« 世界一「京」、次の一手は | トップページ | 花粉症・アレルギーの発症因子の立体構造を世界で初めて解明 »

2011年6月26日 (日)

原子力発電所における配管脆弱箇所予測システムの開発に成功

原子力発電所における配管脆弱箇所
予測システムの開発に成功

2011年6月 6日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学流体科学研究所の分野横断型
研究グループ(代表:石本淳 准教授)は、
東北電力株式会社との共同研究により,
原子力発電所における配管脆弱箇所
予測システムの開発に成功しました。

詳細(プレスリリース本文)
---------------------------------------

良いですね。
安全に対しては最善をつくす。

|

« 世界一「京」、次の一手は | トップページ | 花粉症・アレルギーの発症因子の立体構造を世界で初めて解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52048959

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所における配管脆弱箇所予測システムの開発に成功:

« 世界一「京」、次の一手は | トップページ | 花粉症・アレルギーの発症因子の立体構造を世界で初めて解明 »