« 実態がわかってきた関東平野の放射能汚染 各地で空間放射線量の測定進む | トップページ | プルトニウム:細胞の取り込み過程を解明 »

2011年7月 4日 (月)

3Mの新しい医療テープは、はがすの楽々。

3Mの新しい医療テープは、はがすの楽々。
2011.06.20 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
110618silicone_tape

 バンドエイドを剥がす時の痛みが嫌で
ずーーとつけていて皮膚が白くふにゃふにゃ
になってしまった経験ないですか?

 想像してみてください。
 傷口からバンドエイドや医療用テープを
はがす瞬間、毛や皮膚の細胞が一緒に
はがされて行くピリッとする痛み......に、

もうしかめっ面をしなくていいんです!
 そんな無痛を保証する新開発の
シリコンテープの新技術を3Mが発表
しました。

 このテープに使われている独自の
シリコン粘着材は、一般的に医療用テープ
に使用されるアクリレート粘着材とは
皮膚との粘着の仕方が異なり、固定する
力は確保しつつも、テープをはがす際に
デリケートな皮膚を極力痛めずにすみます。

 医療目的だけでなく、スポーツ
トレーナーににも有効そうですね。
 (足首、ひざ、指、手首などの固定に)
それに、万が一誘拐にあっても、やさしい
誘拐犯ならガムテープじゃなくて、
このテープで口をふさいでくれるかも!?
---------------------------------------

良さそうですね。

どの位今の医療テープと違うのか?
実際つかってみないとわかりませんが、

|

« 実態がわかってきた関東平野の放射能汚染 各地で空間放射線量の測定進む | トップページ | プルトニウム:細胞の取り込み過程を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52120042

この記事へのトラックバック一覧です: 3Mの新しい医療テープは、はがすの楽々。:

« 実態がわかってきた関東平野の放射能汚染 各地で空間放射線量の測定進む | トップページ | プルトニウム:細胞の取り込み過程を解明 »