝経路をたどることがわかっている。

 また、リソソームを阻害する
塩化アンモニウムなどの薬物によって、
γセクレターゼの基質(CTF)と
生成物(AICD)が同時に溜まることも
知られていたが、同現象についての詳細な
研究は進んでいなかった。

 アルツハイマー病の原因物質と
考えられているAβと同じように、CTFや
AICDの毒性も報告されているが、今回の
結果は、カテプシンBの活性調節によって、
これらの毒性を軽減できる可能性がある
ことを示唆するものである。

 また、依然として不明な点が多いAPPの
細胞内動態や機能についての理解を深める
ことにつながる可能性があると
研究グループでは説明している。

 さらに、γセクレターゼがリン酸化した
CTFを優先的に代謝していることが判明した
ことから、アルツハイマー病治療薬の
有力な候補ながら、2010年に臨床試験が
中止となったγセクレターゼ阻害剤に
代わり、CTFのリン酸化阻害を標的とした
薬剤を用いることで、副作用が少なく、
かつAPPのリン酸化を担う酵素は
神経原線維変化の構成成分であるタウも
リン酸化するため、タウのリン酸化も阻害
する相乗的な効果が期待できるとしている。
---------------------------------------

Aβの前駆体タンパク質であるAPPの代謝の
解明はまだまだなんですね。

>アルツハイマー病治療薬の有力な候補
>ながら、2010年に臨床試験が中止
>となったγセクレターゼ阻害剤に
>代わり、CTFのリン酸化阻害を標的
>とした薬剤を用いることで、副作用が
>少なく、かつAPPのリン酸化を担う
>酵素は神経原線維変化の構成成分である
>タウもリン酸化するため、
>タウのリン酸化も阻害する相乗的な
>効果が期待できる
と言ってます。
期待しましょう。

最近アルツハイマー病に関していろいろ
発表があって心強いです。

詳細は下記リンクをどうぞ、
アルツハイマー病の発症に関わる
アミロイド前駆体タンパク質の新しい
代謝経路を発見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

放射性物質使うがん検査薬 5年めどに国産化めざす

放射性物質使うがん検査薬
5年めどに国産化めざす

2011年7月27日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 がん検査に使われる検査薬の原料になる
放射性物質「モリブデン99」について、
5年をめどに国産化することを国や製薬企業
でつくる検討会が決め、26日に内閣府
原子力委員会に報告した。

 日本は世界で2番目の消費国で、現在は
全量を輸入しているが、日本原子力研究
開発機構の試験炉や、電力会社の原子力
発電所での生産を検討する。

 モリブデン99は乳がんの骨転移の検査
など、国内で年間90万件の検査で
使われている「テクネチウム製剤」の原料。

 注射で体に入れて外に出てくる放射線を
カメラで写して体内の様子を調べるのに
使う。

 半減期が66時間と短いため、週1~2回
の頻度で空輸しており、火山噴火などで
空輸が止まると検査に影響が出るのが悩み
だった。

 さらに、海外の主な炉が5年後に廃炉に
なる予定で、生産停止による供給不足が
心配されている。
---------------------------------------

どうしてこうも後付けのような話が出て
くるのでしょうか?

ずっと前から分かっていたことでは
ないのでしょうか?

関連記事を紹介しておきます。
輸入だのみのテクネチウム-99m
(モリブデン-99)の供給問題

この記事を見ると解決は簡単ではなさそう
です。
>放射性核種の国産化には,予算や体制の
>ほかにも多くの課題があります。
>現在のモリブデン製造は高濃縮ウランを
>使ったFission法で行われている
>のですが,高濃縮ウランは核拡散
>防止条約によって国際的な輸出入が
>厳しく制限されています。
>国際原子力機関(IAEA)では,今後
>新たに稼働を予定する原子炉では,
>低濃縮ウランを使用した製造しか認めて
>いません。
>低濃縮ウランでは,放射性廃棄物の量を
>抑えてモリブデンを効率良く取り出す
>製造技術の確立が必要で,加えて
>核燃料処理など廃棄物の問題について,
>制度や枠組みをしっかり整理して構築
>することが求められます。
と言っています。

現在稼働中の原子炉で作るのは難しそう
です。問題です。

米国など核爆弾を持っている国は
高濃縮ウランを製造可能なので
問題ないということでしょうか?

多くの国で問題となるはずですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文科省の次世代がん研究戦略推進プロジェクトは、抗がん剤や診断薬のシーズを育てる野心的なもの

文科省の次世代がん研究戦略推進
プロジェクトは、抗がん剤や診断薬の
シーズを育てる野心的なもの

2011年07月27日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 さて、個の医療です。
 個の医療の主戦場はいうまでもなく
がん治療です。

 文科省に2年前まで、がん特定研究という
制度があり、がんの基礎研究を下支えして
いたことをご存知の読者も多いと思います。

 文科省の制度改革により、この大型研究
制度は雲散霧消しましたが、がん研究の
必要性まで消えた訳ではありません。

 過去1年間、文科省が練りに練った
新制度、次世代がん研究戦略推進
プロジェクトがいよいよ姿を現します。

 建前上は年間36億円を5年間投入し、
我が国発の抗がん剤や診断薬のシーズを
育てようという野心的な計画です。

 今までのがん特定研究プログラムが基礎
に偏り、「実際の患者さんの救済に
繋がっていない」という批判を受け、
総合科学技術会議からの指導(圧力かも
知れません)もあり、5年後に抗がん剤の
リードを何個など、数値目標を課されて
いるのがお気の毒といえばお気の毒です
が、それも社会の振り子の一つ。

 また、医学が応用生物学である以上、
患者さんへの還元を国が行う政策的な
研究プログラムの目標とすることも
妥当であると考えています。

 このプログラムで、私が大いに期待して
いるのは、日本発のミラクル・ドラッグ
だけでなく、日本の大学や研究機関に、
創薬研究への基盤や創薬マインドが
植えつけられることです。

 今まで基礎研究と企業の応用研究が
深くそして幅広い溝で分断されていた
我が国の医学と生命科学研究を統合する
一助になれば良いのではと、望んで
おります。
 現在、バイオ医薬の中核となっている
抗体医薬のアバスチンやハーセプチンの
標的分子は我が国の研究者の基礎研究
によって発見されたものの、創薬は
いずれも米国のGenentech社が実現した
ことを、繰り返してはならないのです。

 8月1日、東京の三田共用会議所大会議室
で、この次世代がん研究戦略プロジェクト
の公募説明会が開催されます。

 文科省のおっとり体質のため、7月25日
にやっと発表しました。
 しかも申し込み締め切りは7月28日、
 つまり明日というありさまです。
 これで公募に応じられるのは、予め
決まった研究者じゃないか、という疑い
をいだかせないためにも、是非とも大勢の
研究者や関係者にご参集いただきたいと
願っております。
 senryaku@mext.go.jpに
指名、所属、連絡先(電話番号とメール)
を記入の上、お申し込み願います。
 詳細は文科省のホームページを参照願い
ます。

 がん特定研究の喪失は、我が国の
がん研究に遅滞を招いたと思って
おります。

 今回の次世代がんプログラムが、
我が国のがん研究の底力を示すことを
祈っています。

 そのために、このプログラムが決定的
に欠いている企業の参画と企業関係者の
このプログラムへのアクセスをどう実現
するか?

 皆さんのお知恵を拝借しなくては
なりません。
---------------------------------------

>文科省のおっとり体質
ってどうなっているのでしょうか?

おかしいとしか言いようがない。

これで日本のがん研究が進むので
しょうか?

心配ですね。

広く日本の英知を集めようとする
意識がないとしか思えない。
おっとり体質では済まされない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港の物理学者、光子が光の速度を超えることはできないことを証明

香港の物理学者、光子が光の速度を超える
ことはできないことを証明

2011年07月27日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 AFPBBニュースの記事『「タイムトラベル
は不可能と証明」、香港物理学者』に
よると、香港科技大学のDu Shengwang氏ら
が「光子は光の速度を超えることは
できない」と証明したそうだ(論文PDF)。

 「どんな物体も光の速度を超えることは
できない」というのはアインシュタインの
理論だが、研究チームは光子がこれに
従っていることを示したという。

 特殊相対性理論では高速で移動する物体
は時間の進みが遅れ、光の速さで移動する
と時間の進みが止まるとされている。

 そのため、「光の速度以上で移動すれば
過去にさかのぼれる」という主張もあり、
そのため「光子が光の速度を超えることは
できない」=「過去へのタイムトラベルは
不可能」という話も出ているようだ。
---------------------------------------

タイムトラベルは不可能だと思います。

光子は、そもそも光の粒子の側面を見た
もので、光そのものと言って良いはず
なので、光の速度を超えるはずがない。

証明ってどうやったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラッグストアで買える家庭用放射線測定器「エアカウンター」、エステーから

ドラッグストアで買える家庭用放射線
測定器「エアカウンター」、エステーから

2011年07月27日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 消臭剤などの家庭用品で知らるエステー
が、家庭用放射線測定器「エアカウンター」
を開発、10月20日から発売する
(プレスリリース)。

 ガンマ線(セシウム137基準)を測定可能
で、測定範囲は0.05μSv/h~9.99μSv/h
だから、まあ実用的なところ。

 測定には約10分、誤差は20%。
 約105gと軽量で、希望小売価格15,750円
税込み。初期出荷は1万個、年内生産予定数
は5万個となっている。

 なかなかしっかりした、リーズナブルな
製品のように思われるが、発売開始が
10月20日だと少し関心が薄れているかも
しれない。
---------------------------------------

そうかもしれない。

発売開始が10月20日というのは遅く
ないですか?
何事にもタイミングが大切。

とは言うものの入手したいのは事実。
放射線は簡単には消えて無くならないから
それでも欲しいと言う人はいるはず。
私もその一人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大規模な太陽熱発電装置、米アリゾナで建設予定

大規模な太陽熱発電装置、米アリゾナで
建設予定

2011年07月27日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米アリゾナ州にて、高さ800メートルを
超える巨大ソーラー発電塔が建設される
そうだ。
 興味深いのは、太陽電池を使わずに
太陽熱を使って発電を行うという点
(Gizmag、本家/.)。

 仕組みは非常にシンプルで、塔の下には
巨大な温室装置があり、そこで暖められた
空気が中央の塔に集まり上昇気流が生まれ、
塔基部に設置されたタービンによって発電
が行われる。

 建設予定地の砂漠地帯では地表温度は
40℃程であり、温室内では80~90℃にも
なると考えられるとのこと。

 800メートル以上の塔の最上部との
温度差は大きく、強い上昇気流が生まれ、
ピーク時には200メガワットの出力が
期待されているという。

 他にもメリットとして次の点が
挙げられている。

・絶対温度ではなく温度差を活用する
 ため、天候に左右されない
・日中に温室が十分に暖められるため、
 夜間も発電可能
・暑く乾燥した土地に適した発電設備の
 ため、砂漠など実用性の低い土地を活用
 できる
・タービンのメンテ以外のメンテナンスは
 ほぼ必要ない
・太陽と空気のみで稼働可能
・環境を汚すことがなく、温室で植物を
 育てることも可能

 建設総額は7億5000万ドル(約585億円)
とのことだが、完成した暁には11年で元が
取れる計算だという。
 塔の耐久年数は80年を目指しているとの
こと。
 すでにSouthern California Public
Power Authority社への電力販売契約も
締結しており、およそ15万世帯に電気が
送られる計画であるとのことだ。
---------------------------------------

太陽熱と言うと、太陽光を集めて直接
媒体を暖めて、タービンを回すという
タイプを思い浮かべてしまいますが、
高さ800メートルを超える巨大ソーラー
発電塔をつかった温度差を活用したもの
だそうです。

天候に左右されず、夜間も発電できる
とは素晴らしい。
残念ながら日本では適地が無いよう
ですが、、

いろいろありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

鄭雄一さん 「骨博士」と呼ばれる東大教授

鄭雄一さん 「骨博士」と
呼ばれる東大教授
2011年07月26日 朝日新聞 ひと欄より

---------------------------------------
 ニックネームは「骨博士」。

 けがや病気で失った顔の骨の一部を補う
オーダーメードの人工骨を作っている。

 手法は独創的だ。
 パソコンのプリンターのインクジェット
を改造した「骨製造装置」を開発した。

 骨の成分「リン酸カルシウム」に水を
吹きつけて固め、人工骨を3次元で作り
出す。患者の骨にぴたり、3カ月もすれば
くっつく。臨床試験は良好、近く実用化の
承認申請をする。

 現場を離れ、米国に留学して骨が成長
する仕組みを解明した。
 ただ、応用には時間がかかる。
 帰国後、学部を超えて工学部の教授らと
始めた手法が実を結んだ。

 丈夫な骨のひけつはサプリメントより
「バランス良い食事と運動、正しい
生活習慣」。毎日1時間のウオーキングを
欠かさない。
---------------------------------------

良いですね。

ただ、どうして
>米国に留学して骨が成長する仕組みを解明
>した。
米国なんでしょう?

日本国内では何故出来ないのでしょうか?
日本の医学が遅れているからでしょうか?
気になります。
日本に閉じこもってばかりでも困りますが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超精密3D原子像を可視化できる新たな電子顕微鏡技術の開発に成功 -材料解析技術に新展開-

超精密3D原子像を可視化できる
新たな電子顕微鏡技術の開発に成功
-材料解析技術に新展開-

2011年7月22日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学金属材料研究所の林 好一
准教授らは、電子線を物質に照射すること
によって、3D原子像を可視化できる
「逆X線光電子ホログラフィー」を提唱し、
その技術を確立しました。

 本手法は原子番号の小さい元素の微細な
揺らぎまでも再現できるため、今後の
科学社会を担うエネルギー材料や代替
希少元素の探索などに対して、重要な知見
を提供できる技術となり、また、構造解析
の分野に新しい展開をもたらす革新的な
技術といえます。

 本研究は、東北大学金属材料研究所の
林 好一 准教授と株式会社堀場製作所の
上坂 彰朗 氏、新井 重俊 氏、
財団法人高輝度光科学研究センターの
松下 智裕 博士との共同で行われました。

詳細(プレスリリース本文)
---------------------------------------

革新的な技術だそうです。

超精密3D原子像って見てみたいですね。
どういうふうに見えるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぞましい巨大な怪物のような姿形をしたミクロの世界のバクテリア

おぞましい巨大な怪物のような姿形
をしたミクロの世界のバクテリア

2011.07.26 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
2011_0723_monsterthumb640x36038763


 これは架空の生物でも太古の怪物でも
なく、現実に存在するバクテリアの写真
です。
なんとおぞましい姿形をしているので
しょうか...。

 この写真はQuanta走査電子顕微鏡で撮影
100万倍に拡大され撮影されました。

 熱水噴出孔(地熱で熱せられた水が噴出
する割れ目)付近で発見されたこの
「顕微鏡の中の怪物」は、生物の活動を
支えます。

 この生物は消化管を持たず、
ヘモグロビンを炭素化合物に変換する
細菌で、直接炭素化合物を吸収します。

 まるでバンパイアのようなバクテリア
ですね。
---------------------------------------

何故こんな姿なんでしょう?

「ダニ」も恐ろしい姿ですよね。

ミクロな世界を見て見るとなかなか
興味深い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液検査によるアルツハイマー病の早期発見が可能に

血液検査によるアルツハイマー病の
早期発見が可能に

2011年07月26日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 オーストラリアの研究チームの発表
によれば、血液検査を行うことで
アルツハイマー病を早期に発見することが
できるとのこと
(Singularity Hub の記事、本家
/. 記事より) 。

 オーストラリアの国立研究機関 CSIRO の
Smantha Burnham 氏率いる研究チームが
Alzheimer's Association International
Conference で発表したところによれば、
273 人の患者に血液検査を行ったところ、
それまでに知能検査や脳の画像診断で既に
アルツハイマー病と診断されたことのある
患者のうち 83 % を正確に
アルツハイマー病と診断することができた
という。

 また、アルツハイマーでない人のうち
85 % をそうでないと正確に診断することが
できたのだそうだ。

 血液検査で計測される血液中の
タンパク質やホルモン 9 つのうち、
ベータ・アミロイドタンパク質と
呼ばれる、アルツハイマーの症状に
特徴的なプラークを形成するタンパク質
を含め、他 5 つがアルツハイマーと
関連することが分かっている。

 残り 3 つに関しては、アルツハイマー
との関連性が明らかでないため、
アルツハイマーを予知するのに効果的で
あるかの検証が済むまでは情報公開は
しないという。

 もちろん脳 PET による画像診断や
脳脊髄液検査を通して正確に
アルツハイマーの診断を行うことができる
が、手頃であるかと言えばほど遠い。
 また、患者がアルツハイマーの検査を
受けるのは症状が出始めてからのことが
多い。だがアルツハイマーは症状が出る
10 年前から発症するため、定期的に
アルツハイマーの検査を受ける必要がある
という。

 だがいちいち煩雑な検査などやっては
いられないだろう。
 一方、血液検査なら手頃に行うことが
できるため、定期的な検査も可能となる。

 今後、アルツハイマーの早期発見、
早期治療に一役買うことになりそうだ。
---------------------------------------

血液検査でアルツハイマー病の早期発見が
出来るようになれば素晴らしいですね。

以前武田薬品関連で下記投稿を
しましたが、どうなったのかな?
武田、アルツハイマーを予見する
バイオマーカーを開発へ

2011年01月11日

薬の選択肢もいろいろ出て来たこと
だし、良いバイオマーカーが見つかると
良いですね。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウン管を放射線遮蔽に活用

ブラウン管を放射線遮蔽に活用
2011年07月26日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人物質・材料研究機構に
よると、ブラウン管ガラスから得られる
ガラスカレット(ガラス破砕くず)が
放射線の遮蔽に有効であることが確認された
そうだ(プレスリリース)。

 NIMSの元素戦略材料センター 資源循環
設計グループは、原子力発電保守管理・
放射性物質関連業務の(株)ATOX社と協力
して、家電リサイクルで集められた使用済
テレビのブラウン管ガラスから得られる
ガラスカレット(ガラス破砕くず)が
放射線の遮蔽に有効であることを確認した

 昨日で終了したブラウン管アナログ
テレビの再就職先ができたようだが、
ガラス屑とはいえ厚さ40~55センチだと
相当に重そうな気がする。
---------------------------------------

そうですね。重そうです。

テレビのブラウン管には鉛か何かの
成分が含まれているのでしょうか?
結構大きな遮蔽能力のようです。

>およそ 9cmの鉛の厚板の遮蔽能力に
>相当する能力
とのことなので、有効利用出来そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

日本政府、2012 年度末にメタンハイドレートから天然ガスの産出テスト開始

日本政府、2012 年度末に
メタンハイドレートから天然ガスの
産出テスト開始

2011年07月25日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 2012 年度末に日本近海の
メタンハイドレート試掘地域から天然ガス
を産出する実験に日本政府が乗り出す
そうだ (日本経済新聞の記事、
メタンハイドレート開発実施検討会の
配付資料より) 。

 産出試験は和歌山県沖から静岡県沖に
かけての「東部南海トラフ海域」で
行われる予定で、8 月上旬をめどに決定、
年度末に掘削に着手し、12 年度末に
数週間かけて実施するとのこと。

 すでに行われた掘削調査によると、
世界で初めて「ダービダイト成砂層に胚胎
するメタンハイドレート濃縮帯」の存在が
確認されており
(参考:メタンハイドレート資源開発国際
シンポジウムの資料 (PDF))、この海域に
日本の天然ガス消費量の 13 年分ある
そうだ。

 そしてもし海底資源から天然ガスの産出
に成功すれば世界初の快挙となる。

 ただしBlomberg.co.jp の記事によれば、
市場関係者の中には「地熱発電や
太陽光発電など、他の実現性の高い
発電技術に集中した方が良い」と、
この技術の確立に否定的な人もいる
そうだ。

 しかし資源を輸入に頼らざるを得ない
日本の先行きを考えると、日本近海に眠る
海底資源の産出技術の早期確立を願って
やまない。
---------------------------------------

同感です。

集中しすぎない方が良いと考えます。
資源にしても、発電の方法にしても多様
な方が良い。

原発が良い例。
原発に頼りすぎたがために、原発が稼働
出来なくなった途端、エネルギー不足と
言ってさわぐ。

肝心なのは未来にも存在できるエネルギー
を獲得すること。
エネルギー問題は目先だけで判断しては
いけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルウェーの研究者チーム、子供の安全を守りすぎる運動場に疑問を呈する

ノルウェーの研究者チーム、子供の安全を
守りすぎる運動場に疑問を呈する

2011年07月25日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 運動場で遊ぶ子供を調査したノルウェー
の研究者チームが、落下や事故が起きる
のを恐れ、高さがあったりスピードの出る
遊具を排除する安全第一主義の運動場の
あり方に疑問を呈している
(本家/.、The New York Times記事)。

 ノルウェーQueen Maud大学の
Ellen Sandseter教授によれば、「子供は
運動場で危険と向き合い、恐怖を克服する
必要がある」のだそうだ。

 子供が運動場で徐々に危険に立ち
向かっていくのは、大人が恐怖を克服する
のを助けるためにセラピストが開発された
テクニックと同様であるという。

 また「運動場が増々つまらなくなって
きているなか、雲梯や高い滑り台は、
子供が高さとスピードを味わって
ワクワクできる残された数少ない遊具」
であるとのこと。

 落下により怪我することで高所恐怖症に
なるのではないかという心配の声もある
ようだが、落下したのが9歳以下である
場合、10代になる頃には高さへの恐怖を
克服できているのだそうだ。
---------------------------------------

参考に値する意見ですね。

安全、安全と言って、危険から子供を
遠ざけすぎるのも問題ありと思う。

危険に対する学びは子供にとって、
と言うか人の正しい成長にとって必要な
ものなのかも知れない。

あまりに危険なものは大人の責任で排除
すべきとは思いますが、大人の責任逃れ
の為に学ぶべきチャンスまで排除して
しまってはいけないと思う。

今は、熟慮なしに何でも排除してしまって
いませんか?
危ないから禁止、禁止、禁止。

議論は遊具がそもそも必要なものなのか?
から始めるのが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の宇宙太陽光発電、福井大などが装置研究

夢の宇宙太陽光発電、
福井大などが装置研究

2011年7月24日13時48分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 天候や時間帯に左右されない太陽光発電
の実用化に向け、福井大大学院の金辺忠
准教授(工学研究科)が、宇宙空間で
太陽光を効率的にレーザー光に変え、地上
に送る装置の研究を宇宙航空研究開発機構
(JAXA)と共同で進めている。

 装置が完成すれば、地上で受け取った光
で発電し、原発1基分にあたる
約100万キロ・ワットをまかなえる
という。

 反射鏡形の装置(縦約200メートル、
横約2キロ)を約3万8000キロ上空に
飛ばす。

 金辺准教授は太陽光を吸収・透過
しやすい素材を開発。
 この素材を装置に組み込み、分散して
いる太陽光を“整列”させてレーザー光に
変換する。
 レーザー光は真っすぐな光のため、
太陽光よりも強い光を地上に届けられる
という。

 地上での太陽光発電は、光のささない
夜間に発電できず、雨や曇りだと発電効率
が落ちる欠点がある。

 人工衛星などに太陽電池パネルを搭載し、
宇宙空間での発電も行われているが、
効率的に光を地上に送る技術が確立されて
いなかった。

 JAXAは2025~30年をめどに
試験装置を設置する予定。

 金辺准教授は「太陽の無尽蔵の
エネルギーを活用でき、石油など化石燃料
も不要な夢の発電方法。
 実験を重ねて実用化を目指したい」と
話している。
---------------------------------------

この方式はレーザー光を地球に送るという
やり方のようですね。

JAXAは2025~30年をめどに
宇宙太陽光発電を実現したいとして
計画しているようです。

以前投稿したものです。
宇宙太陽光発電、実証実験へ
…電力を電波に変換

2011年1月22日

この記事では、
>電力をマイクロ波に変換する技術の
>実証実験をこの春にも始める
と言ってます。

>赤道上空3万6000キロの静止軌道に
>ある人工衛星で、光を鏡で集めて
>発電し、電力をマイクロ波に変換して
>地上に送る仕組みだ。
そうです。

今日の記事とどちらが現実的なのか
検討しようとしているのでしょう。

どちらにしてもかなり大規模なので、
輸送コストが問題になりそうですね。
ペイするのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアアース不要のモータを搭載した高性能電気自動車

レアアース不要のモータを搭載した
高性能電気自動車

24 JULY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 東京理科大学 星研究室は、レアアースを
使わないモータを搭載した電気自動車を、
TECHNO-FRONTIER 2011に出展しました。

 スイッチドリラクタンスモータは、
磁気抵抗の差を用いて回転させるモータで、
簡単な構造のため耐熱性に優れ、
丈夫であるという特性がありますが、
永久磁石などレアアースを使ったモータと
比較してトルクやエネルギー利用効率が
劣るという欠点がありました。

 研究グループでは、モータの構造と
材料の選定を工夫し、最適な組み合わせを
模索することで、従来の
スイッチドリラクタンスモータにはない
トルク密度を実現しています。
---------------------------------------

>第二世代のプリウスとサイズが同一で、
>出力が50kW、効率が95%以上を目標
で開発したものだそうです。

技術的には新しいものではないよう
ですが、なかなか良さそうです。

なんとかレアアースなしでも使えそうな
モーターが出て来ましたね。

ちなみにトヨタプリウスの電気モーター
出力は60KWらしいです。
リンクはここで、

スイッチドリラクタンスモータに
ついては、いろいろありますが、
リンクはここで、

以前投稿したこういう研究もあります。
これが中国に依存しないモーターだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

理研ら、2つの光子を用いる顕微手法を開発 - 波長の1/380の分解能を達成

理研ら、2つの光子を用いる顕微手法を
開発 - 波長の1/380の分解能を達成

2011/07/20 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 理化学研究所(理研)と名古屋大学(名大)
の研究グループは、X線領域での
非線形光学現象を利用して、波長206Åで
その380分の1相当(0.54Å)という、
超高空間分解能の顕微手法を開発した。

 同成果は、理研播磨研究所放射光科学
総合研究センター 石川X線干渉光学研究室
の玉作賢治専任研究員、石川哲也主任
研究員らと名古屋大学大学院工学研究科
西堀英治准教授の研究によるもので、
科学雑誌「Nature Physics」
(オンライン版)に掲載された。

 顕微鏡の歴史は古く、その発明は
16世紀末まで遡る。
 また、肉眼では見えないものを最初に
見た事例は、ガリレオ・ガリレイが昆虫の
複眼を観察したもの(1610年頃)といわれて
おり、以来、「いかに細かいものを見る
ことを実現するか」が、光学分野での
重要テーマの1つとなっていた。

 1878年に、独イエナ大学のE.アッベが、
空間分解能は原理的に波長の約半分で
決定されることを示して以来、例えば
タンパク質の構造解析にX線が利用される
ように、細かいものを見るためには短い
波長を使うというのが常識となった。

 その一方、世界中で波長の限界に挑み、
現在では可視光領域の光で波長の
10分の1程度、つまり数100Åまでは見る
ことができるようになっていた。

 従来の手法は、単一の光を用いてその
限界に挑むものであったのに対して、今回
の手法は、物質を調べる波長と分解能を
決定する波長を分離することで、波長
による限界を超えるというこれまでに
なかった試みで、実際に強力なX線が利用
できるSPring-8の理研ビームライン
「BL19LXU」を用いて、波長1.12Åの"親"
光子から、波長1.13Åの"姉"光子と
波長206Å(極端紫外光)の"妹"光子が
生まれる過程を利用した。

 その結果、炭素原子同士をつなぐ手の
部分(価電子)は極端紫外光の振動と
逆向きに、また炭素原子に強く束縛された
電子(内殻電子)は極端紫外光の振動と同じ
向きに、それぞれ振動していることを確認
した。

 従来の手法では、物質全体でならされた
平均的な電子の振る舞いしか知ることが
できなかったが、今回開発された手法
により、それぞれの電子の応答を分離して
観測することが可能となったほか、X線
である"姉"光子が細かくものを見ることが
できるという特徴を生かした結果、
分解能は0.54Åまで高まった。

 これは、調べたい波長(206Å)の
380分の1となり、これまで実現されていた
分解能(可視光領域で波長の約10分の1程度)
に比べて、大きな更新を達成した。
---------------------------------------

素晴らしいですが、よく分かりません。

詳細はリンクを見てください。
“姉妹”光子の共同作業で観察波長の
限界を突破

平成23年7月18日
独立行政法人 理化学研究所
国立大学法人 名古屋大学
独立行政法人 科学技術振興機構

>1つのX線の“親”光子が、2つの
>“姉妹”光子に分裂します。
>この時、応答を調べたい光の波長に
>“妹”光子を選び、“姉”光子をX線に
>選ぶと、物質が“妹”光子に応答して
>いる様子を“姉”光子で観察すること
>ができます。
>“姉妹”光子は1つの“親”光子から
>生まれるため、“姉”光子と“妹”光子
>に一種の共同作業をさせることが
>できるのです。
と言ってますが、良く分かりません。
誰か簡単に説明してくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEDO、特定遺伝子が人種を超えてアルツハイマーの危険因子であることを確認

NEDO、特定遺伝子が人種を超えて
アルツハイマーの危険因子である
ことを確認

2011/07/21 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)は、東京都健康長寿医療センター
研究所付属診療所の石井賢二所長らの
研究グループがNEDOが2007年度より進めて
いるアルツハイマー病研究プロジェクト
(J-ADNI)の研究により得られたデータと
各国のデータを解析した結果、
アルツハイマー病を発症する危険因子
である特定の遺伝子型と脳内での
たんぱく質の蓄積との相関関係を見出した
ことを発表した。

 同成果は、フランスで開催された
国際アルツハイマー病カンファレンス
(ICAD2011)にて報告された。

 今回の研究では、PET・プローブとして
11C-PiB(炭素放射性同位体でラベルした
Pittsburgh compound B:PiB。これにより
脳内のAβ蓄積部位をPET装置で検出する
ことができる)を用い、脳内のAβたんぱく
の蓄積をモニタした。

 日本人高齢健常者、軽度認知障害患者、
AD患者を対象にアポリポたんぱくE(ApoE)の
遺伝子型と共にAβたんぱくの脳内蓄積を
計測し、US-ADNIおよびAIBLのデータを
比較、解析した結果、アルツハイマー病の
強力な危険因子として知られるApoE ε4の
遺伝子型が人種を超えたAβたんぱく脳内
蓄積の危険因子で有ることが判明した。

 これらの成果について研究グループ
では、今後、アルツハイマー病の
早期診断、治療に向けて、画像診断情報
に併せ遺伝子型を考慮した技術開発が
重要となってくることを示唆するものと
説明している。
---------------------------------------

>今後、アルツハイマー病の早期診断、
>治療に向けて、画像診断情報に併せ
>遺伝子型を考慮した技術開発が重要
>となってくることを示唆するものと
>説明している。
画像診断情報に併せ遺伝子型を考慮した
技術開発が重要だそうです。


---------------------------------------
 アルツハイマー病の解明に向け、米国で
2005年より「Alzeheimer's Disease
Neuroimaging Initiative(ADNI)」と命名
された国家規模の臨床研究が開始され
(US-ADNI)、

現在では同様のプログラムが
日本(Japanese-ADNI:J-ANDI)、
欧州(EU-ADNI)、
豪州(AIBL:The Australian Imaging,
Biomarker & Lifestyle Flagship
Study of Ageing)として進められ、

アジアや南米諸国でも参画に向けた検討が
進められている。
---------------------------------------

---------------------------------------
 ADNIは、多数の高齢被験者に対し、
「磁気共鳴画像法(MRI)を用いた脳容積測定、
陽電子放出断層法(PET)による機能画像評価」
などの神経イメージングと、
「血液・脳脊髄液などのバイオマーカー
測定」を2つの柱として、

 記憶検査などの臨床指標と共に、継時的
に計測を実施し、軽度認知障害(MCI)から
アルツハイマー病(AD)への進行を正確かつ
客観的に評価する技術を確立させ、
根本治療薬の開発に役立てようという
取り組みで、心理試験、生化学検査、
画像診断の撮像法、画像処理技術などの
統一でデータの互換性を確保しつつ、
国際連携による標準診断法の確立を目指
している。
---------------------------------------

心強いですね。
早く標準診断法が確立されると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北大など、地球反ニュートリノ観測にて地球形成時の熱の残存を実測

東北大など、地球反ニュートリノ観測にて
地球形成時の熱の残存を実測

2011/07/21 マイコミジャーナル

---------------------------------------
 東北大学ニュートリノ科学研究センター
を中心とし、東京大学数物連携宇宙研究
機構、米国の12の研究機関、オランダの
研究機関からなる国際共同研究グループ
「カムランドコラボレーション」は、
神岡鉱山の地下1000mに設置され、
直径18mの球形タンク内壁に張り巡らせた
光センサである液体シンチレータ
反ニュートリノ観測装置「カムランド」
での長期観測により、地球内部の放射性
物質起源反ニュートリノの測定精度を改善
させ、地表での熱流量との比較から、
放射性物質が地熱の生成に占める割合は
半分程度であるということを実測し、
地球形成時の原始の熱が今も残っている
ことを示した。

 同成果は、「Nature GeoScience」
(電子版)に掲載された。

 地球内部に分布し熱生成の原因となる
放射性物質ウラン・トリウムも、
反電子ニュートリノを放出する。
 反電子ニュートリノに特別の感度が
あるカムランドは、2005年に
地球反ニュートリノ観測に成功し、
新分野である「ニュートリノ地球物理」
を開拓していた。

 この事象数は、すべての放射性物質を
考慮すると21兆ワットの放射性物質起源の
熱生成に相当し、隕石の分析結果に
もとづいた地球進化モデルの推定値
20兆ワットとほぼ一致するとともに、
地表での熱流量44.2兆ワットと比べて
半分程度にすぎないことを意味する。

 また、これは地球反ニュートリノ観測に
より、地球の誕生・発展の理論や現在の
地球のダイナミクスの理論に対する
直接的な測定による強い裏付けが与え
られたほか、地熱の生成源をすべて
放射性物質に求める理論
(fully radiogenic model)を排除した
ことを意味する。

012

図2 熱収支の概念図。
おおまかには、地表での熱流量(地球が
宇宙に放射する熱量)44.2兆ワットから
放射性物質起源の熱生成21兆ワットを
ひいた残りが地球形成時の原始の熱と
なる


 この結果、地表での熱流量から放射性
物質起源の熱生成を差し引いた残りは
地球形成時の熱であり、原始の熱がいまも
残存し、地球が徐々に冷えているという
ことが自然に導出されることとなった。
---------------------------------------

地球反ニュートリノ観測ね~
難しい。

>原始の熱がいまも残存し、地球が徐々に
>冷えているということが自然に導出
>されることとなった。
だそうです。

関連記事を紹介しておきます。
東北大学のプレスリリース

理解を深めるために、
ニュートリノ:世界初「電子型」兆候
高エネ研、変化検出


| | コメント (0) | トラックバック (0)

(患者を生きる:1627)がんと就労 塚本泰史、右足の闘い:5 少女に励まされ

(患者を生きる:1627)
がんと就労 塚本泰史、右足の闘い:5
少女に励まされ
2011年07月23日 朝日新聞

---------------------------------------
 「何で、こんなこともできないんだ」。
 ピッチに立っていたころを思い出し、
なぜ骨肉腫なんかに、なぜ足にと、色々な
感情がこみあげ、涙が出た。

 そんなときは、がん研有明病院の
リハビリ室で出会った、同じ病と闘う
子どもたちを思い出し、心を奮い立たせた。

 その一人が、阿部香奈(あべかな)だ。

 中学校でバスケットボール部だった。
 3年前の夏、2年生で右大腿骨に骨肉腫
が見つかり、人工関節にした。

 しかし翌秋再発し、足を切断。
 高校入学後の昨夏には、両肺への転移と
2度目の再発が見つかった。

 それでも、昨春の出会いから笑顔が絶え
なかった。
 「つらいはずなのに、弱みを見せない
なんて」。塚本は胸を打たれた。

 「退院したら、もう一度、車いすで
バスケットをするんだ」。

 夢を語る彼女に、塚本は「じゃあ、俺は
もう一度ピッチに立つよ」と約束した。
 しかし今年1月、香奈は息を引き取った。
 まだ、16歳だった。

 契約更改まで半年を切った。
 「下部リーグでもいい。再びピッチに
立ちたい」と思う。

 「頑張ることは生きること」。
 香奈が、大好きな歌手への手紙で
打ち明けていたと知った。

 その言葉を胸に、トレーニングに
励み続ける。
---------------------------------------

こういう話を見ると本当につらい。
助けたいと思う。

阿部香奈さん強いですね。
>「頑張ることは生きること」
そうですね。

私の尊敬する少女、雪絵ちゃんの言葉
>最後まであきられないの
>分かってるのにあきらめないの
>あきらめないんだよ。

きっと分かっているのだと思う。
でも、でも、生きる。
生きるというのは何かをすること。
頑張ることなんだと思う。
その中に喜びと希望が生まれるはず。

大人は、どうして悲観的になってしまう
のだろうか?

