« スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図 | トップページ | 新しい先天性筋ジストロフィーの発見 »

2011年6月28日 (火)

糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見

糖尿病:発症を高率で予測
筑波大などのチームが発見

毎日新聞 2011年6月26日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 血中のブドウ糖の濃度を調べる一般的な
血糖値に加え、過去1~2カ月の平均的な
血糖状態を示すヘモグロビンA1c
(HbA1c)を測定すると、いずれか一方
を測定した場合に比べ、将来の糖尿病患者を
高率で見つけ出せることを筑波大などの
研究チームが世界で初めて突き止め、
25日の英医学誌ランセットに発表した。

 同大大学院生らが、虎の門病院
(東京都港区)とともに、97~03年に
同病院で人間ドックを受診した人のうち、
糖尿病ではない男女6241人
(平均50歳)を平均5年追跡した。

 その結果、空腹時の血糖値が糖尿病に
近い高め(1デシリットルあたり
100~125ミリグラム)の人のうち
糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが
高め(日本の検査値で5.3~6.0%)
の人で発症した人は7%だった。

 空腹時血糖値とHbA1cがともに
高めの人の場合、38%の人が糖尿病を
発症した。

 チームの曽根博仁・同大教授(内科)は
「二つの検査を組み合わせることによって、
将来、糖尿病を発症する危険性が高い人を
効率的に発見できるだろう」と話す。
【永山悦子】
---------------------------------------

良いですね。
糖尿病は自覚症状が殆どないので、とかく
見過ごされがちです。

発症してしまってからでは遅い。

早期に発症の可能性を高率で見つけ出せる
というのは素晴らしい。

是非広まって欲しいと思います。

|

« スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図 | トップページ | 新しい先天性筋ジストロフィーの発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52065182

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見:

« スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図 | トップページ | 新しい先天性筋ジストロフィーの発見 »