« スマートフォン普及で回線パンク危機 定額制見直しも | トップページ | 糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見 »

2011年6月28日 (火)

スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図

スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分
が日本製 新・産業連関図

2011/6/27 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 画面上の地図に自分の現在地を表示し、
目的地までの道順を案内してくれる。
スマホの代表的な機能は、内蔵する2ミリ角
の電子部品「電子コンパス」が可能にして
いる。世界需要の8割を供給しているのが
旭化成だ。

 旭化成はFD市場の縮小を受け2003年から
携帯端末向け電子コンパスの量産を始め
たが、採用されたのは毎年3~5機種程度。
 だが、撤退の2文字がちらつき始めた08年
に転機が訪れる。

 高精度を買われ、米グーグルの基本ソフト
(OS)「アンドロイド」搭載のスマホの
実質的な世界標準部品に採用されるや、
08~09年の販売個数はそれぞれ前年比9倍、
10年も3倍に増えた。

 生産は月数千万個の規模だ。
 生みの親である山下昌哉フェローは
「11年も2倍成長」とみる。
 販売が4年で490倍という急拡大は、
旭化成で他に例がない。
 電子コンパスを柱の一つに据えつつある
エレクトロニクス事業の11年3月期の
営業利益は143億円と、前の期から倍増
した。

 11年度に国内出荷台数で従来の携帯電話
を抜いて、名実ともに携帯の主役に躍り出る
スマホ。
 15年の世界出荷は10年の3倍の9億台以上
になるとの予測もある。

 完成品は米アップルの「iPhone
(アイフォーン)」や韓国サムスン電子の
「ギャラクシー」が席巻し日本企業の
存在感は薄いが、きょう体(ボディー)を
外すと別の世界が広がる。
 小さなマルチメディア端末を実現する
スーパー部品や素材。
 その多くを日本勢が担う。

 業界推定によると約1000点ある部材の
うち4割程度が日本製とみられる。
 代替のきかない主要部材でみると、
日本勢への依存度は5~6割に達している
可能性が高い。
 スマホで潤う長者企業が続々誕生して
いる。

 サプライチェーンの担い手は大企業だけ
ではない。
 小さな巨人の技術も光る。
 1936年設立の鈴寅(愛知県蒲郡市、
鈴木隆啓社長)。
 自動車向け座席シートの裏地やカーテン
を手がける織物メーカーだ。
 年間売上高は40億円強だが、タッチパネル
の基幹部材である
ITO(酸化インジウムすず)フィルムで
世界シェアの1割を占める。

 カーテンなどに遮熱機能を持たせるため
布に金属膜を形成して遮熱機能を持たせる
「スパッタリング」技術を応用し、
樹脂フィルムの上に数百ナノ
(ナノは10億分の1)メートルの
極薄ITO膜を形成することに成功。
 タッチパネルのメーカーから高い透明度、
均一な膜などの品質が評価された。
 今年4月には、スマホ事業拡大を目指す
積水化学工業の傘下に入った。

 もっとも、サプライチェーンでの
日本優位が揺らがないという保証はない。

 完成品のコストベースで日本勢の比率が
低いのは、高価な部品で劣勢に立たされて
いる事情もある。
 代表は心臓部の半導体「プロセッサー」。
 従来型携帯の時代から米クアルコムが
圧倒する。
 ここでも、米アップルからiPhone用
などの製造を受託しているサムスングループ
が大手の一角に食い込んでいる。
 日本の半導体メーカーは国内の携帯市場
にとらわれるあまり、国際舞台で取り
残されてしまった。
 携帯端末と同じ構図だ。

 部品や素材でも海外新興勢力の追い上げ
は激しく、日本企業の脅威となりつつある。
 だが日本抜きでスマホが1台もできない
のも事実。
 世界市場は急拡大する今後2、3年で
イス取りゲームの勝者が見えてくるはずだ。
---------------------------------------

>部品の半分が日本製
とはすごいですね。知りませんでした。

>日本抜きでスマホが1台もできない
>のも事実。
だそうです。

でも、
>完成品のコストベースで日本勢の比率が
>低いのは、高価な部品で劣勢に立た
>されている事情もある。
>代表は心臓部の半導体「プロセッサー」。
>従来型携帯の時代から米クアルコムが
>圧倒する。
>ここでも、米アップルからiPhone用
>などの製造を受託しているサムスン
>グループが大手の一角に食い込んでいる。
>日本の半導体メーカーは国内の携帯市場
>にとらわれるあまり、国際舞台で取り
>残されてしまった。
>携帯端末と同じ構図だ。

何故世界を見ないのでしょう?
韓国に出来て日本に出来ないはずはない。

スパコンでは世界一をとったのに?
パソコンのCPUもそうですが、
分野が違うので技術の蓄積が無い?

思っていたより日本は頑張っているよう
ですが競争は厳しい。大変そう。

|

« スマートフォン普及で回線パンク危機 定額制見直しも | トップページ | 糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図:

« スマートフォン普及で回線パンク危機 定額制見直しも | トップページ | 糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見 »