若い人達には夢も希望も沢山ある
はずなのに? その邪魔をされた。
そんな状況。 でも、頑張る。
素晴らしいとしか言いようがない。

勇気を貰いますね。

大人にはなかなか出来ないこと。
私も少しでも、近づけるように
頑張ろうと思う。
足下にも及ばないけれど、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

植物が傷を治すとき

植物が傷を治すとき
15 July 2011
RIKEN Research Highlights

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 傷を受けた組織そのもの、さらには
器官全体を再生できる動植物は多い。

 傷口の分化細胞は「脱分化」と呼ばれる
プロセスによって多能性状態に戻ることが
ある。
 これは、再生に必要なさまざまな細胞を
形成する能力を再獲得するプロセスである。

 植物では、脱分化した細胞は速やかに
分裂して癒傷組織(カルス)を形成し、
カルスから損傷した組織や器官が再生
する。

 このほど、理研植物科学研究センター
(神奈川県横浜市)の研究チームが傷害に
応答しカルス形成を促進するスイッチ因子
を同定した1。
---------------------------------------

面白い研究ですね。
紹介です。

類似研究も紹介しておきます。
植物で活性酸素の蓄積を調節する酵素
22 July 2011
RIKEN Research Highlights

いろいろありますね。
研究している部署も違うので違った
観点からの研究になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

進行期メラノーマに対する樹状細胞を用いた免疫療法~進行期メラノーマ患者に朗報~

進行期メラノーマに対する樹状細胞を
用いた免疫療法
~進行期メラノーマ患者に朗報~

2011年7月19日 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 医学部附属病院は、有効な治療法の
乏しい進行期メラノーマに対して、
樹状細胞を用いた免疫療法の臨床研究を
開始します。

 遠隔転移のある第IV期メラノーマ
(悪性黒色腫:皮膚などに発生する
悪性腫瘍)はきわめて難治性の疾患で、
その生存期間を有意に延長させる有効な
治療法がなく、また既存の薬物療法
(化学療法、サイトカイン療法)は副作用
も強いため、有効性と安全性に優れた
新しい治療法の開発が求められています。

 メラノーマは免疫療法が比較的有効な
悪性腫瘍として知られており、さまざまな
方法が試みられていますが、有効性と
安全性において満足できる治療法は確立
していません。

 今回の臨床研究では、患者自身の
血液細胞を培養して樹状細胞とよばれる
免疫反応を高める細胞を誘導し、これに
メラノーマ抗原(免疫反応の標的)を
加えて投与するとともに、免疫反応を
増強する薬剤を併用して効果を高める
ことを狙います。

 この方法は、共同研究先の
SBIバイオテック株式会社が
米国ベイラー研究所(Baylor Research
Institute、テキサス州ダラス)との
ライセンス契約締結を受けて進めてきた
もので、医学部附属病院とSBIバイオテック
はこれまで、樹状細胞療法の分野で
世界有数の研究施設であるベイラー研究所
から本治療法に関する技術移転を進めて
きました。

 本臨床研究は、医学部附属病院医の
倫理委員会の承認を得て、血液・腫瘍内科
と皮膚科が、輸血細胞治療部、
探索医療センターを中心とした院内各部署
の協力の下、共同で実施します。

 10名の患者を対象とし、安全性と有効性
を検証します。
 2011年7月より登録を開始し、登録期間
は2年間を予定しています。

 本研究により、本治療法の安全性と
有効性が確認されれば、現在、有効な
治療選択肢のない進行期メラノーマ患者
に対して、QOL(生活の質)を維持しながら
生存期間を延長できる新たな治療法になる
とともに、メラノーマの予後改善に
つながるものと期待しています。
---------------------------------------

Good Newsです。

>本研究により、本治療法の安全性と
>有効性が確認されれば、現在、有効な
>治療選択肢のない進行期メラノーマ患者
>に対して、QOL(生活の質)を維持
>しながら生存期間を延長できる新たな
>治療法になるとともに、メラノーマの
>予後改善につながるものと期待して
>います。
期待したい。

国内でもがんに対する免疫療法の研究が
行われています。

関連記事です。
米国におけるがん免疫療法の現在

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

ガン種別最新動向(3) 血液ガン

ガン種別最新動向(3)
血液ガン

2011年7月22日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。

血液ガンに対する現在の治療に関する
情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩分摂取による高血圧発症にエピジェネティクスが関与することを解明

塩分摂取による高血圧発症に
エピジェネティクスが関与することを解明
― 日本人に適した新規降圧薬の
開発に期待 ―
2011 年4 月11 日 東京大学

---------------------------------------
 塩分の過剰摂取が高血圧をきたすことは
良く知られていますが、その機序について
は多くの不明な点がありました。

 このたび、東京大学医学部附属病院
腎臓・内分泌内科 教授 藤田敏郎らの
研究チームは、塩分感受性高血圧では
塩分摂取過剰による 交感神経活性異常が
塩分排泄に関わる遺伝子(WNK4遺伝子)の
転写活性を抑制していることを世界に
先駆けて明らかにしました。

 本研究は血圧に関係するホルモンである
カテコールアミンのナトリウム貯留作用の
新たな分子メカニズムを明らかにする
とともに、 塩分摂取による高血圧発症の
機序解明にもつながる画期的な発見です。

 肥満やメタボリックシンドロームでは
血圧の塩分感受性が高いことが知られて
いますが、今回の研究の成果は食塩や肥満
などの 環境因子が塩分排泄性遺伝子の
転写活性を抑制して、疾病(高血圧)が
生じる“エピジェネティクス”の関与を
解明したものであり、 新たな視点による
高血圧治療薬の開発が期待されます。

 本研究成果は、米国の科学雑誌
「Nature Medicine」に掲載されるに
先立ち、米国東部標準時間4月17日午後1時
(日本時間4月18日午前2時)に、
オンライン版に掲載されました。

※詳細はリリース文書をご覧下さい。
---------------------------------------

>塩分の過剰摂取が高血圧をきたすことは
>良く知られていますが、その機序に
>ついては多くの不明な点がありました。
現象としては良く知られているものでも
その機序については不明ということが
沢山あります。

>新たな視点による高血圧治療薬の開発が
>期待されます。
と言ってます。
期待しましょう。

最近は原因究明も遺伝子レベルですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本製の新抗がん剤、転移した大腸がんにも効果

日本製の新抗がん剤、転移した大腸がん
にも効果
2011年7月23日 朝日新聞

---------------------------------------
 抗がん剤は大鵬薬品工業(本社・東京)
が開発した「TAS―102」。

 錠剤で1日2回のむ。2009年から
今春にかけ、転移のある大腸がん患者
約170人を対象に第2段階の治験を
実施。

 全国約20病院が参加する臨床試験
(治験)で確認された。
 近く大規模な治験に入る。

 転移のある大腸がん患者に現在
使われている薬は4割程度の患者には
効果がない。
 特定の遺伝子に変異が無い人にしか
効かないためだ。
 今回の薬は遺伝子の変異に関係なく
効くと予測されている。(大岩ゆり)
---------------------------------------

良さそうです。
第II相試験の結果が良かったようです。
早く治験を終了して製品化出来ると
素晴らしい。

大鵬薬品のニュースリリースです。
新規抗悪性腫瘍薬「TAS-102」の
臨床第II相試験結果を発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんな平等に電力を使えません」

「みんな平等に電力を使えません」
2011年7月19日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 計画停電は、9割超のシェアを占める
東電が、福島第1原子力発電所事故を
起こして供給力不足に陥ったことで実施した
もの。

 ところが、東電だけでなく、新興の電力
会社である「PPS(特定規模電気事業者)」
のユーザーも、東電ユーザーと同様に
計画停電の対象になった。

 PPSとは、2000年3月から段階的に始まった
電力自由化によって誕生した新規参入の
電力事業者のこと。

 最大手のエネット(東京都港区)は、
NTTファシリティーズと東京ガス、大阪ガス
が出資している。

 このほか、新日鉄の子会社である
新日鉄エンジニアリング(東京都品川区)、
住友商事子会社のサミットエナジー
(東京都中央区)、三菱商事子会社の
ダイヤモンドパワー(東京都中央区)など
がある。

 PPSは、企業の自家発電装置で使い切れ
なかった電力を購入したり、自前の発電所
で電力を作り、電力会社よりも安い料金で、
企業や官公庁、自治体などに電力を販売
している。

 取引の大半は相対契約だが、一部は
日本卸電力取引所(JEPX)を通じて
売買している。


---「悪平等」を押し付けた政府と
電力会社---
 3月11日の東日本大震災でダメージを
受けたのは、東電の原発や火力発電所で
あって、電力を運ぶ送電網の大半は、問題
なく使える状態だった。

 つまり、電力の供給がままならなく
なったのは東電や東北電力だけで、PPSの
電力供給は問題が無かったわけだ。

 それなのに東電は、計画停電のエリアの
送電を停止し、PPSユーザーまで電力を
使えなくなってしまった。

 PPSが電力を販売する際には、電力会社
の送電網を、利用料金(託送料)を
支払って利用する。

 にもかかわらず、計画停電を実施するに
当たって、送電網の利用者の不便を勘案
せず、送電を止めてしまったのである。

 しかも、事前の相談なく、決定事項
として通達した。

 この東電の手法を、経済産業省も認めて
いる。

 政府までが、「最大シェアの電力会社の
ユーザーが不便を被るのだから、みんな
平等に不便を被りましょう」と“悪平等”
を選んだのだ。
---------------------------------------

これはひどい選択だと思いませんか?

全くの“悪平等”こんなことを許して
良いのでしょうか?
国民を守る立場の政府が、


---------------------------------------
 さらに、震災明けの3月14日月曜日には、
日本卸電力取引所(JEPX)が東京電力管内
での電力取引を停止してしまう。
 その理由は、「東電から送電網の運用、
監視ができないので停止してほしいと要請
があった」(JEPX)ためだという。
---------------------------------------

送電網の管理運用と電力会社は分離
すべきですね。

実際がどうあれ、電力網を所有している
東電が言えば、誰もそうでは無いはずだ
とは言えない。
情報をつかんでいるのは東電のみなの
だから、

そもそも計画停電は必要なかったと
思っていますが、分離されていれば、
もっと賢い運用の仕方があったはず。


---------------------------------------
 電力自由化によって、需要家は電力会社
をサービスの内容や料金で選択できように
なったはずだった。

 複数の電力会社と契約することは、
自家発電装置を持つのと同様に、停電など
への備えであったはずだ。

 実際、PPS各社には、「電力を供給して
欲しい」という企業から問い合わせが
殺到している。
---------------------------------------

本当におかしいと思いませんか?

停電にならなくてすんだ企業が沢山あった
はずなのに、東電が困っているのだから
皆さんも同じように困れと?

おかしいと思う。
日本という国はおかしな国だと思う。

救える企業があったはずなのに救わない。
停電にすれば、それだけ経済も停滞する
はずなのに!


---------------------------------------
 ところが、いざ大規模なトラブルが
電力会社で発生しても、巨大企業と政府の
判断によって、PPSは本来の役割を一切、
発揮できなかったのだ。

計画停電で発生した不条理は、7月1日から
の電力使用制限令でも起こった。

 電力会社のユーザーと同様に、
PPSユーザーも15%削減を強いられること
になったのだ。

 6月16日に社長を退任したエネットの
武井務・前社長は、電力ビジネスの
不条理に怒りをあらわにする。

 「通常のビジネスなら、東電が電力を
供給できない分、我々PPSが通常時よりも
好条件で電力を販売したり、新規顧客を
獲得できるはず。

 ところが政府は、PPSのユーザーも15%の
節電対象だという。
 しかも、節電で余った電力は東電に
売ってやってくれと。

 政府が敵に塩を送れと言うとはどういう
ことなのか。

 自由化したという意識がないことを
象徴している」

 電力料金は、前年度の使用料の実績を
基に決める。
 15%節電を強制されれば、エネットに
とっては翌年の基本料が低下することを
意味する。

 「計画停電といい、15%節電といい、
我々はボランティア組織のようだ」と
武井前社長は憤る。
---------------------------------------

同感です。怒って当然。
ひどい話です。
どうしてこんな話が通るのか?
政府は国民の方を向いていない。


---------------------------------------
「まったく勝ち目がない」
 そもそも電力会社とPPSは、平等に戦える
環境にない。

 その理由は3つある。

 第1がコスト。
 電力会社の原発や水力発電所は、何十年
も前に作ったものが大半で、設備の償却を
終えている。
 つまり、発電コストが非常に安い。
 古くて効率の悪い火力発電所の
発電コストは割高になりがちだが、安価な
原発や水力の電力を混ぜて平均化すれば、
電力会社は顧客に安価な料金を
提示できる。

 しかも、火力発電の燃料費が高く
なれば、その分を「燃料費調整制度」
の下、電力料金で回収できる。

 一方のPPSは、燃料高の影響を
直接受ける。
 電力自由化が始まった2000年当初は、
原油価格が1バレル当たり30ドルを切って
いた。
 安価な燃料と、最新鋭の設備を
組み合わせれば、電力会社とも戦えると
新規参入が相次いだ。

 ところが、この10年で燃料費は高騰。
 原油価格は1バレル当たり100ドル前後と
約5倍に跳ね上がった。
 三井物産と日揮、石川島播磨重工業が
出資したジーティーエフ研究など、撤退
や事業の縮小が相次いだ。

 発電事業はスケールメリットが働く。
 この点でも、電力会社はPPSよりも優位
にある。

 千葉港に隣接するサミット美浜パワー
の亀岡和英社長も、「電力会社と戦って
も、まったく勝ち目がない」とため息を
つく。

 同社のLNG(液化天然ガス)
火力コンバインドサイクルの設備容量は、
5万キロワット。
 一方で、東京電力の火力発電所は1カ所に
複数の発電機があり、設備容量は合計で
100万~500万キロワットもある。

 特に、電力会社の料金が安い夜間は
ビジネスにならないのだという。

 そこで、サミット美浜パワーでは、夜間
は東京電力から電力を調達し、昼間は自社
で発電している。
 さらに、周辺の食品工場などに自営線を
敷設し、電力と発電時に生じる蒸気の両方
を販売している。
 「電力の販売だけでは厳しいが、蒸気も
売れれば採算性が上がる」(亀岡社長)。

 電力会社の送電網ではなく、電力を
自営線で供給しているユーザーは、
計画停電も15%節電も無縁だ。

 現在、周辺の7社に提供中だが、「既に
倍以上の企業から要望がある」
(亀岡社長)。

 ところが、自営線を今以上に敷設する
ためには、公道を越えなければならず、
自治体などの認可を取るのが困難な状況に
あるという。

 さらに、電力会社が発電部門と
小売り部門の両方を併せ持つことも、
電力会社とPPSが平等に戦えない環境を
育む要因の1つとなっている。

 電力会社は、普段使っていない火力発電
などの設備を大量に保有している。
 それは、発電電力量の約3割を賄う原発が
止まっても、停電を起こしていないことが
証明している。

 電力会社は、原発や水力を最優先に稼働
させ、次に石炭火力を動かす。
 そのうえで、LNG火力で不足分を補い、
さらに足りないときだけ石油火力を
動かす。
 つまり、LNG火力と石油火力の稼働率は、
そう高くない。

 民間企業なら、設備稼働率を高めること
は経営の至上命題だ。
 電力会社にこうした視点があれば、
遊んでいる設備を使って発電し、その分の
電力を市場で販売すればよい。

 だが、残念ながらこのロジックは働か
ない。
 電力会社の小売り部門にとって、電力を
他の事業者に販売することは、顧客を
他事業者に奪われることを意味する。

 しかも、電力会社は、「総括原価方式」
によって、設備などにかかった費用を
電力料金で回収できることになっている。

 設備稼働率が低くても、設備投資を必ず
回収できる。

 総括原価方式は、かかったコストに一定
の利潤を載せて電力料金から回収する
仕組みであるため、設備投資が大きく
なればなるほど、電力会社が得られる利潤
も大きくなる。
 無理して設備稼働率を高めるのではなく、
止めておこうと考えても不思議はない。

 結果的に何が起こるか。
 例えば、企業が自家発電装置で発電した
電力で、事業に使わなかった余剰分が
あったとする。

 PPSの参入以前は、買い取ってもらう
相手は電力会社しかいなかった。
 これをPPSが買い取ろうとすると、
「電力会社よりも10~20%高く引き取り、
需要家に5%程度安価に売るしかなくなる」
(あるPPS幹部)。


電力会社を自由にした「見せかけの自由化」
 「電力自由化が始まってから、電力料金
は約2割下がった」「既に発電電力量の63%
が自由化されている」

 こう聞くと、日本の電力業界でも競争が
起きているような錯覚を覚えるかも
しれない。
 だが、実際のところは前述のとおりで、
公正な競争ができる状況にない。

 PPSのシェアは、わずかに3%程度に
とどまる。

 確かに、経済産業省によれば電力料金は
約2割下がっている。
 火力発電料の燃料費がこの10年で約5倍に
なったのに、料金を2割下げられるほど、
電力会社の運用には、よく言えば余裕が、
悪く言えばムダがあるわけだ。

 ある大手素材メーカーの幹部は、
「電力会社よりも火力発電所を安価に運用
できる自信がある」と明かす。

 電力会社が発電から小売りまでの
垂直統合型であり、地域独占であること
によって、発電コストは高止まりしている
可能性が高い。

 潤沢な設備を保有し、需要家が望むだけ
湯水のように電力を供給するという、
現在の電力会社のビジネスモデルは、
電力料金が下がらないだけでなく、需要家
を巻き込んだ需給調整という発想も
生まない。

 本来、企業などの需要家は、料金や
信頼性といった様々な観点から、
電力サービスや自家発電装置 、節電など
の選択肢を組み合わせ、自社に合った最適
な調達をする工夫をこらすべきだ。
 そうすることが、結果的に日本全体の
電力需要を押し下げることに繋がるだろう。

 夏場の昼など電力需要の多いときは、
電力料金も高く、そうでないときは安く
設定するだけでも、ピーク時には不要不急
の用途以外は自主的な節電が働くだろう。

 計画停電や一律の節電が不要になる
可能性は高い。

 三菱総合研究所が実施した「電力市場の
競争環境及び需要家意識に関する調査」
(2011年2月)によると、PPSから電力を
購入している企業とそうでない企業で、
電力調達への意識レベルにも差がある。

 選択肢が広がれば、需要家の意識は必ず
変わる。

 電力市場で経済合理性にかなった競争を
起こすためには、電力会社の発送電分離や、
市場取引量を増やすためのルール整備など
の手法がある。

 電力会社の既得権を奪うことに繋がる
ため、実現までの道のりは険しいだろう。

 政治手腕も問われる。
 だが、震災によって市場に歪みがある
ことが露呈したいま、目の前の課題から
目を背けてはならない。
---------------------------------------

全く同感です。
このままで良いはずがない。

現在の電力の自由化など見せかけだけ。

現在ですら、
公正な競争ができる状況になく、
PPSのシェアは、わずか3%程度に
とどまる。

こんなことで、さらに高い
再生可能エネルギーが入り込む隙間が
どこにあるのか?

>総括原価方式は、かかったコストに一定
>の利潤を載せて電力料金から回収する
>仕組みであるため、設備投資が大きく
>なればなるほど、電力会社が得られる
>利潤も大きくなる。
>無理して設備稼働率を高める
>のではなく、止めておこうと考えても
>不思議はない。
こんなに有利な条件を与えているのに、
結果は計画停電であり、節電という
状態になる。

意味がない仕組みであり、直ちに見直す
べきである。と思います。

湯水のごとく電気を使う時代は終わったの
です。

意識改革が必要な時代になったのだと
理解すべきです。

その時代にあった仕組みに変えて行く
必要があります。

世の変化に対応できない国は消えて行く
しかない。
これは歴史の語っている事実なのです。

今の政治家は理解しているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

福島第一の処理システム稼働率53%…原因不明

福島第一の処理システム稼働率53%
…原因不明

2011年7月20日21時42分 読売新聞

こういう記事があります。
詳細は、リンクを参照して下さい。
参考まで、

いつまでこんな状態なのでょう?

汚染水処理の根本的な見直しは必要
ないんでしょうか?

こういうニュースもありましたが、
放射能汚染水、速く安く浄化
鉱山の技術応用 京大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10電力割拠のツケ 「独立王国」融通阻む

10電力割拠のツケ 「独立王国」融通阻む
2011/7/22 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
「電力不足の解消に役立てばと考えた
のに……」。
 電子部品メーカーの幹部はあきれる。
 東北に工場を持つ同社は震災後、
東北電力に風力発電設備の新設による売電
を申し入れたが、受け入れを断られた。

 東北電が昨年実施した風力発電の募集
では257万キロワット分の応募に対し、
実際事業化できるのは約10分の1の
27万キロワット。

 出力が不安定な風力を需要の一定比率
以下に抑えるとして事業者を抽選で選んで
いるからだ。

 応募者すべての風力発電を東京などの
大消費地に回せれば自然エネルギーの
有効活用につながる。
 しかし、それぞれの地域で電力を自前で
供給する原則の電力会社にその発想は
乏しい。

連系線強化怠る
 周波数の異なる東日本と西日本で融通
できる電力は100万キロワットと東京電力
のピーク電力の2%弱にすぎない。

 震災後に東電が計画停電に追い込まれた
要因のひとつがこの脆弱な連系線。
 能力増強の構想は1990年代からあった
が、地元の反対との理由で2004年に立ち
消えになった。

 裏側に別の事情が見え隠れする。
「トヨタ自動車向け電力を奪われるな」。
当時、中部電力の最大顧客である
トヨタグループ企業が集まる愛知県三河
地区には東電や関西電力が営業攻勢を
かけていた。

 電力を容易に融通できる仕組みが
あれば、中部電は東西の電力大手に挟撃
される立場だっただけに「東電に
(周波数の境目である)富士川を越えられ
なくてよかった」と中部電OBは振り
返る。

 東電も連系線が拡充されなければ関電
などと競争にさらされずに済む。
 以後電力会社はこの問題を持ち出さなく
なった。

 電力会社間競争の実績は九州電力が
中国電力管内に供給する1件、新規事業者
のシェアは3%にとどまる。
 競争と改革に背を向け電力10社が築いた
「独立王国」。
 それが残した電力不足というツケを
払ったのは国民だ。

 「通信線敷設のコストがかかります」

 「こんな粗雑な説明では不十分だ」

 昨年、経済産業省で開かれた「スマート
メーター制度検討会」。
 東大教授の松村敏弘(46)はスマート
メーター(次世代電力計)導入の障害を
延々説明する東電や関電の役員を問い
詰めた。

 スマートメーターは電力の需給を調整
し、再生可能エネルギーの導入を促す
スマートグリッド(次世代送電網)構築に
欠かせない機器だが、電力各社は様々な
理由を持ち出して抵抗した。

 メーターで把握した情報をもとに、多様
な料金メニューを用意して異業種が
電力事業に参入してくるとの警戒がある。

 電力のアウトバーン(高速道)――。
 ドイツ政府が国土を南北に貫く新たな
大規模送電網を敷設する。
 北海やバルト海の洋上に風力発電設備を
増設し、大都市や工場が集まる南部に電力
を送り込む計画だ。

国境越え送電
 英独仏など10カ国は北海の海底に共同で
送電網を張り洋上風力の電力を相互融通
する構想で合意した。
 送電線が域内を縦横無尽に結び、電力を
柔軟に融通できる仕組みが国際競争も加速
させる。

 日本でも欧州のような競争環境を整備
しようと、経産省が2000年代初めに
電力会社の発送電分離を目指したが、
電力業界の強い抵抗を受けて中途半端な
形で終わった。

 以後、電力会社との協調路線が続く。
 ある経産省OBによると、国の
原子力安全委員会による06年の原発の
耐震指針見直し作業では津波対策を
重視すべきだという議論を、
「経産省幹部が懸命に抑えて回った」。

 事務次官など経産省から、過去50年間に
電力会社の役員・顧問に再就職した幹部は
68人。
 エネルギー行政も「独立王国」の存続に
深く関わる。

 電力10社体制の原型が誕生し今年で
60年。制度疲労を乗り越え、安定的で安価
な電力供給を導く仕組みはどうあるべきか。
 ゼロベースでの再設計が迫られている。
---------------------------------------

こんな状態でどうして再生可能エネルギー
の比率があがるのでしょうか?

計画停電にしても、節電要請にしても、
本来あってはならないこと。

なぜなら、電力を安定供給出来ることが
電力事業の地域独占許可の条件であった
はず。

自分達のミスで電力不足に陥ったにも
関わらず、そのつけを国民に回している。

原発を止めたら、、などと脅しをかけて
いる。
私にはおかしいとしか思えない。

安定供給は何があろうと守らなければ
ならない義務のはず。
現在の状態は、万一のことを考慮して
いなかった証拠。
電力会社には責任をとって貰いたい
と思う。
国民につけを回すこと無く改善して
ください。

政治家には、
安定的で安価な電力供給を導く仕組みは
どうあるべきか。
真摯な議論をして貰いたい。

システムとして自然に促進される仕組み
にしなければ変化など起こらない。

ドイツがどうして脱原発に踏み切れたのか?
再生可能エネルギーの比率を上げることが
出来るのか?

エネルギーを閉鎖環境に止めない為の
電力を柔軟に融通できる仕組みの構築
を進めていたからだと思う。

島国日本、その小さな日本という国の
なかですら、電力の融通さえ思うように
出来ない仕組み。
おかしいと思いませんか?

イギリスも島国。
でも他国と連携しようとしている。
見習うべきです。

再生可能エネルギーの導入には、
スマートグリッドの構築が必須とは思い
ますが、その前にせめて国内での電力
連携が出来ないようでは駄目でしょう。

仕組みを変えなければ、本質的な変化は
決して起こらないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国におけるがん免疫療法の現在

米国におけるがん免疫療法の現在
腫瘍免疫学を学ぶ立場から

2011年7月18日 医学書院

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。

---------------------------------------
 近年,欧米を中心に腫瘍免疫学
(Tumor immunology/Immuno-oncology)の
分野は,基礎,臨床開発とも目覚ましい
発展を続けています。

 わが国においても,基礎分野では偉大
なる先人たちにより素晴らしい業績が残さ
れていますが,こと臨床開発においては
欧米とは社会背景が異なることもあり,
大きく立ち遅れています。

 残念なことに,腫瘍免疫学を専門と
しない多くの臨床医の方々から,
がん免疫療法に対して懐疑的なまなざしを
向けられていることは周知の事実です。

求められる適切な臨床試験の実施
 現時点でがん免疫療法がすべて無効と
決めつけるのではなく,今後,科学的に
綿密に計画された臨床試験によって,
しっかりと白黒をつけていくべき
でしょう。

 そのためには,わが国でも,がん免疫
療法の臨床試験を適切に行い,治療後の
患者さんの体内での免疫応答を適切な方法
でモニタリングするためのinfrastructure
の整備が必要不可欠です。

 私はこのことを学ぶために留学しました
が,現状では,わが国は米国と比較し,
人的資源(個々の能力ではなく人数の
問題!),資金,設備のすべての面で
劣っていることを痛感せざるを得ません。

新たな免疫療法の認可の動き
 米国では最近,二つの免疫療法薬が科学的
に計画された臨床試験の試練を経て,ついに
食品医薬局(FDA)の認可を受けました。

 一つは2010年4月の前立腺がんに対する
sipuleucel-T(商品名:ProvengeR)です。

 これは,患者の血液から取り出された
末梢血単核球を,体外で前立腺がん抗原
(PAP),サイトカイン(GM-CSF)の
融合タンパク質等を用いて処理され,
製造された後に患者さんに投与される
ものです。

 抗原提示細胞(APC)が主たる成分
となり,PAPを持つ前立腺がん細胞を攻撃
できるT細胞を患者の体内で誘導し,
前立腺がんを攻撃するというコンセプト
です。

 もう一つは,私の現在の上司が臨床開発
に携わった ipilimumab(イピリムマブ,
商品名:YerboyR)です。

 これは,T細胞が活性化した際に,
T細胞応答に抑制(ブレーキ)をかける役割
を果たすCTLA-4(Cytotoxic T-Lymphocyte
Antigen 4)という物質を抑える抗体療法
です。

 いわば,T細胞応答のブレーキを解除
して,T細胞にがんを攻撃させようという
治療方法です。

 昨年,既治療の転移性悪性黒色腫に
対する第III相試験「イピリムマブ+
gp100ペプチドワクチン」と
「イピリムマブ単独」対「gp100ペプチド
ワクチン」との比較において,
gp100ペプチドワクチンの有無に
かかわらず,イピリムマブを含む治療群が
gp100ペプチドワクチン群よりも有意に
生存期間の延長を認めることが報告され
ました1)。

 この流れを受け,本年3月末に
悪性黒色腫に対するイピリムマブ療法が
FDAに認可されました。

 さらに,本年6月に開催された米国臨床
腫瘍学会年次総会にて,無治療転移性
悪性黒色腫に対する第III相試験
「イピリムマブ+ダカルバジン併用群」
対「プラセボ+ダカルバジン投与群」
において,併用群が全生存期間の延長,
無増悪進行生存期間の有意な延長を認めた
ことが報告されました(図1,表1)2)。

 これにより,転移性悪性黒色腫に対する
一次標準治療に免疫療法が加わることに
なります。

免疫療法と化学療法の効果発現時期,
効果持続時間は異なる
 イピリムマブの特徴として,図2の
矢印(←)に示されるように,試験登録
から2か月以上にもわたり両治療群で
無増悪進行生存曲線に差を認めないこと
から,イピリムマブ上乗せによる治療効果
発現までには時間を要すること,また
奏効期間がイピリムマブ併用群で19.3か月
にまで延長しており(表2),治療効果が
長期間持続する可能性が指摘されています。

 われわれの施設では,イピリムマブ投与
開始後,12週でPD(Progressive Disease;
最も縮小した時点から,25%以上の増大,
または新病変の出現があったもの)と判定
された症例が,投与継続により24週後以降
になってからPR(Partial Response;病変
の50%以上の縮小が4週間以上持続),
SD(Stable Disease;病変の縮小率が30%
未満,または20%以内の増加で,二次的
病変が増悪せず,かつ新病変の出現のない
状態が4週間以上持続)と判定される症例を
多く経験しています。

 化学療法では,通常治療開始後いったん
PDと判定されれば治療中止としますが,
免疫療法での効果発現までの時間と効果の
持続期間は,化学療法のそれとは異なる
ことがわかってきたため,従来のRECIST
(Response Evaluation Criteria In
Solid Tumors;固形がんの治療効果判定
のためのガイドライン)による効果判定を
修正した免疫療法用の評価方法の
ガイドラインが提案されました3)。

 今後,国際的にはがんに対する新しい
治療オプションとなることをめざし,
さまざまな形のがん免疫療法の臨床試験が
各種がんに対して積極的に行われていく
ことは間違いないでしょう。
---------------------------------------

そうですね。
日本も遅れないようにして貰いたい。

批判することは得意のようですが、
新しいことに挑戦する人も組織も貧弱
です。

頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Vol.217 なぜか進まない原発作業員の造血幹細胞保存

Vol.217 なぜか進まない原発作業員の
造血幹細胞保存

2011年7月21日 医療ガバナンス学会

詳細は、リンクを参照して下さい。

この文章は、『ロハス・メディカル』
2011年8月号に掲載されたものです
---------------------------------------
 ロハス・メディカル誌5月号巻頭で、
谷口修一・虎の門病院血液内科部長の
『原発作業員は、造血幹細胞保存を』
(参照1)という提言をご紹介しました。

 しか し原子力安全委員会や日本学術会議
が、誰の判断か曖昧なまま『不要』と
突っぱねたことから、6月末までに1人しか
保存していないそうです。

 専門家の社会と の関わり方の妥当性
という意味で非常に考えさせられます。
 また、将来、歴史の検証が必要に
なりそうな予感もします。

 小康状態にあるとは言え、東京電力福島
第一原子力発電所が依然として危険な状態
にあること、破滅を避けるために不断の
燃料冷却と汚染水処理が必要なことは、
皆さんもよくご存じのことでしょう。

 そして、大量の放射線被曝と背中合わせ
の劣悪な環境の中、必死にその作業を
している方々がいます。

 作業してくれる方々がいなければ我々の
日常すら脅かされるということを考えると、
作業員の生命と健康を守るため何ができる
のか、そのコストを誰がどう負担するのか、
他人事でなく考える必要があるのでは
ないでしょうか。

 谷口医師の提言を叩き台として、広く
見える形で専門家が意見を闘わせれば、
国民の理解が深まり、もっとよい知恵が
出て合意に至る可能性だってあった
はずです。

 しかし残念ながら透明な議論はなく、
どんどん話がおかしくなっています。
 この3カ月間の経緯を振り返ります。

○提言と否定
 谷口医師が病院で記者会見を開き提言
したのが3月29日のことでした。
 この際、日本造血細胞移植学会も
「自己幹細胞保存が望ましいとされた
場合、学会はその医学的、社会的妥当性を
検討した上協力します。
 (略)全国の107施設が対応可能と
なっています」と、声明を出しました。

 実は、その前日に国立がん研究センター
も、嘉山孝正理事長らが会見で(作業員
などに)「事前に自己末梢血幹細胞を
保存」することを推奨すると発表して
いました。

 ところが原子力安全委員会は同じ
3月29日、「緊急技術助言組織」の名前で、
「作業従事者にさらなる精神的、身体的負担
をかけるという問題があり、関連国際機関等
の合意がなく、国民にも十分な理解が
得られていない」から「必要ない」との判断
を示しました。

 すると国立がん研究センターは4月14日に
2度目の会見を開き、被曝線量が250ミリSv
以下の職場環境が保たれる場合は不要と、
玉虫色の表現に変更しました。

 また日本学術会議も4月25日、
「東日本大震災対策委員会」名で「不要
かつ不適切」との見解を発表しました。
 理由として挙げられたのが、作業者は
被曝 250ミリSv以下の環境で働いており、
移植の必要な大量被曝の可能性がない。
 たとえ大量被曝したとしても、そういう
場合に行われる緊急治療のスタンダードに
造血幹細胞移植は入っていないといった
ことでした。
 末梢血幹細胞採取の際用いる薬に白血病
を誘発するリスクがあるということも
書かれていました。
 ただ し5月2日に一部修正され、
日本血液学会の統一的見解を期待するとの
記述が追加されると同時に、白血病リスク
上昇の根拠として挙げられていた
医学論文が削除されました。
 結果として、何を根拠に白血病のリスク
が上がると主張しているのか不明です
(参照2)。

 実は、学術会議の最初の見解と修正との
間の4月28日に、谷口医師は学術会議に
対して「日本の叡智を結集して最善の方法
を模索する」べきと公開討論会の申し入れ
を行っています。
 しかし、学術会議から反応はありません。
 また、学術会議の「期待」に応え
日本血液学会が統一見解を出そうという
動きもありません。

○現実が先を行く
 その後、250ミリSvを超える被曝の判明が
相次いでいるのは、皆さんもご存じの通り
です。

 5月23日に日本造血細胞移植学会は2回目
の声明を出しました。
 学術会議の見解に対して、作業環境に
関する情報開示が不足しており、被曝量が
コントロールされているから不要と断定は
できない、などと反論しています。

 6月7日になって国立がん研究センターも
3度目の会見を開き、改めて原則として
推奨する方向に舵を切り直しました。

 国会議員たちも関心を持ち始め、
6月24日、7月1日と2週連続で勉強会が開かれ
ました。
 しかし、残念ながら学術会議で見解作成
に携わった人たちは出席せず、双方の主張
はすれ違ったままです。

 もちろん大量被曝事故が起きないに
越したことはありません。
 ただし今回は、起きてほしくないことが
次々起き、後追い対策に終始しているのが
現実です。
 現場の方々に最善の備えをと願います。
---------------------------------------

何回も投稿しています。

>原子力安全委員会は同じ3月29日、
>「緊急技術助言組織」の名前で、
>「作業従事者にさらなる精神的、
>身体的負担をかけるという問題があり、
>関連国際機関等の合意がなく、
>国民にも十分な理解が得られていない」
>から「必要ない」との判断を
>示しました。
国民にも十分な理解が得られていない?
どうやって調べたのでしょうか?

上記にあげていることが造血幹細胞保存
を拒否する理由になるとは思えません。

事故は思わぬことで発生します。
人がコントロールできることでは
ありません。
せいぜい出来ることは、その発生確率を
下げることくらいしか出来ないのです。
決してゼロには出来ません。

高濃度汚染水の中に落ちるかも知れない。
万一落ちた場合は自己責任ということ
で終わりになるのでしょう。
命綱をかならずつけろと指示したと
いうことで、

コントロールしている積もりでも、
万全などということがあるので
しょうか?

何か勘違いしていませんか?
今回の原発事故そのものがそうです。
安全であるようにコントロールして
いたはず。違いますか?

目的は、
「人の命を救うために最善を尽くす
こと。」のはず、
それが出来ているのですか?

