« 二つの難病(脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化症)の症状を示す新しい遺伝性神経変性疾患とその原因遺伝子を発見 | トップページ | 福島第1原発:東電頼みの検査、露呈…安全基盤機構ミス »

2011年6月18日 (土)

ニュートリノ:世界初「電子型」兆候 高エネ研、変化検出

ニュートリノ:世界初「電子型」兆候
高エネ研、変化検出

毎日新聞 2011年6月15日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 素粒子の一つ「ニュートリノ」に質量
がある証しとなる3種類の「ニュートリノ
振動」の一つで、唯一見つかっていない
振動の兆候を、高エネルギー加速器研究機構
(茨城県)などの国際チームが世界で初めて
とらえた。

 15日、発表した。
 宇宙が現在の姿に進化した仕組みの解明
に役立つ成果という。

 ニュートリノには電子型、ミュー型、
タウ型の3種類あり、それぞれが「振動」
という現象で別の型に変わる。
 ミュー型-電子型間の変化が見つかって
いない。

 国際チームは、大強度陽子加速器施設
「J-PARC」(茨城県)で、
10年1月から東日本大震災で装置が停止
する今年3月までの間、大量のミュー型の
ニュートリノをつくり、295キロ離れた
東京大の観測装置「スーパーカミオカンデ」
(岐阜県)で電子型の有無を調べた。

 スーパーカミオカンデは旧神岡鉱山にある
水槽(直径、高さ各40メートル)で、
ニュートリノが水中を走って生じる
「チェレンコフ光」を検出する。

 電子型はミュー型と比べ飛行軌道が乱れ、
光が散乱するので特定できる。

 その結果、スーパーカミオカンデで
ニュートリノ88個が検出され、このうち
6個が電子型であることが分かった。

 データを統計的に処理すると、ミュー型
が電子型になった確率は99.3%と
なった。

 ビッグバンという大爆発で宇宙が誕生した
際、地球や私たちの体などを構成する物質
と、物質と反対の電気を帯びた「反物質」
が同量あったが、時間の経過とともに
反物質が消滅し、現在にいたった。

 消滅の理由は、08年にノーベル賞を受賞
した益川敏英、小林誠両博士の理論で説明
されたが、すべては説明できなかった。

 物質と反物質の差を知るには、波が
重なりあって起きる「干渉」を調べると
解明できる可能性が指摘され、各国の
研究機関がニュートリノ振動を発見しよう
と激しく競争している。

 素粒子物理学の世界で確定と結論づける
には99.9%以上の確率が必要で、
さらにデータを蓄積しなければならない。

 同機構の小林隆教授は「今年末に
J-PARCを再稼働させ、その1年後
には目標を達成できるのではないか」
と話す。【野田武】
---------------------------------------

壮大な話ではあるのですが、いかんせん
難しい。物理学の常識を覆す大発見。

>素粒子物理学の世界で確定と結論づける
>には99.9%以上の確率が必要
だそうです。なかなか大変です。

ニュートリノに質量があることを最初に
発見したのは戸塚洋二さんです。
関連リンクは、
2008レクイエム~さよならあの人

ブログもあります。
The Fourth Three-Months
亡くなられたのは残念ですね。

理解を深める為のリンク
スーパーカミオカンデ
公式ホームページ

この中にやさしい研究紹介があります。
動画でやさしく説明しています。
興味のある方は見てください。

|

« 二つの難病(脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化症)の症状を示す新しい遺伝性神経変性疾患とその原因遺伝子を発見 | トップページ | 福島第1原発:東電頼みの検査、露呈…安全基盤機構ミス »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51976517

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートリノ:世界初「電子型」兆候 高エネ研、変化検出:

« 二つの難病(脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化症)の症状を示す新しい遺伝性神経変性疾患とその原因遺伝子を発見 | トップページ | 福島第1原発:東電頼みの検査、露呈…安全基盤機構ミス »