« 外部電源復旧に時間かかる原発・再処理施設6カ所 | トップページ | 東日本大震災:福島第1原発事故 偶然に水、空だき回避? 4号機、核燃料プールに »

2011年6月21日 (火)

経頭蓋磁気刺激法について

脊髄小脳変性症の治療については
残念ながら、対処療法の域を出ず、
根治治療法はいまだ確立されていません。

今現在私が最も有望だと思っている治療法
は以前投稿した。
脊髄小脳変性症の遺伝子治療
だと思っています。
2008年6月27日の投稿です。既に3年が
経ってしまいましたが、平井教授らは
少ない予算の中少しずつですが、研究は
進んでいるようなので期待しています。

根治治療以外では、対処療法ということに
なりますが、そのなかの一つに有効な改善
手段のない特定の患者の為に、
経頭蓋磁気刺激法というものがあります。

経頭蓋磁気刺激法については、いろいろな
大学で試行されているようですが、
今までの情報では以下のようではないかと
私は思っています。
参考意見として見てください。

私の得た情報から言えることは、小脳症状
を主とした患者さんでは効果が見られる
ようです。

ただ、あまり長続きせず、ある一定の
期間を過ぎると元に戻ってしまうらしい。

なので、繰り返し治療を受ける必要が
あります。
よって、現状で最も有効なのはリハビリ
だと私は思っています。
経頭蓋磁気刺激法を実施している病院も
少ないようですし、

参考までに、受けようと思っておられる
方の為に、関連情報を紹介しておきます。

脊髄小脳変性症における経頭蓋反復磁気
刺激療法(第 5 報)

脊髄小脳変性症における経頭蓋反復磁気
刺激療法(第 6 報)

これを見ているとある程度効果はあると
思われます。

詳細は各病院毎に違うので実施については、
相談が必要と思います。適応の可否もある
と思いますので、

こういう機器の開発も行われているよう
です。
パルス磁界を用いた神経疾患治療用機器
の開発

関連記事、
脳神経制御外科学共同研究部門
この機器の対象疾患は何を想定しているのかな?

|

« 外部電源復旧に時間かかる原発・再処理施設6カ所 | トップページ | 東日本大震災:福島第1原発事故 偶然に水、空だき回避? 4号機、核燃料プールに »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52003067

この記事へのトラックバック一覧です: 経頭蓋磁気刺激法について:

« 外部電源復旧に時間かかる原発・再処理施設6カ所 | トップページ | 東日本大震災:福島第1原発事故 偶然に水、空だき回避? 4号機、核燃料プールに »