世の中の知識人と言われる人達の
考えることは理解出来ない。

>透明な議論はなく、
というのがいつもながら残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経口Xa阻害薬、貼付タイプのAD治療薬など4成分 7月19日から発売開始

経口Xa阻害薬、貼付タイプのAD治療薬
など4成分 7月19日から発売開始

2011/07/20 ミクスonline

詳細は、リンクを参照して下さい。

いろいろ出てます。
ご参考まで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「骨髄異形成症候群」向け、血液がん薬を発売。

「骨髄異形成症候群」向け、血液がん薬を
発売。

2011-06-15 レーベンスクラフト最新医療情報

詳細は、リンクを参照して下さい。
ちょっと古い情報ですが、
紹介しておきます。

---------------------------------------
 血液がん向けの治療薬「ビダーザ
(一般名アザシチジン)」を発売する
(日本新薬)。

 骨髄で血液細胞を正常に作れなくなる
「骨髄異形成症候群」の患者向け。

 注射薬として使う。
 同症候群は発病の原因が解明されて
いない難病で、これまで国内では有効な
治療薬がなかった。
---------------------------------------

良いですね。ご参考まで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

心筋梗塞の意外な真実-初めてわかった東アジア人の高血圧関連遺伝子-

心筋梗塞の意外な真実
-初めてわかった東アジア人の
高血圧関連遺伝子-

2011.07.20 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国立国際医療研究センターの加藤医師は
過去20年にわたって高血圧と遺伝子の
関連を研究してきました。
 そして今回、国際的な研究によって、
東アジア人に特有な遺伝子のなかで、
高血圧、特に心筋梗塞との関連が強いもの
を同定する事に世界で初めて成功
しました。
---------------------------------------

なかなか面白いです。
参考情報として見ておくと良いと
思います。

行き着くところは、オーダーメイド医療、
要するに「個の医療」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常時装着可能なMEMSマイクロ血流量センサ

常時装着可能なMEMSマイクロ血流量センサ
20 JULY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 九州大学と東京大学の研究グループは、
超小型の血流量センサをマイクロマシン/
MEMS展に出展しました。

 MEMSの技術を使って、センサヘッドを
小型化したことで、ランニング中の
血流量測定による脱水症状の診断や、
健康モニタリング、予防医学、飲酒の診断
などへ応用出来ます。

 生体への常時装着モニタリングが可能に
なったことで、動物の新たな現象の発見も
期待できます。
 研究室では、すでに鶏用の血流量センサ
も試作しています。
---------------------------------------

聞いているとなかなか面白そうですね。

>鶏の場合は、鳥インフルエンザに掛かり
>ますと、血がドロドロになります。
>注射器で吸い採っても、採れないぐらい
>ドロドロです。
>それでこの血流センサを当てることに
>よって、早めにインフルエンザを検出
>することができます。

とかいろいろ応用が利きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で初めて強相関電子を2次元空間に閉じ込めることに成功

世界で初めて強相関電子を2次元空間に
閉じ込めることに成功
―新たな高温超伝導物質の実現や、
電子素子作りに道を拓く―

平成23年7月15日
東京大学
高エネルギー加速器研究機構(KEK)
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京大学 大学院工学系研究科の
組頭 広志(クミガシラ ヒロシ) 准教授
[現:高エネルギー加速器研究機構
(KEK) 物質構造科学研究所 教授]
らの研究グループは、電子同士が互いに
強く影響し合う状態にある
「強相関電子注1)」を2次元空間(層)
に人工的に閉じ込める
「量子井戸構造注2)」を作り出すことに
世界で初めて成功しました。

 この構造は、レーザーを使った結晶成長
の技術を駆使し、伝導性を持つ酸化物を
原子層レベルで精密に制御することで実現
されました。

 KEK 放射光科学研究施設フォトン
ファクトリー(PF)注3)の放射光注4)
による高精度な分光法で電子の振る舞いを
詳細に調べることにより、強相関電子が
2次元空間に閉じ込められていることを
確認しました。

 高温超伝導体を作製するには強相関電子
は欠かせない存在です。

 今回の成果によって、強相関電子の
振る舞いを人工的にコントロールすること
が可能となり、これまでの超伝導転移温度
を遥かにしのぐ高温超伝導体の作製は
もちろん、人類の夢であった室温超伝導体
の実現にもつながると期待されます。

 またシリコン系半導体に取って代わる
新しいタイプの電子素子の開発にも見通し
が立ちました。

 研究成果は、米国科学雑誌
「Science」の
2011年7月15日号(米国東部時間)
に掲載される予定です。
---------------------------------------

画期的な成果のようです。

>新規デバイス材料として、強相関酸化物が
>注目されています。

>電子の電荷のみを利用していた従来の
>半導体デバイスと比べて、強相関酸化物
>では、電子の電荷・軌道・スピンの自由度
>を利用してさまざまな機能が期待される
>ためです。

>その代表例が、
>銅酸化物における高温超伝導や
>マンガン酸化物における
>巨大磁気抵抗効果注5)です。

>これらの物質には、伝導を担う伝導層が
>絶縁層に挟まれた2次元的な層状構造を
>持つという共通の特徴があります
>(図1(左))。そのため、伝導層に
>閉じ込められた強相関電子の振る舞いを
>制御することが機能を制御するための
>鍵となります。

>今後、この技術を用いて電荷・軌道・
>スピンの自由度を制御することで、
>強相関電子が示す高温超伝導などの
>類い希な機能を人工的に制御すること
>が可能になると考えられます。

>また、新しい動作原理に基づいた
>超伝導デバイスや光スイッチング
>デバイスといった
>強相関エレクトロニクス注10)への
>発展が期待されます。

従来言われているスピントロニクス
のことなんですかね?
同じようなことを言ってますから、

多分、広く言うとスピントロニクスで、
強相関電子を扱うものが
強相関エレクトロニクスというのかな?

とにかく、
>人類の夢であった室温超伝導体の実現
>にもつながると期待されます。
>またシリコン系半導体に取って代わる
>新しいタイプの電子素子の開発にも
>見通しが立ちました。
と言ってますから期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

東工大、新規な分子カプセルによるフラーレンC60の選択的な内包に成功

東工大、新規な分子カプセルによる
フラーレンC60の選択的な内包に成功

2011/07/14 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京工業大学(東工大)資源化学研究所の
吉沢道人准教授と貴志礼文大学院生らの
研究グループは、巨大分子フラーレンC60を
選択的かつ完全に内包できる
「分子カプセル」の簡便な合成法を開発
したことを明らかにした。

 同成果は、米国化学会誌
「Journal of the American Chemical
Society」(オンライン版)で公開された。

 自然の中には、直接見ることのできない、
ウイルスキャプシドのような数nmクラスの
カプセルも存在しており、このような
生体カプセルを模倣して、人工カプセルを
分子で作る試みが、各所で行われている。

 しかし、合成の煩雑さや構造の安定性
などに問題があり、また1nm以上の
巨大分子を完全に内包できる分子カプセル
の合成は、達成されていなかった。

 フラーレンC60などの1nmサイズの
完全炭素化合物は、その構造や性質から、
次世代の機能性ナノ材料として注目されて
いるが、フラーレンは難溶性であり、
含ハロゲン系などの特定の有機溶媒にのみ
溶解するため、その利用範囲が限られて
いた。
 そこで研究グループでは、フラーレン
C60を完全に内包できる新規な
分子カプセルの合成の実現に向けた研究
を行った。

 今回のフラーレンの内包では、過去に
例を見ない2つの特徴があるという。

 1つは、サイズ差0.1nmというわずかに
大きさの異なるフラーレンC60とC70の
混合物から、分子カプセルはC60を100%の
選択性で内包することができたこと。

 もう1つは、分子カプセルは
フラーレンC60を完全に内包しているため、
本来、C60を溶解しない水系などさまざまな
溶媒にも簡単に溶かすことが可能となった
ことである。

 今回開発された分子カプセルは、
有機分子と金属イオンから簡便かつ大量に
合成できるほか、大気中で扱うことの
出来る安定な化合物である。

 また、巨大分子の代表例である
フラーレンC60を内包可能な1nmの内部空間
を有していることから、研究グループでは
今後、フラーレンや金属内包フラーレン
などの巨大分子の内包により、その特性を
活用した新機能性材料の研究開発を進めて
いくとしている。

 また、将来的には難溶性の医薬関連分子
のカプセル化による水溶液への溶解と
それを活用したドラッグデリバリシステム
(DDS)の開発も期待できるとしている。
---------------------------------------

>本来、C60を溶解しない水系など
>さまざまな溶媒にも簡単に溶かすこと
>が可能となった
面白いですね。

>その特性を活用した新機能性材料の
>研究開発を進めていく

>また、将来的には難溶性の医薬関連分子
>のカプセル化による水溶液への溶解と
>それを活用した
>ドラッグデリバリシステム(DDS)の開発
>も期待できる
私としては、こちらの方に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インタビュー】日本版EHR実現を目指して"香川モデル"を全国へ

【インタビュー】日本版EHR実現を目指して
"香川モデル"を全国へ

2011/07/12 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 産婦人科医の原氏が、当初地域の妊婦
管理のために構築したシステムは、今では
日本版EHR実現に必要な地域医療情報連携
基盤の代表例として全国から注目されて
いる。

 同氏にK-MIXの強化・発展の経緯や展望
などを聞いた。

-------
─産婦人科医の原先生が、ITを用いた
地域医療連携ネットワークの研究開発に
深くかかわるようになったきっかけは
何だったのでしょうか。

 周産期医療は、地域医療連携そのもの
です。
 急激に変化しやすい妊婦と胎児の
健康状態に対して、産婦人科開業医と
地域の中核病院や大学病院が適切に対応
していかなければいけないからです。

 私は、地域での理想的な周産期管理を
実現するという目的で、1980年に
東京大学医学部から開学したばかりの
香川医科大学(現香川大学医学部)に赴任
しました。

 妊婦管理を地域全体で行えるような
仕組みを作ろうと、電子カルテを他の施設
でも参照できる周産期ネットワークを構築
したのが始まりです。

―K-MIXは、全国各地で実施されている
地域医療連携ネットワークの実証事業
の中でも注目を浴びていますが、
その概要を教えてください。

 K-MIXは、CTやMRIなどの検査画像や
各種検査データ、紹介状などの患者情報を
データセンターに蓄積・共有しています。

 ネットワークに参加する診療所の医師が
診断・治療、インフォームドコンセント
などを行う際に、インターネット回線を
通じて専門医の助言を受けられます。

 特にデータ蓄積による経時的な情報が
閲覧できる点は、全国的にも珍しいと
思います。

 当初は画像診断支援を目的として
いましたが、その後診療情報についても、
標準フォーマットによる診療情報提供書の
伝送機能を実装し、
電子カルテネットワークとしての機能強化
を図ってきました。

 さらに現在では地域連携パス機能
として、脳卒中クリティカルパスが
稼動しています。

 急性期病院で作成された
クリティカルパスを退院時に回復期施設に
送信し、それに沿ってリハビリできるよう
医療連携機能を強化しました。

 地域連携パスは、糖尿病や耳鼻科関連
にも拡大していきます。

 また、Web会議システムを応用した
遠隔地診療のためのシステム
「ドクターコム」も追加して
電子カルテと連携させ、往診時の
遠隔診療や医療者間のカンファレンス
などに利用できるようにしました。

 ―地域医療連携ネットワークでは、
医療情報の連携方式として分散型と集中型
がありますが、K-MIXが当初から
データセンターを活用した集中型(ASP型)
モデルを選択した理由は何でしょうか。

 分散型も集中型も一長一短はあります。
 ただ私の考えでは、真の医療連携
ネットワークでは、単に情報提供病院の
診療情報が参照できるだけでは不十分で、
ネットワークに参加する医療機関相互の
情報が経時的に閲覧・活用できなければ
なりません。

 そうなると、必然的に集中型を採用
せざるを得ない。
 当初からデータセンターに診療データ
を置いたのも、将来必ずデータセンター型
が主流になると確信していたからです。

 実は計画当初、民間事業者の
データセンター利用の可否を厚生労働省に
打診しました。
 しかし、当時の電子的な診療録の保存を
行う場所に関するガイドラインと、
官僚特有の「前例がない」という理由から、
医療機関以外に医療情報を置くことに難色
を示していました。
 交渉の末、医療情報原本は各病院に置き、
コピーをデータセンターに置くという形で
納得してもらいました。

 サーバーを安全なデータセンターに設置
すること以外にも、世界標準のプロトコル
を使用する、セキュリティとしてHPKIを
実装するなど、K-MIXは将来を見据えた
しっかりとしたコンセプトに基づいて構築
してきました。

 重要なのは、あるべき姿に向かって、
信念を持って切り開いていくこと。
 それが大学教員の使命と思っています。
 まず、医療連携ネットワークの
あるべき姿を描き、現在ある技術で何を
どこまで実装していくかを決定し、
そして実際に必要となる機能を構築して
いく、その繰り返しです。

 ―昨年末からは、香川大・徳島文理大・
県立保健医療大の三大学連携で電子処方
せんの実証事業をK-MIX基盤上で実施して
います。

 電子カルテシステムの普及で、病院内の
薬剤師は患者の病名や検査データを見ながら
調剤業務ができるようになりました。

 ところが、病院の外にいる調剤薬局の
薬剤師は病名さえも知らされずに、
医師の処方した紙の処方せんのみに
基づいて薬を出しています。
 これでは、きちんとした服薬指導など
できません。

 電子処方せんシステムでは、処方せんが
電子的に調剤薬局に伝送されるだけでなく、
病名や検査データ、あるいは患者さんの
アレルギー情報なども、標準フォーマット
であるHL7形式で、K-MIXを介して薬剤師に
伝えられます。

 また、薬剤師から医師に対して、用量の
間違いや通常と異なる用法などがあった際
の疑義照会、ジェネリック(後発医薬品)
への変更、患者の副作用情報なども
フィードバックできる双方向通信の機能を
持たせています。

 地域全体で包括的に患者をケアしていく
ためには、調剤薬局の薬剤師の活躍が
大きな力になります。
 それには、病院の薬剤師と調剤薬局の
薬剤師が同じように情報を持たなければ
なりません。

 電子処方せんシステムは、そのツールの
1つと考えています。
 もちろん、電子処方せんネットワークを
拡大していくためには、調剤薬局にとって
のメリットも提供していく必要があります。

 その1つとして、調剤報酬明細書を作る
レセプトコンピュータとシステム連携させ、
調剤事務を効率化する仕組みを追加して
いく計画です。

 一方、K-MIX上に保存された個人の
薬歴管理情報を、患者自身がPCや
スマートフォン、携帯電話で閲覧できる
ように発展させたWebお薬手帳や
お薬カレンダーも試行中です。

 これは、正に健康情報や服用薬を
自分自身で管理していく
PHR(Personal Health Record)の基礎
となるものです。

 ―周産期電子カルテネットワークとして
始まった一連の研究は、日本版EHR、
PHRへとつながっていくわけですね。

 現在、香川大学医学部の法医学教室に
CTが導入され、患者の死後のデータを取得
して管理できるようになりました。

 周産期電子カルテネットワークによる
胎児のデータから死後のデータまで、
K-MIXに入力して経時的に情報を管理して
いけば、生涯健康カルテ
(EHR:Electronic Health Record)が
できあがります。

 地域の各拠点病院でも、大学附属病院と
同様に電子カルテシステム間で連携しよう
という動きが出ています。

 さらに、周産期電子カルテネットワーク
から派生した「Web母子手帳」、
電子処方せんシステムから派生する
「Webお薬手帳」などと、保健者や民間企業
も参加する地域健康データ管理システム
と連携すれば、医療・健康情報を自己管理
できるPHRができあがります。

 香川大学瀬戸内圏研究センターが中心と
なって進めている
「かがわeヘルスケアバンク」構想には、
K-MIXとこうしたシステムを連携させ、
地域医療情報ハブとして機能させよう
という狙いがあります。

 この10数年の取り組みは、EHRやPHR実現
のためのステップです。
 必要な医療機能を、実現可能な技術で
計画的にモジュール化して組み合わせて
きたものです。

 また、どの医療機関でも、どの地域でも
対応できる広域性と発展性を重視して
きました。

 実際、周産期電子カルテネットワークは
岩手県などで採用されていますし、
K-MIX自体、栃木、岡山、沖縄など他県の
医療機関も利用しています。
 今後、さらに香川のモデルが全国の
医療圏に拡大することを目指して、
K-MIXを中心とした基盤の強化に務めて
いきたいと考えています。
---------------------------------------

>K-MIXは、CTやMRIなどの検査画像や
>各種検査データ、紹介状などの患者情報
>をデータセンターに蓄積・共有して
>います。

>ネットワークに参加する診療所の医師が
>診断・治療、インフォームドコンセント
>などを行う際に、インターネット回線を
>通じて専門医の助言を受けられます。

>特にデータ蓄積による経時的な情報が
>閲覧できる点は、全国的にも珍しいと
>思います。

>現在では地域連携パス機能として、
>脳卒中クリティカルパスが稼動して
>います。

>急性期病院で作成された
>クリティカルパスを退院時に回復期施設
>に送信し、それに沿ってリハビリ
>できるよう医療連携機能を強化
>しました。

>また、Web会議システムを応用した
>遠隔地診療のためのシステム
>「ドクターコム」も追加して
>電子カルテと連携させ、往診時の
>遠隔診療や医療者間のカンファレンス
>などに利用できるようにしました。


本当に日本の官僚機構の瑣末主義は困った
ものです。

>官僚特有の「前例がない」という理由から、
>医療機関以外に医療情報を置くことに難色
>を示していました。
>交渉の末、医療情報原本は各病院に置き、
>コピーをデータセンターに置くという形で
>納得してもらいました。
前例がないなどと言っていては、
新しいシステムなど構築しようがない。
どういう考えなのか?

>重要なのは、あるべき姿に向かって、
>信念を持って切り開いていくこと。
そう思います。


>地域全体で包括的に患者をケアして
>いくためには、調剤薬局の薬剤師の
>活躍が大きな力になります。
>それには、病院の薬剤師と調剤薬局の
>薬剤師が同じように情報を持たなければ
>なりません。
そうですね。

>ところが、病院の外にいる調剤薬局の
>薬剤師は病名さえも知らされずに、
>医師の処方した紙の処方せんのみに
>基づいて薬を出しています。
>これでは、きちんとした服薬指導など
>できません。
なるほど。

現在のシステムは理想とは程遠いという
ことですね。
「一般の薬局の薬剤師は病名さえも
知らされずに、医師の処方した紙の
処方せんのみに基づいて薬を出して
います。」
から、きちんとした服薬指導などでき
ないことになる。
薬剤師さえいれば、、という今のシステム
は乱暴と言える。


>生涯健康カルテ
>(EHR:Electronic Health Record)

>「Web母子手帳」、「Webお薬手帳」
>などと、保健者や民間企業も参加する
>地域健康データ管理システム
>と連携すれば、医療・健康情報を
>自己管理できるPHRができあがります。


少しずつですが、進んできている
ようです。
早く実現して欲しい。
そして全国に広まると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん細胞“自衛”の仕組み解明

がん細胞“自衛”の仕組み解明
2011年7月13日 東奥日報

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 弘前大学大学院医学研究科の大山力教授
(泌尿器科学講座)と鷹揚郷
(おうようきょう)腎研究所生化学研究部
の坪井滋部長らの研究グループは、

ある特殊な癌(がん)細胞が、免疫細胞の
一つ「ナチュラル・キラー細胞」(NK細胞)
の攻撃から逃れる仕組みを新たに解明した。

 癌細胞表面にある特有のタンパク質
「MICA」に糖などを付着させることに
より、NK細胞から認識されないようにして
いるという。

 同チームが6月28日付の欧州分子生物学
機構の学術誌「THE EMBO JOURNAL」
(エンボジャーナル)電子版で発表した。

 膀胱(ぼうこう)癌を研究している弘大
と鷹揚郷腎研究所は現在、癌細胞が、
NK細胞にとって攻撃の目印になるMICAに糖
などを付着させないようにする薬を
共同開発している。

 膀胱癌の癌細胞には、「C2GnT」という
酵素を作る特殊な種類があり、この酵素が
あると「ポリラクトサミン」という糖が
生成されやすい。

 これまでに、ポリラクトサミンが免疫
細胞の働きを妨げていることは分かって
いたが、具体的なメカニズムは不明だった。

 研究チームは、C2GnTを作る癌細胞の
MICAの分子量が、作らない癌細胞のMICAに
比べて大きい点に着目。

 特殊な試薬を使った実験で、MICAの先端
にポリラクトサミンが付着していることを
突き止めた。

 これにより、NK細胞が癌細胞を認識
できなくなる仕組みが明らかになった。

 研究チームの調査では、C2GnTを作る
癌細胞を持った患者は、癌が肺に転移する
確率が高いため手術から100カ月
(約8年3カ月)後の生存率が約30%に
とどまり、通常の癌細胞を持つ患者の
生存率約70%に比べて大幅に低いため、
治療方法の確立が期待されている。

 坪井部長は今回の研究成果により、
「将来的には、治療方針をこれまでよりも
早く決めたり、より効果的な治療を行う
ことができるようになるだろう」と期待
している。

 一方、NK細胞が癌細胞を異物とみて攻撃
する働きは、臓器移植手術の際に臓器提供
を受けた患者の体内で拒絶反応が起こる
仕組みと同じため、大山教授は「研究成果
を応用すれば、NK細胞が、移植した臓器を
異物とみなさないようにさせ、拒絶反応を
より抑えることができるかもしれない」
と話している。
---------------------------------------

なるほど、がん細胞は本当にいろいろな
手段を使って生き残ろうとする。
どうやってそういう手段を手に入れたのか?
不思議。

ある特殊な癌(がん)細胞とはいったい
どんな種類のがん細胞なんでしょうか?
知りたいですね。

研究の進展、期待しています。

折角こういう技術を開発しても敵と認識
できないのでは意味がなくなりますね。
九大、高いがん細胞殺傷能力を持つ
NK細胞の選択的増幅培養技術の特許を
出願

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

マウス由来ES/iPS細胞の万能性を「CCL2タンパク質」が維持

マウス由来ES/iPS細胞の万能性を
「CCL2タンパク質」が維持
―ヒト由来ES/iPS 細胞へ応用し、
再生医療への貢献を目指す―

平成23年7月11日 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 身体を構成する全ての細胞に分化する
胚性幹細胞(ES細胞)や、胚を含めた全て
の細胞に分化する人工多能性幹細胞
(iPS細胞)の活用は、再生医療や生命現象
そのものに迫る基礎研究に革新をもたらす
と大きな期待が寄せられています。

 世界中が注目するこのES/iPS細胞の能力
を極限まで高めるために、これら細胞の
万能性を維持した培養法の確立が必須と
なっています。

 すでに繊維芽細胞などのフィーダー細胞
を活用した培養法は確立しており、中でも
マウス由来のES/iPS細胞では、
フィーダー細胞を用いず、分化抑制因子の
LIFタンパク質を活用して万能性の維持を
実現しています。

 この万能性の維持は、再生医療に不可欠
な細胞を確保する決め手となるため、
簡単、高品質、高効率な新たな培養法の
開発競争が激化しています。

 オミックス基盤研究領域LAS要素技術開発
グループLSA要素技術開発ユニットらの研究
グループは、白血球などを遊走させる作用
を持ち、塩基性タンパク質である
ケモカインの1つ「CCL2タンパク質」が、
マウス由来ES/iPS細胞の万能性を維持する
ために重要な役割を果たすことを発見しま
した。

 この CCL2タンパク質は、LIFタンパク質
の濃度にかかわらず、全ての培養条件で
LIFシグナル経路の1つを活性化し、万能性
維持に重要な転写因子の発現を亢進させる
ことを突き止めました。

 今回の発見は、マウス由来の細胞を活用
した成果ですが、ヒトES/iPS細胞にも応用
が可能で、再生医療などに貢献すると
注目されます。

リリース本文(詳細)へ
---------------------------------------

Good Newsです。

>今回の発見は、マウス由来の細胞を活用
>した成果ですが、ヒトES/iPS細胞にも応用
>が可能で、再生医療などに貢献すると
>注目されます。

研究の為には、沢山のES/iPS細胞が必要で
その細胞を安定して培養できることが
重要です。
良い成果だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠隔画像診断治療補助システム 「i-Stroke」発売、慈恵医大と富士フイルムが共同開発

遠隔画像診断治療補助システム
「i-Stroke」発売、慈恵医大と
富士フイルムが共同開発

2011/06/16 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富士フイルムは6月16日、遠隔画像診断
治療補助システム「i-Stroke
(アイストローク)」の販売を開始した
(販売窓口は富士フイルムメディカル)。

 iPhoneなどのスマートフォンを利用して
脳卒中の救急医療をサポートするシステム
で、東京慈恵会医科大学(以下、慈恵医大)
脳神経外科学講座教授の村山雄一氏、
同助教の高尾洋之氏らと共同開発した。

 脳卒中患者は、救急搬送される重症患者
の約3割を占める。
 脳卒中の発症時には、受け入れ先の病院
で3時間以内に迅速で適切な処置ができる
かが、患者の生死や予後を大きく左右する。

 発症から搬送、治療開始までの時間短縮
が大きな意味を持つが、経験豊富な専門医
が24時間体制で勤務し、適切な治療を実施
できる病院は全国でも少ない。

 「i-Stroke」は、院外にいる専門医の
スマートフォンに患者の検査画像や
診療情報を送信するだけでなく、必要な
情報をやりとりするコミュニケーションを
可能にし、診断や治療をサポートする。

 専門医が院内にいない場合でも、専門医
に実際の患者の画像などを見てもらった
うえで、治療に必要な処置に関する指示や
アドバイスを仰ぐことができる。

 主な機能は、登録されている専門医の
スマートフォンに一斉連絡ができる
「ストロークコール機能」、検査画像や
専門医のコメントを時間の経過に沿って
見られる「タイムライン表示」、
薬剤投与量の算出や禁忌項目の確認が
できる「治療補助機能」、CTなどの
医用画像を見やすく表示する
「3D画像作成機能」、動画をリアルタイム
で見られる「ストリーミング機能」などだ。

 i-Strokeを導入した病院や診療所間で
医療連携を実現するi-Hospital機能も
ある。

 慈恵医大の村山氏は「現在、慈恵医大
付属病院本院で20人、付属第三病院で10人、
大森赤十字病院で3人がシステムを利用して
いる。

 個人的には米国や豪州など広い医療圏を
抱える海外諸国でも、i-Strokeに対する
需要があると考えている」と説明した。

 システムの導入価格は1000万~5000万円。
 富士フイルムは、日本にある脳神経外科
関連の救急拠点3200カ所のうち、5年間で
30%程度の施設へ導入を目指すとしている。

 また、現在対応しているのはiPhone、
iPadのみだが、秋にはAndroid端末に対応
する予定である。


Thumb_520254_photo7

検査結果や治療方針に対してコメント
できるツイート機能も備える

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルス
Online)

※慈恵医大でのi-Stroke実証実験の
事例記事
はこちらです。
---------------------------------------

良いですね。

iPhone、iPadを医療に利用した記事は
いろいろ紹介して来ましたが、
とうとう東京慈恵会医科大学が進めていた
ものが発表されました。

>現在対応しているのはiPhone、iPadのみ
>だが、秋にはAndroid端末に対応する予定
>である。
とのこと。

有効なツールはどんどん活用して
貰いたい。
一人でも多くの人達を救う為に。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

高寿命が特徴、ソニーが家庭用蓄電システム試作機を公開

高寿命が特徴、ソニーが家庭用
蓄電システム試作機を公開

2011年07月14日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 家電Watchにて、ソニーが4月に発表した
リチウムイン蓄電モジュール「IJ1001M
を使用する家庭用蓄電システムが紹介
されている。

 このシステムではIJ1001Mを8台連結する
ことで合計9.6kWhの電池容量を実現、全体
の運転を統括するコントローラー、直流の
電気を交流に変換するインバーターも搭載
されている。

 一般家庭の1日の消費電力量が約8kWh、
IJ1001M自体は1時間で90%以上という
急速充電性能を特徴としていることから、
家庭用としては十分な性能ではない
だろうか。

 また、性能もさることながら、電池の
正極材にオリビン型リン酸鉄を採用した
ことに加え、ソニー独自の材料・構造上の
特徴(記事では「秘伝のタレ」と書かれて
いる)により、5000サイクルの充放電を
行っても80%以上の容量が維持できる
という。

 リチウムイオン電池は寿命にまだ難が
あると思われているわけだが、
5000サイクルも持つなら本当に家庭用
として使えそうである。
---------------------------------------

室温(23℃)で1日1回の充電・放電の場合
で~10年以上の寿命ということなので
寿命的には問題なさそう。

いろいろなメーカーが出して来てますが、
寿命がいまいち。
価格次第では、本命になりそう。

夜間電気で充電して、
太陽電池などとペアで使えば、殆ど
自給自足できそう。
且つ回収もそれなりに出来る。
と思う。

実際回収できるかどうかは価格による。
多分当分は高い。

手の届く範囲に入ってくれば、十分使用に
耐える製品ですね。良さそう。
政府が補助してくれると有難い。

IJ1001M単体で100万円はすると思う
ので、家庭用蓄電システムとしては
1000万円位はするかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

HDD「容量無限」へ一歩 新発見の現象、世界が注目

HDD「容量無限」へ一歩
新発見の現象、世界が注目

2011/7/17 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本とロシアの理論物理学者が発見した
新たな物理現象が世界的な話題になって
いる。

 コンピューター計算に基づく研究結果で、
新現象を再現できる材料を開発できれば、
パソコンやテレビのハードディスク
駆動装置(HDD)の容量を無限大に
できる可能性があるという。

 岸根准教授らが発見したのは、特殊な
磁気構造の材料に外部から磁力を与えると、
磁力の増加に伴って電気抵抗が極端に増減
するという新しい物理現象。

 コンピューターを使った理論計算で
導き出した。
 現在の記録媒体は情報を「1」「0」
の2種類の信号(ビット)で蓄えるが、
「新理論を応用すれば、(信号の種類が
無限となる)無限ビットを実現できる
可能性がある」(岸根准教授)。

 この新現象は電子の回転でできる微小な
磁石(スピン)がらせん状に並んで
つながった「カイラル磁性結晶」と呼ぶ
材料で生じる。

 結晶中の原子と原子の間隔は
10分の数ナノ(ナノは10億分の1)メートル
で、原子が数百個並んだ数十ナノメートル
の周期でらせん状の磁性が現れる。

 らせんの進行方向と垂直な方向から磁力
を与えると、その増加に伴ってらせんの
周期がのびる。
 らせんと同じ方向に電子を流すと、
らせんの周期と電子の波の周期が干渉。
 電子が定常波という状態になって進みに
くくなり、電気抵抗が極端に増える。
 磁力をさらに高めて干渉が弱まると、
電子が再び流れやすくなって抵抗が下がる。

 今回、岸根准教授らは磁性材料に与える
磁力を数十ガウス(ガウスは磁力の大きさ)
から徐々に増やしていくと、抵抗が
上がったり下がったりを繰り返すことを
理論計算で突き止めた。

 この現象によると、記憶材料の
1カ所に大量のデータを記憶させること
ができ、容量無限大のHDDが実現できる
可能性があるという。

 岸根准教授は新現象は結晶構造が
らせん状の材料で現れると説明する。
 らせん状の材料は水晶、おの石、酒石酸
など自然界にも数多く存在するが、磁性が
なく容量無限大のHDDは作れない。

 それでも岸根准教授は「心配ない」と
語る。

 カイラル磁性結晶はすでに合成済みで、
あとは新現象を示すか実験するだけだと
いう。

 人工のカイラル磁性結晶は、
マンガン・シリコン合金など少なくとも
6種類が合成されている。
 同結晶を実際に合成した青山学院大学の
秋光純教授や広島大学の井上克也教授らが
岸根准教授の共同チームに加わっている。

 共同チームは年内にも、フランスの
ラウエ・ランジュバン研究所や
大阪府立大学で実証試験を始める予定だ。

 岸根准教授らの成果は米物理学会の
論文誌フィジカル・レビュー・レターズ
(電子版)に7月1日付で掲載された。

 専門家だけでなく、具体的な用途を期待
して学界以外からも注目を集めており、
基礎物理学の研究としては異例。

 岸根准教授は「理論物理学者として社会
に希望を与えられるとしたらとても幸せ」
と話している。
---------------------------------------

かなり具体的なんですね。
製品開発も近い?
そうだとすれば、HDD業界などはすごく
興味を示してくるでしょうね。

この情報は
磁界で電子の波の挙動をコントロール、
高密度な記録媒体の実現へ向けた新理論

2011年7月 6日
として投稿済みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「原発を国民投票で問う」

「原発を国民投票で問う」
オピニオン~争論
2011年07月06日 朝日新聞

少し時間が経ってしまいましたが、
今のままでは、日本は変われないのでは
ないかと思うので投稿しておきます。

---------------------------------------
 自分たちで決め、責任もとる
「みんなで決めよう『原発』国民投票」
事務局長・今井一さん

 市民グループを作り、仲間とともに
国民投票の実現を呼びかけています。

 目的は「脱原発」でも「原発容認」でも
ありません。
 「大事なことは主権者が国民投票で
決めよう」という運動です。

 よく「間接民主主義を否定するのか」
と批判されますが、とんでもない。

 間接民主主義を正すことが目的です。

 政争などで議会が決められない時や
民意と議会の多数派の間がねじれて
しまった時に、それを是正する手段です。

 私たちが訴えているのは、議会や政府を
しばるのではなく、尊重してもらう
「諮問型」の国民投票です。

 来年3月にも実施したい。
 すでに「原発」国民投票法の市民案は
出来上がっています。

 国民投票を初めて知ったのは1991年、
当時のソ連離脱を目指したバルト三国を
取材した時でした。
 若者たちが猟銃を手に市役所を守り、
投票を成立させようとしていたことを
覚えています。
 ロシアの国民投票も取材しました。
 年金生活者の男性が「結果はどうでも
いい」と言うんです。
 よく聞いたら「権力者が初めて俺たちに
聞いてくれた。
 それが大事でうれしい」って言うんです
ね。これが国民投票か、と感動しました。

 スイス、フランスの国民投票も取材
しました。調べたら、世界中でこれまでに
1100件以上、行われています。

 でも日本では建国以来、一度も
ありません。
 民主主義国として異常でしょう。
 もし日本が選挙を行わない国だったら、
絶対おかしいと思うのにね。

 福島第一原発の事故後、多くの人たちが
原発のこと、放射能のことを真剣に考える
ようになりました。
 先日のイタリアの国民投票を知って、
この手があると知った人は多いでしょう。
 今こそ日本でも行うべき時です。

 脱原発か原発容認かは、憲法9条を
変えるか変えないかに匹敵する、この国の
未来を左右する問題です。
 国会や政府、一部の政党や政治家、
官僚が決めていいことではありません。
 主権者である国民が自ら選択すべきです。

 国民投票は日本でなじみがなく、
「外国のこと」と思っている人は多い
かもしれません。

 でも、住民投票は96年の新潟県巻町
での原発設置を争った投票以降、全国で
400件も行われていて、すっかり定着
しました。

 各地で取材してきましたが、住民は驚く
ほど詳しく勉強しています。
 公開討論会ではおばさん、おじさんたち
が専門家と堂々渡り合っていました。
 すごいですよ。
 政治家は国民をもっと信用すべきです。

 国民投票の実施が決まり、自分の一票で
脱原発か原発容認かが決まるとなったら、
みんなきっと勉強します。
 いや、もうすでに始まっています。
 2、3年前だったら無理かもしれません
が、今なら十分、出来ます。

 肝心なのは、たとえ間違ってもいいから、
国民が自分で決めて自分で責任をとること
です。

 「正しい判断ができるか」
「最良の選択をするか」は第一義的な問題
ではありません。
 政治家だって後で「間違っていた」と
思うことはあるでしょう?
 議会の判断が常に正しいとは限りません
よね。

 選挙と国民投票は違います。
 選挙は自分たちに代わって大事なことを
決める「人」を選びますが、国民投票は
自分たちで「事柄」について決めます。
 総選挙で代わりはできません。

 国民投票が実現すれば、性別や納税額
などで差別されない普通選挙が初めて
行われた時に匹敵するインパクトがあると
思っています。
 日本の民主主義の歴史の新たな一ページ
になるでしょう。
---------------------------------------

今井一さんは別の記事でこうも言って
います。
-------
かって民主党が打ち出した国民投票法は、
『国政の収容問題』も対象にしたもので、
将来の原子力政策の方向性ほど国民投票に
ふさわしいテーマはない」

イタリアで原発をめぐる国民投票が
行われる中、日本の政界トップがまったく
反応しない。

彼らが掲げた市民型政治はどこへ行った、
と言ってやりたい。
-------
同感です。

どうしてこうも大切にしないといけない
考え方が変わってしまうのでしょうか?
命を大事にする政治というのもそう。
絶対にまげられないもの、譲れないもの
があるはずです。


今井一さんが言っていることは、

>「大事なことは主権者が国民投票で
>決めよう」
と言いうことです。

日本の未来に関わる、未来の子供達に
残す大切なもの。
そういうものは主権者である国民が
自ら、責任を持って決めようと
いうことです。

>よく「間接民主主義を否定するのか」
>と批判されますが、とんでもない。
>間接民主主義を正すことが目的です。

>政争などで議会が決められない時や
>民意と議会の多数派の間がねじれて
>しまった時に、それを是正する手段です。

必須の手段ではないかと思う。
今の政府、今までの政府の決定はゆがんで
います。正しい政策が打ち出せない。
打ち出せるとは思えない。

>私たちが訴えているのは、議会や政府を
>しばるのではなく、尊重してもらう
>「諮問型」の国民投票です。

同感です。
我々の提言を真摯に受け止めて欲しいと
言っているのです。

我々は国民から選ばれた代表なの
だから、、
間接民主主義なのだから、、
ということに固守するのは頭が固すぎる。

国民の意見を素直に聞く態度がなくて
なんの民主主義なのかと思ってしまう。

「諮問型」の国民投票は必ず実現できるし、
実現しなくてはいけないと思う。

希望ある社会を作る為に!

