« iPS細胞:「ミューズ」が元 東北大・京大チーム、多能性の起源解明に道 | トップページ | 世界で初めて超強力磁場中の軟X線分光実験を実現- レアアースを低減した高性能磁石開発を加速 - »

2011年6月 1日 (水)

君が代判決―司法の務め尽くしたか

君が代判決―司法の務め尽くしたか
2011/06/01 朝日新聞社説より

---------------------------------------
 卒業式などの君が代斉唱の際、都立学校
の校長が教員に起立斉唱を命じても、
思想・良心の自由を保障する憲法に違反
しない――。
 そう述べた判決にも長文の補足意見が
ついた。

 「不利益処分を伴う強制が、教育現場
を疑心暗鬼とさせ萎縮させることがあれば、
教育の生命が失われる」「強制や不利益
処分は可能な限り謙抑的であるべきだ」
(須藤正彦裁判長)、「国旗・国歌が
強制的にではなく、自発的な敬愛の対象と
なるような環境を整えることが重要だ」
(千葉勝美裁判官)。


 最高裁の姿勢には疑念と失望を禁じ
得ない。

 原告の元教員は1度だけ起立を拒み、
戒告処分を受けた。
 その後は現場を混乱させたくないとの
思いで命令に従ったが、定年後の再雇用を
認められなかった。
 ところが、別の理由で停職や減給など
もっと重い処分を受けた教員は採用
された。

 一審の東京地裁は扱いの不均衡を踏まえ、
裁量権の乱用があったとしたが、最高裁は
職務命令と憲法の関係のみを論じ、不採用
の当否は判断しなかった。
 結果として、原告が逆転敗訴した二審
判決が確定した。

 最高裁にその思いがあれば審理できる
にもかかわらず、そしてそれに値する重要
な問題であるのに、あえて避けたとしか
思えない。

 このようなケースにすら救いの手を
伸べず、ただ判決文の中で「慎重な配慮」
を求めても説得力に欠けよう。

 多数者の意向や勢いに流されず、少数者
を保護する。
 それが司法の大切な使命だ。
 とりわけ思想、良心、表現、信教など
精神的自由に関する分野では、厳格な
チェックが求められる。

 裁判所がその職務を放棄したとき、
私たちの社会は多様性を失い、やがて
色あせていく。
---------------------------------------

どうもしっくりこない。
本当に正しい判断なのか?
>このようなケースにすら救いの手を
>伸べず、ただ判決文の中で
>「慎重な配慮」を求めても説得力に
>欠けよう。
同感である。

>「不利益処分を伴う強制が、教育現場を
>疑心暗鬼とさせ萎縮させることがあれば、
>教育の生命が失われる」
>「強制や不利益処分は可能な限り
>謙抑的であるべきだ」(須藤正彦裁判長)

>「国旗・国歌が強制的にではなく、
>自発的な敬愛の対象となるような環境を
>整えることが重要だ」(千葉勝美裁判官)。

当然のことだと思う。
強制しないと成り立たない現状こそ正すべき
こと。
何故、現場が真摯に議論しないのだろうか?
多分議論すらできない雰囲気があるのだと
思う。悲しいことだと感じる。

>多数者の意向や勢いに流されず、少数者
>を保護する。
>それが司法の大切な使命だ。
>とりわけ思想、良心、表現、信教など
>精神的自由に関する分野では、厳格な
>チェックが求められる。

>裁判所がその職務を放棄したとき、
>私たちの社会は多様性を失い、やがて
>色あせていく。
こうならないことを切に願う。

どうも裁判所は少数者を保護するという
その役目を果たしているとは思えない。

司法は本当に独立しているのだろうか?

原発がこんなに沢山建設された。
反対のための裁判だって沢山起こされた
はず。その中で、考慮すべき論点が
出て来ていたはず。それをことごとく
無視してきた結果が現在の事故に
つながってはいないだろうか?

疑問が出てくる。
裁判所が裁判所としての機能をきちんと
果たして来たのだろうかと、

|

« iPS細胞:「ミューズ」が元 東北大・京大チーム、多能性の起源解明に道 | トップページ | 世界で初めて超強力磁場中の軟X線分光実験を実現- レアアースを低減した高性能磁石開発を加速 - »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本人のことについて、もっとよく学ぼう。日本語しか知らない人は、日本についてもよく知らない。


言語は、考えるための道具である。言語が違えば、考え方も異なる。

日本人は、本当に礼儀正しいのか。
我々の礼儀作法は、序列差法である。序列なきところに礼儀なし。
日本語には階称 (言葉遣い) がある。
言葉遣いの意味を身振りで表わせば、序列差法になる。

日本人は、なぜ察し (勝手な解釈) を使うのか。
意思は、未来時制の内容である。
日本語には、時制がない。だから、未来時制もない。
日本人には、意思がない。
それで、勝手な解釈を利用する。

日本人には、恣意 (私意・我儘・身勝手) がある。
恣意は、文章に表わせない。アニマル・子供に共通である。
恣意は、相手により察しにより文章化される。
本人には、その内容に責任がないが、それは本人の意向とされることが多い。

日本語には階称 (言葉遣い) があるので、日本人は序列人間 (縦社会の人間) になる。
義理 (序列関係) がすたれば、この世は闇だ。
意思はなくても、恣意があるので、アニマル風に行動する。

意思のない日本人は、天の声により行動が定まる。自分自身で考える力はない。
問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力は持っている。
だから、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ必要に迫られることになる。
これは、昔からある浪花節でしょうね。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011年6月 1日 (水) 14時22分

コメントありがとうございます。

せっかくコメントを頂いたのですが、難しすぎて良く理解できません。

「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ必要に迫られる」
状態ではありますが、、

リンク見させて貰います。

投稿: haredasu | 2011年6月 1日 (水) 16時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が代判決―司法の務め尽くしたか:

« iPS細胞:「ミューズ」が元 東北大・京大チーム、多能性の起源解明に道 | トップページ | 世界で初めて超強力磁場中の軟X線分光実験を実現- レアアースを低減した高性能磁石開発を加速 - »