« NASA ドッキング写真公開 | トップページ | 三陸~茨城沖 M7超余震のおそれ »

2011年6月10日 (金)

ストロンチウムの検出地点を掲載します

ストロンチウムの検出地点を掲載します
2011年06月09日 NHK「かぶん」ブログ

詳細は、リンクを参照して下さい。

事実として知っておいてください。
セシウムとの比較ができます。
平成23年6月8日午前10時現在の
土壌モニタリング結果です。

こちらの記事によれば、
福島の土壌から微量ストロンチウム
水溶性の放射性物質

2011年4月12日 朝日新聞

>発表によると、土壌のサンプルは
>3月16、17日に浪江町で2点、
>飯舘村で1点が採取され、分析された。
>この結果、ストロンチウム90は最大で
>土壌1キロあたり32ベクレルだった。

>米国の食品基準はストロンチウム90
>で1キロあたり160ベクレル、
>欧州連合(EU)は1キロあたり
>750ベクレル。
>今回はいずれの基準も大きく下回って
>いる。
この時と違ってますね。
米国基準は越えています。
欧州基準はずいぶん高い。
この値と比べると下回っていると言える。
心配しすぎても仕方がないので、良しと
しましょう。

>チェルノブイリ原発事故では
>セシウム137の10分の1程度の
>ストロンチウム90が放出された。
ここが大きな違いです。
今回の事故では放射性セシウムの0.1%程度
です。不幸中の幸いです。
ストロンチウム90の半減期は29年です。

さらに恐ろしいプルトニウム239が殆ど漏れて
いないのは本当に有難い。
半減期は24,000年です。
もう二度とその地域には住めません。

さらに詳細な調査が必要と思います。

|

« NASA ドッキング写真公開 | トップページ | 三陸~茨城沖 M7超余震のおそれ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51904548

この記事へのトラックバック一覧です: ストロンチウムの検出地点を掲載します:

» 放射性物質 ストロンチウム [アスガルド]
ストロンチウムの検出地点を掲載します: 脊髄小脳変性症を友として 米国の食品基準はemストロンチウム/em90 >で1キロあたり160ベクレル、 >欧州連合(EU)は1キロあたり>750ベクレル。 >今回はいずれの基準も大きく下回って>いる。 この時と違ってますね。 米国基準は越えています。 欧州基準はずいぶん高い。 ... メルトスルー速報 : 【ベクレル】飲料・食物・海洋汚染総合スレ31【シーベルト】 文部科学省は8日、放射性emストロンチ... [続きを読む]

受信: 2011年6月10日 (金) 12時55分

» ストロンチウム 放射線 [丸秘ニュース速報!]
ストロンチウムの検出地点を掲載します ば、 「 福島の土壌から微量ストロンチウム 水溶性の放射性物質 」 2011年4月12日 朝日新聞 発表によると、土壌のサンプルは 3月16、17日に浪江町で2点、 飯舘村で1点が採取され、分析された。 この結果、ストロンチウム90は最大で 土壌1(続きを読む) 20キロ圏外からストロンチウム検出…福島 62キロ離れた福島県内の11か所で、3月下旬5月上旬に採取した土壌から、放射性物質のスト... [続きを読む]

受信: 2011年6月11日 (土) 17時44分

« NASA ドッキング写真公開 | トップページ | 三陸~茨城沖 M7超余震のおそれ »