スウェーデンが実施しているような、
「諮問型」の国民投票法を成立させる
必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

新しいインクジェット印刷法による有機半導体単結晶薄膜の製造技術

新しいインクジェット印刷法による
有機半導体単結晶薄膜の製造技術

2011年7月14日 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)フレキシブルエレクトロニクス
研究センター【研究センター長 鎌田 俊英】
長谷川 達生 副研究センター長、山田 寿一
主任研究員、峯廻 洋美 産総研特別研究員
らは、新たなインクジェット印刷法を
用いて、シート上の任意の位置に
有機半導体単結晶薄膜を作製する技術を
開発した。

 この技術により、薄型ディスプレーなど
の大面積電子機器に必須である
薄膜トランジスタ(TFT)の性能を、従来の
印刷法による有機TFTに比べて100倍以上
向上させることができた。

 さらに、薄膜の単結晶性を大学共同利用
機関法人 高エネルギー加速器研究機構
(以下「KEK」という)の施設を用いて
確認できた。

 印刷法による電子デバイス製造技術
(プリンタブルエレクトロニクス技術)
は、軽い・薄い・落としても壊れない
という特徴を備えた情報通信端末機器
(フレキシブルデバイス)の実現や、
それらの省資源・省エネルギー製造を
可能にする近未来技術として期待されて
いる。

 今回、有機半導体を溶解させたインク
と有機半導体の結晶化を促す
インクをミクロ液滴として交互に印刷する
新手法(ダブルショットインクジェット
印刷法)により、分子レベルで平坦な
有機半導体単結晶薄膜の作製に成功した
(図1)。

 この技術により作製した有機TFTは、
移動度が最高で31.3 cm2/Vsと現在の
液晶ディスプレーに用いられている
アモルファスシリコンTFTを大幅に超える
性能を示した。

 また、従来の印刷法で作製した有機TFT
と比較すると100倍以上の性能であり、
有機TFTとしては世界最高性能を示した。

 この技術は、フレキシブルデバイスの
研究開発を大きく加速すると期待される。

 この成果の詳細は、英国の学術誌Nature
に 2011年7月14日(日本時間)に
オンライン掲載される予定である。
---------------------------------------

良さそうですね。

>この技術により、薄型ディスプレーなど
>の大面積電子機器に必須である
>薄膜トランジスタ(TFT)の性能を、
>従来の印刷法による有機TFTに比べて
>100倍以上向上させることができた。

>有機TFTとしては世界最高性能を示した。
ということです。

素晴らしい成果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー特区制度で医療技術突破の商業化が大きく前進、震災の影響がある今こそ研究開発と規制緩和を組み合わせたウルトラ特区を

スーパー特区制度で
医療技術突破の商業化が大きく前進、
震災の影響がある今こそ
研究開発と規制緩和を組み合わせた
ウルトラ特区を

2011年07月13日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 さっぱり役に立たんと言われていた
スーパー特区ですが、初めてこの制度を
評価する声を聞きました。

 昨日開催された実験動物中央研究所の
新研究所披露パーティーで、慶応義塾大学
医学部の岡野教授が「あの制度のお陰で、
昨日(11年7月11日)記者発表したが、
来月から東北大学で組み換えHGF
(肝臓細胞増殖因子)を難病ALS
(筋萎縮性側索硬化症)の治療薬として
臨床試験に迅速に入れた」との発言を
いただきました。

 その場に、文部科学省の事務次官や
LS課長もおりましたが、一同、満面の笑み
でした。
 私も審査に係り、しかも、お金の無い
政府が進めるべき施策は何をおいても
規制緩和と主張、スーパー特区
(特区による規制緩和と先端研究開発を
カップルした試みです)が、近年に珍しく
的を射た施策であると評価していたため、
岡野教授のお話は本当に嬉しかった。

 何しろ、医薬品医療機器総合機構は
ちっとも相談に乗ってくれないとか、
予算が少ないとか、まあスーパー特区への
事前の期待が膨らんだためもあるので
しょうが、本当に悪評さくさくでした
から。
 日経バイオテクもそうした声を特集した
ほどです。
 私は結局この政府の官僚たちは権限を
握りしめたまま、民間を枯渇させてしまう
のかと心配していました。
 が、実態は必ずしも悪評通りでは
なかったようです。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20080282

 実際にはクリングルファーマという
ベンチャー企業が、東北大学で臨床試験
を行いますが、HGFが効果があることを
岡野教授が実験動物中央研究所と共同開発
した霊長類(マーもセット)の
脊椎損傷モデルによって証明して
いました。

 大阪大学が世界に先駆けてクローン化
したHGFを慶応大学と実験動物中央研究所、
そしてクリングルファーマと東北大学が
臨床試験を行う今回のプロジェクトは
まさに国内の産学連携をバーチャルな
特区として認定したスーパー特区の典型的
なプロジェクトといえるでしょう。

 「グループミーティングには総合機構が
アドバイザーを派遣してくれて、毎回、
専門家としての意見をいただいた。

 今回の治験ではマイクロポンプで、
HGFを脊椎に注入するために、様々な規制上
の考慮が必要だったが、こうした規制を
クリアするための情報をもらえたために、
臨床試験を総合機構に申請してから審査も
極めて円滑だった」と岡野教授は指摘して
います。

 これこそ、我が国の医療イノベーション
が総合機構の壁、臨床試験の壁によって、
全てげっ歯類での研究に留まり、実用化に
到達できなかった、死の谷に橋をかける
行為です。

 我が国発の医療技術突破の商業化を
大きく前進させました。

 文科省だけでなく、厚労省、そして
スーパー特区のコーディネーションをした
内閣府も、今回のこの制度設計は正解で
あったと胸を張って良いのではないで
しょうか?

 では何故、今までスーパー特区は駄目だ
駄目だと言われてきたのか?

 半分は当初、業務が増大することを警戒
した総合機構と厚労省の自己保身反応が
その理由でしょうが、もう半分は申請した
側に、本当に商品化に結び付くような
シーズと産学連携体制、そしてこの
医療技術突破を本気で商品化するという
覚悟がなく、実際の臨床試験に必要な助力
を総合機構から引き出せなかったという
原因もあると判断しています。

 基礎研究に留まり、本当に患者さんに
技術突破をお返ししたいという真剣さを
欠いていなかったか?

 スーパー特区の制度を面白おかしく
批判した方は自己反省する必要もある
でしょう。

 もう一つ重要なことは、医薬品や
医療機器の安全確保と許認可に関する
知識ギャップが大学に存在していたこと
も、スーパー特区が円滑に発展しない原因
でした。

 厚労省や医薬品企業がこうした知識や
人材を独占していた副作用です。

 今や橋渡し研究の担い手として期待が
膨らむ大学には、こうした人材が
スーパー特区の審査時には、まったく存在
していなかったのです。

 総合機構は審査官のゆがんだ年齢分布
に対応し、キャリアパスの弾力化を図る
同機構の企図もあり、大学との人材交流は
進みつつあります。
 世の中、急速に変わるものです。

 東日本大震災の影響で、ここ数年は
科学研究の支出を抑止しなくてはならなく
なった今こそ、もう一度、研究開発と
規制緩和を組み合わせたウルトラ特区を
行う必要があると思います。

 但し、この際には、特区はあくまでも
規制緩和のためにあることを確認する
必要があります。

 特区に対応した規制という馬鹿げた規制
の上積みが進んでいるという懸念を示した
バイオ医薬企業の経営者もいました。

 日本の官僚機構の精密さ、本当は
瑣末主義が、東日本大震災の復興も、
我が国のデフレの脱却も阻んでいる
最大の原因であることを認識しなくては
なりません。

 2011年度に選定される総合特区が、
単なる産業立地政策ではなく、規制緩和
政策に重点があることを確認しなくては
なりません。
 今のままでは、クラスターの焼き直しに
終わってしまう懸念もあります。
---------------------------------------

いろいろ勉強させて貰っています。

今回のスーパー特区うまく進んで良かった
です。
いろいろ問題もあるようですが、
変わっていって欲しいと切に思います。

>日本の官僚機構の精密さ、本当は
>瑣末主義が、東日本大震災の復興も、
>我が国のデフレの脱却も阻んでいる
>最大の原因であることを認識
>しなくてはなりません。

とるにたらないことにいろいろ文句を
つけて進まないようにする。

ということでしょうか?
変わって欲しいですね。

今回の臨床試験については、
筋肉が動かなくなる難病ALS、
新薬治験開始へ 東北大

2011年6月27日
ということで投稿しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最高性能のナノ誘電体膜

世界最高性能のナノ誘電体膜
-ナノのオーダーメイドで組成・構造・
特性を自由自在-

平成23年7月14日
独立行政法人 物質・材料研究機構
独立行政法人 科学技術振興機構

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 物質・材料研究機構
(理事長:潮田 資勝)
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
(拠点長:青野 正和)の長田 実
MANA研究者、佐々木 高義 主任研究者
らの研究グループは、分子レベルの薄さ
(厚み:1nm(ナノメートル))の
酸化物ナノ結晶(ナノシート)において、
化学組成と構造を自由自在に制御する
精密ドーピング技術を開発した。

 さらに、この技術を誘電性ナノシートに
応用することで、自在な特性制御を実現し、
ナノレベルの厚さで世界最高性能の
誘電体膜(誘電率320)の開発に成功
した。

 これにより、誘電体素子のさらなる
小型化と大容量化が可能となり、次世代の
大容量コンデンサ素子やメモリ素子開発
への新しい道が開けた。

 本研究は、独立行政法人 科学技術振興
機構(JST) 戦略的創造研究推進事業
チーム型研究(CREST)
「ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の
創成」研究領域(研究総括:堀池 靖浩)
における研究課題
「無機ナノシートを用いた
次世代エレクトロニクス用ナノ材料
/製造プロセスの開発」
(研究代表者:佐々木 高義)の一環
として行われたものである。

 なお、
本研究成果は、Wiley社発行の科学誌
「Advanced Functional
Materials」に受理され、近日中
に公開される予定である。
---------------------------------------

>本研究で開発した高誘電体ナノシートは、
>極薄ながら世界最高の誘電率と優れた
>絶縁特性を有するため、今後一層の小型、
>高機能化が期待される携帯電話、パソコン
>などのモバイル電子機器に対して、
>小型、大高容量の薄膜コンデンサや
>メモリ用の材料としての応用が期待
>される。
>特に現在、携帯電話、パソコンなどに
>使われている薄膜コンデンサでは、
>希土類を置換したチタン酸バリウム
>などが使われているが、今回開発した
>高誘電体ナノシートは、安価で地球上
>の多く存在する酸素、チタンをベース
>にしており、資源の制約を受けずに
>製造できる「元素戦略」材料としても
>重要なターゲットになるものと期待
>される。
良いですね。

小さくて安価な大容量のコンデンサが
出来る可能性が出てきた。
コンデンサは小さくしにくいんです。

>次世代の大容量コンデンサ素子や
>メモリ素子開発への新しい道が開けた。
と言っています。期待したい。

出来れば部品ではなく、システムで世界に
活躍できる製品を供給出来ると良いの
ですが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人生の扉」 竹内まりや

2007名古屋市立若葉中学校同窓会-歌詞付
「人生の扉」 竹内まりや

wakaba1970 さんが 2009/08/02 にアップロード

You Tube動画のご紹介です。

竹内まりやさんの「人生の扉」
ちゃっかり中学校の同窓会動画に
なっちゃってますけど、良い歌です。

 

再生できなくなりましたので代わりに、

頓原中学校26期同窓会~人生の扉 竹内まりや~

at 2014/6/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

がん診療:病院別データ公表へ 拠点の全国359施設

がん診療:病院別データ公表へ
拠点の全国359施設

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 全国のがん診療連携拠点病院が登録して
いる患者数や治療法などの施設別データ
について、国立がん研究センターは
15日「26日からインターネットの
ホームページで一般公開する」と発表した。

 データは08年に「院内がん登録」という
手続きで集められたもので、
全国359施設、42万8196症例を
分析した。
 施設別のデータの公表は初めて。

▽がんの部位別、男女別、年齢別の患者数
▽がん発見の経緯
▽発見時の進行度
▽初回の治療法--などが分かる。

 同センターの嘉山孝正理事長は
「各施設が、それぞれの治療法や
データ登録が適切か判断する材料になる。
 施設間の特徴を比較する基礎にもなる」
と話す。

国立がん研究センター
---------------------------------------

良いことです。
少しずつですが、日本も進んで来ました。

どんどん公開してください。

皆さん活用しましょう。
活用できる情報増えると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「好調期に取り組んだ大胆な事業転換。環境に優しいウォータージェット加工」

「好調期に取り組んだ大胆な事業転換。
環境に優しいウォータージェット加工」

2011年 7月11日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 わが国でいち早くウォータージェット
加工に取り組み、いまではオンリーワン
企業として独自の地歩を築き上げている
米山製作所。

 同社が瑞穂町に工場を構えて30年が経過
した。しかし、当時はウォータージェット
加工とはまったく無縁の、プリント基板の
金型製作の会社だった。

 2代目社長の米山俊臣氏によると
「ICチップや配電盤の金型をつくって、
業績は悪くはなかった」同社だが、大胆
ともいえる事業転換を果たすことになる。

 その理由はどこにあったのか、その
きっかけはなにか─。

 当時の日本経済と軌を一にして業績は
右肩上がりだった」と語るように順調に
推移していたようだ。

 そんな折、初代の堅持社長が地元商工会
の企業診断を受けることになった。
 「おそらく『優良企業ですね』という
お墨付きをもらえるんじゃないかと思って
いたのかもしれません。
 ところが返ってきた診断結果は
『このままではあなたの会社に明日は
ありません!』でした。

 まさに青天の霹靂だったようです。
当時は親企業1社からの受注が全体の
8~9割を占め、社長自身が現業に忙殺
される、いわば孫請け零細企業の典型
でしたから」と分析する。

 「おそらく、父自身もこのままでは
いけないと痛感したんでしょうね。
 それからは情報を集めよう、勉強しよう
と、中小企業大学校に通ったり、全国各地
の展示会を見て歩くようになりました。
 50歳を前にした経営者が自ら困難の道を
選んだんですから」

 俊臣氏は「父のそういう姿に頭が下がり
ますね」と素直にうなずく。

 暗中模索しながら事業転換を図る中で、
堅持社長はウォータージェット加工を
知ることになる。
 ウォータージェットとは、いうなれば
水鉄砲を大掛かりにしたもので、超高圧
高速で研磨剤を混ぜた水を噴射して
さまざまな素材の穴開けや切断、
表面剥離、バリ取りなどの加工をする
技術だ。

 しかしながら当時はまだ精密部品の加工
ができるほどの精度はなかったが、
堅持社長はこの加工法に将来性を見い
だす。翌年に、1億円をかけて
ウォータージェット加工機の導入に踏み
切ったのである。

 「その頃はまだバブル経済の真っ盛り、
お金があれば不動産や株の購入が勧め
られていた頃です。
 おそらく父は周囲の反対を押し切って
導入したのでは。
 息子としてはイタリア製のスポーツカー
でもよかったのに」と、俊臣氏は苦笑する。

 加工精度が低く、また後処理にも手間暇
がかかったウォータージェット加工だが、
同社では改良・改造に取り組み、徐々に
加工精度が向上していく。
 独自に開発した耐摩耗ノズルによって
事業化が一気に進むことになる。

 プラザ合意によって1ドル360円が240円
へと円高が一挙に進んだのは、同社が
企業診断を受けた2年後だった。

 「もし、従来の金型製作に固執して
事業転換を模索していなかったら、やがて
来る時代の変化─製造業の生産拠点が次々
と海外へ移転するという変化に対応でき
なかったでしょうね」と俊臣氏は振り返る。

 ちなみに、しばらく続いていた同社の
金型製作だが、2001年には受注はゼロに
なっていた。

 大学を卒業して損害保険会社に就職した
俊臣氏だが、5年後には父の会社に入ること
になる。

 その頃の心境を次のように語る。
 「終身雇用の時代ですから、周囲からは
なぜ辞めるんだと言われました。
 保険や金融は当時の花形産業でしたから。
 ウォータージェットが新しい加工技術
だとしても、斜陽産業に見えたんで
しょうね。私の方は跡を継ぐという意識
よりも、単に仕事に真正面から取り組む
父を手伝う、そんな軽い気持ちでした」

 やがて俊臣氏は08年に社長に就任し、
同社はウォータージェット加工専業として
独自の道を進んでいる。
 経営の根底にあるのは、顧客の利益を
まず優先することだという。

 「ウォータージェット加工はまだまだ
改善の余地があります。
 従来からのレーザーをはじめとした他の
加工法でも優れている点はあり、そちらの
方がお客さまにとってメリットが多いと
判断すれば、進んで他社を紹介しています」
と俊臣社長。
 これがやがては同社の技術革新に
つながると同時に、業界からの高い信用に
結び付いていくのだろう。
---------------------------------------

時代の流れをきちんと受け止めて、
その変化に対応していく。

そして、これから何が延びるのかを
捕まえる。
捕まえたら、リスクをとってでも
やり遂げる。

>顧客の利益をまず優先する
→結果として顧客の信用を得る。
これはわかりますが、

これから何が要求されるようになるかを
知るのは、どうすれば良いのでしょうか?
センス?
個人の努力?
その中から生まれてくる感のようなもの?
運もあるでしょうね。タイミング。
新しい技術に巡り会えなければ、
ということもある。

広く世の中を見て、知識を仕入れることは
必要条件でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波を使った侵入者検知システム

電波を使った侵入者検知システム
12 JULY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 情報通信研究機構は、ワイヤレス・
テクノロジー・パーク2011において、電波
を使った侵入者検知装置の
デモンストレーションを行いました。

 このセキュリティシステムは、1つの
電波発信器と複数のアンテナを使用し、
部屋の状況変化を、入射角度の変化から
検知します。

 従来の赤外線を使ったシステムに比べ、
死角ができにくいという特徴があり、
部屋の状況変化を正確かつ安定して検知
できます。

 今回のデモでは、4つのアンテナを
使用し、それぞれの振幅と位相から変化率
を求めています。
 通常、変化率は0%ですが、なにか部屋の
なかの状態が変化すると変化率が上昇
します。しきい値を与えることで、
どの程度の変化率でアラームを鳴らすかを
調整できます。
---------------------------------------

良さそうですね。

>今、日本では、お風呂場で倒れるような
>場合がありまして、そういった場合は、
>赤外線センサーも使えませんし、
>プライバシーの問題でカメラも設置
>できないです。
>ところがこのセンシングシステムを
>使いますと、まず、浴室に誰かが居る
>という事が分かりますし、止まっている
>という事も分かりますので、そういった
>浴室やトイレとかでの人の動きの監視
>ですとか、あとは介護的な目的にも
>使う事ができると考えています。
これは素晴らしい特徴だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文科相、もんじゅ中止「言ってない」 午前会見から一転

文科相、もんじゅ中止「言ってない」
午前会見から一転

2011年7月15日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 高木義明文部科学相が、高速増殖原型炉
「もんじゅ」(福井県敦賀市)の開発中止
を含めて検討する考えを示した問題で、
高木氏は15日夕、記者会見を開き、
「びっくりしている。中止とは一言も
言っていない」と火消しに努めた。

 高木氏は同日午前の会見で、もんじゅ
について、東京電力福島第一原発の事故を
踏まえ「エネルギー政策の見直しの中で
方向性を出すことになる」と述べた。

 記者団に「中止を含めた方向性か」と
問われ、「そりゃそうですよ」と認めた。

 高木氏は2回目の会見で「もんじゅは、
これからのエネルギー政策の全体的な中で
議論されること。
 それについて予断を持つものではない」
などと繰り返し、中止については肯定も
否定もしなかった。
---------------------------------------

>「びっくりしている。中止とは一言も
>言っていない」と火消しに努めた。

火消しに努めるということは、
中止する可能性は低いと言っている?

エネルギー政策の全体的な中で議論する
のであれば、当然中止もあり得る話。
何故、火消しに努めなくてはいけない
のでしょうか?

まして、世界は高速増殖炉から撤退
している。

もんじゅについては下記。
「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了
2011年6月24日

実現の可能性が2050年。40年後です。
本当にそうかどうかも全く疑わしい。
すでに何兆円もかけた。
維持費に一日5,500万円もかかる。

「もんじゅ」はお金のかかる粗大ゴミ。

違うのであれば、説明してください。
説明責任があるはず。

今後の実用炉実現の為にどう役だって
いるのかを、

まだ核融合研究にお金をかけた方が
ましだと思う。原料の水素は沢山ある。

高速増殖炉実現の可能性は限りなく低い。
であれば、原発を拡大する意味はない。
すぐに高速増殖炉から撤退すべきだと
思う。そのお金を再生可能エネルギー
拡大に使う方がよっぽど理にかなって
いる。

その方向で議論し、方向転換を図るべき
だと思う。
やるとか、やらないとか議論する時は
とっくに過ぎた。

原発なしでやっていける国にするために、
具体的に、その策と手順と目標を立てて、
実施する。
そこに議論を集中して欲しい。

万一もんじゅが福島原発のような事故を
起こしたら、冷却の為に水はかけられ
ません。ナトリウム冷却ですから、

どうするのですか?
経済発展どころか、日本は沈没します。
極めて危険なものと考えないといけない。

どう考えているのかわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災:福島第1原発事故 汚染水処理量、改善みられず

東日本大震災:福島第1原発事故
汚染水処理量、改善みられず

毎日新聞 2011年7月16日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力は15日、福島第1原発の
汚染水浄化システムで、処理量が想定の
7割程度にとどまっていることを受け、
調査のためにシステムを一時停止し、
配管を変えるなどの対策をした。

 約9時間後に再開したが、大幅な改善は
みられなかった。

 東電によると、システムの定格処理量は
毎時50立方メートルだが、再開後も
同39立方メートルにとどまっている。
 配管に高低差があって空気が
たまっている可能性があるという。
【八田浩輔】
---------------------------------------

何を言っている?
本当に汚染水浄化出来るんですか?

そもそも計画発表時点と炉の状況は違う。
計画発表時点では燃料棒の一部破損だと
言っていたはず。

だが、今ではメルトスルーしていると発表
している。
にもかかわらず、同じ計画にそって行動
している。
おかしくないですか?

汚染水の汚染レベルは低下したので
しょうか?
具体的に、グラフにして発表してください。

汚染レベルも変わらない。
汚染水の量は増え続けるではどうしようも
ない。
報道機関の役目って東電の言っている
ことを流すだけですか?

メルトスルーした核燃料がどういう状態に
あるのかもどこも発表しない。

不明ではすまされない。
東電がどう推定しているのか?
推定があるから計画が成り立つ。

なぜ発表すらしないのにマスコミは何も
言わないのか? 追求しないのか?

正しい処置をしているのかどうかの判断
すらできない。東電のやりたい放題。
こんなことで良いのでしょうか?

国には、一定期間汚染レベルの低下が
見られなければ、強制的に第三者機関を
入れてどうにかするとか、処置を考えて
欲しい。何をしているのかと言いたい。
全く無能と言うしかない。

汚染水浄化システムが順調に循環したと
しても汚染状態は改善しないのでは
ないでしょうか?

投入した水はメルトスルーした燃料に
触れてまた汚染されて戻ってくるだけ、
その繰り返しになるのでは?

燃料棒からの放射性核種はすでに
出尽くして、水の中にあるので、
循環システムさえ稼働すれば、
低下すると?

汚染水の汚染レベル低下はどういう
経過をたどることになっているのか?
時間軸はどのくらいですか?
メルトスルーした燃料の取り出しは
10年後とか言ってますが、
汚染レベル低下はどんな時間軸?

何故、報道はこの疑問に答えてくれる
ような報道をしないのでしょうか?

重要な問題だと思うのですが。

あるいは、今後の見通しについて
専門家から情報を入手し、正しいと
思われる報道をしないのでしょうか?
東電の言うとおりになると思っている
のでしょうか?

不透明きわまる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

万能「血液の種」を確保せよ 原発作業員の命の綱に背向ける原子力安全・保安院

万能「血液の種」を確保せよ
原発作業員の命の綱に背向ける
原子力安全・保安院

2011年7月14日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 福島第一原発では、作業にあたる方々が、
日本では、いや世界でも誰も経験したこと
のないほど危険な仕事に取り組んでくれて
いる。

 彼らの作業なしには、日本の未来は完全
に失われる。
 しかもこの現場では、大量の被曝が
起こらないよう薄氷を踏む思いの日々が
続いているが、その薄氷を踏み抜かない
という保証はない。

 だからこそ、作業を担当する方たちが、
万が一の被曝事故に遭っても命を失わずに
済むようにと、虎の門病院の谷口修一さん
(血液内科部長)のチームは、
福島第一原発の現場で奮戦を続けている
東京電力や関連会社の作業員たちの
「自己幹細胞の事前採取」を訴えてきた。

 だがそれは、今も実現していない。

 大量の放射線により被曝すると、
細胞分裂が盛んな部分が大きなダメージを
受ける。
 その放射線感受性が高い部分は、
生殖器、腸、そして造血機能だ。
 「自己幹細胞採取」は、その造血機能の
回復が目的だ。

 ところで原発作業で大量に被曝する
のは、血液がんなど治療で大量の放射線を
照射するのと同じことだ。
 原子力事故で大量の放射線を浴びれば、
血液細胞は著しいダメージを受ける。
 そこで、命を救うために
「造血幹細胞移植」が必須なのである。

途中省略

 しかし、よい方法がある。
 1980年代に入って開発された、他人
(ドナー)ではなく、患者自身から
あらかじめ造血幹細胞を採っておく方法
だ。これが、「自己造血幹細胞移植」
である。


治療実績はすでに3000~4000例
 もっとも血液がんでは、骨髄内にがん化
した細胞があることも多いため、単に
骨髄液を採るわけににはいかないが、
巧みな方法が見いだされた。

 まず、1週間、抗がん剤を投与する。
血液中の白血球は急減に減っていくが、
やがて白血球も造血幹細胞も急速に増え
始める。
 谷口さんによれば、「白血球が減って
大変だ!」と、体が増やそうとするから
ではないかという。
 その量がピークに達する3~4週間目に、
血液中に増えた造血幹細胞を採取する
のである。

 これを保存しておき、放射線の
照射治療後に体に戻す。
 この治療法の研究は、日本では1980年
後半に谷口さんの出身校である九州大学で
成人の患者を対象に始まり、全国に
広がっていった。

 「この方法では、『G-CSF
(顆粒球コロニー刺激因子)』という薬を
使います。
 もともと人が持っているホルモンの
ような物質(サイトカイン)を製剤化した
ものです。
 G-CSFを使うようになって抗がん剤の
治療が明らかに安全にできるようになった
ため、血液がんを扱う血液内科に限らず、
抗がん剤を使うほかのがん治療
(化学療法)でも幅広く使われている。

 治療実績はすでに3000~4000例、
悪性リンパ腫だけでも1000例近い実績が
あり、全国の血液内科がある300~400施設
でごく普通の治療法として確立しているん
ですよ」(谷口さん)


採血だけで造血幹細胞を得られるように
 患者自身から造血幹細胞を採るこの方法
は、1995年以降、健康なドナー(血縁者)
にも行われるようなった。
 単にG-CSFを投与したあと、血管から
採血するだけで造血幹細胞を得られるよう
になったのだ。

 もともと血液1cc中には数百~数万の
造血幹細胞が含まれているが、G-CSFを
3日間注射すると数十~数百倍に増やせる。

 そこで、血管から血液を引き出しながら
遠心分離器で造血幹細胞だけをふるいに
かけるように採り、残りの血液は体に
戻し続けるのである。
 体への負担が小さく、入院日数も短くて
済む。

 谷口チームが、「原発作業員は事前に
自己幹細胞の採取を」と呼びかけている
のは、このことなのである。

 ところが、とんでもないことが起こった。

 3月29日(火)、原子力安全・保安院が
自己造血幹細胞の事前採取は「必要ない」
と公表し、谷口チームの思いがつぶされて
しまったのである。
---------------------------------------

どうして原子力安全・保安院は
自己造血幹細胞の事前採取は「必要ない」
と言うのでしょうか?

被曝は思いもかけなかったことで起こるかも
しれないとは思わないのでしょうか?

事故は起こりうると思うのが普通。

人はどんなに注意していても、
ミスを犯す可能性がある。

どんな不都合があるというのでしょうか?
理解しがたい。
万全の準備をしておくのが当然。

どういう考えなのでしょうか?
得意の「想定不適切事象」に
相当すると?

こんな人達に国民の安全が守れる
のかと心配になってしまう。

原子力安全・保安院の所属が経産省とか
いう問題以前の話。
? ? ? ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダが独自開発した小型ジェット機「ホンダジェット」、日本のメディアに初公開

ホンダが独自開発した小型ジェット機
「ホンダジェット」、
日本のメディアに初公開

2011/07/15 フジニュースネットワーク

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。

---------------------------------------
 ホンダが独自に開発した小型ジェット機
「ホンダジェット」の量産型が、アメリカ
で日本のメディアに初めて公開された。

 国産ジェットの誕生は、およそ20年ぶり
となる。

 ホンダは、自動車会社としては世界で
初めて、エンジンと機体を独自に開発した
「ホンダジェット」の量産拠点を、
ノースカロライナ州に完成させた。

 ホンダジェットは、流れるような丸みを
帯びたデザイン、そして、翼の上に
エンジンがつく斬新なデザインとなって
いる。

 航空機にくわしい岡部 いさく氏は
「こんな(エンジンの)配置、ほかに見た
ことがないですよね。
 ホンダは研究して、ここにつけると、
ちょうど(空気の)抵抗が少ないという
場所を見つけたんです」と話した。

 エンジンを胴体から離すことで、同じ
サイズの従来機よりも、客室が30%近く
広くなったほか、燃費も2割ほど低く
なっている。

 コックピットは、従来の飛行機よりも
ボタンの数が少なく、すっきりとした印象
を受ける。
 また、カラフルな画面が並び、
タッチパネルが採用されている。
 コックピットは、自動車を運転するかの
ような親しみやすさが追求されている。

 ホンダエアクラフトカンパニーの
藤野道格(みちまさ)社長は
「ホンダジェットを既存のビジネス
ジェットのマーケットに投入することで、
新しい市場のけん引役というか、
けん引することで新しい市場をつくり
あげていけるのではないか」と語った。

 年間の量産予定数である100機を1日で
受注したというこのジェット機の価格は、
日本円でおよそ3億6,000万円(450万ドル)。

 リーマン・ショック後、需要が減って
いたアメリカのビジネスジェット市場だが、
ホンダは、今後のシェア拡大に自信を
示している。
---------------------------------------

ホンダやりましたね。格好良い。
今後のシェア拡大に期待します。

挑戦する企業は素晴らしい。

前に投稿しました。
ホンダ、小型ビジネスジェット機
「HondaJet」の初飛行成功を発表

2010年12月27日

これが現実のものとなったんですね。
ほぼ予定通り進んでいるということ
かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日 菅総理の「脱原発依存」会見について 小出裕章(MBS)

7月13日 菅総理の「脱原発依存」会見
について 小出裕章(MBS)

2011/07/13 たね蒔きジャーナル
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

ただ聞いてください。
皆さんどう思われます?

小出さんの話、正論に聞こえます。
本当にこのまま進めていって良いの
だろうか?

「福島で畜産ができない」農家は悲鳴
という記事もでています。

なんともやるせない話です。

政府も東電も責任ということについて
どう考えているのか?

どこかで、政府が責任をとるから、、
とか言ってましたが、

小出さんは、
>大人は被曝をもう諦めるしか無い
>という、そういう時代に入っている
>ということです。
と言っています。

たしかにそうかも知れません。

事実は事実として受け入れて、
被害は最小になるようにして、
事実を越えた被害は出さないように
したい。

風評被害だけは避けたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

体重免荷トレッドミルによるリハビリは従来のリハビリより優れているか?

体重免荷トレッドミルによるリハビリは
従来のリハビリより優れているか?

2011年06月26日 Neurology

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 体重免荷トレッドミルという期待の
リハビリ方法がある.

 これは患者さんの体を吊り上げて,体重
の30~40%まで軽減させるようにし(免荷)
トレッドミル上を歩行するものだ.

 歩行速度を徐々にあげていき,歩行の
改善とともに体重の免荷の程度も減らして
いく.何といっても歩行が自力で行えない
早期から歩行訓練が行える点が魅力的で
ある.

 いろいろな疾患に適応があるが,当然,
脳卒中後の歩行能力の回復を図るために
使用される.

 残念ながら当院にはないが,日本国内
でもすでに使用されていると聞く.
 ただ,このリハビリ法の有効性に関する
エビデンスと,適切な開始時期については
確立されていない.

 今回,NEJM誌に体重免荷トレッドミルの
有効性についての検討が報告された.

 さて結果であるが,歩行の改善は,
早期免荷トレッドミル群と在宅リハビリ群
のあいだで有意差なし(主要転帰の補正
オッズ比 0.83,95%CI 0.50~1.39).
 待期的免荷トレッドミル群と
在宅リハビリ群でも有意差なし
(補正オッズ比 1.19,95% CI 0.72~1.99)
歩行速度,運動機能の回復,平衡感覚,
機能状態,QOL の改善についても,3つの
群で同程度であった.
 待期的免荷トレッドミル群における
リハビリ開始の遅れは,1年後の転帰に
影響なし.

 体重免荷トレッドミルによる歩行訓練
が,従来行われてきた自宅での漸増運動
に比べて優れていることを示せなかった
という残念な結果になってしまった.

 とても残念な結果だが,新しい
リハビリ法についても,エビデンスを
きちんと作っていくことはとても大切
だとあらためて感じた.
---------------------------------------

残念な結果だったようです。

早期に始められるのだから、良い結果が
出てもよさそうなんですが、違うの
ですね。
確かに,エビデンスは大事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯を腎臓内で育て移植 東京理科大、再生医療に応用

歯を腎臓内で育て移植
東京理科大、再生医療に応用

2011/7/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京理科大の辻孝教授らは歯の再生医療
の新手法を開発した。

 マウスの実験で、腎臓内で歯と歯周組織を
細胞から育て、口内の歯を失った部分に移植
し定着。
 再生した歯は移植後すぐに機能した。
 作りやすい場所で十分な機能を持つ器官
を育てて移植する将来の再生医療の足がかり
になる。

 成果は米科学誌「プロスワン」(電子版)
に13日掲載される。

 大塚ホールディングスグループの
オーガンテクノロジーズなどとの共同研究。
 マウスの胎児から得た、歯のもとになる
「歯胚」から上皮細胞など2種類の細胞を
取り出し、再び集めて再生歯胚を作った。

 これをプラスチック製器具を使って別の
マウスの腎臓内に入れ、長さなどを調節
しながら成長させた。

 60日後には歯と歯周組織が成長。
 臼歯を抜いたマウスに育った歯を移植
すると、すぐにかめた。
 40日後にはあごの骨にくっつき、血管や
神経も歯に入り込んでいた。
 痛みの刺激が神経を通じて脳に伝わる
のも確認した。
 歯を支える骨をなくしたマウスでも、
 再生した歯や歯周組織が定着した。

 研究チームは歯胚を新型万能細胞
(iPS細胞)から作る研究も
始めている。
---------------------------------------

良さそうですね。
歯の再生医療。

まだ臨床応用までには時間が掛かりそう
ですが、期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提言「原発ゼロ社会」

(社説)提言「原発ゼロ社会」
2011年07月13日 朝日新聞

将来を考えた時、今こそ「原発ゼロ社会」
へ転換すべきであると考えてきました。
その考えに沿った記事が出ましたので、
紹介しておきたい。

原発は、現在は良くても将来に大きな
宿題を残します。
後の世代に先送りするものではないと
考えます。

ウランは有限資源です。
いつまでも稼働し続けることは不可能です。

発生する放射性廃棄物は何十万年にも
わたって汚染物質であり続けます。
管理不能です。

こんなものを後の世代に残して良いので
しょうか? とても良いとは思えません。
これ以上増やすことは許されません。

「原発ゼロ社会」へ向けての提言です。
コメントはしません。
将来を考える議論の参考にしてください。

---------------------------------------
 脱原発を進めるポイントは、時間軸を
もつことである。

 原発の寿命は40年がひとつの目安と
されている。もう新たな原子炉は建設せずに
40年で順に止めていくと、2050年には
ゼロになる。これでは遅すぎるが、代替電源
の開発・導入に力を入れ、節電にも努めれば、
ゼロの日をそれだけ早めることができる。

 代替電源の希望の星は、風力や太陽光を
始めとする自然エネルギーだ。

 これを増やす方向へエネルギー政策を
転換し、電力会社による地域独占体制を
抜本的に改めて自由化を進める。

 ただし、まだまだコストが高い。

 急激に導入すれば電気料金を押し上げ、
暮らしや経済活動の重荷になる。

 どのていどの値上げなら受け入れ可能か。
 危険な原発を減らすことと天秤にかけ、
国民的な合意をつくりつつ廃炉のテンポを
決めていくことが大切だ。

 また、それまでには時間がかかるので、
当面は天然ガスなどの火力発電を強化
せざるをえない。

 二酸化炭素を出し、地球温暖化の防止
にはマイナスに働くが、自然エネルギーの
開発と省エネを進めていき、長期的には
脱原発と両立させねばならない。
 それが日本の国際的な責任でもある。

 たとえば「20年後にゼロ」という
目標を思い切って掲げ、全力で取り組んで
いって、数年ごとに計画を見直すことに
したらどうだろうか。

 きょうの社説特集は「原発ゼロ社会」へ
向けたデッサンにすぎない。
 必要なのは国民的に議論を深めながら、
やれることから早く実行へ移していく
ことである。(おおのきよしのり)

-------
原発の段階的削減をどういう手順で
進めるか――。
 「新たな原子炉はつくらない」
 「古いものは閉めていく」
 それが基本シナリオだろう。

 まず急ぐべきは、今回の事故を教訓
とした新たな安全基準や防災計画の設定
だ。

 これは新たな原発建設に適用する
のではなく、既存原発を「仕分け」する
尺度となる。この基準に照らして補強が
技術的に難しかったり、コストが見合わな
かったりする原発は前倒しで廃炉にして
いく。

 防災対策も同様だ。これまで原発から
おおむね半径10キロ以内が避難区域の
対象だったが、今回は30キロを超える
地域にも被害が及んでいる。
 範囲を広げると、居住人口や関係自治体
が一気に増える。
 それでも避難が可能なのか、冷静に
見極めなければならない。

 基準や計画が改まっても、実際の運用で
骨抜きにされてきたのが、過去の原子力の
歴史だった。

 電力会社は地質や津波などの情報を
握っていながら、都合のよいものしか
出さない。

 こうしたご都合主義を排除するには、
専門的な立場から批判的に安全性を
チェックする仕組みが不可欠だ。

 今回の事故で機能を果たせなかった
原子力安全委員会は、地震学など
原子力以外の専門家もメンバーに加える
とともに、原発の定期検査についても
法的権限を与えて関与させる。

 原子力安全・保安院は、原発を推進して
きた経済産業省から分離し、新たな
原子力安全委員会の実動部隊として位置
づける。米原子力規制委員会(NRC)
などが参考になろう。

 原発の廃止にともない、立地自治体の
再生も課題となる。原発による歳入が減り、
雇用が失われることへの懸念は大きい。

 ただ、廃炉完了までには20年から
30年はかかる。
 その間、原発に依存しない地域づくりに、
周辺自治体とともに取り組んでほしい。

-------
 原発を減らしつつ、電力を確保する。
 それを実現させるキーワードは
「電源の分散」と
「発電と送電の分離」だ。

 災害や危機に強い電力体制をつくるには、
既存の電力会社だけに頼らず多様な事業者
に発電を担ってもらい、電源を分散させる
ほうがいい。太陽光など消費地で発電する
「地産地消」も広げたい。

