« 原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ(1) | トップページ | 経産省:古賀氏に退職打診 公務員制度改革などで民主批判 »

2011年6月30日 (木)

プラスチックで放射線検出 新素材のセンサー開発

プラスチックで放射線検出
新素材のセンサー開発

2011/06/29 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Pet

 放射線が当たると発光するプラスチック製
の新素材を京都大原子炉実験所の
中村秀仁助教(放射線物理学)らのチームが
開発した。

 福島第1原発事故で関心が高まる
放射線測定器に応用可能で、安価なセンサー
として期待できるという。

 成果は29日、欧州物理学会速報誌で
発表した。

 開発したのはペットボトルの主成分を
改良したプラスチックで、放射線が当たると
その強さに応じて発光する。

 数センチ四方の薄い板状に切り分け、
測定器内部に装着すれば、光を電気信号に
変換して放射線量が算出できる。

 プラスチックのため加工が簡単で、
センサーの大型化も可能。
---------------------------------------

良いですね。
京都大原子炉実験所素晴らしいです。

政府も経済界も無視してきたけれど、
原発の危険性について正しい情報を発信
し続けている。なかなか出来ないこと。

本来こういうものは、それほど必要とする
ものではないのだけれど、今の状況では
欲しいと思う。

測ろうと思っても計測器は高い。

関連記事です。
放射線で光る樹脂、ペットボトルの素材
で開発 京大など

2011年6月30日 朝日新聞

|

« 原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ(1) | トップページ | 経産省:古賀氏に退職打診 公務員制度改革などで民主批判 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52084319

この記事へのトラックバック一覧です: プラスチックで放射線検出 新素材のセンサー開発:

« 原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ(1) | トップページ | 経産省:古賀氏に退職打診 公務員制度改革などで民主批判 »