« 国連曰く「国家によるインターネット遮断は人権侵害」 | トップページ | バイバイCO2! 着々とクリーンなエネルギー社会への道を進んでるよね。(動画) »

2011年6月 9日 (木)

安全、高効率にiPS細胞を作製 マウスで100%と京大

安全、高効率にiPS細胞を作製
マウスで100%と京大

2011年6月9日 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Pn2011060801001177ci0003
京都大の研究チームらが作製に成功した、
より安全なiPS細胞
(前川桃子京都大助教提供)

 未受精卵や受精卵の初期段階で強く働く
遺伝子「Glis1(グリスワン)」を導入
することで、より安全な人工多能性幹細胞
(iPS細胞)を効率よく作ることに
京都大の山中伸弥教授の研究チームらが
成功し、9日付の英科学誌ネイチャーに
発表。

 マウスなら、作製効率はほぼ100%で
「顕著な改善」という。

 山中教授は「グリスワンはiPS細胞の
実用化に有利な性質を備えており、魔法の
遺伝子」としている。

 体のさまざまな種類の細胞になれる
iPS細胞は、山中教授が四つの遺伝子
を導入して開発。
 チームは遺伝子cMycを除く三つの
遺伝子とグリスワンを、マウスとヒトの
線維芽細胞に導入。
---------------------------------------

「魔法の遺伝子」素晴らしい。
>科学的な真実は追試によってのみ
>確かめられます。

cMycはがんにからむ遺伝子です。
これ無しでiPS細胞ができるということ
は画期的です。

研究は少しずつ進みます。
ブレークスルーは必須ですが、

期待したい。

これのことですね。
炎症・再生医学会、京大山中教授、
iPS細胞を誘導する「魔法の因子」を
今週発表と発言

Biotechnology Japan

詳細はこちら
転写因子Glis1により安全な
iPS細胞の高効率作製に成功

京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)他

 

|

« 国連曰く「国家によるインターネット遮断は人権侵害」 | トップページ | バイバイCO2! 着々とクリーンなエネルギー社会への道を進んでるよね。(動画) »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51895769

この記事へのトラックバック一覧です: 安全、高効率にiPS細胞を作製 マウスで100%と京大:

« 国連曰く「国家によるインターネット遮断は人権侵害」 | トップページ | バイバイCO2! 着々とクリーンなエネルギー社会への道を進んでるよね。(動画) »