 そのためには、さまざまな発電業者が
公平に接続できる送電網が不可欠だ。

 今後は原子力に代わる電力を探さなければ
ならない。

 自然エネルギーや小規模なガスタービン、
あるいは企業の自家発電設備や太陽光など
の設備をつけた家庭から生まれる余剰電力
といった多様な電源を、もっと活用する。

 それには、送電部門を発電部門から
切り離し、もっと公平に運用する体制を
整えるべきだ。

 そうすれば発電業者や小売業者の競争
を促すことにもなり、電気料金を抑制する
効果も期待できる。

 ただ、地域独占の弊害から、送電網は
電力会社ごとに事実上分断されている。
 狭い日本の東と西で周波数が別々なのも、
世界から見れば非常識だ。

 これからは需要側が自ら発電したり、
限られた範囲で電気を融通しあったりする
ことも想定しなければならない。

 ところが、これまでの送電網は大規模
発電所から需要側への一方通行を前提に
つくられている。

 逆の潮流を受けても電圧や周波数に
影響が出ないよう、新たな技術を使って
賢い送電網(スマートグリッド)にする
必要がある。

 送電網の経営主体も議論になろう。
 国有化がいいのか、一企業の経営と
するのか、利用者組合などの組織に委ねる
か。電力融通や公平な接続を促す規制・
監視機関も考えなければいけない。

 こうした改革は、一朝一夕にはできない。
 新たな電力体制に向けて、すぐに効果を
あげられるのは、省エネ、節電といった
「需要側の改革」だ。

 たとえば、家庭での電気の使い方。
 電力需要に占める家庭消費の割合は
戦後ほぼ一貫して伸び続け、今では
約3分の1を占める。

 今回の電力不足のように、ピーク時の
需要抑制が必要な場合、家庭内での
電力調整は、きわめて重要だ。

 どんな時間帯にどんな機器でどれだけ
電気が使われているかがわかる
「スマートメーター」の導入を急ぎたい。

 電力を供給する側とデータを共有すれば、
時間別や電源別の料金体系を設け、
電力の安い時間帯にうまく家電を動かす
ような工夫も可能になる。

 情報家電や電子機器に強い日本だから
こそ、世界に先駆けた試みができるはずだ。

 原発事故の処理や資源価格の上昇、
自然エネルギーの固定価格買い取り制度
の導入などを考えると、電力料金は当面、
値上げの方向にある。

 家計や経済への負荷を減らす意味でも、
節電を軸に賢い電気の使い方を追求する
ときだ。電気を使いたいだけ使い、
供給は「お任せ」にしてきた姿勢を
改めなければならない。

-------
 温暖化が国際問題になった1990年と
2010年を比較すれば、世界の風力発電
は100倍以上になった。

 原発の総設備量(3・7億キロワット)
に対し、風力は同1・9億キロワットに
迫り、毎年4千万キロワットずつ伸びて
いる。世界全体で電気の2・5%を、
欧州連合(EU)に限れば5%を発電して
いる。

 ドイツが今年、脱原発を決めた背景には、
この10年間で自然エネルギーによる発電
を4%から17%に急増させたことがある。
 主力は風力だ。
 風力は実用的な電源になった。

 太陽光発電の世界の導入量は4千万
キロワット近い。風力より少ないが急伸し、
昨年の増加は原発15基分にあたる
1500万キロワットを超えた。

 最近は、熱を集めて発電機をまわす
太陽熱発電もある。

 日本の政府も電力業界も、自然エネルギー
について、「頼りにならない」
「変動する使いにくい電源だ」として、
まともには育ててこなかった。

 安く大量の電気を供給する原子力さえ
あれば安心だという考えが背景にあった。

 資源エネルギー庁が04年に試算した
1キロワット時あたりの発電コストは、
一般水力11・9円、石油火力10・7円、
液化天然ガス(LNG)火力6・2円、
石炭火力5・7円で、原子力を一番安い
5・3円としている。

 ただこの計算には、原発1基につき
運転開始までの10年間で地元自治体に
400億円以上支払う交付金などは入って
いない。

 もちろん数兆円に及ぶ事故処理費用
も入っていない。

 政策を変えよう。昨年できたエネルギー
基本計画では、「自然エネルギーは20年
までに1次エネルギーの10%」にする
一方、原発は9基増やすとした。

 もう原発を増やすことはできない。
 原発依存を減らし、自然エネルギーを
増やす方向にかじを切らなければならない。

 自然エネルギーに投資すればビジネスが
なりたつ社会にしたい。

 まずは、自然エネルギーで発電した
電気を、電力会社に固定価格で全量を
買い取らせる制度が推進力になる。

 自然エネルギーは世界の市場が急拡大
している分野だ。

 国内市場を広げて技術を育て、日本の
輸出産業に育てたい。

-------
 今後、脱原発を進めても、稼働している
原発があるかぎり、「高レベル放射性
廃棄物」である使用済み燃料は出続ける。
これらをどう始末するか。

 廃棄物処理に大きく関係するのが核燃料
サイクル政策だ。

 使用済み燃料を再処理してプルトニウム
を取り出し、高速増殖炉(FBR)で
また燃料として使う仕組みである。

 ところが、その要となる二つの施設は
巨額の費用を投じながら、見通しが立って
いない。

 日本の原子力政策の中でも、核燃料
サイクルは特に経済性や核不拡散の点から
問題になってきた。

 2005年に現行の原子力政策大綱が
策定される際の議論では、核燃料サイクル
は、使用済み燃料を処理せずに埋設する
方法より、割高だという試算が示された。

 それでも政策を継続したのは、「路線を
変更すると過去の投資が無駄になり、
新たな研究も必要。
 立地地域との信頼も崩れる」という理由
だった。

 しかし、原発ゼロを目指せば、「50年
ごろまでにFBRを実用化する」という
核燃料サイクル計画は続ける意味合いも
なくなる。撤退するしかない。

 プルトニウム利用をやめれば日本の
核不拡散外交を強めるカードにもなる。

 また、再処理のために電力各社が
積み立てている2兆4千億円を超える資金
や、停止中でさえ1日5千万円かかる
もんじゅの維持経費にも、他の使い道が
出てくる。

 今まで国策として動いてきた核燃料
サイクル政策を変えることで、施設を
受け入れてきた地元の反発など、
さまざまな問題が出るだろうが、解決する
道を探りたい。

 ただ、核燃料サイクルをやめても、
放射性廃棄物を処分する場所がないことに
変わりはない。

 日本をはじめ原発をもつ国々の多くは、
こうした「原発のゴミ」は地下深くに
埋めて、人間社会から隔離した状態で管理
する方針を打ち出している。

 しかし、処分場の場所を決められたのは
北欧ぐらいしかない。

 原発のゴミの始末は、原発の電気を
使ってきたわれわれの世代が責任を
もって取り組むべき仕事だ。

 経済協力開発機構(OECD)原子力
機関も95年、原発のゴミの後始末を
「いまの世代の責任」だとする原則を
打ち出した。

 次世代に丸投げしてはならない。
 少なくとも国内で処理する道筋は
つけなければならない。

 原発を造ることではなく、廃棄物の
処理に情熱を燃やし、世界をリードする。
 そんな原子力技術者を育てていくこと
も必要だ。
---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京電力の原因者責任を明確にせよ

東京電力の原因者責任を明確にせよ

ブログ「もうすぐ北風が強くなる」
より

同感です。コメントしません。

どうもこのブログで言っていること、
「正論」から外れた方向に行きそうな
気配がします。
日本の行く末が心配です。

興味のある方はリンクをどうぞ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18年前、全電源喪失検討 安全委幻の報告書

18年前、全電源喪失検討
安全委幻の報告書

2011年7月13日 東京新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 福島第一原発事故の要因になった長時間
の全交流電源喪失(SBO)について、
原子力安全委員会のワーキンググループ
(WG)が一九九三年、炉心損傷を招く
可能性があると認めながら、「考慮する
必要はない」とした国の安全設計審査指針
を追認する報告書を出していたことが
分かった。

 安全委は報告書を公表せず、その後の
安全対策にも生かしていなかった。

 安全委の班目(まだらめ)春樹委員長は
「『SBOを考えなくてよい』と書いた
のは最悪」と認めた上で「前から
安全規制改革をやっていれば事故は防げた」
と述べ、経緯を検証する方針を明らかに
した。

 WGは原子力施設事故・故障分析評価
検討会に設けられ、五人の専門委員と
四人の外部協力者が参加。
 九一年十月から九三年六月にかけて
非公開で十二回の会議を重ね、国内外の
SBOの規制上の扱いや発生例などを
調査・検討した。

 本紙が入手した報告書では「短時間で
交流電源が復旧できずSBOが長時間に
及ぶ場合には(略)炉心の損傷等の重大な
結果に至る可能性が生じる」と指摘。

 福島第一原発と同様の事故が起きる
恐れに言及していた。

 さらに、米原子力規制委員会(NRC)
が連邦規則で法的にSBO対策を求めたり、
フランスでも危険を減らすため設計上考慮
するよう国が求めたりするなど、一部の国
で安全対策が講じられていることも指摘
した。

 ところが、日本では
(1)SBOの例がない
(2)全原発に二系統以上の非常用電源が
   ある
(3)非常用ディーゼル発電機の起動の
   失敗率が低い-などとして「SBO
   の発生確率は小さい」「短時間で
   外部電源等の復旧が期待できるので
   原子炉が重大な状態に至る可能性は
   低い」と結論づけていた。
---------------------------------------

あきれてものが言えない。

この手の話は沢山ある。
全ての警告を無視し続けて来たと言う
ことです。

これストレステスト項目の一つですよね。
それを18年も前に実施しておきながら
問題ないとした。

他国では法的処置をしているのにも
関わらずです。

何故日本だけが安全なのですか?
他国との違いはなんですか?

素人的には、むしろ地震国日本。
他国より危険なはず。
しかも設計は米国のもの。
その米国は対策要とした。

>全原発に二系統以上の非常用電源がある
>非常用ディーゼル発電機の起動の失敗率
>が低い
??????????????????

なにを根拠にそうはならないと言って
いるのでしょうか?

福島第一原発で言えば、原発とは違う
場所、地下にあり、開口が海側にある
と言う。
これで安全ですか?
何系統あったって駄目。
津波をうければ、一発でダウンすると
推定できませんか?
あまりに想像力に欠けている。

「ストレステスト」も良いけれど、
どんな組織、メンバーが実施するかが
重要で、こんな貧弱な原子力安全委員会
ではストレステストを実施したところで
安全など担保できない。

「ストレステスト」を実施するので
あれば、誰が見ても公正な組織を作り
実施した前提条件や利用したデータ、
数字は必ず公開することが必須です。

できれば、他国の専門家にも検証させる
べきです。

何故なら影響は日本だけには留まら
ないのです。

参考
ストレステスト
NHK「かぶん」ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

原発代替の化石燃料使用「法人税3割増税と同じ」 経財相

原発代替の化石燃料使用「法人税3割増税
と同じ」 経財相

2011/7/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 与謝野馨経済財政相は13日午後、
日本記者クラブで記者会見し、
福島第1原子力発電所の事故に伴い停止中
の原発再開にメドがたっていないことに
対して「脱原発は簡単に言えるが、原発の
代わりに化石燃料を使うと、比喩としては
正しいかどうか分からないが、法人税を
3割増税したと同じコストアップが発生
する」と慎重な姿勢を示した。
〔日経QUICKニュース〕
---------------------------------------

このニュースは一体誰に向かって言って
いるのでしょうか?

法人税が上がっても電力会社は、何も
困らない。

法人税が上がってこまるのは一般の会社
で、会社が日本から逃げて行くだろうと
暗に言っているのでしょうか?
だったらそうはっきり言えば良い。

電気料金が上がるのは言われなくても
わかっている。

どうしてこうも近視眼的な言い方しか
出来ないのか?

こちらの記事もそう。
CO2:全原発停止で排出量16%増
福島10基では3%

CO2の排出量があがるが良いのか?
との脅しに聞こえる。

そもそも原発を推進してきたのは政府。
解決策を必死になって考えなくては
いけないのは政府。
国民を脅してどうする。

こんなに大きな事故をおこしておいて
なかったことにしてください。
今まで通りでどうでしょう?
というわけには行かない。

どうしたいと言っているのでしょう?

国民とて直ちに総ての原発を止めて
何の問題もないとは思っていないはず。

将来が見えないと言っているのです。
国家戦略が見えないと、
希望が見えないと言っているのです。
国内の企業も増え発展出来る。
将来のある、未来のある戦略です。

いつまでも原発の運転が可能だと
思っているのでしょうか?

ウランの資源は有限。
原発とていつまでも稼働できるわけ
ではない。

しかも運転コストはウランの値上がりで
どんどん上がる。

50年もすればウランの枯渇により、
運転出来なくなるかもしれない。
(まだ、天然ガスの方が多い。
石炭はもっとある。)
その時どうする積もりなのか?

CO2の状況は言わずもがなです。
残るのは再生可能エネルギーしか
ないではないですか?

はっきりしているのは、
有限資源のコストは上がり続け、
再生可能エネルギーのコストは下がる。
CO2は出さない。
結論は見えている。

ならば、早く切り替えた方が得なはず。
切り替えには時間がかかる。
何故そういう話が出てこない?
出てくるのは、脅しと。だまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラシ状高分子を用いた環境に優しい接着の自在制御に成功

ブラシ状高分子を用いた環境に
優しい接着の自在制御に成功

平成23年5月16日
九州大学
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。
ちょっと古い発表ですが、紹介して
おきます。

---------------------------------------
 高原 淳 九州大学先導物質化学研究所
教授と、小林 元康 科学技術振興機構
(JST) 戦略的創造研究推進事業
ERATO型研究
「高原ソフト界面プロジェクト」
グループリーダーは、材料表面に
ナノメートルオーダーの厚みを持つ
歯ブラシ状の構造を作製し、水を挟んで
貼り合わせるだけで繰り返し接着と剥離を
行うことができる新しい低環境負荷型の
接着法を発表しました。

本成果は、2011年5月16日
(ロンドン時間)に英国王立化学協会出版
の科学雑誌「ソフトマター」の
オンライン速報版で公開される予定です。
---------------------------------------

面白い接着法です。

プラスチックの毛が生えた接着テープ
と原理が似てますね。
バリバリと引っ張るとはがれるあの
テープと、

>接着面積が1cm2のとき、約15Kg
>の荷物をつり下げることができます。
と言ってますから、けっこう強力です。

>金属と合成樹脂との接着など従来の
>接着剤が苦手とする異種材料間の接着に
>有用な方法として期待されます。
>特に、水を使って貼り合わせるだけで
>繰り返し接着と剥離を行うことができる
>点は、医用材料や医療用デバイスに代表
>される機能性デバイス製造過程など
>有機溶剤が使用できない環境で活用
>できると期待されます。
良さそうです。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復興資金捻出のため、国家の成長の基盤となる科学研究費も一律カットで本当の復興はなるのか

復興資金捻出のため、国家の成長の基盤
となる科学研究費も一律カットで本当の
復興はなるのか

2011年07月11日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 もうすぐ、糖鎖も間違いなく、臨床上
有用なバイオマーカーとして確立する時代
がやってきます。

 これからは少し科学にとっては厳しい
お話です。

 2011年度予算の執行が始まっています
が、皆さんの科研費でもそうでしょうが
10%の予算を執行保留とされているはず
です。

 従来はこの分は期末に近付くにつれ、
予算の緊縮などがない場合は、順次満額が
皆さんに手渡されることになるのですが、
今年はほぼ、これを期待することは
できない。つまり研究費は1割削減せざるを
得ないということが、この時点で確定
しました。

 その最大にして唯一の理由は、東日本
大震災の復興です。
 皆さんもご賢察の通り、復興には20兆円
以上の資金が必要です。
 これを増税だけで賄うと経済成長率に
悪影響を与え、むしろ税収の縮小と雇用の
喪失という取り返しのつかない悲劇を
招きます。そのためには、どうしても
政府予算のカットは避けられない。
 国家の成長の基盤となる科学研究費の
縮小も止む得ないと言うのが、政府の論理
です。

 でも本当にそうでしょうか?

 1億そう我慢ではあるまいし、
成長エンジンである科学研究費を
一律カットという手法は知恵が無さすぎ
ます。

 一律カットというのは、皆が納得し易い
のですが、要は今年の予算執行を保留する
科学プロジェクトを選別できないという
選択と説明能力欠如を表しているに
過ぎません。

 未曾有の大震災なんだから、全員我慢
しましょうというだけでは、本当の復興
となる元気が出てきません。

 企業のリストラで、もっとも失敗する
原因となるのは一律カットです。

 我慢は3年も続けると、縮小均衡で成長
のエネルギーを失わせます。

 国家とて同じこと、この際、性根を
定めて、国家事業のリストラを敢行し、
財源をねん出すべきだと思います。

 これによって、国家と地方のバランスや
21世紀に我が国はどうやって成長し、
国民が幸せになるのか?
 グランドプランを示すことにも
なります。
 国は防衛、外交、科学技術だけやり、
残りは市町村に任せるという考えも
あります。

 しかし、政府のリストラは行政の責務
ではありません。
 行政が自らリストラすることは、タコが
脚を食べるようなもの。

 今度も、政治の責任の責務が問われて
いると考えています。
 最近は国会中継が面白くなってきました
が、これはから騒ぎにすぎません。

 復興に必要な法案の審議はどんどん
遅れて、本質以外の脚の引っ張り合い
ばかりです。

 本当にこの国は大丈夫なのでしょうか?
---------------------------------------

>本当にこの国は大丈夫なのでしょうか?

こんな政治家ばかりで本当に大丈夫なのか、
私も真剣にそう思います。

とんでもないことをしているのに、
その自覚が見られない。
どうなっている? と思う。

国民一人一人が成長していないことが
根本原因なのかとも思います。

>企業のリストラで、もっとも失敗する
>原因となるのは一律カットです。
同感です。

こういう時こそ、選択と集中が最も
求められる時。それなのに、、
なんとも歯痒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京大のiPS細胞作製技術、欧州で特許 米国審査も終盤

京大のiPS細胞作製技術、欧州で特許
米国審査も終盤

2011年7月11日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Osk201107110195
欧州で成立した京都大の特許
記事「京大のiPS細胞作製技術、欧州で
特許 米国審査も終盤」より


 京都大学は11日、iPS細胞
(人工多能性幹細胞)をつくる技術の特許
が欧州で成立したと発表した。

 国内での特許はすでに成立し、国外では
4番目。

 iPS細胞作製に使う遺伝子の種類が、
国内特許よりも広い範囲で認められた。

 山中伸弥・京都大教授が開発した
iPS細胞の特許をめぐり、
激しい国際競争になっている。

 最大の市場である米国では1月、
特許争いをしていた企業から京都大が
譲渡を受けた。
 審査は終盤に入り、年内にも成立の
見通しという。
 「本家」の京都大が国際的な主導権を
確保しつつある。

 権利期間は国際出願した
2006年12月6日から20年間。
 今年5月30日に認められ、8月に
欧州特許庁に登録され、英独仏など
主要17カ国で登録する予定。
---------------------------------------

Good Newsですね。

>iPS細胞作製に使う遺伝子の種類が、
>国内特許よりも広い範囲で認められた。
素晴らしい。

広く人類の生死に、あるいは利益に関わる
ような技術に対して特許で縛られるということ
に違和感を覚えますが、より多くの人が
救われる為の仕組みとして、仕方がない
ことなのでしょう。

>「本家」の京都大が国際的な主導権を
>確保しつつある。
頑張っています。頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

乳がんの薬が胃がんにも 進行・再発患者に朗報 分子標的薬─トラスツズマブ

乳がんの薬が胃がんにも
進行・再発患者に朗報
分子標的薬─トラスツズマブ

2011年7月11日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 昨年1月の欧州、10月の米国に続き
今年3月、ようやく日本でも
「トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)」
が「HER2過剰発現が確認された
治癒切除不能な進行・再発胃がん」の
治療薬として承認された。

 2000年頃から世に出回り始めた新しい
発想の抗がん剤──分子標的薬は、
無差別攻撃型の既存の抗がん剤に対し、
がん細胞特有の分子を狙って
ピンポイント攻撃を繰り返す薬である。

 ターゲット分子が共通していれば、
胃がんだろうが乳がんだろうが治療効果
を発揮する。

 トラスツズマブのターゲット分子は、
先ほどから繰り返し登場している
「HER2(ハーツー)」。

 これは、がんの増殖にかかわる
タンパクで、胃がん患者の20~25%が
HER2を持つと推測されている。

 一部とはいえ「進行・再発胃がんに効く
抗がん剤はない」(消化器外科医)と
言われてきた患者にとって大きな福音
であることは間違いない。

 胃がん組織のHER2を確認し、
トラスツズマブが使えるかを調べる検査
は、やはりこの3月に保険で行えるように
なった。

 ただし、実施できるのは診断から
治療方針が決まるまでの1回のみ。

 正直、たった1度の検査値で適応を
決められてしまうのは納得がいかない。

 しかも胃がん組織のHER2の出方は
バラバラ。同じ胃がんでも検査する組織を
採取した場所によってはHER2が
見逃される可能性もある。
 実際に一度は「適応外」とされた後、
他の検査方法でHER2陽性が確認された
例もある。
 ここは自費扱いになっても違った方法で
複数回、検査を受けるべきだろう。
 希望があれば、生きる力を取り戻すこと
ができる。
---------------------------------------

Good Newsです。

ただ、
>たった1度の検査値で適応を決められて
>しまうのは納得がいかない。
そう思います。

1度でも、ほぼ100%検出できるのなら
まだしも、胃がん組織のHER2の出方は
バラバラではね~
納得できませんね。
人の命がかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あかつき」はノズルを喪失か、しかし2015年の再投入は可能 - JAXAが結論

「あかつき」はノズルを喪失か、しかし
2015年の再投入は可能 - JAXAが結論

9月にメインエンジンのテスト噴射を計画
2011/07/04 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6月30日、
金星探査機「あかつき」が金星周回軌道
への投入に失敗した原因について調査結果
をまとめ、宇宙開発委員会に報告した。

 燃料側の逆止弁が閉塞したことによる
異常燃焼でメインエンジンのノズル部分の
大半が失われたと考えられているが、JAXA
は2015年11月に金星周回軌道へ再投入する
ことは可能と見ており、9月には軌道上で
エンジンのテスト噴射を実施する考え。

 「あかつき」は2010年5月に打ち上げ
られた日本初の金星探査機。

 同年12月7日に金星に接近した際、
周回軌道に入るための軌道制御エンジン
(OME)の噴射を行ったものの、探査機本体
の姿勢が乱れたことによって途中で中断。

 減速が足りずに金星を通過し、現在、
太陽を周回する軌道を飛行している。

 この事故後、原因の究明を進め、
同月27日には燃料側の逆止弁(CV-F)の閉塞
が原因である可能性が高いと報告された
ものの、特定には至っていなかった。

 FTA(故障の木解析)と呼ばれる手法
によってCV-Fの閉塞が原因と推測されて
いたが、今回、地上の実験によってこれを
確認した。

 サイエンスの成果については、「金星を
通過したときに取得したデータの詳細な
解析を行い、論文がいくつか投稿されて
いる。
 あかつきは今、地球から見てちょうど
太陽の反対側にいるが、コロナの中に
電波を通して、太陽の観測も行っている。

 我々サイエンティストは転んでもただ
では起きない人種。
 素晴らしい成果をあかつきで出したい
と考えている」とコメントした。
---------------------------------------

>この現象は今回初めて明らかになった

>「あかつき」では不運にもそういった条件
>が揃い、致命的なところで問題が発生した
>わけだが、JAXAは今回得られた知見を
>今後の衛星開発に反映させる意向だ。

ということで、経験不足の面がありますね。
進歩は失敗でしか得られません。
貴重な経験として生かしてください。

あのビルゲーツさんも言ってますね。
「成功は最低の教師」だと

再挑戦、上手くいくと良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九大、高いがん細胞殺傷能力を持つNK細胞の選択的増幅培養技術の特許を出願

九大、高いがん細胞殺傷能力を持つ
NK細胞の選択的増幅培養技術の特許を出願

2011/07/07 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 九州大学大学院薬学研究院・革新的バイオ
医薬創成学の米満吉和教授らによる
研究グループは、高いがん細胞殺傷能力を
有する高純度のナチュラルキラー細胞
(NK細胞)に関する新しい選択的増幅培養
技術を開発し、同技術に関する特許
について、東京大学発細胞治療ベンチャー
企業「テラ」と共同出願したことを発表
した。

 NK細胞は、白血球成分に含まれ、高い
がん細胞殺傷能力(細胞傷害活性)を持つ細胞
であり、ウイルス感染細胞やがん化した細胞
を攻撃し、病気を未然に防いでいる。

 そのため、感染症やがんの免疫細胞療法
に適した免疫細胞であると期待されてきた
が、これまでの研究では、効率の良い増幅
と活性化が難しかった。

 今回、研究グループが開発した技術を
用いると、高い細胞傷害活性を有する
NK細胞を、簡便かつ90%を超える純度で、
数百倍に増幅することが可能となる。

 具体的には、同技術で培養されたNK細胞
のほぼ100%がリンパ球系細胞の
活性化マーカーであるCD69を発現
(培養前:5~10%)し、かつ細胞殺傷分子
であるパーフォリンおよびグランザイムの
細胞内含有量が、培養前と比較して
約4~10倍へ増加する。

 さらに、NK細胞活性の指標として標準的
に用いられるK562細胞に対し、細胞比が
1:1かつ2時間で、ほぼ100%の細胞殺傷効果
を再現性良く得ることが可能になった
という。

 研究グループでは、すでに
マウスがん治療モデルにおける高い治療効果
も確認していることから、今後は
臨床試験を前提としたスケールアップ培養法
を確立し、早期の医療現場への還元を目指す
としている。
---------------------------------------

Good Newsですね。

細胞治療ベンチャー企業「テラ」
頑張ってください。
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質:焼却灰から7万ベクレル超を検出 千葉・柏

放射性物質:焼却灰から7万ベクレル超を検出
千葉・柏

毎日新聞 2011年7月10日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 千葉県柏市は10日、市内の清掃工場で
発生した焼却灰から、1キログラム当たり
7万ベクレルを超える放射性セシウムを
検出したことを明らかにした。

 東京電力福島第1原発事故の影響と
みられ、焼却灰の埋め立てを6月末から
中止している。
 現状では、約2カ月で灰の保管スペース
がなくなり、一般家庭などからの可燃ごみ
の受け入れが不可能になると予想される。

 国は6月、同8000ベクレル以上の
焼却灰は埋め立てず、一時保管するよう
指針を定めたが、一時保管後の処分方法は
決めていない。

 同市は週明けにも国に対し
(1)埋め立て可能な最終処分の
   新基準策定
(2)一時保管場所の確保
(3)処分費用の全額国庫負担--
   を緊急要望する方針という。

 同市によると、公園や一般家庭の庭など
で放射線量を下げる目的で、草刈りや
樹木の枝・葉の剪定(せんてい)を実施し、
可燃ごみとして清掃工場へ持ち込まれた
ため、数値が上がった可能性があるという。
---------------------------------------

そうでしょうね。出て当たり前。

出てくるのだから、一刻も早く
自治体から言われるより先に

同市は週明けにも国に対し
(1)埋め立て可能な最終処分の
   新基準策定
(2)一時保管場所の確保
(3)処分費用の全額国庫負担--
   を緊急要望する方針という。

上記のようなことは決めて周知しないと
いけいないのに、何もしていない?

ずいぶん前に福島県からも出ている。
これからもあちこちから出るでしょう。

政府の人達というのは本当に能天気。
としか言いようがない。

自分達で進めて来たことではないですか?
直ちに責任をとってください。

玄海原発に出向いて大臣が言った。
「政府が責任を持つ」
というのは国は何をすると言って
いたのでしょうか?

福島事故の責任すらきちんととれて
いないのに、どんな責任のとりかたを
するというのでしょうか?
許可を出す自治体も自治体だと思う。

関連情報です。
7月11日 南相馬の牛肉から規制値6倍の
放射性セシウム検出について
小出裕章(MBS)

後半10分以降でちょっと話が出て来ます。

「今までの法律体系では対処出来ない
状況になって来ているということ。」
だと言っています。

異常事態を想定していないので、なんの
規定もない。想定不適当というやつです。

このこと自体情けないのですが、
無いのなら、早急に決めなくてはいけない。
それなのになかなか決めない。
動きが遅すぎる。
先送りは許されない。
一般国民が直ちに困ることになる。
わかっているのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月11日 (月)

「核燃料サイクルは破綻している」

「核燃料サイクルは破綻している」
今こそ再処理を考え直す時

詳細は、リンクを参照して下さい。

なんども投稿して申し訳ないが、
どう見てもおかしいと思う。
皆さんどう思われます?

---------------------------------------
 4月分からは「太陽光促進付加金」という
新しい項目が増えた。
 我が家は17円。
 月々の使用電力量に応じて1キロワット時
あたり3銭の割合で、太陽光発電の余剰電力
を東電が買い取る費用を消費者が負担する
新しい仕組みだ。

 これでは「太陽光発電は高くつくんです
よ」と言わんばかりの表示方法だと思う
のは私だけだろうか。

検針票に表示されないコスト

 実は、太陽光促進付加金以外にも、
電気料金には電力事業にまつわる様々な
コストが織り込まれているが、その明細は
書かれていない。

 もともと、電気料金は発電、送電、配電
など電力会社の経営にかかるすべての
コストに、ある程度の利潤を足すという
「総括原価方式」で決まっているので、
普通の企業と違って電力会社はよほどの
ことがなければ赤字になることはない。

 検針票には表示されないコストの1つに、
青森県六ヶ所村で日本原燃という電力業界
の共同出資会社が続けている
「核燃料サイクル」のための費用がある。

 立命館大学の大島堅一教授は「1世帯
当たり月額200円程度を電気料金から回収
している」と指摘する。

 そうだとすると、太陽光の負担より
よっぽど高い。

 例えば、原発で燃やした使用済み核燃料
をリサイクルする「バックエンド」事業
には18兆8000億円(電気事業連合会試算)
かかるとされている。

 このうち、使用済み核燃料の再処理など
に要する15兆2000億円については電力会社
が積立金を積むことが法律で認められて
いる。

 貸借対照表にある「使用済燃料再処理等
積立金」がそれで、東電は2011年3月末で
9826億円を積み立てている。

 電力会社の積立金は、公益財団法人・
原子力環境整備促進・資金管理センター
にまとめられ、同3月末の運用残高は
約2兆4416億円に上る。

 同センターにはほかに放射性廃棄物の
最終処分に使う積立金も8374億円ある。

 合計3兆2790億円の“埋蔵金”である。

 問題は、この核燃料サイクル事業が
失敗に続く失敗で袋小路に入り込み、
電力業界にとっても厄介な金食い虫に
なってしまっていることだ。

 原発推進を続けてきた自民党と、2030年
に原発依存度を50%に高める「エネルギー
基本計画」を閣議決定して原発推進路線を
引き継いだ民主党。

 与野党を問わず、原発政策に精通して
いる有力議員からは「どうしてこんなこと
になってしまったのか」という本音が
漏れ聞こえてくる。
 関係者の間では、東京電力の勝俣恒久
会長も一時は、核燃料サイクルの「返上」
を望んだ、と言い伝えられている。

 この施設が抱えている問題は、
震災よりもずっと前から再処理工場、
ウラン濃縮工場など主たる設備が長らく
機能を停止したまま、無用の長物と化して
いることにある。

 六ヶ所村ではMOX燃料工場の着工時期も
延び延びになっている。
 高レベルの放射性廃棄物を埋設処分する
最終処理場が見つからない、といった懸案
の前に、自前の設備で再処理の工程を
こなせず、MOX燃料工場にも手がつかず、
一部の使用済み核燃料の再処理は英国と
フランスに頼み、MOX燃料やガラス固化体
を送り返してもらっている。

 さらに昨年9月、電力各社は日本原燃に
対する合計4000億円の追加出資に応じた。
 ウラン濃縮工場の遠心分離機更新や、
ウランとプルトニウムを混合する
MOX燃料工場などへの投資に振り向ける
というが、どれだけ資金をつぎ込んでも
核燃料サイクルの本格稼働には至らない
という泥沼の状態にある。

 再処理工場がいつまでも動かない結果、
日本中の原発に溜まっている使用済み
核燃料は、貯蔵設備の限界に近づきつつ
ある。福島第1原発の事故では冷却プール
で保管していた使用済み核燃料棒も損傷し、
放射性物質が飛散したとみられている。

 原子炉の中で核反応を起こしている
核燃料に比べればはるかに安全と思われて
いた使用済み核燃料でさえ、「これほどの
危険性を秘めているとは、正直なところ
知らなかった」(経済産業省幹部)
という声も上がった。

 福島第1原発事故の収束と巨額の損害賠償
という難題に直面する今となっては、
核燃料サイクルは、もはや国にも電力業界
にも背負いきれない重荷になってしまった
のではないか。

 かつて、この核燃料サイクルに
ストップをかけようとした男たちが
いた。

 2004年春、経済産業省の若手官僚たちが
「19兆円の請求書~止まらない核燃料
サイクル」と題する文書を手に永田町や
霞ヶ関を走り回り、「今こそ立ち止まって
考え直すべきだ」と訴えた。

 電力自由化に最も積極的な論客である
八田達夫・大阪大学招聘教授(当時は国際
基督教大学教授)が、日本経済新聞の
経済教室で「核燃再処理、経済的に破綻」
との見出しを掲げ、再処理工場の稼働を
政府の責任で中止すべきだという主張を
展開したのも、この年の7月だった。

しかし、この策動もつぶれる。

 なぜ、村田氏(当時、経済産業事務次官)
は彼らを見殺しにせざるを得なかったの
だろうか。

 日本が核燃料サイクルを続けていれば、
いつでも核兵器を作れる、という潜在能力
を暗示することになる、ということだ。
 中曽根康弘元首相から連綿と連なる
自民党の保守勢力には、どうしても核燃料
サイクルを推進したいという政治的思惑が
あったのだ。

 「19兆円」の根拠となっている電事連の
18兆8000億円というコスト試算は、実は
全国で発生する使用済み核燃料を半分だけ
再処理するという前提に立っている。
 その後、全量再処理すると想定した国の
原子力委員会のコスト試算は実に43兆円。
 再処理せず、すべて地中に直接埋設する
「ワンスルー」の場合は30兆~39兆円と
幅があるが、再処理よりは少なくてすむ
という見積もりである。

 原子力環境整備促進・資金管理センター
に積み立てられた3兆円を超える埋蔵金は、
法律により、再処理と最終処分に使うもの
と定められている。

 最終処分の積立金はどのみち必要になる
としても、もし再処理を諦めれば、
2兆4416億円を福島県の被災者の賠償に
充てる道が開けるかもしれない。

 いずれにせよ、19兆円とか、43兆円とか、
途方もない金額を投入すべき事業なのか
どうか。

 いま一度考え直すべき時機が来たことは
間違いない。
---------------------------------------

>すべて地中に直接埋設する「ワンスルー」
>の場合、再処理より少なくてすむという
>見積もりである。
まず経済的に見て見合わないのである。
どうして税金をどぶに捨てるようなこと
を継続するのか?

>日本が核燃料サイクルを続けていれば、
>いつでも核兵器を作れる、という
>潜在能力を暗示
したいのが目的ならば、国際的な合意に
反する。
非核三原則など意味の無い原則となる。
許されないこと。

原発を直ぐに止められないとしても、
少なくとも、再処理は止められるはず。

それだけで2兆円以上の“埋蔵金”が
使用可能となる。何故そうしない?

7年前に止めようとしたらしいが、
今できなければ、いつになるのだろう?

>「太陽光促進付加金」という新しい項目
>が増えた。
>検針票には表示されないコストの1つに、
>青森県六ヶ所村で日本原燃という電力
>業界の共同出資会社が続けている
>「核燃料サイクル」のための費用が
>ある。
>立命館大学の大島堅一教授は「1世帯
>当たり月額200円程度を電気料金から
>回収している」と指摘する。

>そうだとすると、太陽光の負担より
>よっぽど高い。

気にくわない。

これで、原発を止めれば電気代が高く
なるなどと言わないで欲しい。

関連記事です。
原発停止なら電気代値上げ?!

無駄な再処理など止めてください。

福島原発事故の補償に使うか、
発送電分離→電力自由化に使うか?
有効に使って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然ウナギの卵、大量にとったどー マリアナ諸島沖で

天然ウナギの卵、大量にとったどー
マリアナ諸島沖で

2011年7月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 天然のウナギの卵を大量にマリアナ諸島
沖で採取することに、東京大や九州大など
のチームが成功した。

 日本に持ち帰った卵を10日、東京都内
で報道関係者に公開した。
 卵がとれた深さや日時から逆算すると、
産卵は日没~夜11時に、
水深150~200メートルで行われると
推定できるという。

 ウナギの天然卵の採取は、世界初となった
2009年5月に続き2回目。

 天然ウナギの資源は激減している。
 産卵生態の解明は、飼育下で卵から
育てる「完全養殖」の実用化に役立つと
期待されている。
---------------------------------------

Good Newsだと思います。

「完全養殖」の実用化出来ると良いですね。
このままだと絶滅してしまう。

関連記事です。
ウナギの卵:東大で世界初公開
16日からは一般にも

毎日新聞 2011年7月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄化設備 汚染水漏れ半日停止

浄化設備 汚染水漏れ半日停止
7月10日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 10日朝早く、東京電力福島第一原子力
発電所で汚染水が浄化設備の一部から
漏れ出し、半日にわたって設備の運転が
止まりました。

 事故収束に向けた工程表の「ステップ1」
の期限が1週間後に迫っていますが、
工程表の実現に欠かせない浄化設備の運転
が安定しない状態が続いています。
---------------------------------------

なんとも言いようがない。
多額のお金と国民の安全がかかっている。

汚染水に含まれている放射性核種を
分単位で取り除ける方法がある

言うのにいつまで続ける積もりですか?

一度始めたことは止められない、
変更できないという悪しき日本政府の
やり方ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質:黒毛和牛からセシウム 体表検査では異常なし

放射性物質:黒毛和牛からセシウム
体表検査では異常なし

毎日新聞 2011年7月9日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 県や都によると、農家は今月7日に都の
芝浦と場に牛11頭を出荷。
 8日に解体処理された肉を検査した
ところ、全11頭から3200~1530
ベクレルのセシウムが検出された。

 出荷前の6月26日に行われた
スクリーニング検査では異常は確認され
なかった。

 農家は、原発事故後は牛を畜舎外に
出さず、エサの配合飼料も屋内で保存して
いたという。
 井戸水を与えていたが、周辺の
大気中放射線量が低く、水質検査は
行われていなかった。
---------------------------------------

ずさんではないですか?
安全、安全というだけで、安全を担保する
最善の策を実施していたとは思えない。

大体内部被曝の状態を外部から
スクリーニング検査をして問題ないから
それで内部被曝は無いことにする。

政府の誰が判断したのですか?
原子力安全委員会ですか?
どこが判断しているのでしょうか?
不透明このうえない。

ホールボディカウンターで測定しないと
わからないと思う。それでも、
ガンマ線放出核種しか測定できない
のです。

ヨウ素131はベータ崩壊する。
だからより危険なのです。
(ガンマ線も出すようですが)
ヨウ素131は半減期8.1日なのでもう
意味がない。それをほっておいた。
心配しだしたらきりがない。

牛はできないからですか?
それで良いのでしょうか?

牛は人の内部被曝に確実にかかわる。
もし、わからないのなら、政府が買い
取ってサンプル調査するくらいの慎重さ
があっても良かったのでは?

水質検査はしていないと言う。
与えている餌自体の測定はしたの
でしょうか?

安全に対する意識がすごく鈍い。
発見されてからさわいでいる。
なんとも情けない。
こんな状態で安全と言われても、信頼
出来ない。
ということになりませんか?

もしかしたら、その地域に住んでいた
人達も内部被曝しているかも知れない。
と思ってしまう。
十分注意して生活しているはず?
それなのに起こった。

反省してください。

-------
追加記事です。
放射性物質:餌のわらにセシウム…
南相馬産の黒毛和牛汚染

毎日新聞 2011年7月11日

この記事によれば、
>昨秋刈り取り、田んぼに放置していた
>稲わらを牛に与えていたという。

それでは汚染されてしまいます。

県の説明不足だと思う。
去年刈り取ったものだったら良いと
思ったのでしょう。

放射能はいつ頃降り注いだという
情報は伝えてない?
村民は誰も知らない?

-------
関連情報です。
7月11日 南相馬の牛肉から規制値6倍の
放射性セシウム検出について
小出裕章(MBS)


-------
追追加記事です。
「わら不足地元は複雑」
7月12日 朝日新聞

>汚染されたえさを食べさせていた農家の
>近くで黒毛和牛を飼っている畜産農家は
>「仕方なく与えたと思う」と同情を寄せた。

>市内へのあらゆる物流が止まり牧草や
>穀物飼料も入らなくなった。
>自分は屋内に貯蔵していたわらで
>何とかしのいだが、「何が原因だと
>言って東電の原発が一番の原因だ」

>今年の分のわらは備蓄があるが、
>来年分は調達できるあてがない。

廃業しかないではないですか?

何十年も一歩一歩やって来た畜産を
何も悪くないのに廃業せざるを得ない
状況に追い込んでおいて、なんの策も
政府にはないのですか?

確かに汚染されている餌を承知で食べ
させたその行為は確かに悪い。
けれども、「仕方なく与えたと思う」
という畜産家の思いもわかる。

なんとかできないものなのでしょうか?

政府は冷たい。
人の命を守る政治などと軽々しく
言ってほしくない。

政府は多分こういう人達に対して
畜産を奪ってしまった相当の補償
などしないと思う。
畜産だけではない。農業もそう。
どう考えているのか理解に
苦しむ。

政府は、何を守ろうとしているので
しょうか?
これだけ甚大な被害を与えておいて
守るのは東電ですか?

「東電はつぶさない」とか聞こえてきて
いますが、どうなのでしょう?
あるべき姿ではなく、財界の意見で
動く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

産総研ら、温度差で情報を伝える「ゼーベック・スピントンネル効果」を発見

産総研ら、温度差で情報を伝える
「ゼーベック・スピントンネル効果」
を発見

2011/07/01 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 これまで、シリコンへのスピン情報の入力
は、磁性体とシリコンの間に電圧をかけて
電流を流して行われてきたが、今回発見
されたゼーベック・スピントンネル効果
では、電流を用いることなく、磁性体と
シリコンの間に温度差を生じさせるだけで
磁性体のスピン情報をシリコンに入力する
ことが可能となる。

 ゼーベック・スピントンネル効果は、
2枚の電極(この場合、磁性体および
シリコン)の間に温度差があると、上向き
のスピンを持つ電子がトンネル絶縁膜を
越えて磁性体からシリコンへ流れ、逆に
下向きのスピンを持つ電子がシリコンから
磁性体へ流れる現象。

 このため、2枚の電極間に流れる電流は
相殺してゼロとなるが、スピン情報は
磁性体からシリコンに伝達されることに
なり、ここでのスピンの上向き/下向きが、
デジタル情報の「0」と「1」に相当する
こととなる。
---------------------------------------

難しくてよくわかりませんね。
スピントロニクス。

下記の記事では、
あらゆる物質で利用可能な新たな
スピン流注入手法を発見

>磁気のダイナミクスを利用することで、
>上記制限を一切受けない極めて汎用的な
>スピン流注入手法を発見しました。
>さらにこの方法は電界により制御可能
>であることを明らかにし、これにより
>従来用いられてきた方法の1000倍
>以上のスピン流を作り出すことに成功
>しました。

と言っていますね。
磁気のダイナミクスって具体的に言うと
どういうことなのでしょうか?

スピントロニクスとは簡単に言うと、
電子のスピンを制御する技術のよう
です。

自由に電子のスピン方向を制御、検出
する技術。らしい。

電子のスピンを維持するのにエネルギー
は殆どいらないし、変化させることに
対しても殆どエネルギーを必要としない。
だから超省エネルギーデバイスができる?
と言う理解で良いのかな?

また、電子のスピン方向が変化すれば、
その物質の性質も変化する。
この分野における代表的な例としては
1988年に発見された巨大磁気抵抗効果
があり、現在ハードディスクドライブの
ヘッドに使われている。

これからに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免疫反応を抑制するオリゴ核酸の開発

免疫反応を抑制するオリゴ核酸の開発
自己免疫疾患や敗血症などの
新たな治療法に期待

平成23年6月28日
科学技術振興機構(JST)
東京大学 大学院医学系研究科

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題達成型基礎研究の一環
として、東京大学 大学院医学系研究科の
谷口 維紹 教授と柳井 秀元 助教らは、
核酸を認識する多くの受容体の働きを
一度に阻害して、免疫反応を抑制する
オリゴ核酸「ISM ODN注1)」を
開発しました。

 DNAやRNAといった核酸による免疫
反応の活性化は、ウイルスや細菌などの
病原体に対する生体防御応答に重要です。

 しかし、自己免疫疾患においては、自己
由来の核酸によって免疫反応が活性化され、
病態をさらに悪化させてしまいます。
 また、敗血症などの過度の炎症では、
細胞死が起きることにより、細胞内の核酸
が外部に放出され、さらに炎症反応を促進
してしまいます。

 これらの反応を抑制するためには、核酸
を認識する受容体の働きを抑えることが
考えられますが、核酸を認識する受容体が
複数あるため、これを一度に抑えられる
阻害剤はこれまでありませんでした。

 本研究グループはこれまでに、あらゆる
核酸による免疫反応の活性化には、核酸の
監視役であるHMGBたんぱく質注2)が
必須であることを見いだしていました。

 その知見をもとに、本研究では
HMGBたんぱく質に強く結合する
ISM ODNを開発しました。

 また、ISM ODNがさまざまな核酸
による免疫反応を抑制することが分かり
ました。
 さらに、マウスを用いた多発性硬化症
注3)や敗血症注4)のモデル動物での
実験を行い、ISM ODNが実際に
これらの病態モデル動物の発症を抑制する
ことも明らかにしました。

 今回開発したISM ODNに類似した
化合物や、HMGBたんぱく質にさらに
強く結合する化合物を開発することは、
将来、自己免疫疾患や敗血症などの治療に
役立つものと期待されます。

 本研究成果は、米国科学雑誌「米国科学
アカデミー紀要(PNAS)」の
オンライン速報版で2011年6月27日
の週(米国東部時間)に公開されます。
---------------------------------------

核酸を認識する受容体は沢山ありますから、
さまざまな核酸による免疫反応を抑制する
ことが出来たというのは素晴らしい。

>自己免疫疾患では、自分のDNAやRNA
>といった核酸や、炎症などに伴って起きる
>細胞死によって放出される核酸が抗原
>として免疫系によって認識されて、免疫を
>活性化し、病状を悪化させることが
>知られています。
>症状を治療・軽減するために、この反応
>を抑制する仕組みが望まれています。
>これまでは各種の核酸に特異的な個々の
>受容体が免疫系に備わっていることが
>分かっていました。
>しかし、まだ見つかっていない受容体
>もあり、個々の受容体に対する阻害剤で
>全ての反応を抑えるのは困難で、また
>その仕組みがあるかどうかも分かって
>いませんでした。

>今回、核酸による免疫系の活性化において
>万能な監視役であるHMGBたんぱく質
>に強く結合するISM ODNが、核酸
>による免疫反応を強く抑制することが
>明らかになりました。
>今回は明らかにできませんでしたが、
>HMGBたんぱく質の一種である
>HMGB1たんぱく質は炎症などの反応
>において細胞外に放出され、
>炎症性サイトカインとして作用すること
>も知られており、ISM ODNはこの
>HMGB1たんぱく質の作用を抑えて
>いる可能性もあります。
>今後これらの詳細を明らかにし、
>ISM ODNやその類似物など、
>HMGBたんぱく質を標的とした、
>より良い阻害剤を開発することにより、
>自己免疫疾患や敗血症などに対する
>新たな治療法につながるものと
>期待されます。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発並み出力の太陽光発電 東大・シャープ、サウジで実験

原発並み出力の太陽光発電
東大・シャープ、サウジで実験
100万キロワット級を砂漠で

2011/7/9 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京大学とシャープなどは独自開発の
太陽光発電システムの大規模な実験を
サウジアラビアの砂漠で実施する。

 日射量などを調べて実験地を決定し、
年内にも開始する。
 5年後をメドに出力100万キロワット級の
商用設備を現地に完成させ、原子力や
火力に代わる主力エネルギー源を目指す。

 実験するのは太陽光をレンズで集める
「集光型」と呼ぶ太陽光発電システム。
 東大とシャープは光を電気に変える
変換効率が42%と世界最高レベルの
太陽電池を開発済み。
 こうした先端技術などの実用化を日揮、
Jパワー、日本政策投資銀行と目指して
いる。

 共同チームは変換効率が42%の集光型
システムなら、少ない太陽電池で大電力を
生み出せるとみている。
 広大な土地の確保が必ずしも必要では
なくなるほか、送電や建設のコストも
抑えられ、電気代を既存電力レベルに
近づけられるという。

 砂漠での太陽エネルギーの実験としては、
アブダビ首長国で太陽の熱を利用する
太陽熱発電システムの試みがある。
---------------------------------------

太陽光発電で100万キロワットというのは
凄い。

電気代を既存電力レベルに近づけられる。
ということは、遠からず、通常の火力より
安価に出来るということですね。
太陽光自体は無料、火力の燃料代は高く
なる一方ですから、

太陽熱発電も良いかもしれません。
こういう話もあります。
グーグル、世界最大の太陽熱発電に参画
 140億円出資

>米カリフォルニア州南部の砂漠で進んで
>いる太陽熱発電所の建設・
>運営プロジェクトに約140億円を出資

>電力は地元の電力会社に販売する契約
>を結んでおり、販売で得た資金で投資を
>回収する。
だそうです。

グーグル積極的ですね。

多分日本では出来ません。
日本の電力会社は買ってくれませんから、
あまり大電力だと電力網の安定を崩すと
いう理由で、
網の安定化の為にお金は使わないで
しょう。
今の法律はそういう条件付きですから、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 9日 (土)

「再発性多発軟骨炎」難病指定、この手で

「再発性多発軟骨炎」難病指定、この手で
2011年7月7日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「プロポーズでもらったピアスをつけて
いた耳が変形してしまうなんて……」。
 島根県奥出雲町稲原の判官鮎子さん
(33)は昨年3月、耳の腫れや関節炎を
引き起こす「再発性多発軟骨炎」(RP)
という病を発症した。

 闘病しながら、国に難病指定を求めて、
署名を呼びかけている。

 「再発性多発軟骨炎患者支援の会」
(永松勝利代表)によると、原因不明の
疾患で、軟骨のある耳や鼻が腫れ、
呼吸不全を起こす人もいる。
 患者は全国で約240人。
 医師の認知度が低く、診断まで時間が
かかる上、高額の医療費が必要になる。

 1年2か月交際した男性と同3月に婚約
し、同5月末、京都で一緒に暮らし始めた
ばかりだった。
 リウマチと闘病する母親(62)を見て
きた判官さんは、支える側の負担を思い、
婚約を破棄。
 泣きながら奥出雲町の実家に戻った。
 RPの症状とショックで錯乱状態
だった。

 同7月初旬、検査を受けた大阪府の
大学病院でRPの診断が下った。
 治療は1日8種類の薬。
 月2万円必要だが症状を抑えることが
でき、「薬と出会えてからは人生が
変わった」という。
 しかし、耳や鼻の変形を防ぐ薬の注射は
保険適用外で1本10万円もかかり、手が
届かない。

 署名の問い合わせは、難病認定嘆願署名
運動支援の会・島根 事務局判官俊一さん
(0854・52・3790)、
再発性多発軟骨炎患者支援の会の永松さん
(092・933・2822)。
(岸下紅子)
---------------------------------------

本当にいろいろな難病があって大変。

症状を抑える薬があって良かったですね。

陰ながら応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁性ナノ粒子による「癌の温熱療法」

磁性ナノ粒子による「癌の温熱療法」
2011年07月06日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 韓国延世大学の Jinwoo Cheon 氏の
率いる研究チームは、磁性ナノ粒子を
癌組織に注入し、電磁場で磁気発熱させる
ことで腫瘍局所を加熱してがん細胞を死滅
させる「磁性ハイパーサーミア」をネズミ
で実験したところ、癌細胞を死滅させる
ことに成功したとのこと
(ScienceNOW の記事、本家 /. 記事より) 。

 癌細胞を43度以上の環境で死滅させる
治療法「ハイパーサーミア」は今に
始まったことではないが、癌に侵されて
いない正常な細胞に影響することなく
如何にして癌細胞を加温するかが課題と
なっていた。
---------------------------------------

なかなか興味深い話ですが、
いかに正確に磁性ナノ粒子を癌組織に注入
出来るかが重要だと思います。

どうやってがん組織まで磁性ナノ粒子を
持って行くのだろうか?

薬をナノカプセルに入れて患部に持って
行くというのもある意味同じ。
というかこちらの方が良いと思うが、
難しいのはどうやって正確に目的地に
運ぶか? が課題だと思う。

現在はどうなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造血幹細胞だけの取り出し成功、白血病治療期待

造血幹細胞だけの取り出し成功、
白血病治療期待

2011年7月8日09時14分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人間の血液の赤血球や白血球などのもと
になる造血幹細胞だけを取り出し、マウス
に移植して、血液を増やすことに、カナダ
のオンタリオがん研究所などのチームが
成功した。

 白血病治療などへの応用が期待される。
 8日付の米科学誌サイエンスに発表
する。

 人間の造血幹細胞は主に骨髄の中にある
が、造血幹細胞だけを取り出す手法は
なかった。

 このため、血液のがんに当たる白血病の
治療では、新たな造血幹細胞から、がん化
しない血液を作るため、他の細胞を含む
骨髄が移植される。

 研究チームは、造血幹細胞の表面に
表れる糖たんぱく質に着目。
 その一種「CD49f」の細胞1個を
マウスに移植。
 18匹のうち5匹は5か月以上血液を
作り続けたという。
 造血幹細胞だけを取り出し、安全に培養
できるようになれば骨髄移植量が減り、
患者の負担軽減につながる可能性がある。
---------------------------------------

良さそうです。

骨髄移植しようとしても、量が足りず、
出来ないケースが多い。

造血幹細胞だけを取り出し、安全に培養
できるようになれば良いですね。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚染水浄化に鉱山技術活用

汚染水浄化に鉱山技術活用

今朝の朝日新聞に掲載されていた内容
です。紹介しておきます。

---------------------------------------
 京都大の古屋仲秀樹准教授(分離工学)
らが実証したのは、必要な鉱物を分離する
「浮遊選鉱法」の一種。

 鉄やニッケルなどの化合物を汚染水に
入れて、水に溶けたり、微粒子になって
漂ったりしているセシウムなどの
放射性物質を包んで沈める。

 水と分離しやすくする薬剤を加え、
下から泡を入れると、沈んでいた
放射性物質が泡とくっついて浮かぶ。
 上澄みの泡と一緒に集めれば取り
除ける。

 古屋仲さんが京都大原子炉実験所の
研究用原子炉から出た低レベルの
放射性廃液などで試したところ、
セシウム、ストロンチウム、
ジルコニウムなど5種類の放射性物質を
99%以上除去できた。

 一連の処理は十数分で済むという。

 福島第一原発で使われている浄化装置に
比べ、除去後に生じる放射性廃棄物の量が
少ないという。
京都大が14日に東京で開くシンポジウムで
発表する。

「古屋仲さんは今すぐにでも使える技術」
という。
---------------------------------------

良さそうな技術ではないですか?

現在の処理装置が順調に稼働している
のならいざしらず、トラブル続き、
しかもえらく時間もお金もかかる。

状況は変わる、より良い技術があるなら
直ぐに検証し、実施に移すべきです。

他にもいろいろ技術、アイデアがでている。
真剣に検討しているのでしょうか?

使用する時間とお金は最小にすべきです。
使っているお金は国民から出ている。
出て来た汚染物質の処理場所、方法も
明確にしていない。
全くひどい話です。
しっかりやってください。
時間がかかれば、漏れ出す量も多くなる。
わかっていますよね。

関連記事です。
1.「放射性物質を吸着・除去できる繊維
 2011年7月 6日 日経ビジネスONLINE

2.化学者が「福島原発の汚染水を浄化
 できる粉末を開発」

2011/4/22 WSJ日本版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple、1,500万台のiPhone 5を発注か

Apple、1,500万台のiPhone 5を発注か
2011年07月07日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 Appleは1,500万台の
iPhone 5(iPhone 4S)の生産を
台湾Pegatron社に発注し、9月に出荷を予定
しているとのこと。

 Pegatronにコンポーネントを納入する
メーカーからの情報として、台湾の
IT情報サイトDIGITIMESが報じた
(DIGITIMESの記事、 Mac Rumorsの記事、
The Washington Postの記事 )。

 情報源のコンポーネントメーカーによる
と、iPhone 5のハードウェアはiPhone 4と
比較して大規模なアップデートはなく、
すでにコンポーネントをPegatronの
上海工場に納入しているそうだ。

 以前のストーリーにもあるように、
iPhone 5についてはさまざまなリーク情報
が出てはいるものの、Appleからの正式な
アナウンスは出ていない。

 iPhone 3Gに対するiPhone 3GSのような
位置づけで、名称は「iPhone 4S」になる
のではないかという見方もある。

 DIGITIMESはメーカーへの取材をもとに
Appleの新製品情報をいち早く報じており、
Mac RumorsやWashington Postでは今回の
情報についても一定の信ぴょう性があると
見ているようだ。

 一方、ライバルSamsungは4月に発売した
GALAXY S IIの販売台数が、米国での発売
を待たずに300万台を突破したと発表した。

 発売から85日間で300万台に達した
GALAXY Sよりも、30日間速い記録になる
とのことだ
(ニュースリリース、 ITmediaの記事)。
---------------------------------------

具体的になってきましたね。
今年中には多分iPhone 4Sがでるはず。

その4Sにソニー製の「800万画素」のカメラ
が搭載されるかどうかは不明、
CPUがDualになるかどうかも不明。
はっきりして貰いたいものです。

こういう記事もあります。
9月下旬に Apple が2種類の
新型 iPhone をリリースか?!

私は、ホントの意味でのiPhone 5は
来年だと思う。
GALAXY S IIを意識して早くそれなりの
ものを投入したいということだと、

ご参考です。
それにしてもGALAXY S II頑張ってます。
CPUはDual。ただ解像度がちょっと低い
のが残念。
Retinaディスプレイは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

WiMAX2はやすぎる! フィールドテストで下り最大150Mbpsを達成

WiMAX2はやすぎる!
フィールドテストで下り最大150Mbpsを達成

2011.07.06 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「WiMAX2」は、現在サービス中の
モバイルブロードバンドを提供している
インターネット回線サービス「WiMAX」を
さらにパワーアップさせたもの。
 最近だとガチャピンとムックが100万契約
突破のCMをやっていますね。

 そのWiMAX2の特徴は、下り最大330Mbps、
上り最大110Mbpsの高速回線。
 今の固定回線ですら100Mbpsが一般的
なのに、このスピードを持ち出して
使えるんですから...ほんとすごい時代に
なったもんですね。

 その回線速度がこちら。
 下りスピードが150Mbpsも
出ちゃってる...!!
 下りは最大330Mbpsなので、おおよそ
半分の実測値ですね。

 今回はテスト用の20MHzシステムを
使っているので、この数値に落ち着いて
いますが、40MHzを利用することで
下り最大330Mbpsを実現するそうです。

 そのWiMAX2は、2012年以降に
正式サービスが開始されるようで、
もちろん後方互換を備えているため、
WiMAXの既存製品もWiMAX2の基地局に
接続できますよ。

サービスインが楽しみだ!
---------------------------------------

確かに「ほんとすごい時代になったもん」
です。

性能は十分だと思いますので、
是非、サービスエリアを広くしてください。

折角あっても使えないのでは意味がない。

光より安くて良いと思うのに、
現在住んでいるところでは使えない。

サービスエリアからちょっと外れている
のです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖鎖の迅速プロファイリング技術でiPS細胞を精密評価

糖鎖の迅速プロファイリング技術で
iPS細胞を精密評価

2011年6月22日 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)糖鎖医工学研究センター
【研究センター長 成松 久】平林 淳
副研究センター長とレクチン応用開発チーム
【研究チーム長 平林 淳】舘野 浩章 研究員
は、糖鎖プロファイリング技術により、
初期化遺伝子の導入によってiPS細胞が作製
される際に全遺伝子の発現パターンが
「リプログラミング」されるだけでなく、
iPS細胞表面の糖鎖構造も同時に
「リプログラミング」されることを
発見した。

 糖鎖は発生段階や環境の変化によって
鋭敏に変化するため、iPS細胞など幹細胞の
未分化性の維持と糖鎖構造には関係がある
と予想される。

 そこで、起源の異なる親細胞から作製
されたiPS細胞を、レクチンマイクロアレイ
を用いた糖鎖プロファイリング技術で
調べた結果、iPS細胞とES細胞には共通した
新規糖鎖マーカーがあること、iPS細胞表面
の糖鎖構造が「リプログラミング」される
こと、iPS細胞を作製する際に用いる
マウス由来のフィーダー細胞の混入を検出
できるレクチンがあることを発見した。

 これらは、糖鎖プロファイリング技術
による各種幹細胞の品質、安全評価が可能
であり、再生医療などの実用化に寄与
できると期待される。

 本成果の詳細は、米国生化学分子生物学
会誌Journal of Biological Chemistry
2011年6月号に掲載される
(4月6日に電子版に掲載された)。
---------------------------------------

糖鎖は「細胞の顔」だそうで、その顔の
解析が出来るようになった。
素晴らしいことですね。

その結果
>糖鎖プロファイリング技術による
>各種幹細胞の品質、安全評価が可能であり、
>再生医療などの実用化に寄与できると
>期待される。
とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジスプロシウムを使わない高性能な等方性焼結磁石

ジスプロシウムを使わない高性能な
等方性焼結磁石

2011年7月6日 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
ポイント
・サマリウム-鉄-窒素系磁石粉末を
 パルス通電焼結法により低温で高密度に焼結
・磁石の性能の指標である最大エネルギー積が
 等方性の磁石として最高レベル
・材料特性の改善や結晶制御を行うことで
 さらなる高性能化に期待

概要
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)サステナブルマテリアル研究部門
【研究部門長 中村 守】相制御材料研究
グループ 尾崎 公洋 研究グループ長、
高木 健太 研究員は、重希土類元素である
ジスプロシウム(Dy)を含まない
等方性サマリウム-鉄-窒素(Sm-Fe-N)系
磁石粉末を90%以上の高い相対密度で焼結
する技術を開発した。

 Sm-Fe-N系磁石粉末はネオジム-鉄-ホウ素
(Nd-Fe-B)系磁石に次ぐ高い磁石特性を
もつ材料で、Dyを使用しない高性能磁石材料
として期待されている。

 しかし、焼結性が悪いために磁石粉末を
樹脂などで固めたボンド磁石だけが製品化
されている。

 今回、等方性Sm-Fe-N系磁石の粉末を
サーボプレスによる荷重制御とパルス電流
を流して焼結するパルス通電焼結法を
組み合わせて焼結することによって、
400 ℃以下の焼結温度で相対密度90%以上
の緻密な焼結体を作製することができた。

 磁石の性能の指標である最大エネルギー積
は129 kJ/m3(16.2 MGOe)と、等方性の
磁石としては最高レベルであった。

 この高性能等方性磁石は樹脂を使用しない
焼結体であり、Nd-Fe-B系磁石より耐熱性や
耐酸化性に優れていることから、
高温・多湿の環境下での使用も期待される。

 なお、本研究は、独立行政法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
の「希少金属代替材料開発プロジェクト・
Nd-Fe-B系磁石を代替する新規永久磁石の
研究」(平成21年度~22年度)において
行われたものである。
---------------------------------------

希少金属を使用しない高性能磁石の研究
少しずつ進んでいるようです。

もう少しですね。
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマータイム制は節電にならない? 産総研がシミュレーション結果を発表

サマータイム制は節電にならない?
産総研がシミュレーション結果を発表

2011年07月06日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 夏期における電力不足対策としての節電
が叫ばれる中、産業総合研究所(産総研)が
さまざまな節電対策についてその実効効果を
検証すべくシミュレーションを行い、
その結果を公開している(産総研の評価書
・レポート内「節電」ページ)。

 ここでは、計画停電や打ち水、室温見直し
や日射遮蔽といったさまざまな対策について
シミュレーションに基づき効果を検証して
いるのだが、たとえば計画停電は10%程度
の節電効果しかない、大規模な散水は
あまり節電効果が無い、またサマータイムは
逆に電力消費を増大させる可能性がある、
といった結果が得られたそうだ。

 たとえばサマータイムでは人々が早く帰宅
するため家庭でのエアコン等電力消費が
増える、また計画停電は停電終了後の
電力消費が増える、といった問題がある
という。
---------------------------------------

なるほどね。

このページを見ると
夏季における計画停電の影響と空調
(エアコン)節電対策の効果(速報)

我々家庭で言えば、
(4)空調節電対策すべて(窓日射遮蔽+
  通風換気+空調設定温度見直し)を
  実施すれば、家庭では15%減を達成
  できます。

とのことです。
エアコンの温度は28℃だそうです。
参考になりそうです。

大事なのはピーク電力の削減なの
だから、

「危ないのは、何時~何時までなので、
その間は15%減に心がけてください」
とか具体的に指示してもらいたい。

必要の無い時間帯まで無理して
エアコンの使用を控えるなどで
熱中症になり、死亡などというのは
とんでもない話。

老人は特にインタネットとは無縁な
人が多いのだから、具体的な情報を
テレビとかラジオで流して欲しい。

インタネットで公開しているからそれで
良いなどと考えているのはおかしい。

情報公開不足ではないでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沿岸部の原発に迫る別の危険...クラゲ発生でも原子炉停止に追い込まれる!

沿岸部の原発に迫る別の危険...
クラゲ発生でも原子炉停止に追い込まれる!

2011.07.07 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 地震や津波に加え、川の氾濫でも脆さを
露呈している原子力発電所ですが、この夏
の時期には沿岸部の施設だとクラゲの
大量発生にも用心しないといけない
そうですよ。

 例えば、スコットランド東部のトーネス
原子力発電所では、先月末にクラゲが原因
で2基の原子炉を緊急停止せざるを得ない
事態に追い込まれてしまいました。
 原子炉の冷却に不可欠な海水を取り入れる
ためのフィルターに大量発生したクラゲが
詰まってしまったのが原因とのことでして、
職員がクラゲの駆除に追われていますよ。

 英原子力規制局の発表では、定められた
手順通りの対応が適切に取られたため、
幸い何も危険な事態には至っていないん
だとか。
---------------------------------------

日本でもありそうな話ですね。
地球温暖化でくらげの大発生が、とか
言われていますし、

コストは高くつくのかもしれませんが、
空冷の方がより安全なのかも?

安全にはお金がかかる。
お金をけちるとろくなことがない!

今の原発はそうなっていませんか?

「そんなことまで考えていたら
原発なんてできませんよ!」
と誰かがいっていませんでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立 ~燃料生産能力が最も高い藻の開発に成功、実用化を目指す~

藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立
~燃料生産能力が最も高い藻の開発に成功、
実用化を目指す~

2011年7月7日 IHIプレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 株式会社IHI(以下、IHI)と
有限会社ジーン・アンド・ジーン
テクノロジー(以下、G&GT)および
株式会社ネオ・モルガン研究所
(以下、NML)は、IHI NeoG 
Algae
(アイエイチアイ ネオジー アルジ)
合同会社を設立し、藻類バイオ燃料事業に
関する技術開発を共同で実施することに
合意いたしました。
 なお、会社設立は平成23年8月上旬を
予定しており、IHIは本事業の推進の
ため、当初2年間で4億円の投資を行います。

 このたび、神戸大学発ベンチャーの
G&GTが、現時点で明らかになっている
藻類の中で、燃料生産能力が最も高い藻
(以下、榎本藻(えのもとも))の保有を
明らかにしました。

 榎本藻は国内で発見された特殊な藻を
ベースに、G&GTの顧問である榎本 平
教授の指導のもとで、独自の品種改良を
重ねて、燃料生産に適した性質を持つように
開発された藻です。

 さらに、G&GTは榎本藻(えのもとも)の
性能を最大限に発揮できる培養法の開発
にも成功しました。

 榎本藻(えのもとも)は、燃料を生産する
緑藻(りょくそう)であるボツリオコッカス
の一種となりますが、一般的な
ボツリオコッカスに比較して一ヶ月間で
約1000倍の量に増殖します。
 また雑菌等の他の生物が混在する環境
でも培養が可能となる堅牢性を有している
だけでなく、生産する燃料は重油に相当する
高い品質であることが確認されています。

 IHI NeoG Algae 代表
藤田 朋宏は、次のように述べております。

 「藻類バイオ燃料に対する期待と投資が
世界中で高まっています。
 我々は、食糧を燃料に変換する方式
ではなく、太陽のエネルギーで二酸化炭素
を燃料に変換する光合成によって、食糧を
使わなくても高速で増殖する榎本藻
(えのもとも)を用います。
 プロジェクトを推進するために、
世界トップクラスのプラント技術を保有する
企業と世界で活躍するバイオテクノロジーの
ベンチャー企業が一つの器でゴールを目指す
体制を整えることができました。
---------------------------------------

2014年にも燃料の試作品を販売する計画
らしい。

>2020年までにはコストを
>10分の1以下に下げ、ジェット機向け
>の燃料などとして販売したい
とのことです。

頑張って欲しい。

こちらのものとは違うようです。
日本を産油国にする「藻」

こちらはボトリオコッカス・ブラウニー
ではなくて、オーランチオキトリウム
という藻です。

榎本藻が本当に一般的な
ボツリオコッカスに比較して一ヶ月間で
約1000倍の量に増殖します。
ということであれば、こちらの方が
生産効率は高いのかもしれない?

競争激しいですね。
どちらも頑張ってください。

>日本発の技術を磨きあげ、日本経済の
>為に貢献するだけでなく、数十年、
>数百年先を見据えて地球環境を守り改善
>することを目標にし、今後世界を変える
>ための技術を作り上げていきます。
という意味では同じですから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製する方法の開発に成功

マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製
する方法の開発に成功

平成23年6月30日
九州大学
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 九州大学生体防御医学研究所の鈴木 淳史
准教授らは、マウスの皮膚細胞に
遺伝子導入と適切な培養環境を提供する
ことで、皮膚細胞から機能的な肝細胞を
直接作製することに成功しました。

 本成果は、ヒト皮膚細胞からの肝細胞
作製とその臨床応用や創薬研究への展開に
繋がる成果です。

 なお、本研究は、科学技術振興機構
(JST) 戦略的創造研究推進事業
個人型研究(さきがけ)の一環として
行われ、本研究成果は、
2011年6月29日(英国時間)に
英国科学雑誌「Nature」の
オンライン速報版で公開されます。
---------------------------------------

「ダイレクトリプログラミング」
思っていたよりいろいろな細胞を作成する
ことが出来るようです。

再生医療などには、こちらの方が
臨床に近いかも知れません。

期待しましょう。

>本研究成果は、ヒトiHep細胞の作製
>に向けた基盤科学となり、
>iHep細胞を用いた細胞移植や
>人工肝臓、創薬研究への応用が期待
>できます。
とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPS細胞の作製効率50倍に 米ミネソタ大准教授ら

iPS細胞の作製効率50倍に
米ミネソタ大准教授ら

2011年7月6日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトやマウスのiPS(人工多能性幹)
細胞を作る効率を50倍以上、高めること
に、米ミネソタ大の桔梗(ききょう)
伸明准教授らが成功した。

 筋肉の細胞を作る遺伝子の一部を
使った。

 米専門誌ステムセルズに6日発表した。

 桔梗さんらは、iPS細胞作製に必要な
遺伝子(Oct3/4)の配列に、筋肉の
細胞を作る時に働く「MyoD」という
遺伝子の一部をくっつけて、皮膚の細胞に
組みこんだ。

 従来、約2週間かかった作製日数が
5日に短縮されたほか、ヒトの
iPS細胞の作製効率が約0.3%と、
従来法の50倍にアップした。

 MyoDは、皮膚の細胞を筋肉の細胞に
変化させることもできる。
 多数の遺伝子を働かせる強力な「親玉」
のような遺伝子だ。
---------------------------------------

面白いです。

でも、作成効率はまだ
>iPS細胞の作製効率が約0.3%
程度なんですね。これで今までの50倍

意外に低い。

こちらは作成効率という意味では
どうなのでょう?
安全、高効率にiPS細胞を作製
マウスで100%と京大

より安全で高効率のような気がしますが?

と言っても、目的は治療に役立てること。
大切なのは安全、人を救うことです。

作成効率はかなり低い、だからこういう
装置が威力を発揮する。
iPS、1~2時間で精製…
レーザーで不要細胞除去

研究活発ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化防止に微生物

今日の朝日新聞に一酸化二窒素(N2O)
を分解する微生物の分離培養に成功したと
言うニュースがありました。

良いことですね。
温室効果ガスとしてはCO2が
良く出て来ますが、N2Oもそうなのです。
京都議定書で規定されている削減対象
効果ガスは6種類あってその1つです。
CO2の約200倍の温室効果があるそうです。

関連ページを紹介しておきます。
一酸化二窒素 (N2O)
見てください。

こういう動きがあります。
論文の紹介: 地球環境変動に対する
微生物の応答と温室効果ガス放出の
低減方策

2011年2月1日
独立行政法人農業環境技術研究所

>この論文では、現在めざましく発展して
>いる新しい分子生物学的手法により、
>培養不可能な微生物の多様性とその
>代謝機能の解析が可能となり、そうした
>解析を通じて、気候変動に応じて
>微生物が示すフィードバック応答への
>理解が進むことで、微生物を用いた
>気候変動の制御が可能になるだろうと
>述べている。

「微生物は目に見えないかもしれないが、
われわれは微生物のことを考えないわけ
にはいかない。」
と言っています。

良いアプローチだと思います。
是非積極的に進めて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

多発性硬化症に意外な治療薬

多発性硬化症に意外な治療薬
May 20, 2011. メディエイゴ

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免疫抑制剤「アザニン錠」、リウマチにも効果ありと承認――田辺三菱製薬

 免疫抑制剤「アザニン錠」、リウマチ
にも効果ありと承認――田辺三菱製薬

2011-6-20 ケアマネジメントオンライン

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多発性硬化症治療ガイドライン2010

多発性硬化症治療ガイドライン2010

ご紹介です。
ガイドライン2010が改訂されたよう
です。
B5・頁168 定価5,250円(税5%込)
医学書院

高いですね。

-----
今回の改訂では新薬の追加はほとんど
ない。欧米ではナタリズマブ,
フィンゴリモド,リツキシマブなどが
認可されMSの再発は著しく減少し病気の
長期予後は改善している。
わが国でも治験が行われており,
これらの薬が使用可能になる日もそう
遠くないと思われ,このガイドラインの
見直しが近く必要となろう。
-----
と言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質を吸着・除去できる繊維

放射性物質を吸着・除去できる繊維
原発事故でも有効、「作業員用マスク」
への応用も

2011年7月4日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 現在、福島第一原子力発電所では、
原子炉を冷却する過程で大量に発生した
汚染水の浄化処理が一刻を争う状況と
なっている。

 日々増え続ける汚染水を浄化して、
それを原子炉の冷却に使おうと、現在、
「循環注水冷却」システムが導入され、
稼動を開始している。

 しかし、同システムは、運転稼働率の
低さもさることながら、汚染水の浄化後、
大量の放射性廃棄物が残されるという
問題を抱えている。

 そこで注目したいのが、環境浄化研究所
の須郷高信社長が開発した海水中のヨウ素
を高効率で吸着できる繊維である。
 同繊維であれば、ヨウ素だけを固体で
回収できるので、放射性廃棄物の量を大幅
に削減できる上、大規模な装置も不要だ。

 吸着速度も速い。
 さらに、須郷氏は、セシウムを高効率で
吸着できる繊維、さらに、ストロンチウム
を高効率で吸着できる繊維も開発中だ。
---------------------------------------

詳細はリンクを参照して頂くとして
なかなか良さそうです。

>「1日に1200トンの汚染水を処理する
>場合、このシステムでは、毎日400トン
>の放射性廃棄物が発生するのではないか
>と見ている」と須郷氏は語る。

>須郷氏の試算に基づけば、3カ月間で
>3万6000トン以上の放射性廃棄物が発生
>する計算になる。

>しかし、現在、この放射性廃棄物の
>処理方法について、日本政府や
>東京電力から明確な方針は示されて
>いない。
福島第一原発の敷地内に置き場所を確保
するのだと思います。

上記の記事から見ると、ヨウ素は固体
として回収可能。

その他の放射性核種を吸収できる繊維の
開発はいつ頃完成するのでしょうか?

今回の事故の収束期間中に間に合うので
しょうか?
もし、間に合えば、放射性廃棄物の量は
少ない方が良いわけだから、是非使用
したい。政府に働きかけて欲しい。

汚染水の処理費用は明確に出ていない
ようですが、Jcastテレビウオッチ
によれば、

>原発担当ディレクター山根高文山根が
>水処理の費用に触れた。
>セシウムの処理に水1リットルあたり
>10万円から数十万円。
>1万トンなら1兆円。
>メルトダウンなら他の金属もあるし塩分
>もある。
>「水処理は何兆円という金になる」
>という。それでもきれいになるわけ
>ではない。
いったいいくらかかるのかな?

事故の賠償金もあるし、恐ろしい金額
だと思うけれど、その話が聞こえて
こない。
まさか国民に回ってこないでしょうね?
原子力損害賠償支援機構法がまだ国会を
通っていないので、なんともさだかでは
ありませんが、結局負担金=電気料金
となりそうな気がしてならない。

----------
 「負担金」の設定基準が、
「事業の利用者に著しい負担を及ぼす
おそれのないもの」とされていること
からすれば、電気料金へ転嫁され得る
ものであることを前提にしていると
思います。
 実際、「負担金」は、原子力事業の
危険に対応する保険の保険料としての
性格を帯びるので、当然に、
原子力発電費用に含まれる、従って、
電気料金に転嫁できる前提だと思います。
まさに「国民負担」です。
----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DNAのメチル化は分裂した嬢細胞にも伝わる、エピジェネティックスの変化が抗がん剤の有力な標的に

DNAのメチル化は分裂した嬢細胞にも
伝わる、エピジェネティックスの変化が
抗がん剤の有力な標的に

2011年07月04日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 かつて、獲得形質は遺伝するか?
 という論争が繰り広げられました。
 ラマルクの獲得形質は遺伝するという説
に対して、その反論が結局は勝利を収めた
のです。

 私たちが学んだ教科書でもキリンの首が
長いのは、上方にある葉っぱを食べる
ために獲得された形質が遺伝した訳では
なく、ランダムな突然変異によって生じた
首の長いキリンが、長い時間を経た
生存競争により、子孫を残したと解釈
されていました。

 しかし、最近ではこの考え方に異論が
出始めました。
 獲得形質は遺伝するのではないか?
 少なくとも、子孫の遺伝はともかく、
細胞が環境情報を獲得して、ゲノムや
染色体構造に化学的修飾が施され、嬢細胞
にその化学修飾情報は遺伝する。
 最小限、DNAのメチル化が分裂した
嬢細胞にも伝わることは確実です。

 こうしたエピジェネティックスの変化
が、抗がん剤の有力な標的となる。

 これも少なくとも、骨髄異形成という
全がん状態の難病の治療薬として、DNAの
メチル化阻害剤は商業化されています。

 今後の挑戦は抗がん剤として、
DNAメチル化阻害剤が有効なのかの検証
です。
 エーザイはDNAメチル化阻害剤
「DACOGEN」を、急性骨髄性白血病薬
として臨床試験中で、フェーズ3臨床試験
のデータを、6月の米国臨床腫瘍学会で
発表、プライマリーエンドポイントの
全生存率で、既存の支持療法と統計的な
有意差を得れらませんでしたが、1年後の
フォローアップで全生存期間を2.7か月
延長、支持療法と統計的な有意な生存期間
の延長を記録しました。

 最初の臨床試験の設計に問題があった
模様ですが、同社が対象とする高齢者の
急性骨髄性白血病には有効な治療薬が
なく、エーザイは今回の臨床試験成績を
基に、近く米国で抗がん剤として
適応拡大申請する姿勢です。

 今年は1月に日本新薬がDNAメチル化阻害剤
「ビダーザ」を骨髄異形成症候群の治療薬
として販売認可を得ております。

 7月1日にはMSDがヒストン・
デアセチラーゼ(HDAC)阻害剤という
もう一つのエピジェネティックス新薬を、
わが国でも皮膚T細胞リンパ腫の治療薬
として販売認可を得ています。

 5年以上、米国からは遅れていますが、
我が国でもエピジェネティック創薬の
実用化期に入ったと考えています。

 エーザイは、今年3月11Hいに
米Epizyme社から導入したEZH2ヒストン
メチルトランスフェラーゼの阻害剤が
第二世代のエピジェネティックス新薬と
なると考えています。

 より特異性が高く、がん発生に深く
かかわっているエピジェネティックス関連
分子が、間違いなく次世代の新薬開発の
標的分子になると私も思っております。

 同社の臨床試験結果は大いに注目
しなくてはなりません。

 この他、プロテアソーム阻害剤と
HTAC阻害剤などの併用試験も進んでおり、
作用機構の異なる抗がん剤の併用療法の
開発にも、エピジェネティックス新薬が
ベースとなる可能性が出てきたと考えて
おります。

 がんも必死に生き延びようとしています。
 人間もあの手この手でがん撲滅を
図らなくてはならないのです。
 まさに、総力戦です。
---------------------------------------

難しいです。
>がん発生に深くかかわっている
>エピジェネティックス関連分子が、
>間違いなく次世代の新薬開発の
>標的分子になる

すごく単純化して言うと、

正常細胞ががん化するということは、
正常細胞が変異する
→DNAメチル化異常がおこりそれが
 がん抑制遺伝子を不活性化させる

そうだとすれば、
エピジェネティック異常を取り除くこと
でがん抑制遺伝子を再活性化させ
ガン化を防ぐ。

参考情報
国立がん研究センター
エピゲノム研究グループ
エピゲノム解析分野

を見て下さい。
・エピジェネティクスとは?
・DNAメチル化異常のがん診断・治療・
 予防の応用
などへのリンクがあります。

>がんでは非常に多数の遺伝子が
>DNAメチル化により不活化されている
>ことがわかってきた。
とのことですので、上記以外にも
いろいろなアプローチがありそうです。

>がんも必死に生き延びようと
>しています。
>人間もあの手この手でがん撲滅を
>図らなくてはならないのです。
ということですね。

分子標的薬とは違ったアプローチのよう
です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁界で電子の波の挙動をコントロール、高密度な記録媒体の実現へ向けた新理論

磁界で電子の波の挙動をコントロール、
高密度な記録媒体の実現へ向けた新理論

2011年07月04日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本経済新聞の記事
容量無限のハードディスクへ道 九工大
など新現象発見
」によると、九州工業大学
の岸根順一郎准教授が、HDDなどの磁気記録
媒体の情報量を大幅に増やせる可能性がある
新しい物理現象を理論的に予言したそうだ
九州工業大学のプレスリリースPDF
Physical Review Letters誌掲載論文)。

 「カイラル磁性体」と呼ばれる磁性体
がある特定の状態になっているとき、
そこにかける磁界を変化させることで
電子の動きを制御できる、という現象
だそうだ。

 日経新聞では「容量無限」とあるが、
厳密には1つの素子で複数ビットの状態を
記録できる、というものだと思われる。
---------------------------------------

無限は言い過ぎですね。
>1つの素子で複数ビットの状態を記録
>できる
ということらしい。

九州工業大学のプレスリリースによると
>2007 年度のノーベル物理学賞の対象と
>なった巨大磁気抵抗効果とは全く異なる
>作動原理によるものであり,今後の進展
>が期待されています
と言っています。期待したい。

スピントロニクス技術による
不揮発エレクトロニクスの創成
- 究極のグリーンIT機器の実現に
向けて -
」(受付 May 11, 2009)
という論文がありますが、
この時点で言っているものとは
全くことなる作動原理を発見したと
いうことらしいです。

もう少しやさしく、
今までできなかったこんなことが
出来るようになったと、
言って貰えるとわかりやすいのですが、
難しいです。

最近いろいろな発表がありますので、
スピントロニクス技術はかなり進んで
来たようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

あらゆる物質で利用可能な新たなスピン流注入手法を発見

あらゆる物質で利用可能な新たな
スピン流注入手法を発見
- 次世代の省エネルギーデバイス
開発に向けて大きな進展 -

2011年6月27日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学金属材料研究所の安藤和也助教、
齊藤英治教授、独立行政法人日本原子力
研究開発機構先端基礎研究センターの
前川禎通センター長らは、あらゆる物質へ
応用可能な新たなスピン流注入手法を発見
しました。

 近年、電子の電気的性質の流れである
電流の代わりに、電子の磁気的性質の流れ
「スピン流」を利用するスピントロニクス
が次世代の省エネルギー電子情報技術
として期待されています。

 量子コンピュータや超低消費電力情報
処理デバイスといった、スピンを利用した
次世代電子デバイスを実現するためには、
あらゆる物質に利用できる汎用的な
スピン流の注入方法を確立することが
最重要課題です。

 しかしスピン流を作り出すことは容易
ではなく、これまで物理的な制限から
非常に限定された物質にしかスピン流を
注入をすることはできませんでした。

 今回、安藤助教らは磁気のダイナミクス
を利用することで、上記制限を一切
受けない極めて汎用的なスピン流注入手法
を発見しました。
 さらにこの方法は電界により制御可能
であることを明らかにし、これにより
従来用いられてきた方法の1000倍以上
のスピン流を作り出すことに成功しました。

 本研究成果によって、金属だけでなく
半導体・有機物・高温超伝導体といった
あらゆる物質への高効率なスピン流注入が
容易に可能となり、スピントロニクス
デバイス設計の自由度が大きく拡大される
ことで、環境負荷の極めて小さい
次世代省エネルギー電子技術への貢献が
期待されます。
----------------------------------

素晴らしそうですね。
この辺の技術の実際の応用例が
下記の発表ということなのかな?

待機電力ゼロの電子機器実現に向けて
「世界初 電子の電荷とスピンを利用した
低電力システムLSIの開発・実証」
について

「スピントロニクス」
これからの技術です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの「死の刻印」を距離で識別

2つの「死の刻印」を距離で識別
01 July 2011
RIKEN Research Highlights

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 巨大な酵素複合体であるプロテアソーム
は、細胞の「ごみ処理システム」であり、
不要なタンパク質を分解・除去している。

 このシステムの機能には、細胞内に存在
するさまざまなタンパク質の中から、
除去すべき個々の標的の識別が必要である。

 それには、「死の刻印」が押された分子
を適切にとらえることが非常に重要となる。

Low_4848
図1: ユビキチン鎖(緑色)のタグの付いた
細胞内タンパク質(黄色)が分解される
ためには、タグと開始領域(赤色)が
十分近接していなければならない(左)。
この距離(オレンジ色)が大きすぎると、
分解効率は極めて低くなる(右)。
---------------------------------------

難しいですが、この辺の研究は活発に
行われているようです。

「死の刻印」は一体どこがつけるので
しょうか?
小胞体品質管理機構なんでしょうか?

関連リンクはいろいろありそうですが、
ひとつだけあげるとすると、
京都産業大学 総合生命科学部
永田研究室

あたりかな?

その中で、
>このように分子シャペロン/
>ストレス蛋白質は、蛋白質の高次構造
>の制御に関わることから、近年、多くの
>神経変性疾患に関与する
>ポリグルタミンリピートをもった病態や、
>プリオン病などへの研究の進展が著しく、
>それら病態の制御という観点からも
>大きな注目を集めている。
と言っています。

この辺の応用が新しい治療法として
出始めているようです。

これがその一つです。
ハンチントン病の新しい遺伝子治療に、
モデルマウスで初めて成功

2010年3月 1日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルツハイマー病:理研、新原因のたんぱく質を特定

アルツハイマー病:理研、新原因の
たんぱく質を特定

毎日新聞 2011年7月4日 東京朝刊

---------------------------------------
 アルツハイマー病の原因物質と
考えられているたんぱく質
「アミロイドベータ(Aβ)」のうち、
これまであまり注目されていなかった
「Aβ43」が、アルツハイマー病の
大きな原因となっていることを、
理化学研究所などのチームが突き止め、
ネイチャーニューロサイエンス(電子版)
に4日発表した。

 新たな治療戦略や診断法の開発に役立つ
可能性があるという。

 従来、Aβ42と呼ばれるタイプが、
アルツハイマー病の主原因と考えられて
いた。

 チームは亡くなった患者の脳を調べた
ところ、Aβ43の量がAβ42の半分
近くあり、アルツハイマー病の特徴である
アミロイド斑(老人斑)の部位に集中的に
存在していた。

 また、マウスの神経細胞に各種のAβを
加えて経過を見たところ、Aβ43を
加えた細胞の生存率は大幅に低く、毒性が
強いことも分かった。

 Aβ43は他のタイプよりアミノ酸の数
が多い。

 これまでの臨床実験はAβ42に注目
したもので、目立った成功例はなかった
という。

 チームの西道隆臣・同研究所チーム
リーダーは「42だけでなく43の産生を
抑えるなど新たな治療戦略が必要と
分かった。
 43は加齢によって顕著に増えること
も確認されたので、早期診断に役立ち
そうだ」と話している。【永山悦子】
---------------------------------------

最近アルツハイマー病に関していろいろ
新しい発見がありますね。

理研のプレスリリースによると
>これまで見過ごされてきたアミノ酸残基
>が43個からなるAβ亜種「Aβ43」が、
>Aβ40よりも高頻度で存在していることを
>突き止め、アルツハイマー病の強力な
>病態促進因子であることを発見しました。
と言っています。

>新たな治療法や診断法の開発につながる
>と期待できます。
期待しましょう。

Aβ43をターゲットとしたワクチンが有効
ということかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半導体の1千倍…ガ使った高感度においセンサー

半導体の1千倍…
ガ使った高感度においセンサー

2011年7月3日11時25分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 昆虫のカイコガを高感度のにおい
センサーに利用することに、東京大の
桜井健志・特任助教(生命知能システム)
らが成功した。

 半導体などを使った従来のセンサーに
比べて、1000倍近い感度があり、
爆発物の探索や病気の早期発見などに
役立つと期待される。

 米科学誌「プロスジェネティクス」に
1日発表した。

 研究チームは、カイコガのメスが出す
極微量の性フェロモンに反応して、同種の
オスが性行動を起こすことに着目。

 遺伝子組み換え技術を使って、触角
にある性フェロモンを感知する細胞に、
別種のガの性ホルモンを識別する
たんぱく質を導入したところ、別種の
ガのメスに反応して、性行動を起こすこと
がわかった。

 性フェロモンも、通常のにおいも、識別
するたんぱく質の構造は似ている。
 様々なにおいを識別するたんぱく質を
同じように導入すれば、数キロ・メートル
離れたメスの位置も特定できるカイコガを、
高感度なセンサーとして利用できるという。
---------------------------------------

生き物って凄い能力を持ってますね。
動物も植物も、

今回のセンサーもそうですけど、
日本を産油国にする「藻」
とか、
ミドリムシの秘めた力で地球を救いたい
とかね。
すごい力を持っている。

石油を分解する細菌もいる。
植物は新薬の開発に役立っているし、
すごいです。

こういう方向の研究も悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋海底に大量レアアース 陸地の800倍、東大発表

太平洋海底に大量レアアース
陸地の800倍、東大発表

2011年7月4日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Tky201107030439
レアアースを多く含む泥の分布
(試料の分析での判明分)

 ハイテク製品に欠かせないレアアース
(希土類)が太平洋の広い範囲で海底の
泥の中に大量に存在すると、東京大などの
研究チームが発表した。

 採取や精錬しやすい形で存在していると
みられ、レアアース問題の解決につながる
と期待される。

 4日の英科学誌ネイチャー・
ジオサイエンス(電子版)に掲載される。

 東大の加藤泰浩准教授(地球資源学)ら
によると、レアアースが多く存在すると
見られるのはハワイ付近と仏領タヒチ付近
の計約1100万平方キロを中心とする
広い海域。

 水深3500~6千メートルの海底に
積もった厚さ2~70メートルの泥に
含まれていた。
 主に公海だが、日本の排他的経済水域
(EEZ)にも存在する可能性がある
とみている。

 推定埋蔵量はこれまで知られている陸地
の埋蔵量約1億1千万トンの800倍の
900億トンとみられ、2キロ四方の
埋蔵量で日本の年間需要約3万トンを
満たす計算。
 技術的には、海底の泥を吸い上げるだけ
で採取でき、陸地の鉱床のような
放射性元素をほとんど含まず、利用に
適するという。
 海底で、開発が有望なレアアースの存在
が確認されたのは初めて。
---------------------------------------

素晴らしい発見です。
海底のレアアース探査を実施した
結果が出ましたね。

-------
関連記事です。
海底のレアアース探査、ロボ開発加速へ
 中止から一転
」2010年10月15日
>海底に眠るレアアース(希土類)や
>レアメタル(希少金属)などの資源を
>探る海中ロボットの開発に、文部科学省
>が再着手する。高木義明文科相は
>「こういう機会にスピードをあげたい」
>としており、今国会の補正予算案に
>開発費を盛り込む考えを示した。
>昨年の政権交代以降の予算見直しで
>開発が中止されていたが、中国からの
>事実上の輸入規制でレアアースが
>注目され、一転、加速される見通しだ。

国家戦略は?
資源を中国だけにたよっていてそれで
良いと考える。本当に甘い。
危機管理がなっていない。
-------

公海が主らしいですから、実際に採取
するには国際的な共有財産としての
管理が発生し、いろいろな問題が出て
くる。
とは言え、希望が出て来ました。

レアアース無しでとか、使用を少なく
する方法の開発とかいろいろ実施して
いるようですが、直ぐには解決出来ない。

ここのところのレアアースの高騰ぶりは
異常です。

金融危機もそうだけれど、投機やり放題
ということでいいのでしょうか?
モラルは期待できない。
もうけしか頭に無い。

どうすることもできないものなので
しょうか?

虚業ばかりが大きくなって実害出てます
が?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

プルトニウム:細胞の取り込み過程を解明

プルトニウム:細胞の取り込み過程を解明
毎日新聞 2011年6月28日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------

 有毒な放射性物質プルトニウムが体の
細胞に取り込まれる仕組みを、
米アルゴンヌ国立研究所(イリノイ州)など
のチームが解明した。

 プルトニウムは、福島第1原発事故に
伴い、敷地の内外から検出されている。

 チームは、細胞への取り込みを減らす
道を開くとしているが、同時に完全に除去
することは困難として事故防止が必須と
訴えている。

 米科学誌ネイチャー・ケミカル
バイオロジーに掲載される。

 今回の事故を踏まえ、特殊なエックス線
などを使って調べた。
 その結果、プルトニウムは、2種類の
たんぱく質が橋渡し役になって細胞内に
入っていくことが分かった。

 また、たんぱく質との結合を妨げる物質
を開発すれば、プルトニウムによる被害を
防ぐことになるが、生命活動に必要な鉄の
取り込み経路と似ていることも判明した。

 チームは「(鉄の取り込み影響も懸念
され)完全に防ぐことは現実的でない」
としている。

 プルトニウムは口から体内に入っても
水に溶けにくいため排出されやすいが、
肺などにたまると長時間とどまり、
がん発生が懸念されている。

 通常、プルトニウムは原子炉に閉じ込め
られている。
 しかし、福島第1原発事故では、水素爆発
で建屋外に放出され、敷地内で土壌1キロ
あたり最大0・54ベクレルが検出された。

 東電は「人体に影響のない水準」として
いる。【久野華代】
---------------------------------------

やはり、完全に除去することは困難。
>チームは、細胞への取り込みを減らす
>道を開くとしているが、同時に完全に除去
>することは困難として事故防止が必須と
>訴えている。

事故は防ぎたいが完全に無くすことは
不可能と思う。

放射性核種はいろいろあるが、無毒化する
方法はない。

一度出た汚染物質のコントロールは
出来ないに等しい。

長期に渡って汚染し続ける。
中には、何十万年も存在し続けるものが
ある。

そんなものを人間が扱って良いの
だろうか?

管理しきれないはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Mの新しい医療テープは、はがすの楽々。

3Mの新しい医療テープは、はがすの楽々。
2011.06.20 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
110618silicone_tape

 バンドエイドを剥がす時の痛みが嫌で
ずーーとつけていて皮膚が白くふにゃふにゃ
になってしまった経験ないですか?

 想像してみてください。
 傷口からバンドエイドや医療用テープを
はがす瞬間、毛や皮膚の細胞が一緒に
はがされて行くピリッとする痛み......に、

もうしかめっ面をしなくていいんです!
 そんな無痛を保証する新開発の
シリコンテープの新技術を3Mが発表
しました。

 このテープに使われている独自の
シリコン粘着材は、一般的に医療用テープ
に使用されるアクリレート粘着材とは
皮膚との粘着の仕方が異なり、固定する
力は確保しつつも、テープをはがす際に
デリケートな皮膚を極力痛めずにすみます。

 医療目的だけでなく、スポーツ
トレーナーににも有効そうですね。
 (足首、ひざ、指、手首などの固定に)
それに、万が一誘拐にあっても、やさしい
誘拐犯ならガムテープじゃなくて、
このテープで口をふさいでくれるかも!?
---------------------------------------

良さそうですね。

どの位今の医療テープと違うのか?
実際つかってみないとわかりませんが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実態がわかってきた関東平野の放射能汚染 各地で空間放射線量の測定進む

実態がわかってきた関東平野の放射能汚染
各地で空間放射線量の測定進む

2011年6月24日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ここで紹介する放射能汚染図は、
群馬大学教育学部地学教室の早川由紀夫
教授が、東北・関東の各自治体が観測した
数値を集めたデータをもとにして地図上に表し、
ブログで発表したものである。

 等高線のように見えるエリアは、放射線量
の値を結んだ等値線だ。

 本稿では早川教授の了解を得て地図を
転載する。

 地図を拡大しながら読者もすみずみまで
ご覧いただきたい。

 筆者は各自治体が公表している数値を
見ながら地図を見ているが、慎重に
マッピングされた精緻なものである。
 初めて見る読者も多いと思われる。
 これが汚染の実態なのである。

 関東平野の状況については新聞やテレビ
も先週から今週にかけて断片的に報じて
いるが、数値を書いているだけで要領を
えないし、結論もない。
 新聞を読むのはムダである。

以下省略します。

---------------------------------------

早川教授の纏められた地図は詳細で
見やすく素晴らしい。
こういう情報は真っ先に国が出すべきもの
のはず。
教授のブログへのリンクもありますので
見てください。

いろいろな数値に対する説明があります。
年間20mSv、1μSv/h、年間1mSv

埼玉県川口市の取り組みとして、
「放射線に対する川口市保育所・
幼小中学校(園)における対応指針」
も紹介されています。
参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の「放射能汚染」を調べ続ける科学者・木村真三氏が本誌に登場「この驚くべき調査結果を見よ!」 国は民を見捨てるのか

福島の「放射能汚染」を調べ続ける
科学者・木村真三氏が本誌に登場
「この驚くべき調査結果を見よ!」
国は民を見捨てるのか

2011.07.04 現代ビジネス

詳細は、リンクを参照して下さい。
紹介です。

隠しようのない事実だと思います。
事実は変えられない。

何故実害を受けている国民に知らせない
のか?
わからなければ、避けようがない。

今、国民は不安で仕方なく簡易測定器で
各自が測っている。

こんなことで良いのでしょうか?
相対的な大小はわかっても
絶対値の精度はどうなのか?
ばらばらな測定値が一人歩き
し始める。

専門家が信用出来る測定器できちんと
漏れなく測定しなくてはいけない。

そうしないと、混乱はますます増大する。
そうは思わないのでしょうか?

パニックが起きるから知らせないなどとは
とんでもないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

高効率・量子ドット太陽電池の実現に向けて大きな一歩

高効率・量子ドット太陽電池の実現に
向けて大きな一歩

2011年6月28日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学・流体科学研究所・寒川教授
グループはこの度、蛋白質を用いた
自己組織化による金属微粒子テンプレート
技術と超高精度微細加工技術として
独自に開発した高効率低エネルギー
中性粒子ビーム加工技術とを融合すること
でシリコン(Si)基板上および
ガリウム砒素(GaAs)基板上に
面密度が約1012cm-2で均一でしかも損傷の
ないサブ10nm量子ナノ円盤アレイ構造の
作製に成功し、そのプロセス技術を確立
いたしました。

詳細
---------------------------------------

進歩したようです。
以前投稿した下記記事の続編ということ
ですね。

損傷のないガリウムヒ素量子ドットの
形成に成功

2010年9月23日
科学技術振興機構(JST)
東北大学

今回はプロセス技術を確立いたしました。
と言ってますので、さらに実用化に
近づいたと言うことのようです。

>この結果は、エネルギー変換効率45%以上
>の超高効率量子ドット太陽電池の実用化
>に必要不可欠な特性であり、量子ドット
>太陽電池の実用化に向けて大きな前進と
>なります。
と言ってます。

以前の言い方では、
「太陽電池として60%近くもの高い
エネルギー変換効率が期待され、」
となってましたが、

実際のところはどうなんでしょうか?

シリコン系の太陽電池ではこの辺の技術
がポイントと言うことのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副作用のない鎮痛薬

副作用のない鎮痛薬の合成に成功
2011年06月29日 スゴモリ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 化学者たちが、鎮痛薬として期待される
天然化合物の合成に成功した。
 この化合物は、現在使用されている
鎮痛剤が示すような副作用を持たないかも
知れない。

 pinwheel flower
(学名 Tabernaemontana divaricata)と
呼ばれる低木の花は、古来より中国やタイ、
アユルヴェーダの解熱鎮痛薬として使用
されてきた。

 しかし、この花が持つ有効成分は微量で
あるため、医療への応用について研究する
のが困難であった。

 このほどスクリプス研究所の研究チーム
が、この花の有効成分conolidineを合成する
ことに成功した。

 彼らは、合成したconolidineを用いて
薬理作用の研究を行って、conolidineが
鎮痛作用を持つことを明らかにし、
Nature Chemistryに発表した
(Tarselli, M. A. et al.
Nature Chem. 3, 449-453 (2011))。

 pinwheel flowerは様々なアルカロイドを
含んでいる。
 これらのアルカロイドは炭素からなる
いくつかの環を基礎とする骨格を持ち、
このうちいくつかの化合物は既に鎮痛薬の
候補として研究されている。
 しかしながら、これらはモルヒネと同じく
オピオイドに分類される化合物である。

 オピオイドは依存性があり、さらに吐き気
や呼吸困難などの重大な副作用を持って
いる。しかし、Conolidineはオピオイドとは
異なるため、そのような副作用のない
鎮痛薬として使用できる可能性がある。

 Conolidine分子は2つの鏡像異性体を
持っている。
 この研究チームはその両方を、市販の同じ
分子から合成することに成功した。
 まずかれらはこの市販の試薬を2つの
鏡像体へと変換し、酵素を用いてそれらを
分離した。
 さらにあと8つのステップを経て、
最終生成物を合成した。
 当然、各合成ステップで副生成物が生成
するため、最初の材料が全て目的の化合物
になったわけではないが、最終的には18%
という大変高い収率が得られた。

 研究チームは、conolidineの合成方法を
発見してから初めて、その生物学的効果を
調べるために薬理学者に相談した。
 類似の化合物が鎮痛作用を持つことは
以前から知られてはいたが、天然物からは
充分な量のconolidineを精製できなかった
ため、研究をすることも困難であった。
 ConolidineはT. divaricataの0.100014%
しか含まれていないためだ。

 研究チームは、合成したconolidineを
用いたマウスでの試験において、
conolidineが炎症性痛覚を抑制することを
明らかにした。
 さらには、conolidineの作用機序は
オピオイドとは異なることがわかった。

 モルヒネやその他のオピオイドは、
神経伝達物質であるドパミンの量を増加
させることにより、マウスの動きを制御
している運動中枢の活動を上昇させる。
 この、ドパミンを上昇させるという
作用機序が、オピオイドの依存性に関係
していると考えられている。

 しかし、conolidineは自発運動に影響
しなかったことから、ドパミンの上昇を
引き起こさないことが示唆された。

 conolidineがどのようにして痛みを抑制
するのかを突き止めることが今後の課題で
ある。

 もしconolidineが臨床試験で成功したと
しても、Micalizioらの合成方法が
大量合成に使えるかどうかは調べる必要が
あるだろう。

 しかし、Micalizioは「これはきっと、
良いスタートだと信じている」と言う。
 彼はさらに、この植物から取れる化合物
の中にはconolidine以外にも薬になりうる
ものがあるだろうと考えている。
---------------------------------------

良さそうですね。
副作用のない鎮痛薬ができたら
素晴らしい。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐらつくサロゲートマーカーとしてのpCR、代替となる予後予測のバイオマーカーはまだ見つからず

ぐらつくサロゲートマーカーとしてのpCR、
代替となる予後予測のバイオマーカーは
まだ見つからず

2011/06/29
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 九州がんセンターで乳腺科の増田部長に
お会いしました。
 そこで、乳がんに関しては結構深刻な
混乱が起こっていることを教えていただき
ました。

 このメールでも紹介したことがあるpCR
(病理学的完全寛解)がぐらつき始めた
のです。

 pCRは、乳がん患者に化学療法を行った
後に乳房を切除、5mm毎に切片を作り、
病理学的に生きているがん細胞を顕微鏡で
チェックして、がん細胞の残存が認められ
なかったことを意味しています。

 今までの乳がんの治療では、pCRになれば
その患者さんの5年生存率はかなり高く、
そうでない場合は手術後の化学療法などを
選択する必要があると看做されていました。

 つまりpCRを目的に治療が行われており、
それが達成できれば患者さんの乳がんは
治癒できた、「良かった」と考えられて
いたのです。

 当然のことながら、臨床試験もpCRを
まず目指していました。

 最終的な全生存率を示す
サロゲートマーカー(早期に予測するため
に代替バイオマーカー)だとpCRを認識して
いたためです。

 それが悲観的に言えば半数以上の
乳がん患者ではpCRが予後を占うことが
できない、楽観的に言えば少なくとも
エストロジェン受容体(ER)陽性、
HER2陽性の患者では予後を予測できない
ということが明らかになったのです。

 まったく科学は残酷です。
 「乳房にがん細胞が病理学的に残って
いないのだから、予後は良いはずだ」
という私たちの常識を破壊してしまい
ました。

 まるで、乳がんの治療は羅針盤を失った
ようなものです。

 pCRでは予後を予測できない患者の
治療効果を示すバイオマーカーの探索が
必要となったのです。

 個の医療の立場から見れば、pCRが有効な
患者群が選別され、それ以外の患者群では
予後予測のバイオマーカーがまだ見つかって
いないということです。

 今後、作用機構が斬新な新薬が出れば
でるほど、患者群の細分化が進むかも
知れません。

 可能ならば、数種の作用機構の異なる
医薬品をとっかえひっかえ使用して、
薬剤耐性の出現による治療薬の枯渇を防ぐ
手立ても必要でしょう。

 どこまでも患者群を細分化して
しまっては、市場メカニズムによる
新薬開発が投資回収できず袋小路に入って
しまう恐れもあります。

 乳がんを克服する新薬のセットとそれに
対応する患者群を同定するバイオマーカー
が、究極の乳がんの治療薬となるでしょう。

 そのためにも、がんの増殖や転移に
関係するシグナル伝達ネットワークに関与
する分子を標的と医薬品の併用療法の開発
は、どうしても必要です。

 しかし、皮肉なことに分子標的薬の
併用療法の臨床試験の成績がpCRが無力な
患者群が存在することを暴いてしまった
のです。

 今月の上旬に米国Chicagoで開催されて
いた米国臨床腫瘍学会(ASCO2011)で、
ドイツの Frankfurt大学の
Gunter von Minckvitz教授のセッションで、
乳がんの増殖に関与する上皮細胞成長因子
受容体2(HER2、ErbB2)のシグナル伝達を
阻害する抗体医薬「ハーセプチン」と
HER2と上皮細胞成長因子受容体(ErbB1)
のチロシンキナーゼを阻害する
「タイケルブ」の乳がんに対する併用療法
の3つのフェーズ2臨床試験の成績が発表
されました。
http://chicago2011.asco.org/ASCODailyNews/HER2Study.aspx

 3つの臨床試験の成績を見る限り、
HER2陽性でER陽性の患者群ではpCR率が
完全寛解率とはいずれも相関していません。

 このセッションではもはやpCRが
予後予測に活用できない患者群の存在を
認め、Fox01、14 pSTAT5、p95HER2など
新しいバイオマーカーを評価していました。

 Minckvitz教授は「併用療法は乳がんの
治療に貢献する可能性がある。
 しかし、今回示されたバイオマーカーは
まだ多数の患者さんで検証する必要がある」
と結論付けました。

 乳がんの新薬臨床試験のプライマリー
エンドポイント(最初の治療評価)である
pCRがぐらついた結果、乳がんの新薬の
臨床試験は漂流しかねない、危機に
曝されています。

 現在、医師に限定して公開中の
「コンセンサスエンジン乳がん」でも、
ASCO2011のトピックスとしてこの問題が、
触れられています。
 7月にこの議論は公開します。
 秋には「pCRの臨床的意味」というテーマ
でじっくり、コンセンサスエンジンで
専門医の議論を進める計画です。
---------------------------------------

乳がんに関して
>pCR(病理学的完全寛解)がぐらつき
>始めた
ようです。

>まったく科学は残酷です。
>「乳房にがん細胞が病理学的に残って
>いないのだから、予後は良いはずだ」
>という私たちの常識を破壊してしまい
>ました。

>悲観的に言えば半数以上の
>乳がん患者ではpCRが予後を占うことが
>できない、楽観的に言えば少なくとも
>エストロジェン受容体(ER)陽性、
>HER2陽性の患者では予後を予測できない
>ということが明らかになったのです。

一口に乳がんと言ってもいろいろな
パターンがあるのだということがわかって
来たということですね。

これからは、さらに細分化が進み、
個の医療とならざるを得ないという
ことでしょう。

人によって症状は同じように見えても、
詳細は異なる。よって治療法も異なると
いう時代に入って来たということのよう
です。

研究が進むことを祈るのみです。

有効な予防法はないのでしょうか?
予防できるのが最良なのですが、

良いバイオマーカーの発見による
早期発見、早期治療のみなのでしょうか?
悩ましいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 2日 (土)

放射線測定 ビキニ契機

放射線測定 ビキニ契機
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で
環境の放射能監視の重要度が増している。
 多くの人が健康への影響を警戒し、
大気や土壌、海水、食物などの測定値に
注目する毎日だ。

 こうした環境放射能のモニタリングの
始まりは、57年前のビキニ水爆実験が
きっかけだった。

◇猿橋さん 地球規模の汚染示す

 「女性科学者に明るい未来をの会」が4月
に開いた今年度の猿橋賞の受賞者発表会見。
 会長で物理学者の米沢富美子さん(72)
は、あいさつで言った。

 「大変な時に晴れがましい場がふさわしい
のか悩んだ。
 それでも、先生の業績を思い返すと、
やるべきだと判断した」

 賞を創設した猿橋勝子さん
(1920~2007)が、打ち込んだ研究
こそ、環境放射能の測定と解析だった。

 1954年3月1日、中部太平洋の
ビキニ環礁沖にいたマグロ漁船
「第五福竜丸」に米国の水爆実験による
白い灰が降り、乗組員23人が被曝
(ひ・ばく)した。
 放射能を帯びたマグロが北太平洋で広く
漁獲される事態となった。

◇広域で濃度を解析

 気象研究所にいた猿橋さんは研究室の
三宅泰雄さんらと、海の汚染の解明に
あたった。

 微量分析の技術を駆使、海水の
放射性物質の測定を進めた。

 猿橋さんらが描いた北太平洋の汚染地図
を、元気象研の広瀬勝己さん(63)は
「放射能が地球規模で広がることを初めて
示した成果だった」と位置づける。

 核保有国が続ける原水爆実験。
 中央気象台(現在の気象庁)は、55年
から雨やちり、海水などの放射能測定を
始めた。

 米国は海水で放射能が薄まるとして
安全性を主張、猿橋さんらの測定は値が
高すぎて誤りだと批判した。

 測定法の相互検証のため、猿橋さんは
単身渡米。
 精度を競う分析競争に勝ち、正しさを
証明した。62年だった。

 原水爆実験は、63年の国際条約で歯止め
がかかる。
 仏中は続けたが、米英ソは大気圏内の
核実験をやめた。

 一方、日本では原子力の平和利用が
始まった。
 原子力基本法が55年に成立。
 57年に研究炉、66年には商業原発が、
それぞれ茨城県東海村で運転を始めた。

 茨城県で公害技術センター放射能部長を
務めた森田茂樹さん(75)は62年から
放射線量の測定を担当した。

 「原子力施設の影響をつかむには、
核実験による影響もつかまないといけない。
 両にらみで測定した」

 福井県衛生研究所にいた北川貞治さん
(81)は65年秋から担当した。
 県内に二つの原発の建設が決まっていた。

 70~90年代には国内で原発増設が
進んだ。
 国や電力会社も放射能を調べていたが、
「原発立地県も独自に監視しましょう、
県民の側に立って数字をみましょう、
という流れがあった」と気象研主任研究官
の青山道夫さん(57)は振り返る。

◇原子力施設も監視

 そんな中で81年、敦賀原発1号機で
放射能漏れが起きた。
 海藻で測った放射性物質コバルト60
の値が、通常の10倍になったのを福井県
が見逃さなかった。
 県の指摘で事故が発覚。

 資源エネルギー庁の記者会見があった
4月18日、県衛研放射能課長だった
北川さんは殺到する問い合わせに追われ、
「生涯で最も忙しかった日」と回想する。

 核実験による地球規模の汚染は改善に
向かうが、86年、ソ連のチェルノブイリ
原発事故が起こる。

 原発がない都道府県でも観測体制が整え
られた。

 しかし、その後は大事故もなく、気象庁
の観測は「他機関で代替可能」と06年で
廃止に。
 気象研室長の五十嵐康人さん(53)は
「喫緊の課題は気候変動などへ移り、
研究テーマとしても消滅に近い状態に
あった」と話す。

 海の放射能を調べてきた放射線医学
総合研究所の那珂湊支所も今年3月で
閉鎖された。

 かつてない広域の環境汚染が広がった
現在、実態をどう調べ、どう伝えるのか。

 現場では、今日も模索が続いている。

《筆者のひとり、米山正寛から》
 体にあびる放射線量は基本的に少ない方
がよいでしょう。
 環境放射能のモニタリングで、低い値が
確認されれば、それは住民の安心に
つながります。

 ただ、わずかな放射線量の計測を長年に
わたって続け、安心情報を発信し続けて
きた職員に聞くと、「ずっと日陰者でした」
と言います。
 異常がなくて当たり前なのですから。

 ところが、福島第一原発の事故で大量の
測定や分析の仕事を抱えるようになり
ました。日陰者が日当たりに引きずり
出されたあげく、生活が一変したのです。

 それだけではありません。
 長年にわたって見てきた環境放射線の
データは、空間線量だと
毎時0.1マイクロシーベルト未満
といった値でした。

 東北南部や関東北部などの原発に近い
地域からは、それが100~1000倍
にも上がった値が伝わってきました。
 けれども、記者会見で伝えられる評価は
「健康へただちに影響はない」といった
内容ばかりでした。
 担当者として「この水準を守っておくべき
だと大切に培ってきた安全意識は
何だったのだろうか」。
 たたきのめされる思いがしたようです。

 技術の進展には著しいものがあります。
 健康に悪影響を与えるヨウ素131、
セシウム137などの放射性物質が、
今では測定器で簡単に測れるように
なりました。
 ただ、新しい測定装置の普及とともに、
技術開発という研究的要素は薄れて
いきました。

 さらに気象庁と自治体、電力事業者と
いった形で二重、三重に築かれてきた
観測体制も、「他機関で代替可能」という
仕分け的な発想のもとに縮小されるように
なりました。
 環境汚染への危機感から始まった
放射能モニタリングの世界にも、いつしか
安全神話がはびこり始めていたのです。

 「そんな測定でいいのですか」と、
きびしい指摘を繰り返した元職員の述懐を
聞きました。
 「私たちのような職歴だと、退職後も
電力事業者などの団体で再雇用される人が
多いんです。
 でも私にはそんな声はかかりません
でした」。
 安全を追求する姿勢は、原子力村から
疎まれてしまったのでしょうか。

 ストロンチウム90や
プルトニウム239などの放射性物質は、
今なお化学的な分離をして解析する必要
があります。
 そうした技術的な蓄積が徐々に
すたれていく中で、福島の原発事故が
起こりました。
 「今回、急に『測定しろ』と言われて、
測定できない人がいっぱいいるんですよ」
 こんな現実の中で、私たちは
モニタリングで出てくる数値に一喜一憂
しています。

 半世紀余りにわたる放射能モニタリング
の歴史を、この紙幅で十分に書き尽くせた
わけではありません。
 猿橋勝子さんだけでなく、多くの研究者
や技術者がその歴史の中にいました。
 長期にわたる広域の放射能汚染が
もたらされた現在、そこからさまざまな
ことを学びながら、新たな放射能監視の
目を構築していってほしいと思って
います。
---------------------------------------

面白いですね。
今の東電、政府と同じ事をいっている。
>米国は海水で放射能が薄まるとして
>安全性を主張

こういう歴史は知っておいた方が
良いですね。

いったい安全とはどのレベルなのか?
再検討して欲しい。
世界として統一すべきだと思う。

世界のコンセンサスとして年間1mSVが
あるはず。
それを基準に総ての法律が出来ている。
それを無視して安全などというから
おかしな話になる。

一時的な異常事態とは何ヶ月もの期間を
想定していないはず。

本当に安全と言うのならまず法律を変え
ないといけない。
法律も変えないで安全などといって
欲しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力不足に究極の救世主? なんと1機で世界最大級の発電量を誇る超巨大な風力タービンが活躍中!

電力不足に究極の救世主?
なんと1機で世界最大級の発電量を誇る
超巨大な風力タービンが活躍中!

2011.06.30 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------

110629turbine_crop_copy

これをウチの隣りで回せたら心配ない?

 今年の夏は「節電」が非常に大きな
キーワードになってますけど、エコな
風力発電のワールドチャンピオンの座に
君臨しそうな超巨大な風力タービンが欧州
で続々と活躍してるみたいですよ。
 1機で年間2000万キロワットアワーの
発電量を誇るんですって!

 チマチマと小さな風力発電機をいくつも
設置するのではなく、ここはドカーンと
世界最大サイズの風力発電機でビッグに
電気を生み出そうぜって発想で、ドイツの
Enerconが開発した「E-126」は、なんと
高さが650フィート(約200m)の54階建て
の超高層ビルに匹敵する迫力で、
7.5メガワットの風力タービンを備えて
います。

 1機で周辺の5000世帯へ余裕で電気を
供給可能となり、すでにドイツ国内で
24機がフル稼働中とのことですね。

 欧州では今後数年間で150機以上が各地に
設置される構想になっているそうですよ。

 ちなみにEnerconは、過去にも世界最大
サイズの風力発電機を開発した実績があり、
前モデルの「E-112」は6メガワットの
風力タービンで世間を驚かせましたが、
最新モデルではさらに発電性能がアップ
している様子がうかがえます。

 日本での導入予定はまだないみたい
なんですけど、こういうアイディアで
電力不足の問題を解消することは
できないのかな?
---------------------------------------

すごいです。迫力ありそう。
台風に対してはどうなのかな?

後塵を拝しているのはつらいね。
大きいのも良いけれど、この前投稿した
再生可能エネルギー【風力編】
良さそうですよね。
風レンズ風車。是非世界に展開して
欲しい。もちろん国内にも、

世界のトレンドは風力。
中国は原発も推進するそうですが、
もう既に、世界一の風力発電大国です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波が骨の治りを早める! プロスポーツ選手に広がる骨折を早く治す秘策

超音波が骨の治りを早める!
プロスポーツ選手に広がる骨折を
早く治す秘策

2011年6月27日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 超音波骨折治療は、今や日本で最も
手がける施設が多い、一番普及した
“先進医療”だといえる。

 これは、その名の通り超音波を使って、
骨折の治りを早める治療法だ。
 最大の特徴が、治療期間が短くなること
で、野球の松井秀喜選手や、サッカーの
デビッド・ベッカム選手など、早期治癒が
不可欠なスポーツ選手が受けた治療法
として知られている。

 実際、効果の高さには目を見張るものが
ある。
 海外の報告によると、骨折後7日以内に
ギプスで固定した骨折部に超音波骨折治療
を行うと、超音波を使わないときに比べ、
骨折が治るまでの日数が約4割も短く
なった。
 例えば、前腕の骨の場合、一般的な治療
による治癒までの日数が98日であったのに
対し、超音波治療法では61日に短縮。
 また、同じく膝下の骨では154日から96日
に短くなったのである。

 それほど高い治療効果がある超音波骨折
治療、「さぞかし特殊な機械を使って複雑
なことをするのではないか」と思うかも
しれない。
 しかし、治療法自体は至ってシンプルだ。

 まず、第一段階は、通常の骨折治療と
同じで、骨折部分を元の正常な位置に
整復し、ギプスなどで固定する。
 一般の骨折治療と違うのはこの後で、
皮膚の上から骨折した箇所に、超音波を
照射するのである。
 つまり、今までの治療に単に超音波治療
をプラスするだけなのだ。

 照射に使うのは、写真のような専用の
装置。

Img_9f7a8bac1fbdcb53bcd4429d6db149f
(写真提供:帝京大学医学部・松下隆教授)

 この装置から出るのは、通常のエコー検査
で使われる時と同程度の低出力のもの。
 照射は、患者自身が、自宅などで毎日行う
必要がある。
 とはいえ、機器を装着してスイッチを
入れるだけ。
 照射時間は1日たったの20分だ。

 この治療機器から出る超音波の出力は、
通常の検査機器と同じだが、その出方に
特徴がある。
 1万分の2秒照射した後、1万分の8秒休止
するという断続的なパルス状の刺激を
与えるのである。

 「骨は機械的な刺激があることで、治癒
が早まることがわかっていた。
 これを、メカニカルストレスによる
骨癒合促進という。
 例えば、折れた足を松葉杖を使って地面
に付かないように過ごしたときよりも、
少し地面に足をつけながら歩くように
した方が治りが早い。

 超音波のパルス状の刺激も、同様の
メカニカルストレスとなり、治癒を早めると
考えられる。
 しかも、このパルス周波数が骨の治癒
には最も適しており、他の周波数では
あまり効果がないこともわかっている」
と帝京大学医学部整形外科の松下隆教授は
話す。

 どうして、機械的な刺激があると治癒が
早まるのか、その具体的なメカニズムは
まだわかっていない。
 しかし、「超音波の刺激により、骨の元
となる細胞が、骨の成長を高める因子の
分泌を高めたり、その因子によって骨の
分化が促され、骨の修復過程が速く進む
のではないかと考えられる」と松下教授
は説明する。

 この治療が適しているのは、なるべく
早く骨折を治したいという人である。
 しかし、超音波骨折治療が向くのは
そうしたケースばかりではない。

 「実は、骨折したばかりの治療は
もちろんのこと、骨折してから時間が
たつものの治りが遅いケースでも効果を
発揮する。
 また、周辺の筋肉などが傷ついて
いたり、骨折した部分のズレが大きい
といった難治性の骨折にもいい。
 さらに、糖尿病の既往がある人や、
喫煙者は骨折の治りが遅くなるが、
超音波骨折治療では治癒を早めることが
できる」と打ち明ける。

 超音波骨折治療法が、先進医療の対象
となるのは、四肢の単純な皮下骨折で、
手術を行ったケースに限られる。

 一方、四肢の骨折で骨折後3ヵ月以上
たっても治癒が遅い難治性の骨折の場合
および、四肢の開放骨折(折れた骨が皮膚
を突き破っている状態)、粉砕骨折(骨が
細かく砕けた状態)の術後で受傷から
3週間以内の場合には、健康保険の対象と
なる。
 その他手術が必要ない場合などには、
自由診療だ。

 帝京大学医学部附属病院の場合には、
先進医療の機器の貸し出しも含めた
治療費は、7万円ほどである。
 一刻も早く仕事復帰したい人には、
高い出費ということでもないだろう。
---------------------------------------

なるほど。
骨折はしたことがないので
知りませんでした。

何故これが先進医療なんでしょう?
もっと普及させるべきでは?
早く直って貰ってはこまる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界初! 人工衛星から時刻情報受信&光発電の腕時計 シチズンから9月上旬発売

世界初!
人工衛星から時刻情報受信&光発電の
腕時計 シチズンから9月上旬発売

2011.06.30 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------

110629ecod

 「地球上どこにいても、広い空と光が
あれば正確な時間を刻み続ける」なんて
言われると、意味もなく何だか熱いものが
こみ上げてきそうです。

 人工衛星から時刻情報を受信するシステム
と光発電エコ・ドライブを搭載した
「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」
がシチズンから9月上旬に発売になります。

 世界限定販売990個で、お値段は33万6千円
だそうです。

 腕時計にしては相当高いと思いますが、
世界初で限定販売なのでプレミアものと
考えるべきなんでしょうか。

 自動で時刻を合わせるのって、電波時計
だけでいいんじゃないの?
 って思っていたんですけど、
電波時計って受信できる地域が日本、中国、
アメリカ、ヨーロッパの4エリアに限られる
そうですね。
 なので、世界中どこにいても、人工衛星
から常に時間を正しく修正できちゃう
のって、中国、アメリカ、ヨーロッパ以外
の海外によく行く人には、ありがたい機能
だと思います。

 この腕時計の秒針がRX(受信中)
になると、地球から約2万キロメートル
離れた宇宙空間で周回する人工衛星と
何となく繋がっているような気持ちに
なるのって、ちょっと贅沢な時間の感じ方
なのかも知れないですよ。
---------------------------------------

良いですね。かっこいい。でも高い。
15万円位なら買うかな~?

装飾時計は馬鹿みたいに高いですから、
それから比べれば安い。
ブランド品といった方がよいのかな?

時計は正確でないと気がすまないので
私は電波時計派です。
でもこの前みたいに電波が停止すること
もあるので、衛星からの電波を受信する
というのは言いですね。

カーナビが普及しているのだから、もっと
安くできませんかね?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

除染を急げば大幅に放射線量は減少する 市民の健康を守れるのは自治体

除染を急げば大幅に放射線量は減少する
市民の健康を守れるのは自治体
福島原発震災

チェルノブイリの教訓(11)
2011年7月1日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 除染は早く進めたほうがいい。

 とはいうものの、政府は動かず、自治体
は政府の指示を待つ、という拘束された
状況が続いている。

 福島県は県内でかなり詳細な放射線量の
計測を進めており、その結果を待って
除染対策を進めるようだ。

 すでに福島市内の小学校と通学路で除染
の実証実験を行なっていて、大きな効果が
確認されている。

 それにしてもどうすればいいかわから
ない、という市民や自治体のために、
京都精華大学の山田国広教授、細川弘明
教授らが、だれでもできる除染の
マニュアルを作成中だ。

 これを「放射能除染・回復プロジェクト」
と名づけて準備中だそうだ。

 水で洗い流すのではなく、粘着テープや
洗濯ノリで剥ぎ取るもので、詳細を
マニュアル化して7月中旬に福島市で発表
すると報じられた
(「京都新聞」2011年6月24日付)。
 先週、テレビのニュースで見た読者も
多いだろう。
 山田教授は環境汚染と回復の専門家
としてよく知られている。
 大いに期待しよう。

 セシウム137の半減期は30年、と聞いた
だけでうんざりし、意欲がなくなりそう
だが、土壌に沈着した放射性物質は
セシウム137とセシウム134が多いが、
どうやらこの二つの放射性セシウムの量の
比は1:1のようである。

 すると、全体の半減期は30年より
はるかに短いと考えられる。
 なぜならば、セシウム134の半減期は
2.06年だからである。

 筑波大学アイソトープ総合センターが
公表した土壌汚染の地図によると、
セシウム137と134の沈着量は同じに見える。

 三重大学生物資源学部の勝川俊雄
准教授は、水産物のセシウムの量のデータ
から、セシウム137と134の比を割り出して
いる。このグラフをご覧いただきたい。
 放出されたセシウム137と134の量が1:1
であることがわかる。
 以下、勝川准教授の了解を得て図を
転載する。

Img_8cde9ba205af392d1ad6c60116b9929

 勝川准教授は、半減期の異なる
セシウム137と134の量が1:1であること
を前提に、全体の減少速度を計算している。
 次の図をご覧いただきたい。

Img_318ccaf0292aa1f035bd4a15e5034df

 半減期2.06年のセシウム134は急速に減少
し、1年で全体の十数%が消え、3年で3割
近く減る。
 両セシウム総量の半減期は6年ということ
になる。

 つまり、今、除染を進めれば、急速に
局所的な高放射線量は減少することになる。

 30年という途方もない時間ではなく、
みるみる効果をあげるだろう。

 連載第9回で報告したように、
チェルノブイリ事故で飛散した
セシウム137と134の量の比は1.8:1であり、
半減期30年のセシウム137のほうが1.8倍も
多かったのである。

 以上の情報について、くわしくは
勝川准教授のホームページをお読み
いただきたい。
 海洋汚染や魚類汚染の実態、
シミュレーション、水産学者としての
見解など、市民生活に役立つ科学知識が
豊富に掲載されている。

 チェルノブイリから教訓を得るとすれば、
除去した汚染物質をどのように管理するか
が大問題だ。
 以下、メドヴェジェフの
『チェルノブイリの遺産』(★注②)から
除染の様子を抜書きしてみる。

以下省略

 これらの放射性廃棄物をどのように
処分したのか、実はよくわからないのだが、
チェルノブイリ原子力発電所の敷地内に
埋設した量が多いようだ。
 汚染物質が地下水を経由して川に流失
しないように、障壁をつくったのである。
 福島でも「地下ダム」として議論されて
いる方法である。
---------------------------------------

纏めると以下3つです。

1.要するに徐染を急げば、想定していた
より短い時間で、放射線量を下げることが
できそうだ。
セシウム137と134の量が1:1である
ということから言える。

2.除染の作業とか内部被曝を避ける手順
などについては、山田教授による
マニュアルの完成に期待したい。
専門家の助言が必要。

3.除去された汚染物質をどこにどう処分
するのかが重要。
問題です。
政府がどの位まじめに実施するかと
いうことです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

A new STEP in MS

主なところは、下記のようです。
---------------------------------------
 この会のメインは日本でも近々承認予定
のFingolimodです。

 Fingolimodは元々日本で開発された
免疫調節薬で、スフィンゴシン-1リン酸
受容体を介したリンパ球の遊走能抑制
により免疫機能を調整する薬剤です。

 EAEマウス(実験的な多発性硬化症モデル
マウス)において、Fingolimodは
末梢リンパ球に作用するのみならず、
脳血管関門を通過してアストロサイトや
オリゴデンドロサイト、マイクログリア
に作用し、グリオーシスや脱髄などを抑制
する効果があったとの報告でした。

 単純な免疫抑制効果だけなく中枢神経系
に直接作用する効果があるとすれば、
MSのみならず中枢神経疾患に幅広く応用
できる鍵となるかもしれません。
---------------------------------------

良さそうな発表があったようです。
期待しましょう。

多発性硬化症がらみでは下記ニュースも
ありましたので紹介しておきます。
免疫反応暴走を人工DNAで抑制
東大が開発、難病治療に道

2011/7/1付 日経産業新聞
>多発性硬化症モデルマウスに人工DNA
>を注射すると、症状をほぼ抑えることが
>できた。
とのことです。

多発性硬化症の治療というのは
どういう方法で免疫反応暴走を抑えるか、
にかかっていると言っていいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

”コミュニケーションをとる”ナノ粒子 ― MIT

”コミュニケーションをとる”ナノ粒子
― MIT

2011年06月27日 スゴモリ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 MITの研究者たちががんを効率的に補足
する粒子を開発した。
 その粒子はお互いにコミュニケーション
をとるという。

 過去10年間、研究者たちはがん治療薬の
副作用を抑えるために、がん細胞に直接届く
化学物質を開発してきた。

 しかし、どんなにいいナノ粒子を
使っても、わずか1%しか目標に到達して
いなかった。

 今回、MIT、Sanford-Burnham Medical
Research Institute、カリフォルニア大学
サンディエゴ校の研究者達のチームは
新しいタイプの輸送システムを考案した。

 その考えでは、第1波のナノ粒子ががんに
到達した後、より大きな第2波を呼び込み、
がん治療薬を到達させる。

 このようにナノ粒子がコミュニケーション
をとることで、マウスの実験ではがんへの
治療薬の輸送効率は40倍になったという。

 この新しい輸送戦略はがん治療だけで
なく、ほかの疾患の治療にも役立つ可能性
があるとGeoffrey von Maltzhan氏は言う。

 「これは、体内でコミュニケーションを
とるようなナノ粒子が作れるということと、
これらの性能はがん治療の効率を上昇させる
ということを示している。」

 研究チームは免疫系のような、複雑な
体内のシステムを利用してこの方法を
考え出した。

 彼らが参考にしたのは血液凝固の仕組み
だ。

 血液凝固では血管から出血が起こると、
血小板が集まり、血小板をさらに呼び寄せ
つつフィブリノーゲンからフィブリンを
作り出し損傷部分をふさぐ。

 MITのチームはこの機構を活用するために
シグナル粒子と受容粒子という2種類の粒子
を必要とした。

 シグナル粒子は第1波として働き、
がん細胞近くの血管にある穴からがん細胞
へと移動する。
 その後がん細胞に到着したシグナル粒子
はがん細胞付近で出血が発生したと体に
誤解させる。
 受容粒子はフィブリンと結合する
たんぱく質に覆われていて、血液凝固が
必要なところにひきつけられる。

 マウスの研究では、この粒子は従来の
粒子に比べ40倍もの抗がん剤をがん細胞に
輸送した。
 さらなる臨床試験の道を開くために、
MITの研究者は今すでに患者で試験される
薬剤で、ナノ粒子システムが代わりに使用
できないか模索している。

 ナノ粒子を使った治療法はがん細胞を
加熱して殺すKanzius RF 療法というもの
もあるが、やはりナノ粒子の安全性が
議論になっている。
---------------------------------------

>この粒子は従来の粒子に比べ40倍もの
>抗がん剤をがん細胞に輸送した。
良さそうですね。

薬をマイクロカプセルに入れて患部に
運ぶというのもありますね。

どれが本命になるんでしょうか?
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかつき 実験で原因を裏付け

あかつき 実験で原因を裏付け
6月30日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 去年12月、金星への軌道投入に失敗した
探査機「あかつき」は、エンジンに燃料を
供給する配管の弁が詰まったことが原因と
推定されていますが、地上での実験の結果、
燃焼を手助けする物質が配管を逆流すると、
燃料と化学反応を起こして、配管をふさぐ
ように結晶ができることが分かり、実験
からも原因が裏付けられました。

 日本初の金星探査機「あかつき」は、
去年12月、金星を回る軌道への投入に
失敗し、宇宙航空研究開発機構は、
あかつきから送られてきたデータを解析
した結果、「燃料タンクにつながる配管の
弁が詰まって、エンジンに燃料が十分供給
されなかった」などとする推定原因を
まとめています。

 これを裏付けるため、ことし3月から
地上での試験を行ったところ、燃焼を
手助けする酸化剤と呼ばれる物質が逆流し、
燃料と化学反応を起こして弁をふさぐ
ように結晶ができたということです。

 本来、酸化剤は、問題の弁によって逆流
できない仕組みですが、何らかの原因で
漏れを防ぐ部材からしみ出たとみられる
ということです。

 一方、6年後、再び金星への軌道投入が
できるかどうかについては、エンジンの
状態を調査中で、ことしの秋ごろにも
実際に宇宙でテスト噴射を行って確かめたい
としています。

 この調査結果は、30日に開かれる国の
宇宙開発委員会で報告されます。
---------------------------------------

あかつきの金星への軌道投入失敗の原因は
「エンジンに燃料を供給する配管の弁が
詰まったこと」らしいです。

配管の弁が詰まっているのなら、
金星への軌道再投入は難しそうですね~

関連記事です。
金星探査機:「あかつき」2015年
軌道再投入の計画発表

再投入の可能性は思ったよりあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

防災減災の科学 液状化現象と側方流動

防災減災の科学 液状化現象と側方流動
2011.06.28配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東日本大震災で、湾岸地域を中心に発生
した地盤の液状化。

 埋立地の住宅や大型プラントの倒壊、
水道管や下水管の破壊など、都会の
ライフラインに大きな被害をもたらす恐れが
ある現象です。

 特に、液状化対策が施されていない古い
埋立地は将来大きなリスクなる可能性が
あると言います。
 液状化のメカニズムとその影響を
リポートします。
---------------------------------------

液状化恐ろしいですね。

情報が出てこない、予測ができない状態。
だそうです。
対策を急がないとこれも問題に
なりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超臨界CO2タービン、実証実験に成功

超臨界CO2タービン、実証実験に成功
Yahoo Japan ニュース
ナショナルジオグラフィック
公式日本語サイト 6月29日(水)17時1分配信

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 新しい発電システムとなる可能性を秘めた
超臨界CO2ガスタービンの実現に一歩近づく
実験に東京工業大学やエネルギー総合工学
研究所の研究グループが成功した。

 超臨界CO2というのは、70気圧以上、
摂氏31度以上では固体、気体、液体の区別が
つかない状態になっているCO2(二酸化炭素)
を指す。

 現在、広く使われている蒸気タービンは
水蒸気の力でタービンを回す。
 超臨界CO2を水蒸気の代わりに用いる
ガスタービンは、1000~10万キロワット程度
の中小型機で従来の水蒸気タービンに比べ
1~2割高い発電効率が期待できるとされて
いる。

 実験に使われた試験機は、宇多村元昭・
東京工業大学原子炉工学研究所特任教授が
基本設計を担当し、エネルギー総合工学
研究所、熱技術開発株式会社、東京大学を
加えた産学連携チームが、高効率で圧力損失
の小さい熱交換器と、圧縮機やタービンを
高速で効率良く回すガス軸受などを開発して
昨年秋に完成した。

 以来、装置部品の改良などを加えた
試験運転を重ねた結果、外部からの熱入力
のみによって約200ワットの電気出力を
継続的に取り出すことに成功した。

 超臨界CO2ガスタービンの原理は1969年に
発表され、近年、米国、日本、韓国、
フランスで試験装置を使った研究が盛んに
行われている。

 米国のサンディア国立研究所と東京工業
大学による圧縮機の運転結果が昨年発表
されたが、圧縮機とタービンを組み合わせた
発電試験は今回が初めての報告となる。

 今回の成果について研究グループは、
「超臨界CO2ガスタービンが原理的に成立
することを世界で初めて立証した。

 ガスタービンメーカーなどとも協力
しながら大容量機の試作と運転試験を行い、
2010 年代後半の実用化を目指す」と
話している。

 超臨界CO2ガスタービンは、超臨界状態の
CO2を80~200気圧程度、35~600度程度の
範囲で圧縮、加熱、膨張、冷却を行う。

 閉サイクル・外部加熱方式のため、
あらゆる燃料だけでなく排熱や太陽熱の
ような燃料以外の熱源も利用できる。

 システムがコンパクトになるので設備費
も安く、東日本大震災で見直されている
自家発電にも適した発電方式として関心が
高まっている。

※この記事はサイエンスポータルで配信
された記事の転載です。
---------------------------------------

良さそうな発電方式ですね。
期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hope 希望

Hope 希望
MARCH 22, 2011
デンマークでお暮らしの方のBlogです。

「2歳の息子が、今日も、全身で風を感じ
ながら、空を見て、葉っぱをつかんで、
土をいじって、遊んでいました。
 その姿を見ると、子どもたちがいかに、
外で、自然と一緒に遊ぶのが大好きか、
感じます。

 日本の、世界の、子どもたちが安心して
自然を感じながら遊べることが普通のこと
である、そんな世界を作り守っていける
よう、願ってやみません・・。少しでも。

 どのように原子力の国日本で、原発を
乗り越えるか、ということを、私なりに
将来のことを含めて考えてみました。
 希望があるからこそ、書きました。

 いま、何かを書くのは、勇気がいります。
 今は目の前の危機と戦うことが何より大事
です。 だから、将来のことなんて考えられ
ないし、こんなこと言われたって何になる、
と思う人も多いかもしれないとも思います。
 私は専門家でもありません。

 でも、"今の状況が落ち着いてきたときも
原発と生きるしかないんだ"、
"代替エネルギーは不安定だし、化石燃料
よりは原発のほうがCO2を生み出さないの
だし、結局原発に頼らざるを得ない。
 "などの声を聞いたり、世界には原発の
全くない先進国もあること、それらの国々
がどのようにして代替のクリーンエネルギー
を開発・実用出来ているかを知らない方も
多いことに気づき、今の危機的状況の中
でも、将来を全く考えないではいない方々
に向けて、ほんの1mmでも、参考になること
があると 信じて書きます。

 比較するのは間違ってるかもしれない
けれど、何事もタブーなく議論することが
普通のことである国(北欧デンマーク)に
私はいま住んでいて、それが正しいか
どうか、日本で可能であるかはおいて
おいても、そんな国民のありかたが社会の
あり方に与えてきたよい面も見えるのです。
 国民は子どものときから、自分で考え、
議論すること、国政に参加することの大切さ
を叩き込まれているように感じます。

 自分の意見を言えば、必ず、反論・賛成、
両方が出てきます。
 反論されることを恐れず、同時に相手の
意見をきちんと聞くこと。
 意見を言えば、さざ波が起きる、そのこと
に意味がある、と教えられているのです。」

「少しでも多くの方に、自然エネルギーが
どれだけ現実に実用されており、どれだけ
大きな可能性があるのか、日本では何が
課題なのかお知らせし、子どもたちが安心
して暮らせる未来に向けて少しでも役立つ
ことが出来たら、これほど嬉しいことは
ありません。

 自然エネルギーの最先端国である
北欧デンマークで暮らす私が一市民として
現実に目の当たりにしていることを、
日本の方にご紹介することは私の義務と
私は考えました。

 転載をご希望の方は、どうぞお願い
致します。」

とありましたので、紹介します。

内容はリンクを見て下さい。
長文です。動画もあります。

私は良い内容だと思いました。
参考にしてください。

ポイントのみ転載します。
---------------------------------------
 私の今いる国は、原発を1985年に全廃
した国、北欧デンマークです。

 1980年代に、原発の設立に対して国民の
議論が活発になされ、結果、 1988年、
原発は違法と定めました。

 そして原発に代わるエネルギー開発に、
デンマークは乗り出しました。

 この国は、現在電力の20%を 風力発電で
まかない、2050年には化石燃料
(石油、石炭などCO2を排出する燃料)フリー
の国を実現しようと政策、科学技術を結集
しています。

 また、バイオマス
(木くず、農作物の残り、堆肥、魚の骨など
あらゆる有機的なゴミをもとにして
作られる、CO2ニュートラルの燃料です。)
の開発・実用も進んでおり、
バイオ燃料プラントも既に実用されており、
また世界最大のバイオ燃料プラントも
現在建設中です。

 そして、火力発電の燃料を97%、
バイオマスで賄うことにより、
CO2ニュートラルに近い火力発電も稼動して
います。
 さらに、ごみ処理場でごみを燃やす際に、
その熱を電気にする発電所も稼動して
います。現に、私の住んでいる街・
オーデンセでは、ごみ処理場と発電所が
併設されています。

 人口550万人のデンマークと1億2500万人
の日本は全く異なり、風土も違うという
ことは、傾聴に値します。

 しかしながら、デンマークや
アイスランドがなぜ今のエコ発電を実現
したかには、単に人口が少ないという
だけではない背景があり、一主権国家が、
やればできることを世界に示す意味
(ショーケース)には計り知れないものが
あると信じます。

 また、今、我が国が仮に地方分権を
進めていく場合、九州約1300万人、
北海道約550万人といった広域の自治体が
出来上がるとすると、基本的に外交と
安全保障以外を自治体に任せている
この国のあり方に学ぶ点はあろうかと
思います。

(4月2日、追記)
 また、デンマーク国民の支払う電気代は、
電気会社ごとにも、電気の消費量の変動
ごとにも異なります。

 国内最大のエネルギー会社(世界最先端の
発電所を建設・管理し、
自然エネルギー推進、CO2 削減を推進して
いる、国有会社)・Dong Energy
ドン・エナジー社以外にも、様々な
エネルギー会社があり、また、様々な
電力会社があります。

 国民は、自分の好きな電力会社を選択
することが出来ます。

 電力会社によっては、顧客全体の
電力消費量が低いときには、電気代を
安くし、顧客全体の電力消費量が多い
ときには電気代を高くすることにより、
節電を推進しています。

 また、前述のように、送電網は国有
のため、電力会社は自由に売電・送電を
することが可能です。

 国有の送電網を管理する会社も国有で
あり、電気産業がリベラルに、独占企業
などあらわれないように営まれることを
推進し、かつ自然エネルギーの推進も
担っています。

 管理費は、国民の電気代から賄われて
います。

 電気代については、たとえば、我が家の
電気代の一例(変動します)は、
1.90DKK (デンマーク・クローネ)/1kwh。
 日本円にすると、2011年4月2日の為替
では1キロワットにつき約30円です。
 税金の占める割合が約50%と大きく、
その収益は、国有の送電網の管理・
自然エネルギー推進を支えています。

 ただし、会社など法人は、それぞれの
法人によって異なりますが、電気代に付加
される税金が免除されるため、一般の
電気代の約半額を支払うことにより、優遇
されており、経済活動が促進されるように
なっています。

 同時に、エネルギー会社は、政府より、
CO2 ・節電の目標値を義務付けられている
ため、大きな法人には指導し、協力して
CO2削減・節電を進めています。

 たとえば、デンマークの
首都コペンハーゲンにある遊園地、
チボリ公園の電力は100%、自然エネルギー
でまかなわれており、その推進は
Dong Energy ドン・エナジー社とともに
なされています。

 デンマーク国民は、消費税25%を支払い、
電気代には税金50%を支払い、電気代自体
についても、EUの中でも最も高額を
支払っています。

 しかし、この高い税率に反対することも
なく、むしろ、政府が税率を下げようと
したときに国民が反対したほど、国民は、
高額な税金を支持し、その見返りに満足
しているといえます。

 日本の標準家庭が使用する電気代が
22.9円/1kwh(東北電力)と、この日記に
コメントを頂きました。

 デンマークの電気代とは約7円違います。

 しかし、そのうちの50%を税金として
支払っていることから、日本の電力料金
との差額以上に、自然エネルギー推進を
支えるお金が、デンマーク国民の電気代の
中から支出されていることが分かります。

 また、税金を差し引いた残り、電気料金
の約半分が、純粋な電気代だと算出でき
ますので、実は電気代自体が高いわけでは
ないことが分かります。

 日本の電気料金は、デンマークよりは
安いけれど、決して安くはありません。

 日本の、独占企業である電力会社の利益
を削って使えば、十分、自然エネルギー推進
の資力があるのではないか、原発は、
独占企業の、利益を生み出す機械でもあった
のではないか・・と推測するのは、
私だけでしょうか。

 また、余談ですが、エコ・カー、より
熱伝導のない窓など、あらゆる、節電・
エコなこと、製品に対しても、製造者、
購入者ともに、税率が優遇されるように
なっています。

 車を購入する際は、より排気ガスを
出さない車については税率が低くなります。

 税金の有効利用がなされていること、
政府が真に国民の代表であり、腐敗政治が
ないこと、送電網・エネルギー会社・
電力会社ともに、国民のエネルギー政策への
コンセンサスが反映されるよう、国が管理
しつつ、利益優先の独占企業があらわれない
よう、健全な自由競争がなされる仕組みが、
この国の自然エネルギー政策の成功を支え
続けているように見えます。

 デンマーク国民が、1kwhごとに電気代を
日本国民より約7円多く支払い、電気代の
50%を税金として、自然エネルギー推進、
国有の送電網の管理の財源とすることに
よって得ているものは、

 安全・安心・CO2ニュートラルな
自然エネルギー、CO2削減、自然エネルギー
のさらなる発展、自然エネルギー産業・
電力の輸出による収益、雇用の拡大
(被爆などの危険がなく、且つやりがいの
ある仕事)、経済発展、そして子どもたち
が安心して住める環境、食べ物、自然、
毎日の生活、他国へ示せるショーケース
(よき見本)。

 これは、高い買い物でしょうか?
 私個人としては、原発に払うより、
自然エネルギーにお金を払いたいです、
子どもたち、地球のために・・・・・。

 日本は資源がない、だから、原発に
これからも頼るしかない、原発を段階的に
でも止めていったら、経済が停滞する。
 という意見も聞きます。

 しかし、同じように資源がなかった国・
デンマークが、オイルショックを契機に、
真剣に代替エネルギーを、原発ではなく
自然エネルギーの中に模索し、化石燃料
フリーの国を目標に掲げ、これだけ
自然エネルギーを国の基幹産業に出来て
いること、その財源は国民の税金で
支えられていることからも、決して、
これからの日本について、資源がない
から原発しかない、とは言えないと
私は信じます。

 また、原発がなくとも、いや原発がない
からこそ、別のエネルギー産業を発展させ、
経済を順調に成長させ続けることも可能な
こと、原発の支えてきたエネルギーを
かんがみながら、段階的に、代替エネルギー
にシフトすること、そのための財源は、
上記のように、法人の経済活動を妨げない
ように税率を調整し、電気料金から、
そして、独占企業であった電力会社の
利益率を見直しながら、確保していくこと
が可能なのではないか、と思うのです。

 TEPCOの存続の形がどうなるかはまだ
分からないけれど、将来の電力会社に
ついて、その重要性から、健全な自由競争
と同時に、個々の会社が利益優先に走らない
ように、一定の管理・法規制のもとに国が
おくことは、デンマークの成功例から学べる
ことだと思われます。

 大事なのは、諦めずに、どうすればよい
のかいい案を探し実践しようと国民が
決意することなのではないかと思うのです。

 言葉でいうのは簡単、実践は難しい・・・
でも、諦めたらそれまでです。

 デンマークの風力発電機メーカーVestas
ヴェスタス社は株の時価総額で日本の
Nissan 日産と同じ程度であり、福島の事故
で、株価はさらに上昇中です。

 いつまでも原子力にこだわっているので、
日本企業は、よいところはデンマークを
はじめとするヨーロッパの企業に先行
されています。

 三菱も大型風車の開発に取り組んでいます
が、日本で建設される風車は圧倒的に
Vestas ヴェスタス社です。

 将来の脱原子力を決めて、世界で成長
著しい自然エネルギー経済の流れに乗れば、
日本での雇用もきっと生まれます。

 原発にこだわっていては、 却って、
世界に取り残され、経済に与える影響は、
国民の不安感、国際的な信頼も含めて、
悪影響のほうが大きいのではないか・・
と私は感じてしまいます。
---------------------------------------

>これは、高い買い物でしょうか?
>私個人としては、原発に払うより、
>自然エネルギーにお金を払いたいです、
>子どもたち、地球のために・・・・・。

同感です。
安心して暮らせる未来を築く為に、
未来に宿題を残さない為に、
見習うことは沢山あると思います。

どういう未来を望んでいるのか?
しっかり自らに問いかけることです。
望む未来が見えたなら、

>大事なのは、諦めずに、どうすれば
>よいのかいい案を探し実践しようと
>国民が決意することなのではないかと
>思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »