« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の投稿

2011年6月30日 (木)

iPS、1~2時間で精製…レーザーで不要細胞除去

iPS、1~2時間で精製
…レーザーで不要細胞除去

2011年6月22日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞
(新型万能細胞)などの精製時間を大幅に
短縮する装置を、ちゅうごく産業創造
センター(広島市)と近畿大などが開発し、
21日発表した。

 大量の試料の中から100%の確率で
細胞を選別、ほぼ無傷で取り出せると
している。

 iPS細胞は、皮膚細胞に複数の遺伝子
を組み込んで作る。
 一般に1000個に1個の割合でしか
できないとされ、大量の細胞の中から
成功分をより分ける、効率的な方法が
課題となっていた。

 新装置は、1センチ四方のガラス板に、
細胞を付着させる金製の点4900個を
等間隔に配列。
 不要な細胞に反応する抗体と蛍光色素を
入れて選別し、レーザー光で死滅させて
除去する。

 これまで5時間はかかった作業を
1~2時間に縮め、温度を下げると細胞が
板からはがれるようにし、傷つきにくい
工夫を施している。
 装置の価格も500万円と従来の
半額以下になる見通しという。
 同大学工学部の山田康枝教授
(細胞生物学)は「人体に使える安全な
iPS細胞を効率よく取り出せ、
再生医療の可能性が高まった」と話して
いる。
---------------------------------------

素晴らしい。

>「人体に使える安全なiPS細胞を
>効率よく取り出せ、再生医療の可能性が
>高まった」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経産省:古賀氏に退職打診 公務員制度改革などで民主批判

経産省:古賀氏に退職打診
公務員制度改革などで民主批判

毎日新聞 2011年6月25日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 経済産業省は24日、民主党政権の
公務員制度改革を批判してきた同省の
古賀茂明氏(55)=大臣官房付=を退職
させる方針を固め、同日午後、本人に打診
した。

 古賀氏は東京電力福島第1原発事故を
受け、電力会社が猛反発する「発送電分離」
などの電力改革を唱えたほか、5月20日
に出版した著書で、事故を巡る政府の対応
を批判しており、現職官僚による
「内部告発」が引き金となった可能性が
濃厚だ。

 関係者によると、松永和夫経産事務次官
が同日、古賀氏に7月15日付の退職を
打診した。
 古賀氏は「あまりに性急だ」と回答を
留保しているという。

 古賀氏は1980年、通商産業省
(現経産省)に入省。
 経済産業政策課長などを歴任。
 政権交代前には国家公務員制度改革推進
本部事務局の審議官として
「天下り規制の強化」「事務次官廃止」
などを提案したが、霞が関の猛反発で
退けられ、2009年12月に待機ポスト
の現職に就いた。【三沢耕平】
---------------------------------------

今朝のモーニングバードで見ました。
玉川さんの「そもそも総研」です。
その中で古賀氏の話も聞き素晴らしい
改革案だと思っていました。

その人を退職させると言う。
とんでもないことだと思う。

古賀氏の言っていることは正論。
正しい改革の姿を示してくれた人。
残って改革に携わって欲しい人。

その人を排除するということは改革は
しないと言うことと同義。

民主党はマニュフェストで
「早期退職勧奨の廃止」を打ち出して
いたはず。

全く矛盾する。
何が政治主導かと腹が立つ。
官僚の良いなり。
人事権は大臣にあるのではなかったのか?

これで全く民主党は信頼出来ない党に
成り下がった。

少なくとも私は、個人は別として、
今後民主党という政党を信頼しない。
投票もしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラスチックで放射線検出 新素材のセンサー開発

プラスチックで放射線検出
新素材のセンサー開発

2011/06/29 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Pet

 放射線が当たると発光するプラスチック製
の新素材を京都大原子炉実験所の
中村秀仁助教(放射線物理学)らのチームが
開発した。

 福島第1原発事故で関心が高まる
放射線測定器に応用可能で、安価なセンサー
として期待できるという。

 成果は29日、欧州物理学会速報誌で
発表した。

 開発したのはペットボトルの主成分を
改良したプラスチックで、放射線が当たると
その強さに応じて発光する。

 数センチ四方の薄い板状に切り分け、
測定器内部に装着すれば、光を電気信号に
変換して放射線量が算出できる。

 プラスチックのため加工が簡単で、
センサーの大型化も可能。
---------------------------------------

良いですね。
京都大原子炉実験所素晴らしいです。

政府も経済界も無視してきたけれど、
原発の危険性について正しい情報を発信
し続けている。なかなか出来ないこと。

本来こういうものは、それほど必要とする
ものではないのだけれど、今の状況では
欲しいと思う。

測ろうと思っても計測器は高い。

関連記事です。
放射線で光る樹脂、ペットボトルの素材
で開発 京大など

2011年6月30日 朝日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ(1)

原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で
作り上げた虚構、
今や経済合理性はゼロ(1)

11/06/21 東洋経済online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 1キロワット時の電力を作るのに、水力は
約12円、石油11円。
 そこへもってくると、原子力なら半分の
約5円で済む――。

 傑出した経済性は、ウラン燃料が比較的
入手しやすい、燃料がリサイクルできる、
CO2を排出しない、と並ぶ、
「原発の4大美点」だった。

過小評価と抜け穴だらけ 「公式試算」の
いいかげん

 原子力の発電コストは、三つの要素で
成り立つ。

 第1が、燃料費や人件費など、電気を作る
うえでかかる「発電費用」。

 第2が、発電に伴って出る使用済み燃料を
再加工したり、廃棄物を処理する費用だ。
 後工程という意味で「バックエンド費用」
と呼ばれる。

 これに、「立地費用」が加わる。
 原発を誘致した地元自治体に対する補助金
や交付金がこれに当たる。

 驚くべきことに、国が言う「原発5円」
は、1と2のコストしか含めていない。
 しかも、不備がある。

20110620009790413

 まず、発電費用から、揚水発電のコスト
が外されている。

 揚水発電とは、夜間電力で水をくみ上げて
上部調整池にためておき、需要の多い昼間に
落水して発電する。
 原発はつねに一定の出力で発電するため、
夜間は電気が余る。
 揚水はその有効活用策だ。
 つまり、揚水発電は原子力のために存在
する存在であり、両者は不可分の関係に
ある。

 立命館大学国際関係学部の大島堅一教授
は、電力各社の有価証券報告書をつぶさに
検証し、本来かかったはずの発電コストを
試算した。

 その結果、原子力と揚水を足したコスト
は2007年度で1キロワット時約9円と、国の
試算の約2倍であり、火力の約11円とほぼ
同じであることが判明した。

 ちなみに、揚水を除いた一般水力発電の
コストが約4円で最も安く、国の言う
「水力12円」説の“ウソ”も、併せて
明らかになった。

 国の試算がさらに問題なのは、
“第2の費用=バックエンド費用”が、
極めて過少評価されている点だ。

 04年の政府審議会に提出された政府資料
によると、バックエンド費用は総額
約18・8兆円となっている。
 これでも十分巨額だが、今回、大島教授
への取材に基づき本誌が試算したころ、
実にその4倍、70兆円規模に膨らむ可能性が
あるとわかった。

 政府と本誌の試算は、大きく二つの費用
で異なる。

 まずは、使用済み燃料の再処理費用だ。

 燃やし終わった燃料からウランや
プルトニウムを取り出し、新たな燃料
(MOX燃料)として使えば、ウラン資源を
有効活用できるという考え方は、
「核燃料サイクル」として、日本の原子力
政策の根幹を成す。

 政府は、青森県六ヶ所村にある
再処理工場の費用を11兆円とはじいて
いる。だが、実は、六ヶ所再処理工場
では、43年までに発生すると見積もられて
いる使用済み燃料約6・4万トンの半分しか
処理する能力を持ち合わせていない。

 だとすれば、コストも11兆円ではなく、
2倍の22兆円と認識するのが自然だろう。
 もちろん、使用済み燃料にかかわる費用
すべても、倍にして考える必要がある。

あまりに楽観的な「歩留まり100%」前提

 それだけではない。
 リサイクル燃料であるMOX燃料も燃やし
終えれば当然、使用済み燃料が出る。
 ところが、試算からはこの部分が
すっぽりと抜け落ちている。

 六ヶ所はもともとウラン使用済み燃料の
半量を再処理するために建設された工場で、
MOX燃料を持ち込むことは本来できない。

 技術的に見ても、組成が異なるウラン燃料
とMOX燃料を一緒に処理できないという見方
もある。
 六ヶ所と同規模の専用工場を建てるなら、
やはり11兆円以上が必要になる。
 再処理しないならしないで、MOX使用済み
燃料分の処分費用がいるだろう。

 しかも、11兆円というのは、工場稼働率
100%を前提にしているのだから楽観的
というほかない。
 実際は、フランス・アレバの
ラ・アーグ工場が稼働率56%、
英国セラフィールド工場は4%にとどまる
(各07年)。

 歩留まりが下がれば、反比例してコスト
はかさむ。
 ひいき目に見て稼働率70%としても、
22兆+11兆=33兆円の処理費用は47兆円に
膨らむと考えてもおかしくはない。

 高レベル放射性廃棄物の処分に関する
費用に至っては、国の見積もりは決定的に
「甘い」。
 高レベル廃棄物というのは、使用済み
燃料を再処理する際に出る液体状の廃棄物
で、安定した物質であるガラスを混ぜて
「固化体」にされる。
 固化体は、30~50年かけて冷まされた後
(中間貯蔵)、地下300メートルより深い
地層に最終処分される。
 政府は、固化体1本のコストを3530万円
として、2兆円余りとはじいている。

 ところが、である。
 高レベル廃棄物は、過去、フランスや
英国に固化を委託してきた。
 固化を終え返還された燃料は、現在は
六ヶ所村で中間貯蔵されている。
 大島教授はこれについても、電気事業
連合会の資料から検証した。
 結果、1本の貯蔵費用は1億2300万円程度
と、政府前提の3・5倍にも達することが
わかった。

 「地下に埋めて半永久的に人類から隔離
する費用が、当座の管理費用より安いとは
考えにくい。
 少なくとも同じと見るべきだろう」
と語る。

 高レベル廃棄物もほかと同様、
全量再処理ベースで計算すると、
(2・55兆円×2)×3・5=約17・8兆円。
 これは、国試算ベースの7倍に相当する。
“真”のバックエンド費用は約74兆円──。

 金額の当否はともかく、国の見積もりは
あまりに楽観的だ。

再生可能エネルギーが将来いちばん安くなる

 最後に、第3のコスト。
 発電所の建設を受け入れた地元自治体
には、見返りとして、多額の交付金や
補助金が流れる。
 これも、発電コストにほかならない。

 再び大島教授の試算によると、
1キロワット時当たりの開発単価と
立地単価の合計は揚水を含む原子力が
2・1円、火力と水力が各0・1円
(1970~2007年度)だった。
 これを足した同期間の「総コスト」は、
揚水を含む原子力が12・23円、
火力9・9円、水力3・98円となった。
 原子力発電は、最も割高な発電だった
ことになる。神話は虚構だった。

 しかも、これまで見てきたように、
バックエンド費用は明らかに過小に見積も
られている。
 さらに言えば、事故に関する費用は、
まったく含めていない。
 福島第一原発の事故処理、賠償、
そして廃炉にかかる費用――

 原発の経済合理性について斟酌
(しんしゃく)する余地はもはや、
どこにもない。

 ちなみに東京電力は、1970年度からの
37年間で得た原子力事業からの利益
約4兆円を一瞬にしてなくした。
 東電にとって原発はまったく割に
合わない電源だった。

 大島教授は言う。「原発の経済
パフォーマンスは想像以上によくない。
 特に、再処理はおろかな政策であり、
すぐにやめるべきだ」。

 使用済み燃料を再処理して得られる
MOX燃料は金額にして9000億円分に相当
する。そのために、再処理に11兆円、
MOX燃料加工に1・9兆円
(ここでは政府試算どおり)もの費用を
投下するのだ。

 「おカネをドブに捨てているような
ものだ。

 それだけの費用があれば、風力発電や
太陽光発電を市場でテイクオフさせ
られる。立地・開発に関する補助金も、
利用目的を転換していくことはできる
だろう」(同)。

 「さらに、原子力との著しい違いは、
原子力コストはこれからも上がり続ける
のに対して、再生可能エネルギーのコスト
は下がる一方だということだ」と言う
大島教授は、原子力に傾斜してきた日本の
エネルギー政策を「再生可能エネルギーの
成長を見過ごした産業政策の失敗」だと
位置づける。

 あぶり出された原子力のウソ――
 それは同時に、原発の真実の姿も白日の
下にさらしている。
 そこから目をそらすことは、
もうできない。
---------------------------------------

まったくひどい。
これほど恣意的な試算だったとは?
政府のいうことは全く信用出来ない
ということだ。

原発を停止すると電気料金が上がると
言うのは短期的な話、実体は全く違う。

>原子力コストはこれからも上がり続ける
>のに対して、再生可能エネルギーの
>コストは下がる一方だということだ

政府の施策を見ていると、電気料金に
今回の事故賠償金が上乗せされる可能性
が大きい。これもひどい話だ。

今回出ている再生可能エネルギー促進法は
ないよりましだが、総て電気料金に上乗せ
される。

直ちに、今までの電力政策を変更して、
原発推進の為の余剰金を再生可能
エネルギー促進に使うべきだと思う。

上記の記事では、
「燃やし終わった燃料からウランや
プルトニウムを取り出し、新たな燃料
(MOX燃料)として使えば、ウラン資源を
有効活用できるという考え方は、
「核燃料サイクル」として、日本の原子力
政策の根幹を成す。」

と言っているが、本来は高速増殖炉の稼働
にある。ところができない。
MOX燃料として再利用といってもウラン燃料
に一割しか混ぜることが出来ない。
要するにたったの一割の再利用にすぎない。


>「おカネをドブに捨てているようなもの
>だ。それだけの費用があれば、風力発電
>や太陽光発電を市場でテイクオフさせ
>られる。立地・開発に関する補助金も、
>利用目的を転換していくことはできる
>だろう」

どうして今の政治家はこういう施策を継続
しようとするのだろう?

とんでもない無駄遣い。であり、

将来を見通した時、決して国民の為には
ならない施策なのに、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

塗って作れる太陽電池

塗って作れる太陽電池
2011年6月20日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 2011年4月、三菱化学は、「次世代太陽
電池」として実用化が待たれている
「有機薄膜太陽電池」において、
世界最高値となる9.2%のエネルギー変換
効率を達成したと発表した。

 同社の有機薄膜太陽電池の特徴は、
印刷技術を利用して効率の高い生産が
できること。
 これにより、近い将来、部屋の壁紙や
カーテン、自動車のボディ、衣服などで
太陽光発電ができるようになるかも
しれない。

 福島第一原発事故を機に、
自然エネルギー、とりわけ太陽光発電への
期待が高まっている。

 このような中、2011年4月に、三菱化学
は、「次世代太陽電池」として実用化が
待たれている「有機薄膜太陽電池」
において、世界最高値となる9.2%の
エネルギー変換効率を達成したと発表
した。

 「このニュースは米国の『サイエンス』誌
でも紹介された。
 これまでの最高値だった8%台を一気に
1%も向上させることができたことに、
海外の研究者たちも驚きを持って受け止めて
くれたようだ」。星島氏はこう語る。

 現在、家の屋根などに設置されている
太陽光パネルの多くは、無機系の
「結晶シリコン太陽電池」だ。
 高価格であるため、なかなか普及に弾み
がついていない。

 その最大の要因は、原料に高純度シリコン
を使っていることにある。
 しかも、日本の場合、その調達を中国
からの輸入に全面的に頼っており、
資源外交リスクという課題も抱えている。

 そのため、低価格で、資源外交リスクが
低い原料を使う次世代太陽電池の開発が
求められている。

 その本命として、国内外を問わず、現在、
研究開発が急ピッチで進められているのが、
有機系太陽電池だ。

 有機系太陽電池とは、その名の通り、炭素
などの有機物を材料とした太陽電池のこと。

 現在、「色素増感太陽電池」と
「有機薄膜太陽電池」の2種類に大別
できる。

 三菱化学が研究開発を進めているのは、
後者だ。
 特に、有機薄膜太陽電池は、入手しやすい
原料を使っており、従来の結晶シリコン
太陽電池に比べて、生産コストが低く抑え
られる。
 その上、薄くて、軽く、曲げられる
といった特徴を持つため、応用範囲が
広く、様々なデザインに加工できる。

 有機系太陽電池の場合、主な原料である
有機物が性能向上の鍵を握る。
 そのため、ここ数年、長年培ってきた
素材に関する自社の知識や技術を太陽電池
に応用すべく、住友化学や三井化学、東レ、
東洋紡といった素材メーカーが相次いで
市場に参入してきている。

 三菱化学もその中の1社というわけだ。

 これまで、エネルギー変換効率が5%程度
と低く、製品寿命が短いのが課題だった。

 そこで、エネルギー変換効率と製品寿命の
さらなる向上を目指し、多くの企業や
研究機関がしのぎを削っているのである。

 このような中、三菱化学が発表したのが、
「エネルギー変換効率9.2%」を達成した
試作品であった。

 星島氏はこう語る。
 「エネルギー変換効率を10%にできれば、
実用化に踏み切れると考えている。
 今回の成功により、2012年には実用化
できる見通しが立った」。

 さらに、星島氏はこう加えた。
 「しかし、弊社の有機薄膜太陽電池の
真骨頂は、エネルギー変換効率の高さ
ではない。
 印刷技術が利用可能な製造方法にある」。

 これまで、有機薄膜太陽電池の製造方法
としては、「真空蒸着法」が常識とされて
いた。
 真空蒸着法の場合、大掛かりな製造装置
が必要なため、生産コストがかさむ上、
大面積化が難しいという欠点がある。

 それに対し、三菱化学が開発した製品の
場合、フィルム基板などに印刷して簡単に
製造できる。
 そのため、製造装置も比較的小さなもの
で済み、大量生産が可能になる。
 大面積化も容易だという。

 その結果、「部屋の壁紙やカーテンで
発電する」といったことまでが、現実味を
帯びてくるのだ。

 印刷技術を使った製造方法を可能にした
のが、同社が開発した有機半導体材料だ。

 有機薄膜太陽電池には、2種類の
有機半導体材料が必要だ。
 1つは、光が当たると電子を放出する
「p型有機半導体」。
 もう1つは、電子を受け取り、電極に
伝える「n型有機半導体」だ。

 三菱化学が開発した有機薄膜太陽電池
では、p型有機半導体に、
「テトラベンゾポルフィリン」と呼ばれる
有機物を、n型有機半導体に、
「フラーレン誘導体」を用いている。

 フラーレン誘導体とは、炭素原子60個
からなるサッカーボール状の分子である
フラーレンに、有機分子を取り付けた
化合物のことだ。

 テトラベンゾポルフィリンは、実は、
2006年に、当時、
三菱ケミカルホールディングスだった
三菱化学と愛媛大学理学部の小野昇名誉教授
が、有機ELや電子ペーパーの駆動用
薄膜トランジスタの材料として開発した
ものだ。
 半導体特性がたまたま有機薄膜太陽電池
の条件に合致していたため、太陽電池への
応用を開始したのだ。
 ちなみに、有機薄膜太陽電池は、電気を
流すと光を放つ素材「有機EL」と反対の
物理現象を利用している。

 テトラベンゾポルフィリンの前駆体を
有機溶媒に溶かしてインク化し、それを
フィルム基板に塗布して加熱すれば、
有機薄膜太陽電池が簡単に作れるのでは
ないか――。

 そう考えた三菱化学の開発陣は、
東京大学大学院理学系研究科の中村栄一教授
らと共同で、有機薄膜太陽電池の研究開発を
本格的に開始した。

 この共同研究の中で、東京大学は、
テトラベンゾポルフィリンが放出する電子
を効率良く受け取れるように、新たに
フラーレン誘導体を開発した。

 かくして、2007年、三菱化学は東京大学
と共同で、フィルム基板に、
テトラベンゾポルフィリンという低分子の
有機半導体材料を塗布して加熱する方法で、
有機薄膜太陽電池を製造することに、
世界で初めて成功した。

 2009年4月からは、東京大学大学院理学系
研究科の協力の下、3カ年計画で、
社会連携講座「光電変換化学講座」を開設。
 有機半導体材料の改良や光学設計を
見直すことで、着実にエネルギー変換効率
を向上させていった。
 そして、2011年4月、9.2%のエネルギー
変換効率を達成した。

 「弊社は、有機薄膜太陽電池の高性能化
へのマイルストーンとして、
エネルギー変換効率を、2010年に10%、
2015年に15%、2020年に20%以上にする
目標を掲げてきた。
 ほぼ計画通り進んでいる」と、
星島氏は自信を見せる。

 今後、テトラベンゾポルフィリンの
製造技術をさらに向上させることで、
より幅広い波長領域からの光吸収を可能に
し、エネルギー変換効率を高めていく計画
だ。加えて、フラーレン誘導体の改良や
デバイス技術の開発、フィルム基板に
有機半導体材料を塗布して加熱する
「連続塗布(ロール・トゥ・ロール)製
膜プロセス」による製造方法の確立、
製造工場の整備などを進め、2012年の実用化
を目指す。

 製品寿命も現時点で10年以上はあり、
十分実用化に耐えると見ている。
---------------------------------------

確かに、シリコンは資源外交リスクが高い。
各国が太陽電池製造に走るとそうなる
可能性大です。

>「有機薄膜太陽電池」において、
>世界最高値となる9.2%のエネルギー
>変換効率を達成

且つ、
>「しかし、弊社の有機薄膜太陽電池の
>真骨頂は、エネルギー変換効率の高さ
>ではない。印刷技術が利用可能な
>製造方法にある」。
とのことで、素晴らしい。

「部屋の壁紙やカーテンで発電する」
というのは良いですね。
早く実用化して安価に提供して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力の選択

電力の選択
2011/06/29 朝日新聞

スペインでの話です。
参考になります。

---------------------------------------
 お天気任せで頼りない,と思われがちな
自然エネルギーである。

 しかし,スペインではむしろ電力の
「主役」として活躍している。

 首都マドリードの郊外に,国全土に電力を
安定的に送るための心臓部がある。
 国唯一の送電会社REEが運営する
「再生可能エネルギー中央制御センター」
である。

 スペイン全土の自然エネルギーによる
発電状況が一目でわかる地図が,モニター
に映し出される。

 落雷による事故に備え職員1人が監視
しているが,ほぼコンピューターで
自動制御されている。

 「自然エネルギーの安定供給のために,
私たちがつくりあげた世界一のシステムだ」

 責任者のトマス・ドミンゲス氏は胸を
張る。

 中核部分は,自然エネルギーの発電量を
予測するシステムだ。
 お天気任せが不安なら,そのお天気を
先取りして把握すればいい。

 天気予報などの情報を駆使して,
24時間後に生み出されるであろう発電量を
予測する。

 予測と実際の発電量との違いは,
平均15%以内に収まるという。
 1時間前まで予測を更新するので,
誤差はさらに縮まる。

 自然エネルギーを普及させる国の政策
により,風や太陽から生まれた電力は
最優先で使われる。

 この「主役」だけでは賄えない電気を
補うのが,「脇役」の石炭やガス,水力の
発電所である。

 24時間前から主役のふるまいを予測した
情報がREEから伝えられ,出番に備える。

 その主役が大暴れしたことがある。
 2009年12月30日未明,全国で強い風が
吹いた。

 人々が眠りについて電力消費量が減る
なか,風車は勢いよく回った。
 REEからの事前予測にもとづき,石炭
やガスは出力を目いっぱい落とした。
 電力消費量がさらに減ると,REEは
余った電力を隣国のフランスやポルトガル
へ輸出した。
 午前3時40分,電力の54.6%を風力が
占めた。
 それでも停電など問題は起きなかった。
スペインでも,自然エネルギーへの不安は
あった。

 ドミンゲス氏は「安定供給は克服した
問題だ。
 風力発電がもっと増えても問題ない」
と余裕をみせた。

 スペイン全体の年間発電量(2010年)
は約2881億キロワット時,東京電力と
同規模である。

 水力を含む自然エネルギーが35%を占め,
火力の32%,原子力の22%を上回る。
 日本では太陽光,風力などの
自然エネルギーは約1%で,水力を
含めても9%にすぎない。

 スペイン風力発電協会の
エイキ・ウイルステッド政策部長は
「風力が増えれば,その分,ガスの
輸入を減らせる。
 自然エネルギーへの支持は高い」と
話す。

 スペインで自然エネルギーの開発が
本格化したのは1990年代後半であった。

 エネルギーの9割以上を外国に頼って
いた。

 この体質から脱し,国際競争力のある
国内企業を育てようと,当時の主要政党の
意見は一致。

 安定した風と太陽に恵まれた気象条件に
目をつけた。

 必ずしも計画的に進まなかった。

 2004年に政府が太陽光の買取価格を
とりわけ高く設定すると,想定をはるかに
上回る勢いで施設ができた。
 この「太陽光バブル」は,2008年の
経済危機を契機にはじける。
 政府が買取価格を下げると,今度は新規
の施設が急減。
 発電業者が裁判に訴える事態にまで発展
した。

 「現政権は補助金をばらまいた。
 エネルギー政策は夢ではなく,現実に
もとづいて築き上げるものだ」。
 野党・国民党のアルバロ・メダル下院議員
は手きびしい。
 それでも,世界有数の風車メーカーの
ガメサ,世界各国で自然エネルギー事業を
展開するアクシオナなどの企業が育った。

 与党・社会労働党寄りのシンクタンク
「イデアス財団」のカルロス・ムラス所長
は,社労党が原子力開発の選択肢を狭めた
ことも影響したとみる。

 「新たなエネルギーの開発に,官民が
力を合わせてとり組む機運を高めた」と
評価する。

 日本の電力会社は広報資料にまで
「自然エネルギーは変動するし,予測も
できない」と記して,慎重な姿勢をとって
きた。

 季節によって天候が変わりやすい日本
では,スペインより予測がむずかしいと
される。

 そのなかで,新エネルギー・産業技術
総合開発機構(NEDO)は,
風力の発電量を予測するシステムを
2008年に開発した。

 青森県六ケ所村の二又風力発電所で
実用化されている。
 データを蓄積中で,精度を磨いている。
 NEDOでは,さらに太陽光の
予測システムも開発を終えている。

 電力の安定供給に詳しい東京大学の
荻本和彦特任教授は,当面は火力や水力で
供給量を調節すれば,自然エネルギーを
増やせるという。
 さらに増やすには,IT技術を活用する
スマートグリッドで対応する必要がある
と指摘する。

 「日本には解決するだけの技術はある。
あとは意志の問題だ」と語っている。
---------------------------------------

スペインを見習う必要がありませんか?

>エネルギーの9割以上を外国に頼って
>いた。

>自然エネルギーを普及させる国の政策
>により,風や太陽から生まれた電力は
>最優先で使われる。
>この「主役」だけでは賄えない電気を
>補うのが,「脇役」の石炭やガス,
>水力の発電所である。

>ドミンゲス氏は「安定供給は克服した
>問題だ。
>風力発電がもっと増えても問題ない」
>と余裕をみせた。

>電力の安定供給に詳しい東京大学の
>荻本和彦特任教授は,
>「日本には解決するだけの技術はある。
>あとは意志の問題だ」と語っている。
そう思います。意志の問題だと。

スペインに出来て日本に出来ないはずは
ない。

>日本の電力会社は広報資料にまで
>「自然エネルギーは変動するし,予測も
>できない」と記して,慎重な姿勢を
>とってきた。
言い訳に過ぎないと思う。

ウランとて有限資源、いずれなくなるし、
いつまでも安定に入手できるとは限ら
ない。

こういう記事があります。
ウランが足りない?
印中、原発増設で争奪戦

中国、インドが必死になれば、ウランは
たちどころに枯渇します。
電力不足の中国は必ず、原発を推進する
はず。インドも同類だと思う。
手っ取り早く、大電力を安定に供給出来る
発電方法は原発以外にないからです。

ウランの価格はたちどころに上昇するし
原発推進、核廃棄物の処理などにかかる
費用を電気料金に反映すれば、
安いどころか、かなり高いはず。

今回の事故の補償金は莫大なものに
なる。二度と事故は起こせない。
そうなるように原発を作ろうとすれば
今までよりずっと設備費用がかかる。

本当に安価な発電方法でしょうか?

火力発電所の稼働率は低い。
電力不足というのであれば、早急に
火力発電所の稼働率を上げれば良い。

決定的に電力不足な中国とは違う。

それなのに資源枯渇でいずれ必ず
運転できなくなる原発、首都圏近傍に
建設できないほど危険な原発に依存し
続ける理由が理解できない。

早急に見切りをつけて、
再生可能エネルギーをメインにするよう
シフトするべきです。
CO2は出さないし、燃料代もかからない。

扱いにくいかもしれないけれど、
これからのエネルギーとして
頼りに出来るのは再生可能エネルギー
しかないと思う。
脇役として、バイオマスも有力。
メタンハイドレートもある。
脇役を活躍させる燃料は確保出来る。

シフトしましょう。
それには現在の電力供給システムを大きく
変えていかなければ出来ません。
お金もかかるし、時間もかかるのです。

今その分岐点にいます。
そのことを自覚して頂きたい。
中途半端な施策では駄目です。

現状維持では駄目なのです。
本当の改革が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[災害時なぜ逃げ遅れる]心理に「あそび」 鈍る危機感

[災害時なぜ逃げ遅れる]心理に
「あそび」 鈍る危機感

2011年6月9日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東日本大震災では、1万5000人以上
が津波の犠牲になった。
 津波警報が鳴っても、すぐに逃げなかった
人が少なくない。
 人はなぜ逃げ遅れるのか。
 心理的側面から対策を考えてみたい。
(佐藤光展)

異常事態を正常内と誤認

 「人間は安心して生きるために、心の中
に『あそび』の部分がある。
 ある範囲までの異常は異常と感じず、
正常範囲内と受け止めてしまう」。
 東京女子大名誉教授(災害心理学)の
広瀬弘忠さんは、そう指摘する。

 この「あそび」を専門用語で
正常性バイアス、あるいは正常化の偏見と
呼ぶ。小さな物音などにいつも驚いていては
神経が持たず、心を守るために必要な反応
だが、非常時に危機感を鈍らせてしまう働き
もある。

 広瀬さんが、テレビ局の控室で若い男性
約80人に行った実験では、控室にいきなり
白煙を吹き込んでも、吹き込む速度が
ゆっくりだと、7割の人が煙が充満しても
逃げなかった。

 煙は無害だが、少し刺激臭があった。
 ところが逃げなかった人たちは「いい匂い
でお香かと思った」「体によい煙だと
思った」などと都合のよい解釈をしていた。
 また、非常ベルの音、消防車のサイレン、
煙の進入、を順番に発生させて反応を見る
実験では、一緒にいる人が無反応だと、
逃げない人が多かった。

 こんな調子では、死者が多数出てしまう。
 生き残るために、何を心掛けたらいい
のか。
 東日本大震災の見事な避難例をみて
みよう。

 「地震が起こったら、君が最初に逃げる
人になれ」。

 群馬大学広域首都圏防災研究センター長
の片田敏孝さんは、7年前から防災教育に
携わる岩手県釜石市で、小中学生一人ひとり
に訴え続けた。
 そして起こった大地震。
 子どもたちは教師の指示を待たずに、
高台に向けて一斉に駆けだした。

 途中、小学生と合流した中学生は、低学年
の児童の手を引いたり、おぶったりして一緒
に逃げた。
 指定の避難場所も危ないと判断し、さらに
高台に上がって助かった子どももいた。
 同市の小中学生の生存率は99・8%。

 子どもたちが逃げる姿を見て慌てて
避難し、助かった住民も多かった。

 片田さんは「正常性バイアスに加え、自分
だけが飛び出して何もなかったら恥をかく
という思いが、避難を遅らせる。
 非常時には自分の生存を第一に考え、
ためらわず行動する自主性が何より大切。
 その素早い行動が周囲も救う」と話す。

 また、広瀬さんは「行く先々で、
避難ルートの確認を習慣づけてほしい」と
勧める。
 例えば、建物内では非常口を必ず確認
する。
 海で遊ぶ時は、高台の位置や距離を気に
留めておく。
 飛行機に乗った時は、緊急時の対応ビデオ
を必ず見る。

 「そうした短時間の確認を事前に行うだけ
で、いざという時の心身の反応が抜群に早く
なる」という。

 古今東西、災害で生き残るのは、誰よりも
早く逃げた人と決まっている。
 今、あなたの身に災害が降りかかったら、
どんなルートで逃げますか?

防災専門家の判断にも影響

 正常性バイアスは防災の専門家の意識も
鈍らせる。
 関西学院大教授の室崎益輝さんは、
阪神大震災前、震度5強を想定した神戸市の
防災計画を作成した。
 過去の記録を調べると、震度7の地震が
起こる恐れはあったが、「神戸は安全と
多くの人が信じており、私も影響された。
 震度7は私が生きている間はないと
思い込んでしまった」と悔やむ。

 今後、各地で見直しが進む防災計画や原発
の安全対策。
 正常性バイアスに陥っていないか、作成
する専門家自身が、自らに問い続ける必要
があるだろう。
---------------------------------------

>この「あそび」を専門用語で
>正常性バイアス、あるいは正常化の偏見
>と呼ぶ。
なるほど。そういう心理状態がある。

特に大人は経験もプラスされて、
かなり正常性バイアスがかかってますね。

気をつけましょう。
皆さん自身のことです。
自分の判断を常に見直すことが必要です。

>正常性バイアスに陥っていないか、
>作成する専門家自身が、
>自らに問い続ける必要があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

「父がつくった貴金属メッキ企業を再建。異業種から「転身」した一人娘の挑戦」

「父がつくった貴金属メッキ企業を再建。
異業種から「転身」した一人娘の挑戦」

掲載日:2011年 6月10日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 中小企業の経営者を取材していて、
いちばん頭を悩ますことを尋ねると、まず
後継者問題が挙がってくる。
 「息子に後を継がせる予定だが、社を
まとめていけるだろうか…」「長年苦労を
共にしてきた部下に任そうと思うが…」
などなど。

 埼玉県さいたま市にある貴金属メッキの
日本電鍍工業は、伊藤麻美さんが社長に
就任して11年を迎えた。

 伊藤さんの父が欧米の技術を越える
「高速度合金圧付け金メッキ法」の開発に
成功して起業。
 会社設立の1958年(昭和33年)には
セイコーやシチズンなど大手時計メーカー
の指定工場になるなど、その技術力には定評
があり、貴金属メッキのリーディング
カンパニーでもあった。

 「父が亡くなって20年がたちます。
 65歳の早過ぎる死でしたが、一人娘の
私に会社を継がせるつもりはなかったで
しょうし、娘にできるはずがないと考えて
いたのでしょうね。

 私自身も継ぐつもりは全くなかったん
ですよ」と、伊藤社長は屈託なく笑う。

 伊藤さんの生まれは東京・港区の飯倉。
 閑静な住宅街の大きな一戸建てだった。
 幼稚園からインターナショナルスクール
に通い、オーナーの一人娘として・
なに不自由なく・育った。

 会社は他社に先駆けて新技術を導入する
など増収増益を繰り返し、年間の売上げが
40~50億円に達し、200名弱の社員を抱える
優良企業に成長していく。

 「大学を卒業して、ラジオのディスク
ジョッキーの道へ進みました。
 父が亡くなったのは23歳のときです。
 あまりにも突然でしたが、会社には
十分な資産があり、心配することは
ありませんでした」

 相手の目をまっすぐに見ながら一語一語
丁寧に、そして滑舌のよい口調は、DJ時代
をほうふつとさせる。

 伊藤さんは自らの人生と会社が交差する
ことは考えられなかったという。
 その後、宝飾関係のジュエラー
(鑑定・鑑別士)の資格を得るためにアメリカ
に留学。
 現地で自立する道筋が見えた頃、「会社
の経営が思わしくなく、担保に入っていた
自宅がとられそうだ」と連絡が来て、
慌てて帰国することになった。

「一言で言えば、放漫経営ですね」

 伊藤さんは会社がおかしくなった原因を
聞かれて、即座にこう答える。

 「バブル経済がはじけた時期とも重なって
いるのですが、製造コストの安い海外へ
仕事が流れていく時代に、同じことを続けて
いて時代に対応できていなかったと
思います」

 40億円近くあった資産がなくなり、逆に
借り入れがどんどん膨らんでいったという。
 それでも当時の社長は何の手だてもしない
状況が続いていた。

 社長に就任したのは自ら行動を起こさ
なければと思い考えた結果だった。

 しかし、メッキのことはもちろん、
会社経営のことも全く分からない。
 周囲に相談してもみんな反対だったと
言う。

 「その道のプロの税理士さんからも再建
は無理と言われていました。
 でも、父の作った会社に愛着があり、
技術力は高いと言われていたので、ひょっと
したら何とかなるかもしれないという気は
ありました。

 親兄弟もなく、失うものは何もないから
…こうなったら開き直りですね」。
 伊藤さんはテンポよく語る。

 前社長時代のリストラで社員は最盛期の
4分の1の50人に減り、平均年齢58歳の会社
に、32歳の社長が誕生したのである。

 一方、迎え入れる社員の反応はさまざま
だったという。

 「社長就任のときに『私一人でできる
ことではないので皆さんの力が必要です。
 一緒に成長していきましょう』みたいな
ことを言いました。
 それを聞いて辞めるのを踏みとどまって
くれた社員もいれば、冷ややかに見ている
人もいました」

 伊藤新社長が最初に手掛けたのは、担保に
入っていた自宅の売却。
 まさしくマイナスからのスタートだった。
 当時を次のように振り返る。
 「初めは何をしてよいのかわからず、会社
の掃除や草取りです。
 そして、すべての部署を回って全社員と
あいさつするように心掛けました。
 まずコミュニケーションありきです。
 社員と語り合っていくなかで、情報を
公開し、会社の財務状況を知ってもらうこと
に努めました」

 あいさつと情報公開は現在も続き、同社
の「伝統」になっている。

 本業となる貴金属メッキについては、
時計以外の分野への進出が喫緊の課題
だった。

 「IT時代を迎えていましたが、まだ
ホームページを持っているところは少なく、
参考書を見ながら自分たちで立ち上げたり、
貴金属加工業のネットワークに加入したり、
できることは何でもやりました。

 展示会にブースを出している企業に営業
をかけたり…。
 名刺交換すると、皆さん、『えっ!』と
驚かれるんですね。
 でも、なかには『応援してやるよ』と
声を掛けてくれるところも出てきました」
と、伊藤社長はほほえむ。

 その頃、医療器具メーカーから特殊な
カテーテルにメッキを施せないかと打診
される。さまざまな工夫を凝らして何とか
金メッキを施すことに成功。
 医療器具分野に進出していくことになる。
 さらに、メッキの種類やムラのあるなし
によって音色が微妙に変わるという管楽器、
金属アレルギーを起こさない
イオンプレーティングなど、多様な分野にも
積極的に乗り出し販路を拡げていった。

 それを可能にしているのが、「メッキ技術
ならどこにも負けないという
モチベーション」だという。

 同社では作業現場に技能者を配置し、
そしてメッキ液の品質管理には技術者が
携わるなど、丁寧な手作業の部分を多く
残しているのが特徴だ。
 取引先も月に300~400社に上る。
 少量多品種に特化して、就任3年目にして
黒字化を果たしたという。

 「石の上にも3年といいますから、3年を
一つの目安にしていました。
 とはいっても、銀行の返済は待っては
くれませんから、資金繰りには苦労の連続
で、正常化するまで、スタートから6年
かかりました。

 ただ、どんなに苦しくなってもリストラ
はしません。
 社の雰囲気が悪くなりますから。
 今、会社がどういう状態にあるのか、
どういうことに取り組んでいるのかなど、
情報はすべてオープンにしていることで、
社員の意識は高くなっていると感じます」

 2008年に同社は創業50周年を迎えた。
 次の目標はその先の50年だという。
 リーマンショックでは打撃を受けたが、
社員を10人増やして20年先、30年先を
見据えた経営戦略を立てている。

 「目標は100年企業。
 当然時代は変わるでしょうし、メッキ
とか表面処理の技術がどうなっていくのか
分かりませんが、技術開発に挑戦していく
ことで、企業は存続できると思います」
と、力強い言葉が返ってきた。

 家に帰れば、5歳の子どもの母親である
伊藤社長。
 家と会社の1時間の通勤時間が心を
リセットするよい時間になっているという。
 さらなる飛躍を求めて、まだまだ挑戦は
続く。
---------------------------------------

素晴らしい。
こういう話を聞くと勇気が湧きますね。

>自ら行動を起こさなければと思い
>考えた結果だった
マイナスからのスタート。何も知らない。
良く思い切ったものだと思います。

世の中は変化し続けています。
一時も同じではない。
世の中の変化に気づくことが大切です。

>製造コストの安い海外へ仕事が流れて
>いく時代に、同じことを続けていて
>時代に対応できていなかったと思います
的確な判断ですね。

どういう人が社長に適しているか?
いろいろあるとは思いますが、

感心したことを以下に、

>技術開発に挑戦していくことで、企業は
>存続できると思います」
挑戦すること。

>あいさつと情報公開は現在も続き、
>同社の「伝統」になっている。

>どんなに苦しくなってもリストラは
>しません。社の雰囲気が悪くなります
>から。今、会社がどういう状態にある
>のか、どういうことに取り組んでいる
>のかなど、情報はすべてオープンに
>していることで、社員の意識は高く
>なっていると感じます
情報はオープンであること。
安易なリストラはしないこと。

>20年先、30年先を見据えた経営戦略を
>立てている。
世の中の流れを正しく捉えた戦略が
必要。

良いですね。
素晴らしい社長です。応援したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい先天性筋ジストロフィーの発見

新しい先天性筋ジストロフィーの発見
2011.6.13
NCNP 国立精神・神経医療研究センター
神経研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国立精神・神経医療研究センター
(三橋里美研究生、西野一三部長ら)は、
新たな先天性筋ジストロフィーを見出し、
その原因遺伝子を世界で初めて明らかに
しました。

 この遺伝子は、リン脂質の一つ
ホスファチジルコリンを合成する酵素、
コリンキナーゼ・ベータ(CHKB)をコード
しており、この酵素が骨格筋で欠損すること
で重篤な筋ジストロフィーを引き起こすこと
が、初めて明らかになりました。

 これらの研究成果は、米国遺伝学会誌
(American Journal of Human Genetics)
に掲載されました
(2011年6月10日(米国時間))。

TOPICSへのリンク
---------------------------------------

ALSは大部分が非遺伝性なのですが、
遺伝性の家族性ALSと言われているものが
あります。

これまで幾つか発見されていたようですが、
>新たな先天性筋ジストロフィーを見出し、
>その原因遺伝子を世界で初めて明らか
>にしました。

>病気の原因を明らかにできたことから、
>ホスファチジルコリンの代謝経路を
>ターゲットにした治療法開発戦略を
>立てることが可能になります。
>例えば、欠損している酵素を補充する、
>合成産物を補充する、などの戦略が
>挙げられます。
>今後は、動物モデルを用いるなどして、
>更に研究を積み重ねていく必要があり
>ます。
とのことです。

最近ALSの治療に関して進展が見られて
嬉しいことです。

最近も下記投稿をしました。
筋肉が動かなくなる難病ALS、
新薬治験開始へ 東北大

2011年6月22日

希望が少しずつですが、見えて来たよう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖尿病:発症を高率で予測 筑波大などのチームが発見

糖尿病:発症を高率で予測
筑波大などのチームが発見

毎日新聞 2011年6月26日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 血中のブドウ糖の濃度を調べる一般的な
血糖値に加え、過去1~2カ月の平均的な
血糖状態を示すヘモグロビンA1c
(HbA1c)を測定すると、いずれか一方
を測定した場合に比べ、将来の糖尿病患者を
高率で見つけ出せることを筑波大などの
研究チームが世界で初めて突き止め、
25日の英医学誌ランセットに発表した。

 同大大学院生らが、虎の門病院
(東京都港区)とともに、97~03年に
同病院で人間ドックを受診した人のうち、
糖尿病ではない男女6241人
(平均50歳)を平均5年追跡した。

 その結果、空腹時の血糖値が糖尿病に
近い高め(1デシリットルあたり
100~125ミリグラム)の人のうち
糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが
高め(日本の検査値で5.3~6.0%)
の人で発症した人は7%だった。

 空腹時血糖値とHbA1cがともに
高めの人の場合、38%の人が糖尿病を
発症した。

 チームの曽根博仁・同大教授(内科)は
「二つの検査を組み合わせることによって、
将来、糖尿病を発症する危険性が高い人を
効率的に発見できるだろう」と話す。
【永山悦子】
---------------------------------------

良いですね。
糖尿病は自覚症状が殆どないので、とかく
見過ごされがちです。

発症してしまってからでは遅い。

早期に発症の可能性を高率で見つけ出せる
というのは素晴らしい。

是非広まって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分が日本製 新・産業連関図

スマホ長者企業、次々誕生 部品の半分
が日本製 新・産業連関図

2011/6/27 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 画面上の地図に自分の現在地を表示し、
目的地までの道順を案内してくれる。
スマホの代表的な機能は、内蔵する2ミリ角
の電子部品「電子コンパス」が可能にして
いる。世界需要の8割を供給しているのが
旭化成だ。

 旭化成はFD市場の縮小を受け2003年から
携帯端末向け電子コンパスの量産を始め
たが、採用されたのは毎年3~5機種程度。
 だが、撤退の2文字がちらつき始めた08年
に転機が訪れる。

 高精度を買われ、米グーグルの基本ソフト
(OS)「アンドロイド」搭載のスマホの
実質的な世界標準部品に採用されるや、
08~09年の販売個数はそれぞれ前年比9倍、
10年も3倍に増えた。

 生産は月数千万個の規模だ。
 生みの親である山下昌哉フェローは
「11年も2倍成長」とみる。
 販売が4年で490倍という急拡大は、
旭化成で他に例がない。
 電子コンパスを柱の一つに据えつつある
エレクトロニクス事業の11年3月期の
営業利益は143億円と、前の期から倍増
した。

 11年度に国内出荷台数で従来の携帯電話
を抜いて、名実ともに携帯の主役に躍り出る
スマホ。
 15年の世界出荷は10年の3倍の9億台以上
になるとの予測もある。

 完成品は米アップルの「iPhone
(アイフォーン)」や韓国サムスン電子の
「ギャラクシー」が席巻し日本企業の
存在感は薄いが、きょう体(ボディー)を
外すと別の世界が広がる。
 小さなマルチメディア端末を実現する
スーパー部品や素材。
 その多くを日本勢が担う。

 業界推定によると約1000点ある部材の
うち4割程度が日本製とみられる。
 代替のきかない主要部材でみると、
日本勢への依存度は5~6割に達している
可能性が高い。
 スマホで潤う長者企業が続々誕生して
いる。

 サプライチェーンの担い手は大企業だけ
ではない。
 小さな巨人の技術も光る。
 1936年設立の鈴寅(愛知県蒲郡市、
鈴木隆啓社長)。
 自動車向け座席シートの裏地やカーテン
を手がける織物メーカーだ。
 年間売上高は40億円強だが、タッチパネル
の基幹部材である
ITO(酸化インジウムすず)フィルムで
世界シェアの1割を占める。

 カーテンなどに遮熱機能を持たせるため
布に金属膜を形成して遮熱機能を持たせる
「スパッタリング」技術を応用し、
樹脂フィルムの上に数百ナノ
(ナノは10億分の1)メートルの
極薄ITO膜を形成することに成功。
 タッチパネルのメーカーから高い透明度、
均一な膜などの品質が評価された。
 今年4月には、スマホ事業拡大を目指す
積水化学工業の傘下に入った。

 もっとも、サプライチェーンでの
日本優位が揺らがないという保証はない。

 完成品のコストベースで日本勢の比率が
低いのは、高価な部品で劣勢に立たされて
いる事情もある。
 代表は心臓部の半導体「プロセッサー」。
 従来型携帯の時代から米クアルコムが
圧倒する。
 ここでも、米アップルからiPhone用
などの製造を受託しているサムスングループ
が大手の一角に食い込んでいる。
 日本の半導体メーカーは国内の携帯市場
にとらわれるあまり、国際舞台で取り
残されてしまった。
 携帯端末と同じ構図だ。

 部品や素材でも海外新興勢力の追い上げ
は激しく、日本企業の脅威となりつつある。
 だが日本抜きでスマホが1台もできない
のも事実。
 世界市場は急拡大する今後2、3年で
イス取りゲームの勝者が見えてくるはずだ。
---------------------------------------

>部品の半分が日本製
とはすごいですね。知りませんでした。

>日本抜きでスマホが1台もできない
>のも事実。
だそうです。

でも、
>完成品のコストベースで日本勢の比率が
>低いのは、高価な部品で劣勢に立た
>されている事情もある。
>代表は心臓部の半導体「プロセッサー」。
>従来型携帯の時代から米クアルコムが
>圧倒する。
>ここでも、米アップルからiPhone用
>などの製造を受託しているサムスン
>グループが大手の一角に食い込んでいる。
>日本の半導体メーカーは国内の携帯市場
>にとらわれるあまり、国際舞台で取り
>残されてしまった。
>携帯端末と同じ構図だ。

何故世界を見ないのでしょう?
韓国に出来て日本に出来ないはずはない。

スパコンでは世界一をとったのに?
パソコンのCPUもそうですが、
分野が違うので技術の蓄積が無い?

思っていたより日本は頑張っているよう
ですが競争は厳しい。大変そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォン普及で回線パンク危機 定額制見直しも

スマートフォン普及で回線パンク危機
定額制見直しも

2011/6/26 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 携帯電話各社がスマートフォン(高機能
携帯電話)の普及に伴うデータ通信量の
爆発に直面している。

 2015年に10年比26倍と急増するとの試算
もあり、現状のインフラだけでは支えきれ
ないのは確実。

 自社回線網の増強には膨大な費用がかかる
ため、各社ともデータ通信を外部に逃がす
迂回路として無線通信WiFiを使うため
の公衆無線基地局の拡充などに取り組んで
いる。

 今後は定額制の見直しを含め、
増え続けるデータ通信をどう収益につなげる
かが課題となる。

 1%の利用者がデータ通信量全体の
3分の1を占める――。

 NTTドコモのネットワーク上では関係者
も驚くこんな異常事態が起きている。
 データ定額制の広まりで一部利用者が
過剰にデータ送受信を使用し、同じ基地局
を使っている他の利用者の通信を圧迫して
いる「通信量の格差問題」が表面化して
きた。

 ドコモが昨年12月に始めた高速携帯電話
サービス「Xi(クロッシィ)」で、
こうした問題はさらに深刻になる可能性が
ある。
 ドコモのXiに使われているLTE
呼ばれる新世代の通信方式は現状の
第3世代の携帯電話回線と異なり、
データ通信に適した回線となっている
ためだ。

■「2013年後半にあふれる」

 ドコモではスマートフォンなどの普及に
伴うデータ通信の増加をLTEへの移管で
逃がす戦略を描いていたが、予想を上回る
ペースでデータ通信が急増している。

 ドコモの辻村清行副社長は「年2倍の
ペースで増える」としたうえ、「これほど
までの通信量はLTEでも持たないだろう」
と指摘する。

 KDDIの田中孝司社長も「2013年後半
にはオーバーフロー(あふれ)が起きる」
と危機感をあらわにする。

 KDDIの試算ではスマートフォンの
利用者は従来の携帯電話に比べて
データ通信量が1人当たり10~20倍に拡大
する。

 15年には10年比で18倍のデータ量が生じ、
現状のインフラでは3分の1しか収容
できなくなるという。

 田中社長は「今はないと思っているが、
急につながらなくなるということが
起きかねない」と警鐘を鳴らす。

 KDDIでは光ファイバー回線、
高速無線通信WiMAX(ワイマックス)、
LTEなど複数の回線を組み合わせる
「マルチネットワーク」で対応する方針だ。

 UBS証券の梶本浩平アナリストは
「定額制の見直しが世界的に進む」と
指摘。
---------------------------------------

携帯ネットワークの拡充では無理だと
思います。
ネットワークの拡充にはお金がかかり
すぎる。

UQWiMAXなどの高速無線通信へ吸収させる
しかないでしょう。
無線ルータ+WiFi携帯の組み合わせにする
しかないのかな?

定額料金の値上げなどとんでもない。
今ですら高いと思っているのにこれ以上
上がったら考えてしまう。

どうなっていくのでしょうか?

残念ながら、高速無線通信のインフラは
まだ地方には行き渡っていない。
ちなみに私の住んでいるところでは
UQWiMAXが使えない。
町中は使用可能のようですが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

夢の扉 ブランチブロック

夢の扉 ブランチブロック
2011年6月26日の放送見ました。

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 なぜ、彼はそこまで護岸工事の壁づくり
に執念を燃やすのか..。

 造園家の吉村隆顕、68歳。
 彼が考案したのは、コンクリートで固める
一般的な護岸工事に対し、
『ブランチブロック』と言う枝のような形状
のブロックを、蜂の巣状に組み、石積みと
一体化させた工法。

 強度がある上、使用するコンクリートの
量が少なく、工期も短縮できる。

 植物の根が土砂崩れを防ぐという事を
ヒントに、枝のような形のブロックと
自然の石で強固な壁を作る事を思いつく。

 しかし試作品を作っては失敗を重ね、
資金がなくなり、会社の社員に給料が払え
なくなる事態も…。

 そして12年に及ぶ試行錯誤の末、
ようやく現在の形にこぎつけた。

 ただ、完成はしたものの、実績のない
中小企業が、国内の公共工事に、そう簡単
には参入できないという厳しい現実が。

 そんな中、思いもよらぬ場所から、
彼の工法が試される機会がやってきた
...。

 2009年の台風で、甚大な被害の出た、
台湾だった。

 そして今、彼の心は東北の被災地にある。
 被災者が安心して暮らせるようにと、
この工法をなんとか役立てたい...。
 使命感が湧いてきた吉村。
 果たして、その熱意は東北の地に届く
のか...。
---------------------------------------

良いですね。
素晴らしいと思いました。

コンクリート護岸より遥かに良い。

確かに石積みというのは再考する価値が
あるように思います。

特に護岸をコンクリートで固めるのは
良くない。生き物と共存できる護岸。
素晴らしいと思う。

いつも思うけれど、新しいものに対する
日本の企業の姿勢はおかしい。
すぐ、実績だとか、会社の規模だとか
言って、肝心な製品ものものを評価しよう
としない。
こんなことではベンチャー企業は育たない。
海外に出て行くしかない。

今回評価してくれたのは、台湾。

おかしくないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉が動かなくなる難病ALS、新薬治験開始へ 東北大

筋肉が動かなくなる難病ALS、
新薬治験開始へ 東北大

2011年6月22日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 全身の筋肉が次第に動かなくなる難病
「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の
新しい薬の臨床試験(治験)を東北大が
近く始める。

 まずは薬の安全性を確認する段階から
始めるが、難病の進行を遅らせることが
期待できるという。

 ALSは、運動ニューロンという神経細胞
が次第に死滅して筋肉が動かなくなり、最後
は呼吸もできなくなる。

 発症した米大リーグ名選手の名前から
ルー・ゲーリッグ病とも呼ばれ、理論物理
学者のスティーブン・ホーキング博士が
発症したことでも知られる。
 原因はよくわかっていない。

 研究を進めてきたのは、青木正志教授
(神経内科)らのグループ。
 1993年、SOD1という遺伝子が
ALSの発症にかかわっていることを発見。
 2001年にSOD1を操作し、人工的
にALSにしたラットの開発に成功した。

 そのラットに、大阪大のグループが
見つけたHGF(肝細胞増殖因子)という
たんぱく質を投与すると、運動ニューロン
を保護し、ALSの進行を遅らせることが
できた。
 発症後の生存期間は1.6倍に延びた。

 さらに、慶応大の岡野栄之教授らとサル
の仲間のコモンマーモセットや
カニクイザルでHGFの安全性を確認。
 実際の患者にHGFを投与し、安全性や
効果を確かめる治験を始めるところまで
こぎ着けた。
---------------------------------------

臨床試験が始まるようです。

進行を遅らせることが出来る薬らしい。
根治治療でないのが残念ですが、
現在の治療薬であるリルゾール
(商品名 リルテック)より良さそうです。

良い結果がでることを祈っています。

関連記事です。
ALS新治療薬 臨床試験へ
7月10日 NHK NEWS web

先日投稿した、こちらの薬はどんなもの
なのでしょうか? ALSに対しては?
気になりますね。
アルツハイマー病やALS、
進行抑える物質生成

2011年6月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素粒子ニュートリノ「電子型」に変身 米研究所でも観測

素粒子ニュートリノ「電子型」に変身
米研究所でも観測

2011年6月25日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米フェルミ国立加速器研究所
(イリノイ州)は24日、素粒子
ニュートリノが「変身」する新しいパターン
の兆候を観測したと発表した。

 3種類あるニュートリノの型のうち、
「ミュー型」から「電子型」に変身した
もので、高エネルギー加速器研究機構
(茨城県つくば市)などが15日に初観測
と発表した「変身」と同じ。
 高エネ研の成果の確認に弾みがつきそうだ。

 同研究所は、約735キロ離れた
ミネソタ州の地下にある装置に向け、
ミュー型と呼ばれるニュートリノを照射
する実験をしている。
 実験では、変身とは別の反応から電子型
ができるため、その数を49例と予測して
いた。

 だが、実際にはそれより多い62例が
検出された。
 これはミュー型から電子型への変身が
あった結果とみられるという。

 宇宙誕生時にはあったと考えられる
反物質がほとんどなくなり、現在は物質
だけが残ったとされる。

 ニュートリノの変身はこのなぞの解明に
役立つとともに、宇宙誕生の秘密に迫れる
可能性がある。

 欧州中心のチームなども実験を進めて
いる。(ワシントン=勝田敏彦)
---------------------------------------

>ミュー型から電子型への変身があった
>結果とみられる

>高エネ研の成果の確認に弾みがつき
>そうだ。
良いですね。

以前投稿した
ニュートリノ:世界初「電子型」兆候
高エネ研、変化検出

2011年6月18日
のことですね。

>素粒子物理学の世界で確定と結論づける
>には99.9%以上の確率が必要で、
>さらにデータを蓄積しなければならない。
と言っていましたが、良いニュースのよう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素材の摩耗を防ぎ、長寿命化が期待される人工股関節の開発に成功

素材の摩耗を防ぎ、長寿命化が期待される
人工股関節の開発に成功

平成23年6月23日
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST(理事長 北澤 宏一)はこのほど、
独創的シーズ展開事業・委託開発の開発課題
「MPC注1)処理を用いた長寿命型人工
股関節」の開発結果を成功と認定しました。

 この開発課題は、国立障害者リハビリ
テーションセンター 中村 耕三 自立支援
局長(元 東京大学 医学部附属病院
整形外科・脊椎外科 教授)と東京大学
大学院工学系研究科 石原 一彦 教授らの
研究成果をもとに、平成18年3月から
平成23年3月にかけて日本メディカル
マテリアル株式会社(代表取締役社長 
野元 修 、本社住所 大阪市淀川区宮原
3丁目3-31 上村ニッセイビル、
資本金25億円)に委託して、企業化開発
(開発費 約6億円)を進めていたもの
です。

 なお、本人工股関節は、今年4月に
厚生労働省から医療機器として製造販売の
承認を取得しました。

 高齢者人口の増加に伴い、関節の機能に
支障をきたし、運動不全となる人口も増加
してきています。
 激しい痛みなどで患者のQOL
(生活の質)が著しく低下すると、
人工股関節に置き換える処置など手術療法
を選択されることが一般的です(国内では
年間4万件以上)。

 この人工股関節置換術は、患者の運動機能
の回復に大きな役割を果たす優れた治療法
といえますが、「弛み(ゆるみ)」という、
製品の寿命(耐用年数)、ひいては患者の
QOLに影響する深刻な合併症のため、
人工股関節を入れ替える(再置換)手術の
必要性や、若年層への適用が困難である
などの問題があります。

 この「弛み」が起こる大きな要因の1つ
に、人工股関節がこすれる関節面で生じる
ポリエチレンの摩耗粉(まもうふん)が
挙げられており、ポリエチレンに
高エネルギー線を照射して架橋・硬質化
させるなど、従来から対策がとられて
きましたが、根本的な解決までには至って
いません。

 本開発においては、JSTの委託開発
課題「リン脂質極性基を有するポリマーの
製造技術」(開発期間:平成6年3月~
平成11年3月)にて実用化された、
生体適合性に優れたMPCという物質を
用いて、人工股関節の関節面を構成する
ポリエチレンライナー注2)の表面を
ナノメートルスケール
(ナノは10億分の1)のMPCポリマー
の膜で覆いました。

 この結果、関節面に生体擬似膜が形成
され、良好な耐摩耗性を持つ製品の開発に
成功しました(図1)。

 本技術の活用により、「弛み」の主な
原因とされる摩耗粉が少なくなり、
再置換手術に至るリスクの低減が期待
されます。

 その結果、患者の長期にわたるQOLの
維持・向上に貢献すると考えられます。
---------------------------------------

>関節面に生体擬似膜が形成され、
>良好な耐摩耗性を持つ製品の開発に
>成功しました

>本人工股関節は、今年4月に
>厚生労働省から医療機器として
>製造販売の承認を取得しました。
良いですね。

長期にわたるQOLの維持・向上に貢献
できるようになった。

痛みを感じないで歩けること。
素晴らしいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症・アレルギーの発症因子の立体構造を世界で初めて解明

花粉症・アレルギーの発症因子の
立体構造を世界で初めて解明

-副作用を抑えた治療薬の探索・設計が
可能に-
平成23年6月23日
科学技術振興機構(JST)
京都大学
九州大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題解決型基礎研究の一環
として、京都大学 大学院医学研究科の
岩田 想 教授、島村 達郎 特定講師、
小林 拓也 講師らは、花粉症の薬の標的
である「ヒスタミンH1受容体(H1R)」
の立体構造をX線結晶構造解析注1)に
よって解明しました。

 花粉症をはじめとするアレルギー疾患は、
花粉などの異物に免疫機能が過剰に反応する
ことが原因です。

 アレルギー症状が起こるメカニズムは
複雑ですが、花粉症やアレルギー症状は、
花粉などの刺激で体内にあるヒスタミン
注2)などの炎症物質が飛び出し、それら
が受容体と呼ばれる膜たんぱく質
(Gたんぱく質共役型受容体(GPCR)
注3))に結合することで引き起こされ
ます。

 花粉症の薬として知られている
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが受容体
H1Rに結合するのをブロックすることで
花粉症の症状を抑制します。

 しかし、抗ヒスタミン薬は、H1R以外
の受容体にも結合しやすいため、眠気や
口渇、不整脈などの副作用を引き起こす
場合があります。
 そのため、副作用を抑えたより効果的な
抗ヒスタミン薬の開発に向けて、H1Rの
立体構造の解明が有効な手段として期待
されていました。

 本研究では、H1Rの立体構造を世界で
初めて明らかにしました。

 また、H1Rと抗ヒスタミン薬の複合体
の立体構造から、抗ヒスタミン薬の結合
様式や、H1Rに特有なアミノ酸に囲まれた
薬剤結合部位の存在も明らかにしました。

 本研究により、分子レベルで薬の標的の
「形」が明らかになったことで、今後、
その立体構造情報をもとに、より効果的で
副作用の少ない花粉症・アレルギー疾患の
治療薬の探索・設計が可能となるものと
期待されます。

 本研究は、九州大学の白石 充典 助教、
米国・スクリプス研究所の
レイモンド・スティーブンス 教授 と
共同で行われ、本研究成果は、
2011年6月22日(英国時間)に
英国科学雑誌「Nature」の
オンライン速報版で公開されます。
---------------------------------------

>立体構造を世界で初めて解明
素晴らしいです。

ますます微細な世界の探求が求められ
ます。 期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

原子力発電所における配管脆弱箇所予測システムの開発に成功

原子力発電所における配管脆弱箇所
予測システムの開発に成功

2011年6月 6日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学流体科学研究所の分野横断型
研究グループ(代表:石本淳 准教授)は、
東北電力株式会社との共同研究により,
原子力発電所における配管脆弱箇所
予測システムの開発に成功しました。

詳細(プレスリリース本文)
---------------------------------------

良いですね。
安全に対しては最善をつくす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一「京」、次の一手は

世界一「京」、次の一手は
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 理化学研究所が富士通と共同開発した
スーパーコンピューター「京(けい)」が、
世界一の性能を達成した。

 NECの撤退や事業仕分け、東日本大震災
の影響を受けながらも計画を前倒しして
結果を求めた背景には、1千億円を投じた
国家プロジェクトの意地と危機感があった。

 だが、「京の次」は白紙のまま。
 米国が巻き返しを図る中、日本は
スパコン戦略を描けずにいる。

 今年度使う予定だった285億円のうち、
183億円の前倒しが認められ、およそ
300台を一足早く調達できた。
倍の速度を手に入れた計算で、これが
なければ世界一は危なかった。

 米国では京と同等以上の性能を持つ
スパコンの開発が進む。
 文部科学省によると、今年7月完成予定
のイリノイ大の「ブルーウオータース」は、
京と同じ毎秒1京回。
 京の倍の毎秒2京回を狙う
ローレンス・リバモア国立研究所の
「セコイア」とオークリッジ国立研究所の
「タイタン」も来年完成予定だ。

 さらに、米国は毎秒100京回という
スパコンの開発も始めている。

 日本はどうか。
 文科省の担当者は「何とか二の矢を
つぎたいと思うが、現時点では計画が
ない。今年は震災復興が一番。
 次の予算要求で出せればいいが、
難しいかもしれない」という。

◇省エネ性能、意外と高く

「京」の省エネ性能は思ったよりも高い。

 「京」は設計当初、消費電力が
3万キロワットと見積もられていた。
 稼働させたところ、最大でも
1・7万キロワットに抑えられることが
わかった。
 通常の運転なら1・2万~
1・3万キロワットですむ。
 1ワットあたりの計算速度を競う
省エネ性能のランキングは昨年11月で
4位。
 開発グループは「汎用(はん・よう)
ではトップクラス」と自信を見せる。

 「京」にはガスタービン発電設備
(5千キロワット)が2基あり、ふだんは
1基稼働だが、2基動かせば消費電力の
7割をまかなえる。
 開発グループは「節電要請に対応できる。
運転に影響はない」という。


《筆者の一人、東山正宜から》
 「京」は、8万個以上のCPUを連動
させて高速化を突き詰めたオーソドックス
なスパコンの一つの完成形です。

 これに対し、今回2位の「天河」と
4位の星雲(いずれも中国)、そして5位
のツバメ2.0(東工大)は、CPU以外
に画像処理用に開発された演算素子
(GPU)も併用する新世代のスパコン
です。今後、さらに100倍の計算速度を
出すには、まったく新しい概念が必要と
見られており、米国勢も開発に余念が
ありません。

 02~04年に世界一をとったNECの
「地球シミュレータ」も当時、すでに過去
の技術だと考えられていたベクトル型
という形式を研ぎ澄ましたスパコンでした。
 日本の国策スパコンは、2世代続けて
「現役の技術を突き詰めて」世界一になった
形です。

 私はこれに危機感を覚えます。

 京は10年で1100億円かかりました。

 1台にそこまでかけなくても、5年ごと
に500億円や、3年ごとに300億円と
すれば、毎回世界一はとれなくても、
日本にもっと多様なスパコンが登場する
でしょう。
 今回の世界一は、日本に改めて
スパコン戦略の方向性を問うているのだと
思います。
 「世界一じゃないと、ダメなんですか」
と。
---------------------------------------

厳しいですね。
1位をとり続けることは難しい。

>「京」は設計当初、消費電力が
>3万キロワットと見積もられていた。
すごいですね。

けれど、技術は日進月歩です。
常に予算を投入し、開発を継続できな
ければ、必ず置いていかれます。

必ずしも1位でなくても良いとは思い
ますが、挑戦することを怠っては衰退
しかありません。

1位をとることが目的ではなく、挑戦する
こと、その先にある発見、発展、展開。
その為の予算確保は必須だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

全ての生命現象には陰と陽の分子があり、2枚の切り札が拮抗して調節されているバランスの仕組みがある

全ての生命現象には陰と陽の分子があり、
2枚の切り札が拮抗して調節されている
バランスの仕組みがある

2011年06月20日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 生命現象でも2枚の切り札が拮抗して調節
されていることが多いことが分かって
きました。

 今月の初め、京都で開催された日本炎症・
再生医学会で、東大医科学研究所感染・
免疫部門感染遺伝学分野の三宅健介教授の
発表によれば、自己免疫疾患の増悪・
改善は自然免疫系のセンサーであるToll様
受容体(TLR)
のTLR7とTLR9の2つの分子の
バランスによって調節されています。

 何故、RNAとDNAを認識する同じ機能を持つ
TLR7とTLR9が共存しているのか、常々疑問に
思っておりましたが、三宅先生の研究でその
意味が良く分かりました。

 あまり単純化するのは好きではありません
が、TLR7は悪玉、TLR9は善玉のセンサーと
言えるでしょう。

 自己免疫疾患では患者自身のDNAを認識
して自己抗体が産生されておりますが、
これを介在しているのがTLR7です。
 自己免疫疾患の特徴である慢性炎症の
引き金を引きます。

 驚いたことにTLR9はTLR7と拮抗すること
によって、慢性炎症を抑止、自己免疫疾患
の発症を防いでいました。
 ここにも2因子拮抗システムが
ありました。

 TLR7を欠損させると慢性炎症が
起こらず、TLR9を欠損させると慢性炎症を
抑止できなくなるのです。

 最近、国立がん研究センター研究所
エピゲノム解析分野の牛島俊和部門長の
お話をうかがう機会もあり、H.pyroli菌が
胃壁に感染することで慢性炎症を引き
起こし、胃の上皮細胞のゲノムDNAの
メチル化のパターンを変え、これが胃がん
発生の起因となることを知りました。

 インターフェロンγなどが引き起こす
慢性炎症は諸悪の根源かも知れません。

 自然免疫システムはTLR7/9をバランス
させることによって、外部からの細菌や
ウイルスの侵入を防御し、自己の細胞に
由来したDNAによる免疫系の誤作動による
慢性炎症を抑止していました。

 では、そのバランスの仕組みは何か?

 三宅先生のグループはUnc93B1という
たんぱく質がTLR7とTLR9を選択的に
樹状細胞、マクロファージ、B細胞などで
エンドリソソームに運搬することを突き止め
ました。
 エンドリソソームは、細胞がどん食作用
で外部から取り込んだ細菌やウイルスを
分解する細胞内小器官で、ここでTLR7や
TLR9がDNAやRNAを認識して、自然免疫系を
作動させます。

 Unc93B1は通常はTLR9を優先的に
エンドリソソームに運搬し、感染した菌や
ウイルスを認識させ、免疫系を作動させ
ながら、自己免疫疾患の発生を抑止して
います。

 自己免疫疾患ではこのメカニズムが、
TLR9を優先してエンドリソソームに運搬する
ようになり、病態が悪化するのではないかと
考えています。

 Unc98B1やこの分子の調節機構は
自己免疫疾患の新たな治療標的になる可能性
があります。

 もし低分子の経口阻害剤が開発できれば、
活性化したB細胞を抗体医薬で全部破壊する
過激な治療法や今年の3月に米国で承認と
なったB細胞の活性化補助因子、Blys抗体
「Benlysta」を長期使用するよりは穏やか
で、予防的で、しかも医療費もそんなには
かからない、自己免疫疾患の治療薬が誕生
するかも知れません。

 全ての生命現象には陰と陽の分子があり、
そのせめぎ合いによって生命が展開される。

 2因子拮抗システムは、学生時代の頃に
熱中した道教の思想にも似ています。

 今後、こうした2因子拮抗システムの
高次構造として生命を捉える
システム生物学の進展に大いに期待したい
と考えています。
---------------------------------------

本当に勉強になります。

>全ての生命現象には陰と陽の分子があり、
>2枚の切り札が拮抗して調節されている
>バランスの仕組みがある
>こうした2因子拮抗システムの
>高次構造として生命を捉える
>システム生物学の進展に大いに
>期待したいと考えています。
こういう事実もあるんですね。
私も期待したい。

>Unc98B1やこの分子の調節機構は
>自己免疫疾患の新たな治療標的になる
>可能性があります。
なるほど。

>もし低分子の経口阻害剤が開発できれば、
>活性化したB細胞を抗体医薬で全部破壊
>する過激な治療法や今年の3月に米国で
>承認となったB細胞の活性化補助因子、
>Blys抗体「Benlysta」を長期使用するよりは
>穏やかで、予防的で、しかも医療費も
>そんなにはかからない、自己免疫疾患の
>治療薬が誕生するかも知れません。
良いですね。

こういう話もありますが、
B細胞が多発性硬化症の悪化を
制御する仕組みを解明

今回の話の方が本質に迫っているような
気がします。

とにかく免疫システムは本当に複雑です。
今後の発展に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

菅首相 自然エネルギーへのご執心は延命のため 注目の「電力買取法案」にも経産省の思惑

菅首相 自然エネルギーへのご執心は
延命のため
注目の「電力買取法案」にも経産省の
思惑

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 急に政権の最優先課題として浮上したのが
「電力買取法案」だ。

 これは政治的にいえば、単なる延命である。

 本当に総理がやりたい課題は、就任直後の
所信表明で行う。
 昨年6月の所信表明には「原子力産業を
含むエネルギー部門」への期待はあるが、
自然エネルギーは出てこない。
 10月の所信表明では、役所からの要請
であろうが、政策羅列の中に
「再生可能エネルギー」、「全量買取制度」
がかろうじてでてくる。

 この法案は、今回の原発対応で出てきた
わけではない。
 麻生政権時代に「余剰電力買取制度」が
導入されて、その延長線上ででてきた
ものだ。そして、3月11日の震災当日、
まさに震災の直前に閣議決定されていた
ものだ。

 震災の影響があったのだろうが、4月5日
に衆議院が議案受理している。
 しかし、問題なのはその後まったく動き
がないことだ。
 もし菅総理に強い思い入れがあるならば、
趣旨説明をしていいはずだ。
 また、菅政権・与党で国会を延長せずに
閉じるという話があったが、その時も
この法案はまったく審議されていない。
 国会関係者であれば、この法案は
まったく話題に上がっていなかったことは
誰でも知っている。

 だから、菅首相の延命策だといわれる
のだ。

 さらに、法案自体にも、本格的な電力の
自由化を避けてきた経産省の思惑も入って
いる。例えば、電力会社は、
「電気の円滑な供給の確保に支障が生ずる
おそれ」があるときは、設備を送電網に
接続することを拒絶できることになって
いる(法案5条1項2号)。

 これは、表向き、不安定な自然エネルギー
の発電設備を接続することによる支障を防ぐ
規定だが、電力会社はこれまでこれを隠れ蓑
として新規参入などを阻み続けてきた。

 だから、本格的な電力の自由化でないと、
全量買取制度がうまくワークしないおそれ
がある。

 これまで経産省は電力会社の都合のいい
ように本格的な電力の自由化をせず、
「なんちゃって自由化」ばかりを行って
きた。そういう官僚しか経産省では出世
しないのだ。

 本格的な電力の自由化は、北欧4ヵ国
(ノルウェー、スウェーデン、
フィンランド、デンマーク)の成功例に
見られる。

 北欧諸国における電力の自由化は、1991年
ノルウェーでエネルギー法、1996年
スウェーデンで新電気法、同時にノルウェー
とスウェーデンで電力市場統合、共同の
電力スポット市場(Nord Pool)開設、
1998年フィンランド、1997年デンマーク
西部地域、2000年にデンマーク東部地域
がNord Poolに加入という経緯で進んで
きた。

 北欧諸国の電力産業構造は、
①多数の発電事業者、
②送電会社の設立、
③多数の地方公営配電事業者に特徴がある。

 つまり、発送電分離と電力料金自由化だ。
 その結果、電力本体料金は需給を反映する
自由価格、送配電料金は規制価格となって、
電力本体料金と送配電料金(それに税金)
の合計を電力消費者が支払っている。

発送電を分離して送電網を開放し
発電分野で新規参入を促進せよ

 経済学の教科書では、電力は自然独占の
代表例になっていた。
 というのは、電力事業では巨額の投資が
必要、しかも規模が大きいほど平均費用が
低くなる(規模の経済性)ので、
市場メカニズムでは最初に電力事業を始めた
企業しか生き残れず自然独占になるからで
ある。

 この教科書の説明は、最近の技術革新を
考えると修正すべきだ。
 電力事業を発電部門と送電部門に分けて
考えると、発電部門での規模の経済性は
技術進歩でなくなりつつある。

 各家庭で太陽光パネルを設置し、家庭に
よっては自家消費以上に発電して、
近隣家庭に余剰電力を供給したり、地域で
小規模発電して「地産地消」するのも、
今の技術では可能だ。
 しかし、送電部門ではまだ規模の経済性
が残っている。

 そこで、自家発電を増強して発電を事業化
するのは容易になっても、送電は既存の
電力会社の送電線を借用せねばならなく
なる。となると、既存の電力会社について、
発電と送電を分離し、同時に送電網を開放
して、発電分野で新規参入を促し競争する
のが、国民にとって望ましい。

 これは電話について、電話回線網を開放
して、いろいろな電話会社を参入させたこと
と同じ理屈だ、

 これまで、電力の自由化は発電業者の
新規参入という形で段階的に行われて
きたが、送電網の開放が十分に行われ
なかった。だから、「なんちゃって自由化」
なのだ。
 その結果、発電の新規参入業者も価格
決定力がなく、自由化の恩恵は大規模な
工場など極めて限定的な地域にとどまって
いる。

 こうした電力の自由化に対して、東京電力
はじめ十電力会社は電力の品質などを理由
として反対してきた。
 実は、電力会社が、発送電一体体制で、
巨大な原発・火力発電を作り、地域独占で
膨大な独占利潤を得る仕組みだったからだ。

 このため、日本の電力料金は国際的に
みても高い。

 なお、余談であるが、電力会社の反競争
行為はしばしば見られる。
 今回の震災で計画停電になったが、本来
であれば、そうした緊急時には日本卸電力
取引所が機能しなければいけない。
 この取引所は特定規模電気事業者
(PPS)が電気を取引するところで、東電
はそこから電力を買わずに、計画停電をして
しまったのだ。

全くちぐはぐな
菅政権の政策

 本来であれば、本格的な電力の自由化を
しながら、全量買取制度をつくるべきだ。
 しかし、菅政権の政策はまったく
ちぐはぐだ。

 例えば、東電の賠償スキームの法案も
今国会にでている。
 しかし、それは賠償のために東電を温存
するので、送電網は賠償期間中は事実上売却
できず、政策として発送電分離はできない。

 というのは、資産側の送電網は5兆円と
大きいので、同時に負債側の株主・債権者
の整理も行う必要があるが、株主や債権者
を温存するので、東電のバランスシート
から切り離すのが難しいのだ。

 すでに述べたような本格的な電力の
自由化は、発電方式の間のフェアな競争を
もたらし、自然エネルギーさえもその対象
となる。
 こうした競争の中で、地球環境にも配慮
がなされて、地域の特色ある電源別電力構成
が形成されるだろう。
 そのことは、当然原子力発電にも影響
する。

 今回の原発事故の前から、自由化された
市場では、海外でも原子力新増設は敬遠
されてきた。

 本当は原子力の発電コストはかなり高い
からだ。

 それに今回の原発事故で賠償費用もでて
きたので、新増設は経済的に限りなく不可能
になるだろう。

 米英でも採算性の劣る旧式炉や欠陥炉の
廃止が進み、採算性の優れた原発会社だけに
集中特化が見られる。

 もっともそうした経済問題以外でも、
地域住民は気が気でないだろう。

 そこで住民参加の方法はないだろうか。

 原発について、現行では電力会社との協定
により県知事の同意が必要とされている。
 これを住民投票とすることはできない
だろうか。
 原発の是非については、住民の直接参加
を基本とすべきだろう。
---------------------------------------

おっしゃる通りだと思います。
>本来であれば、本格的な電力の自由化を
>しながら、全量買取制度をつくるべきだ。
と思います。

そうでなければ思った程の効果は期待
できず必ず壁に突き当たる。

>ある閉じた系の中のエネルギーの総量は
>変化しない。
のです。

>「電気の円滑な供給の確保に支障が
>生ずるおそれ」があるときは、設備を
>送電網に接続することを拒絶できる
>ことになっている(法案5条1項2号)。
というのも電力会社にとって実に都合の
良い規定。
再生可能エネルギー促進の大きな障壁に
なる。

>東電の賠償スキームの法案も今国会に
>でている。しかし、それは賠償のために
>東電を温存するので、送電網は
>賠償期間中は事実上売却できず、
>政策として発送電分離はできない。
>というのは、資産側の送電網は5兆円と
>大きいので、同時に負債側の
>株主・債権者の整理も行う必要がある
>が、株主や債権者を温存するので、
>東電のバランスシートから切り離すのが
>難しいのだ。
というのも気にくわない。

電力の自由化が進まない。
これも、再生可能エネルギー促進の大きな
障壁になる。

とは言うものの無いよりはましで、
再生可能エネルギー促進に一定の効果は
あると思います。

但し、買い取り費用の電気料金上乗せ
は止めてもらいたい。

原発推進はどうせ出来ないのだから、
その為にとっている電源開発促進税
(年間約3500億円)は、電力の全量
買い取りに回すべきです。

電源開発の余剰金は今回の事故の
補償に回してください。
原発推進の為に積み立てているものが
あるはず。

事故の補償の負担が結局、電気料金に
上乗せなどということの無いように、
して貰いたい。

もう少し納得できる政策を打ち出して
ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発周辺自治体も安全協定求める動き 福島で避難広範囲

原発周辺自治体も安全協定求める動き
福島で避難広範囲

2011年6月24日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 各地の原発近くにある立地自治体以外の
市や町が、電力事業者に対し、運転に一定
の影響力をもつ原子力安全協定を求める
動きが相次いでいる。

 朝日新聞の取材では、7カ所の原発の
近隣2府県と38市町村が東日本大震災後
に要請していた。
 東京電力福島第一原発の事故の影響が
広範囲に及んだことが背景にある。

 運転停止などを求めることができる
立地自治体並みの権限を求めるところも
あり、電力事業者が対応を迫られている。
---------------------------------------

当然の動きですね。

万一事故が起きれば30Km圏を越えた
ところでさえ避難しなくてはいけない程の
汚染を受ける。

安全協定は基本的にEPZ内の県に属する
市とか町が対象になっているようです。
EPZ内であるにも関わらず、県が違うと
拒否されるという差別もあるらしい。

安全協定を結んでいない地域の人達には
なんの情報も入らない。
国は知っていても何もしない。
ひどいです。

早急に見直すべきでしょう。
確かに電力会社にはなんのメリットもない
と思うが、今のままでは被害を被る範囲で
あるにも関わらず、何の発言権も無い。
事故が起これば、総てを強制的に奪われる
あまりに不公平。

参考情報
「EPZ【ETZ/いーぴーぜっと】」
原発から半径8~10キロが基準になって
いる。この範囲に入れば、国から
原子力施設の事故に備えた対策や
放射線量を監視するための交付金を
受けることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性物質の除去、浄水器で軽減、洗濯も効果

放射性物質の除去、浄水器で軽減、
洗濯も効果

2011年6月25日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Tky201106240714


 放射性物質の影響を心配する人が家庭で
できる対策について、日本放射線安全管理
学会が24日発表した。

 水や野菜、土壌が放射能で汚染された
場合、どんな方法なら効率よく除去できる
のか。
 科学的根拠に基づく「工夫あれこれ」が
紹介された。

 放射能への対策では、科学的根拠のない
情報もネット上などで広がっている。
 同学会は「水」「被服」など七つの
作業班を設け、対策の効果を調べている。

 水については、ヨウ素131や
セシウム137などに汚染された雨水を
ポット型浄水器で除去できるか、複数の
メーカーで調べた。

 その結果、1回の濾過(ろか)でも
ヨウ素は70~98%、セシウムは
84~93%除去できた。
 一方、電気ポットのカルキ抜きでは、
ヨウ素が17%濃縮されてしまった。

 セシウム137が高濃度
(1グラムあたり68ベクレル)に付着
した原発作業員の靴下は1回の洗濯で
75%、3回で85%除去できた。
 洗濯後、洗濯槽内やすすぎ水から放射線
は確認されなかった。

 庭や家庭菜園などの土壌の放射線量は、
厚さ2センチの土をかぶせると、
地表1センチの線量を68%、10センチ
の土なら93%下げることができた。
 一方、ホウレンソウは水洗いでは
半分程度しか除去できず、塩ゆでしても
変わらなかった。
 アスコルビン酸(ビタミンC)などの
還元剤に浸すと除去率は上がったが、
鮮度や味は落ちた。
---------------------------------------

なかなか有用な情報だと思います。
どんどん公開して欲しい。

リンク先は
日本放射線安全管理学会臨時ページ
をみてください。
詳細がわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

人間は60の「遺伝子エラー」をもって生まれてくる

人間は60の「遺伝子エラー」をもって
生まれてくる

2011年06月21日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 親から子へと遺伝子が受け継がれていく
とき、遺伝子にはおよそ60の「エラー」が
発生するそうだ(LiveScience、本家/.)。

 遺伝子に刻まれたこの「エラー」により、
例えば両親と比較して異なる容姿と
なったり、その他の変化が生まれ、種を
進化させていくという。

 研究者らは始め発生するエラー数が100
にも200にも上ると予想していたそうだが、
実際にはそれより少ない変異しか発生
しないことが明らかになった。

 これは進化のスピードがより遅いという
ことを意味しているとのこと。

 また、精子を作るのにゲノムが複製される
回数は卵子よりもずっと多いため、今までは
突然変異はほとんど父親側で起きると
考えられていたが、今回の研究ではほとんど
の突然変異が父親側からくることもあれば、
母親側の遺伝子にてより多くの突然変異が
発生する場合もあることが明らかになった
という。

 この研究結果はNature Geneticsに
掲載予定だそうだ。
---------------------------------------

面白いですね。
遺伝子エラーって種を進化させていく
んですね。

必ずしも良いものばかりではなく、
時間をかけて良いものが淘汰されていく
というのが進化。
と言うことは進化は偶然の産物?
ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年をとると記憶力が悪くなる科学的な理由

年をとると記憶力が悪くなる科学的な理由
2011.06.22 lifehacker

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 年齢を重ねるごとに記憶力は悪くなって
いくという事実...。
 年をとるとカギを置いた場所や車の
駐車場所を以前より忘れやすくなる...
ということは、誰もが知っていることです。

 この記憶力が悪くなるプロセスについて、
神経科学者が研究し、発表しています。

 ジョン・ホプキンス大学の神経科学者
であるマイケル・ヤッサ氏によると、
年齢を重ねるたびに記憶するのが大変に
なる理由は、年齢と共に海馬への経路が
退化していくからだそうです。

 海馬は記憶が保管される場所なので、
年齢を重ねるとともに脳が情報を処理して
記憶するのが難しくなる、というのも
うなずけます。

 要するに、脳が情報で満杯になって
しまっているわけではなく、年をとるごと
に脳が情報を書き込み、保存する機能が
弱くなっているのです。

 さらにヤッサ氏によると、こうした脳の
機能の低下により、新しく記憶を書き込む
よりも、もともと保存してある昔の記憶を
思い出すほうが簡単になるため、年をとる
と昔の思い出を懐かしむようになるとの
こと。

 ヤッサ氏は、脳の経路をなおす方法は提案
していませんが、この研究内容が将来
アルツハイマー病の治療に役立つ可能性は
あります。
 とはいえ、年齢とともに進む記憶力の
低下をそのままにしておけばいいという
わけではありません。
 ライフハッカーの過去記事で紹介した
記憶力を高める方法や、記憶力に関する
記事一覧(英文記事)を、記憶力を保つ
方法として活用してみてください。
---------------------------------------

なるほどね。
参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対策から改革へ、電力システムの再構築を エネルギー維新、実現の処方箋(1)

対策から改革へ、電力システムの再構築を
エネルギー維新、実現の処方箋(1)

2011/6/23 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日経エレクトロニクス誌からの3つの提言
を紹介しよう。

 エネルギー維新に向けた新たな
電力システムの在り方として、
日経エレクトロニクス誌では
(1)発電源の多様化、
(2)電力の地産地消、
(3)電力供給に応じた需要制御、
 の3つを今後の骨格となる方針として
提言したい。

 これは、集中管理・一方通行型から
自律分散・協調型への変革である。

 まず「発電源の多様化」とは、太陽光や
風力、地熱など再生可能エネルギーと
呼ばれるエネルギー源の発電への導入比率
を高めることである。

 原子力発電に依存できなくなった今、
火力発電のみに頼っていては、天然ガスや
石油といった、ほとんどを輸入で賄って
いる燃料に強く依存することになる。
 これには、長期的に安定して燃料を確保
できるのかなど、大きな不安が残る。
 国のエネルギー・セキュリティーの観点
から、速やかに再生可能エネルギーの
大量導入を進めていかなければならない
だろう。

 次に「電力の地産地消」とは、これまで
のような大規模な発電所を用いて電力を
供給するだけではなく、工場やビル、店舗、
家といった実際に電力を消費する場所で
発電したり蓄電したりすることである。

 こうした分散電源を個々に発展させる
ことで、災害時などに電力系統(電力会社
が企業や消費者などに電力を送るシステム)
からの電力が分断されてもそれぞれは
最低限の電力を確保でき、電力システムの
冗長性を高められる。
 さらに、分散電源が満遍なく普及すれば、
個々で需給バランスの調整が可能となり、
電力系統からの電力の平準化につながる
はずだ。

 そして「電力供給に応じた需要制御」は、
需要に応じて電力を供給するだけだった
システムを、需要を制御できるシステムに
することである。

 現在の電力システムは、残念ながら電力
を送るだけの一方通行のシステムになって
いる。これを、「さまざまな状況下で最も
効率的に発電した電力量に合わせて、
需要側が電力の利用を弾力的に変更できる」
というシステムに切り替えるのである。

 今回の震災で我々が学んだことは、1つの
システムに絶大な信頼を寄せすぎては
ならないということ。

 集中型で管理する電力システムをすべて
とせず、基幹として保ちながらもエネルギー
供給源を多様化し、さらに各所で分散型電源
を持ちながら基幹システムと連係できる、
懐の深い電力システムの構築が求められて
いる。

 こうしたシステムをいち早く確立
できれば、それは世界に類を見ない
次世代版電力網「スマートグリッド」
になる。

 これまで、要素技術はあるものの柔軟性
がないとされてきた日本の電力システムも、
やっと世界に胸を張れるシステムに生まれ
変わるのである。

以下省略、ポイントのみ載せる。

■短期的には省エネあるのみ
 手法としては、まずは“見える化”
である。

■東西の連系線を強化
 忘れてはいけないのが、周波数が違う
 東西の電力会社との連系線を強化する
 ことである。
 将来的には「周波数変換がしやすい直流
 送電網を、基幹線として日本中を縦断
 させる」など、大規模な電力融通に
 ついて早急に政策として議論する必要が
 ある

■「原子力でCO2削減」が使えない
■再生可能エネルギーの可能性
 1kWh当たりの発電に対するCO2排出量が
 少ない発電方式は、水力、地熱、風力、
 太陽光という順番になる。
 このうち実際に早期に大量導入できる
 のは、太陽光発電と風力発電になり
 そうだ。

■家庭にも蓄電池を
 蓄電池が需要側に普及すると、新たな
 電力システムを構築できるようになる。
 例えば、「蓄電池によって需要のブレを
 平準化できる」
---------------------------------------

私は賛成です。

この事故を契機に電力システムの再構築を
実行して欲しい。
今のシステムは古くなった。
エネルギー維新を起こすチャンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖尿病治療薬アクトス、膀胱がん患者への使用制限求める

糖尿病治療薬アクトス、膀胱がん患者への
使用制限求める

2011年6月23日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 武田薬品工業の糖尿病治療薬アクトスが
長期服用で膀胱(ぼうこう)がんの危険性
が高まる可能性があると米仏で指摘された
問題で、厚生労働省の調査会は23日、
膀胱がん患者への使用を控えるよう医師ら
に求めることを決めた。

 厚労省は24日にも医師向けの説明書を
改訂し、膀胱がんを併発している患者への
使用を控えることや、使用中の患者は
定期的な尿検査などでがんの症状が
出ないか確認することを書き込むよう同社
に指示する。
 患者向けの説明文書の作成も求める。

 アクトスと同じ成分が入った同社の
「ソニアス」と「メタクト」にも同様の
対応を求める。
---------------------------------------

ご承知おきください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島第一原発 事故時の廃炉規定なし

福島第一原発 事故時の廃炉規定なし
2011年6月20日 ネットワーク地球村

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力が廃炉の方針を決めている
福島第一原発1~4号機について、現行の
法令に事故を起こした原子炉の廃止に
関する規定がなく、廃炉の手続きを進め
られない可能性があることが分かりました。

 電力会社が耐用年数を経過して運転を
終えた炉を廃止する場合、廃止計画を作成
して原子力安全保安院に提出し、保安院が
廃炉の計画を認可します。

 認可の基準は、「原子炉の炉心から燃料棒
が取り出されていること」「核燃料や核燃料
によって汚染された物の管理・処理・廃棄が
適切であること」などとされていますが、
メルトダウンが起きた核燃料を取り出す
具体的な方法や、汚染された物の法的な
位置づけがないために最終処分する方法は
見通せず、現状では廃炉計画の認可基準を
満たしていません。(東京新聞)

--------
 スリーマイル島原発事故や
チェルノブイリ原発事故など、廃炉手続き
を見直す機会はこれまでに何度も
ありました。今回、明らかになった
廃炉規定の不備を考えると、原発事故だけ
でなく、事故後の廃炉も想定して
いなかったことが分かります。
(『地球村』事務局)
---------------------------------------

まあそんなものです。
最終処分場も決まっていない。

多分福島第一原発あたりに作るのでしょう。
それしか考えられない。
政府の考えそうなこと。

以下、
http://8706.teacup.com/uedam/bbs/10380
からの抜粋です。
---------------------------------------
原発推進のために政府は法律を作りました。
原発推進のための電力3法とは
1 1961
  原子力損害賠償法
 =東電の損害賠償に上限を設け、あとは
  国(国民)に負担させる

2 1964
 原子炉立地審査指針
 =大都市に原発を作ってはならない

3 1964
 電気事業法
 =電力事業は、必ず儲かる事業である

原発を推進するための法的整備です。

 このほかにも、原発事故や危険を無視
するための「想定不適当事故」なる概念が
あります。日本は神国だから、推進派が
想定する以外の事は絶対に起きない、
という発想です。

 あっぱれなのは、以上のような原発推進
体制を法制度化した人たち、
「想定不適当事故」なる概念をつくった
人たちです。
---------------------------------------

じつにあっぱれな法律です。
絶対安全と言いながら、
「大都市に原発を作ってはならない」
と言い。
「事故時の廃炉規定も作らない」
と言うなんとも能天気な人の集まり。

今後原発推進という人は、
自分達の必要な電力は自分達で作る。
遠くからもってくることはしない。
遠距離から送電してくれば、損失が大きい
無駄である。絶対安全なのだから問題ない。
と言うことは、
=原発の立地は大阪、名古屋、東京に限る。

政府も既に安全宣言を出している。
そうしましょう。

現在の電源開発促進税があれば、
直ぐ出来る。金銭的にも問題ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了

「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了
2011年6月24日07時48分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本原子力研究開発機構は24日、
高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)
で昨年8月に原子炉容器内に落下した
核燃料交換用の炉内中継装置
(長さ12メートル、重さ3・3トン)を
引き抜く作業を終えた、と発表した。

 回収した装置を詳細に点検し、落下の
衝撃で炉内を傷つけていないか確認する。

 発表によると、クレーンで装置を
引き抜く作業を始めて約8時間後の
24日午前4時55分に回収を終えた。

 機構は引き抜き作業のために取り外した
炉上部の機器を元に戻し、今秋頃に復旧
させる。

 このトラブルで機構は、
「2012年度内」としていた本格運転
開始時期を「13年度内」に変更。
 今年度内に、発電を伴う出力40%での
試験運転を行う予定だ。
 ただ福島第一原発事故を受け、安全性に
対する福井県や敦賀市の見方は厳しく
なっており、計画がずれ込む可能性も
ある。
---------------------------------------

何度か失敗しましたが、装置の回収にやっと
成功したようです。

安全性についは、再処理工場の安全性も
同時に担保されなければ駄目です。

再処理工場で取り出されるプルトニウム
を燃料にして稼働させるものなのですから、
別々に審査していては駄目だと思います。

再処理工場は一日で原発一年分の汚染物質
を排出するのだということも考慮して
ください。原発の比ではないのです。

これで良いのでしょうか?

稼働し始めたら大間のマグロも
汚染で危ないかもしれない。

もんじゅ復旧作業の費用は9億4千万円。
維持管理費用は一日5500万円。
しかも、今の計画では2050年の実用化を
目指す。となってます。
目指しているだけで、稼働させるとは
言っていない。
約40年後の実用化を目指すと、
なんと気の長い話。
その頃にはウランは確保不能になって
いるかも知れない。

高速増殖炉は世界で半世紀以上に渡って
研究されながら、いまだ「夢」に留まって
いる。

日本の現実を見れば、10年経つ毎に実現が
20年先に延びているのです。

しかも、再処理工場が稼働できなければ
意味がないが、見通し不透明。

なんたる無駄遣いだと思いませんか?

どうしてこんな無駄遣いを許しているのか
理解不能。

処理も出来ない汚染物質を発生させる装置
を稼働させるために何兆円もの税金を投入
し続ける。しかもこれだけお金をかけても、

新たなビジネスが生まれる可能性は低い。

もっと違う分野に投入すべきだと
思いませんか?
多様なビジネスチャンスを生み出す分野に、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

無動力原子炉冷却システムの提案

無動力原子炉冷却システムの提案
2011年6月20日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学流体科学研究所の圓山重直教授
は、原子炉が外部電源喪失時で、外部動力
がない状態でも自動的に原子炉を冷却し、
かつ10年以上その冷却を続けて自動的に
停止するシステムを提案しました。

 このシステムは、耐震構造の空冷冷却塔
と原子炉の崩壊熱で発電とポンプ動力を
生み出す蒸気タービン等で構成されて
います。原子炉の停止時間が長くなり
タービンが動かなくなっても
サーモサイフォンを用いた炉心冷却が
続けられます。

 また、既存の原子炉にも取り付けること
が可能であり、今後、原子炉の多重安全性
を確保する上で必要不可欠な装置となる
可能性もあります。

詳細(プレスリリース本文)

---------------------------------------

良い案ではないですか?

私は原発推進派ではありませんが、
原発を稼働させざるを得ないのであれば、
外部電源無しでも冷却が出来る。
この程度の安全性を確保した原発でないと
安心できない。

>既存の原子炉にも取り付けることが可能
と言ってます。
必須の条件として貰いたい。

崩壊熱を電力を使って延々と冷却するとは
なんとも無駄なこと。
電源がなくなった途端にメルトダウンとは
ひどいシステム。
改善すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルツハイマー病やALS、進行抑える物質生成

アルツハイマー病やALS、
進行抑える物質生成

2011年6月22日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 名古屋大学環境医学研究所の錫村明生教授
らの研究グループが、アルツハイマー病や、
悪化すると全身がまひする
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの
進行を抑えるたんぱく質の生成に成功した
と、21日付の米科学誌プロスワン電子版に
発表した。

 発表によると、錫村教授らのグループは、
漢方薬の原料である「甘草」の主成分が、
脳内で多くなるとアルツハイマー病などを
引き起こす「グルタミン酸」の大量放出を
抑える効果があることを発見した。

 この成分を、末端の血管から脳内に行き
渡りやすくするため、化学合成して新たな
たんぱく質「INI0602」を生成した。
 マウスの実験でも、効果が裏付けられた
という。

 錫村教授は「これまでの治療法と違い、
症状を根本的に抑えられた。
 新薬の開発につながる成功で、今後は、
薬になじみやすいよう改良したい」と
話している。

 グルタミン酸はアミノ酸の一種で、
脳内に侵入したウイルスを免疫細胞が
“退治”する際、副産物として放出される。
 量が多くなると神経細胞を傷つけ、
アルツハイマー病などの原因になることが
知られている。
---------------------------------------

なかなか良さそうですね。
>これまでの治療法と違い、症状を根本的
>に抑えられた。
と言ってます。

関連リンクを紹介しておきます。
錫村 明生 | 名古屋大学グローバル
COEプログラム

創薬・バイオベンチャー企業を設立した
ようです。
(株)アイ・エヌ・アイ (INI)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喫煙で死ぬことがあります」…米でキツイ警告

「喫煙で死ぬことがあります」
…米でキツイ警告

2011年6月22日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米食品医薬品局(FDA)は21日、
たばこの包装に新たに掲載を義務づける
警告文のデザイン9種類を発表した。

 「喫煙で死ぬことがあります」という
警告文と胸に大きな手術痕がある遺体の
写真、「たばこは脳卒中や心臓病を引き
起こします」の警告文と呼吸器をつけて
あえぐ男性の写真など、どれも視覚に
訴えるきつい内容だ。

 25年ぶりの大きな改定で、来年9月
以降、米国内で販売されるたばこは、
パッケージの上半分をこの警告に当て
なければならなくなる。

 たばこ業界は、言論の自由などを理由に
新規制無効を求める訴訟を起こしている。

 FDAは2009年に成立した
「たばこ規制法」に基づき、昨年、
36種類の図案を発表。
 意見を公募して今回の九つに絞り
込んだ。
 セベリウス厚生長官は21日の記者会見
で「この警告は確かにひどい。
 若者に、喫煙はひどいことだと知って
もらいたい」と期待を示した。
---------------------------------------

米食品医薬品局(FDA)は凄い。
>それだけ「喫煙はひどいことだと知って
>もらいたい」
と言ってます。

日本の厚生労働省では決して出来ないと
思う。本当に国民の命を守ろうとして
いるのか? 疑いたくなる。

「たばこ規制法」などないから無理か?
そんな法律を作ったら税収が減ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙の1日の被曝 地上150倍

宇宙の1日の被曝 地上150倍
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国際宇宙ステーション(ISS)で長期
滞在を始めた古川聡さん(47)。
 実験を多忙にこなす一方で、健康管理が
求められる。

 心配の一つが放射線被曝(ひばく)。
 地上で1年間に受ける放射線を、ISS
では数日で受ける。
 宇宙飛行士はどのように防御している
のか。

 宇宙滞在では、無重量状態による影響
に加え、放射線被曝も健康リスクの一つ。
 宇宙は高エネルギーの放射線のため、
将来、月への行き来が可能になっても、
地下深くにしか住めないという説もある
ほどだ。

 太陽や銀河からの放射線は、地球では
大気や磁場に遮られ地上に届くのはわずか。

 1年間に受ける自然放射線量は平均で
2・4ミリシーベルトだが、多くは大気中
のラドンや食べ物からで、宇宙からは
0・39ミリシーベルトだけだ。

◇基準定め 活動も制限

 太陽の活動状況やISSの向きなどに
より変化し、船外活動になると2~3倍に
増える。
 ISSでは、被曝リスクに応じた活動
場所の制限など、各国で合意した取り決め
がある。

 ISS内外の放射線の測定器が異常を
探知すると、宇宙飛行士は最も壁の厚い
ロシアの居住区に退避、船外活動は制限や
中止、延期される。
 ISSの高度や姿勢を変更することも
ある。

 宇宙機構は、ISSに搭乗する日本人
宇宙飛行士の積算線量(生涯分)の上限値
を定めている。
 初めて宇宙飛行した年齢で
600~1200ミリシーベルトと区分
している。
 若いほど放射線の影響が大きいからだ。

7627a5de2dd79cc1l

 国際放射線防護委員会(ICRP)が
定める放射線業務の従事者の上限値は
年間50ミリシーベルト。

 生涯分(18~65歳就業)では
960ミリシーベルトで、この数値に
達すると、がんで死亡する確率が3・6%
増えるという。
 宇宙機構は、この数値を基に毎年の
ようにISSに行っても確率が5%未満
に抑えられるよう計算して基準を作った。

◇若田さん・野口さん 健康影響なし

 137日滞在した若田光一さん、163日
の野口聡一さんは、ともに40歳代での
初飛行のため、
上限値は1200ミリシーベルト。
 太陽の活動が比較的弱かった時期で、
積算量はいずれも100ミリシーベルト以下
だった。
 健康への影響はなく、13年に予定される
若田さんの2度目の長期滞在も問題ない
という。

 ISS滞在が計400日を超えるロシア
の飛行士もいるが、健康問題の報告はない
という。
 宇宙機構の宇宙飛行士健康管理グループ
の佐藤勝主任開発員は「放射線で危険
なのは急激に大量に浴びて細胞が壊れる
こと。
 宇宙は地上より線量は多いが、大量に
出ることはなく、規制値を守る限り影響は
ない」と話す。

《筆者の石塚広志から》
 古川聡さんの国際宇宙ステーション
(ISS)の長期滞在が10日から始まり
ましたが、まず関心を持ったのが1日で
0・5~1ミリシーベルトも浴びるという
過酷な環境をどう管理しているのかという
ことでした。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、
ISSの放射線のデータがリアルタイムで
筑波宇宙センターに送られ日本人飛行士を
監視し、安全を守っているそうです。

 取材したJAXAの健康管理グループ
担当の方は、健康への影響はないと自信を
持っていました。
 原発による放射線との違いについては
「原発事故は短時間で大量の放射線を一気
に浴びるケースがあるが、宇宙飛行士は
それとは違って、低い線量を長期間浴びる
ところ」と説明しました。
 1日で最大地上の150倍の放射線を
浴びるISSの環境を「低い」と
言い切ったのが印象的でした
---------------------------------------

考えてしまいますね。
宇宙は凄く厳しい環境です。

>国際放射線防護委員会(ICRP)が
>定める放射線業務の従事者の上限値は
>年間50ミリシーベルト。
>生涯分(18~65歳就業)では
>960ミリシーベルトで、この数値に
>達すると、がんで死亡する確率が3・6%
>増えるという。
>宇宙機構は、この数値を基に
>毎年のようにISSに行っても確率が
>5%未満に抑えられるよう計算して
>基準を作った。

厳しい基準設定ですね。

>宇宙機構の宇宙飛行士健康管理グループ
>の佐藤勝主任開発員は「放射線で危険
>なのは急激に大量に浴びて細胞が壊れる
>こと。宇宙は地上より線量は多いが、
>大量に出ることはなく、規制値を守る
>限り影響はない」と話す。
そうなんでしょうか?

JAXAのサイトでも
>ISS滞在中の宇宙飛行士の被曝線量は、
>1日当たり1ミリシーベルト程度の
>レベルになり、ISS滞在中の1日当たりの
>放射線量は、地上での約半年分に相当
>することになります。
と言ってます。

すごく高い値のように思います。

>JAXAの健康管理グループ担当の
>方は、健康への影響はないと自信を
>持っていました。
>ISSの環境を「低い」と言い切った
>のが印象的でした
なんとも複雑な心境です。

こんなに強い放射線下にいて生涯被曝量を
例の表の通り管理して行けば、健康への
影響はない?

但し、前提条件として、がんで死亡する
確立5%未満という条件で、ということ。
ざっくりした言い方をすれば、
何も無くてもがんで死亡する確立は
30%なので、30%→35%を許容すると
いうことです。

これもひとつの事実です。
知識として知っておいてください。

参考までに管理区域の設定基準は、
『放射線業務従事者の受ける実効線量が
 5年間につき100mSvを超えず、かつ、
 1年間につき50mSvを超えないように
 しなければならない』
となってます。

いろいろ勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

米スマートグリッド実験で見えてきた思わぬ課題 米国立研究所ムーニイ氏に聞く

米スマートグリッド実験で見えてきた
思わぬ課題
米国立研究所ムーニイ氏に聞く

2010/12/15 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。
少し前の情報ですが紹介しておきます。

---------------------------------------
――この研究所の使命はどこにあるのですか。

 「クリーンでお金がかからないエネルギー
技術を提供することだ。
 具体的には、4つの課題がある。

 エネルギー利用の効率を上げる。
 コストを下げる。
 信頼性を高める。
 そして様々な新しいエネルギー技術を統合
(インテグレート)する技術を生み出す。

 この4つめが新しく、先の3つを網羅した
課題となるスマートグリッドだ」

 「これから先を考えると、再生可能
エネルギーの導入拡大に対応できるように
することが大事になる。
 電力の供給はこれまで負荷(需要)に
対応して発電してきたが、これからは
正反対にパラダイムが変わる。

 発電量が変動する再生可能エネルギーに
対応して、負荷を調整することが必要に
なる」

 「例えば、夏季の太陽光発電の発電ピーク
は正午ころだが、エアコン需要のピークは
午後のもう少し遅い時間になる。
 余剰電力を利用して氷をつくり冷熱を
ためて対応する。
 蓄氷でなくプラグイン・ハイブリッド車の
電池に余剰電力をためてもいい」

 「あるいは消費者が需要ピーク時に
エアコンを使わない契約を電力会社と結ぶ。
 それぞれの消費者が使用を抑制するのは
数分ほどの短時間でいい。
 何万から何十万戸の家庭が時間を少し
ずらして数分間止めればピークは下がる。
 ボルダーでは、電力の使い方に応じて
異なる料金プランを顧客に示し、どこまで
効果が上がるか実験をする段階に進みつつ
ある」
---------------------------------------

>様々な新しいエネルギー技術を統合
>(インテグレート)する技術を生み出す。

>「これから先を考えると、再生可能
>エネルギーの導入拡大に対応できる
>ようにすることが大事になる。
>電力の供給はこれまで負荷(需要)に
>対応して発電してきたが、これからは
>正反対にパラダイムが変わる。
重要ですよね。

米国は日本よりまじめなようです。
日本はまじめに研究しているのでしょうか?
再生可能エネルギーの比率は簡単には
上がらない。
単に買い取り制度をとっただけでは、限界
がある。
料金は利用者に跳ね返る。
これではどこかで、行き詰まる。

思いつきの政策だけでは駄目。
どうも今の政府は目先の思いつきだけで
動いているように見える。

やらなければならないことがある。
その為の戦略がなければ駄目でしょう。

この記事で言っているように、エネルギー
の利用者も巻き込んで、お互いにメリット
が感じられるような施策を打って行くこと
も必要でしょう。

これを実施するためには発送電分離は必須
だと思う。
1社独占ではこうはならない。
と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽電池関連新情報

太陽電池関連の新しい記事がありました
ので紹介しておきます。

詳細は、リンクを参照して下さい。

1.「有機薄膜太陽電池の
   効率よい作製法開発

   2011年6月16日 Science Portal

2.「軽くて曲げられるCIGS系
   太陽電池開発

   2011年6月21日 Science Portal

   関連情報
   産業技術総合研究所へのリンク

いろいろ出て来ますね。
どれが本命になるんでしょう?

これ期待しているんですけど、
岡山大、夜でも充電可能な
次世代太陽電池を開発中!

あとこれですね。
太陽電池の変換効率75%に
東大とシャープが構造解明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水素燃料電池で「分散型電源」へ 発電所集中にリスク 九大の村上教授に聞く

水素燃料電池で「分散型電源」へ
発電所集中にリスク
九大の村上教授に聞く

2011/5/24 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「水素社会の出番だ」。
 水素技術の研究の第一人者である
村上敬宜・九州大学教授は話す。

 東日本大震災と原子力発電所の事故は
効率重視で発電所を集中立地させることの
リスクを顕在化させた。
 これからの日本は原子力の比重が減る分、
再生可能エネルギーとともに「水素を使う
燃料電池を有力な分散型電源として増やして
いかねばならない」と村上教授はみる。

 「今回の震災で、独立運転が可能な分散型
地域エネルギー供給システムの重要性が
明らかになった。

 普段は系統電力とつながって運用される
が、災害などで系統から分離する必要が
生じたときは、独立して地域に安定的に
エネルギーを供給できるシステムだ。
 大規模な燃料電池や再生可能エネルギー
を中核にした地域エネルギーセンターを
各地につくっていくことが必要だ」

 「例えば、福岡県糸島市では150戸に設置
した家庭用燃料電池にプロパンガスを供給
して各戸のエネルギーを賄っている。
 北九州市の水素タウンでは製鉄会社の
副生水素を水素ステーションや各戸の
燃料電池に供給している。
 これらはガスがある限り、電力が
止まっても地域のエネルギー供給が可能だ。

 家庭用の燃料電池は出力1キロワット程度
だが、発電効率が高い固体酸化物型
(SOFC)の1千キロワット級大型燃料
電池を早く実用化して、病院や大型商業施設
などの拠点を賄うようにしたい」

 「再生可能エネルギーは天候によって
出力が変動するのが弱点だが、安定発電が
できる燃料電池か、蓄電池と組み合わせれば
うまく使える。
 いずれにしても原発利用にブレーキが
かかるのは間違いない。
 エネルギーの自給率が原子力を含めても
約20%と低く、石油価格に翻弄(ほんろう)
され、石油確保のため国富が国外に出る
のを、可能な限り避けたい」

――水素の確保が課題になりますね。

 「副生水素の生産拠点は全国で約20カ所
ある。
 ほかは天然ガスの改質や石炭ガス化で
水素を得ることもできる。
 豪州で品質の悪い褐炭資源を活用して
水素をつくり大型船で日本に運ぶ構想も
ある。ノルウェーやカナダは水力発電の
電気で水を分解して安い水素を製造し輸出
する計画だが、日本はまねができない。

 水素の調達では化石燃料に頼る側面も
あるが、天然ガスや石炭を使い、石油への
依存を減らして、水素社会への入り口と
したい」

――原発事故が発電コストの上昇をもたらす
と、電気自動車の普及にはブレーキ、
燃料電池車に対しては追い風になるとみて
よいのでしょうか。

 「今年1月に世界の自動車メーカーと
エネルギー企業が燃料電池車の実用化の
推進で合意した。
 2015年に燃料電池車を本格的に世に出す
ことを目標に掲げた。
 ダイムラーやトヨタ自動車、日産自動車、
ホンダ、ゼネラル・モーターズ(GM)、
フォードなどと、シェルやトタルなどが
参加している。
 これまで先に自動車を発売するのか、
燃料供給のインフラを先に整備するのか、
どちらが先かの論争があったが、
燃料電池車の本格販売に合わせて
インフラ整備を目指すと合意した」

 「これを受けて、国内でもトヨタ、日産、
ホンダなどとJX日鉱日石エネルギーや
出光興産など合わせて13社が共同声明を
発表、首都圏などで100カ所以上の
水素ステーションの設置を目指す。

 燃料電池車は1台1億円とか言われて
きたが、量産で値段は1けた下がる。
 さらに技術進歩で、500万~1千万円の
間で販売できるようになると思う」

 「電気自動車は、家庭のセカンドカーや、
郵便配達など決まったルートを巡回する
用途では使えるが、郊外へのドライブでは
やはりユーザーが電池切れを心配する。
 技術進歩で車続距離は伸びるものの、
冷暖房の使用を考慮に入れるとまだ十分
ではない。
 暖房にエンジンの余熱ではなく電気
ヒーターを使うのは、寒冷地では厳しい
制約条件になる。
 最終的には消費者が答えを出すことに
なろう」

――仮に燃料電池車が未来の車の本命だと
したら、日本の自動車産業にとって悪い話
ではない。

 「燃料電池車は体力のある企業でないと
実用化は難しい。
 電気自動車は、極端なことを言えば電池と
モーターさえあればベンチャー企業でも
製品化できる。
 しかし、燃料電池の出力制御は化学反応の
制御であり、かなりの技術者を投入して
研究しないとものにはできない。
 トヨタやホンダは本気でそれをやってきて
いる」

――水素は安全に使えるのでしょうか。

 「絶対安全であるとは言えないし、言う
つもりもない。
 原子力は絶対安全を唱えたことでボタンを
掛け違えた歴史がある。
 絶対安全を唱えて必要以上に厳しい規制を
設けることは本当の安全確保に
つながらない。
 ガソリン車も電気自動車も事故を起こすし
火災も発生する。
 水素をガソリンや電池より安全に扱う技術
を実現することはできるが、事故をなくす
ことはできない」

 「液体水素はロケット燃料として米航空
宇宙局(NASA)が性質を調べ尽くして
安全に扱う技術ができた。
 気体の水素を扱う研究は遅れたが、
ようやく性質が科学的につかめ危険を減らす
対策が講じられるようになった。
 どんな素材を使って、どう設計すれば
耐久性のある水素タンクをつくれるか
など、具体的にわかってきた」

途中省略

 「経験が蓄積されるにつれ、水素の取り
扱い規制も合理的なものに見直していける。
 そうすれば製品の価格も安くなり普及も
進む。現在は水素ステーションを国内で
建てると4億~5億円かかるが、海外なら
1億円くらいだ。

 日本の規制が厳しすぎるためだ。
 これでは日本企業が海外でインフラ受注を
目指しても外国勢には勝てない。
 国内で経験もデータもないものを海外へ
売れないからだ。
 政府にはそろそろ規制の見直しを考えて
もらいたい」
---------------------------------------

事故の教訓には、
>「今回の震災で、独立運転が可能な分散型
>地域エネルギー供給システムの重要性が
>明らかになった」
というのもあるでしょうね。

>「水素を使う燃料電池を有力な分散型
>電源として増やしていかねばならない」
検討することも必要かもしれない。

安全、安全といって変な規制は止めて
欲しい。独りよがりの安全では何の意味も
ない。

>「絶対安全であるとは言えないし、
>言うつもりもない。原子力は絶対安全を
>唱えたことでボタンを掛け違えた歴史が
>ある。絶対安全を唱えて必要以上に
>厳しい規制を設けることは本当の
>安全確保につながらない。
>ガソリン車も電気自動車も事故を起こす
>し火災も発生する。水素をガソリンや
>電池より安全に扱う技術を実現すること
>はできるが、事故をなくすことは
>できない」
正論です。
きちんと事実を見つめることです。

事故をゼロには残念ながら出来ない。
出来るのは少しずつ減らすことくらい
です。英知を集めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生医療最前線 世界初!ES細胞から網膜組織

再生医療最前線 世界初!
ES細胞から網膜組織

2011.06.21 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 理化学研究所 発生・再生科学総合研究
センターの笹井芳樹博士のグループが、
マウスES細胞から網膜組織を発生させる
ことに成功しました。

 ES細胞やiPS細胞などの幹細胞から
立体的な組織を作り出したのは世界でも
初めてで、将来、網膜色素変性症などの
治療につながる成果として、再生医療への
応用面でも期待されています。
---------------------------------------

「3次元形成に世界で初めて成功」
素晴らしいです。期待したい。
再生医療少しずつですが、進歩してます。

ただ培養しただけで出来てしまった。
と言ってますね。
「自分たちの内在的な特性を発揮して
複雑な高次の構造を組み上げて行く」

この辺の詳細なメカニズムの
解明が必要になると思います。

デフォルトは神経細胞」という話も
あります。
研究はスタートしたばかりです。

理化学研究所へのリンクは、
プレスリリースを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IAEA会合 “日本は原発推進”

IAEA会合 “日本は原発推進”
6月20日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 海江田経済産業大臣は20日、
オーストリアのウィーンで開幕した
IAEA=国際原子力機関の閣僚級会合で
演説し、この中で、東京電力
福島第一原子力発電所の事故を徹底的に
検証したうえで、安全確保を大前提に、
原子力政策を引き続き進めていく考えを
表明しました。

 IAEA=国際原子力機関の閣僚級会合
で、日本時間の午後5時半すぎから演説
した海江田経済産業大臣は、冒頭、
福島第一原発の事故に対する世界の支援に
改めて感謝の意を表したうえで「今回の
事故から徹底的に教訓をくみ取り、原子力
に関係する人々が共有することが
大変重要だ」と述べました。

 そして海江田大臣は、事故の教訓として、

▽大規模な自然災害や、すべての電源の
喪失などの深刻な事故への備えのほか、

▽国際的に情報を共有する体制の強化、

▽原子力安全の責任の所在の明確化などを
挙げました。

 そのうえで海江田大臣は「わが国は、
事故の徹底的な検証を踏まえ、原子力発電
の最高水準の安全性を確保するために
抜本的な対策を講じ、安全確保を大前提
として、今後の原子力政策の進め方を検討
していく」と述べ、安全の確保を
大前提に、引き続き原子力政策を進めて
いく考えを表明しました。
---------------------------------------

本当に残念です。
“日本は原発推進”だそうです。

現状維持が限度です。
後は、時の経過と共になくすのが最良。
その時間を使って、再生可能エネルギー
を定着させるべきです。
税金は原発推進ではなく、
次ぎのエネルギーを生み出す為にこそ
使うべきです。

民主党も自民党と同じだったのですね。
「人の命を大切にする」とか言って
いませんでしたか?

福島原発の対応も含めて、今回の震災対応
は人の命、安全を優先する政党だとは
思えません。

>大規模な自然災害や、すべての電源の
>喪失などの深刻な事故への備え
などは言わずもがな、当然考慮されて
いなくてはならなかったもの。

人が運用する以上事故は避けられないもの
だと思いませんか?

原子力については今回の事故で学んだ
はずです。

1.放射性能は決して無毒化できません。
  消すこともできません。
  無くならないのです。
  決して無いことには出来ない汚染物質
  をどこに持って行くつもりですか?
  目処はあるのでしょうね?

  一度汚染させると元に戻すのは大変
  な時間がかかるのです。
  人の力など殆ど無力に等しい。
  セシウムでさえ自然に任せておけば
  安全レベルになるまで300年もかかる
  そうです。まして、プルトニウム239
  の半減期は約2万4000年
  (アルファ崩壊による)です。
  何万年も安定に保管しておける場所が
  日本の国内にあるのでしょうか?

2.核燃料サイクル、特に高速増殖炉は
  実現不可能と思われます。
  とすれば、どうやってウランを確保
  するのですか?
  中国が確保に乗り出しています。
  日本の戦略については、
  「ウラン資源確保戦略」を見て
  ください。ウランは石油より少ない
  有限資源です。

3.再処理施設の稼働もままならない。
  現在までの所、処理は英国、フランスに
  依存している。
  再処理してプルトニウムを抽出して
  MOX燃料にしても再利用率はたったの
  一割です。資源の枯渇まで時間が一割
  伸びるだけです。しかも、再処理工場
  は原子炉の一年分の汚染物質を一日で
  出すというではありませんか?
  そんなに地球を汚染させてまで、
  再処理工場が必要ですか?
  いったいどの位税金を投入するつもり
  なのでしょうか?
  以前投稿した記事にある原発埋蔵金
  です。何兆円もかける意味があるので
  しょうか?

問題だらけです。
何故こんなに問題だらけの政策を継続する
のですか?
理解できません。

もう一度言います。
人はミスを犯します。
ミスを犯しても問題の無いシステムの構築
が出来るとは思えません。
天災もある。大丈夫だとは思えない。

もう既に、3件の大事故を発生させた。
もう二度と発生しないという保証など
誰にも出来ない。

真摯な議論すら出来ず、政局に執着する
今の政治家の判断力を疑います。

皆さんはどう思われますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

日本のスパコン 世界一を奪還

日本のスパコン 世界一を奪還
6月20日 NHK NEWSweb

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本の理化学研究所と富士通が共同で
開発している次世代スーパーコンピューター
が、計算速度の世界ランキングで1位に
選ばれ、去年1位になった中国製のスパコン
を抑え、7年ぶりに世界一を獲得しました。

 スーパーコンピューターの世界ランキング
は、研究者などが参加する国際会議で年2回
発表されているもので、20日、ドイツで
発表されたことし上期のランキングで、
日本の理化学研究所と大手電機メーカーの
富士通が神戸市で開発を進めているスパコン
の「京」が計算速度で1位に選ばれました。

 「京」はその名のとおり、1兆の1万倍に
当たる1京回という世界最速の処理能力を
目指しており、整備段階ですでに1秒間に
8162兆回の処理能力を達成し、去年1位
だった中国製のスパコンの性能を3倍以上
上回って1位になりました。

 日本のスパコンが計算速度で
世界ランキングの1位を獲得したのは、
平成16年以来7年ぶりで、京の計算速度
は当時1位だった「地球シミュレータ」の
200倍になります。

 「京」は、総予算1100億円余りの
国家プロジェクトとして開発が進められ、
おととし行われた政府の事業仕分けでは
「ばく大な開発費用に見合った成果を
出せるのか」といった厳しい意見が相次ぎ、
いったん予算計上の見送りに近い削減と
判断されたことでも話題になりました。
---------------------------------------

おめでとうございます。

>理化学研究所の野依良治理事長は
>「世界一は、わが国の産業技術が健在
>という証しでうれしい。
>産業界や一般社会などあらゆる分野での
>活用を願っている」と話しています。

一位になることは目的ではありません。

良いツールを入手出来たのだから、
良い成果を一つでも多く出すことです。
関係者の皆様、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災:福島第1原発事故 偶然に水、空だき回避? 4号機、核燃料プールに

東日本大震災:福島第1原発事故
偶然に水、空だき回避?
4号機、核燃料プールに

毎日新聞 2011年6月21日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力は20日までに、福島第1原発
4号機の使用済み核燃料プールで、冷却機能
喪失後に外部から注水を始めるまでの経過の
分析結果を公表した。

 水素爆発の影響で、燃料プールに隣接する
別のプールから偶然水が流れ込んだ結果、
燃料の「空だき」が回避された可能性を
示唆。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理
は「流入が無ければ大変厳しい状態
だった」とし、最悪の場合は燃料溶融の
可能性もあったと認めた。

 東電によると、定期検査中だった4号機
の燃料プールは、炉心構造物など放射能を
帯びた機器を沈めて放射線を水で遮蔽
(しゃへい)する「機器貯蔵プール」と、
可動式の遮蔽板などを隔ててつながり、
両プールの水位は同じだった。

 燃料プールは津波による電源喪失で冷却
機能が失われ、燃料の熱で水が蒸発して
水位が低下。
 ところが、3月15日に4号機で起きた
爆発の振動などで遮蔽板がずれ、隙間
(すきま)から燃料プール側に水が流れ
込んで水位が回復した。

 その後、同月20日に外部から燃料プール
への注水を開始。
 水圧によって遮蔽板は再び密閉されたと
みられ、現在は機器貯蔵プールの水位が低く
なっている。
 東電は今後、機器貯蔵プールに
計1000立方メートルの水を注ぎ、機器
を冠水状態に戻す計画だ。
 「(機器は)発熱源ではないが、線量の
問題もあるので冠水させる」と説明して
いる。

 また、今月20日には燃料プールを
支える鋼製支柱32本の設置工事を終了。
 7月末までに支柱を覆うコンクリート壁
を設置して耐震性の確保を目指している。
【八田浩輔】
---------------------------------------

ひどい話です。
単に運が良かっただけ。

もし、万一4号機で燃料溶融がおきて
いればとんでもないことになっていた
はず。圧力容器にも、格納容器にも
囲まれていないので何も無い状態で大気に
放出される。
こんなことがあって良いのでしょうか?

運転していない炉でこういうことが
起こってもおかしくない状況だった。
恐ろしいとしか言えない。
こんな設計を許可する。
原子力安全・保安院は信じられない。

使用済み燃料の格納は別の場所に移動
すべきではないのですか?

4号機はなんとか事なきを得た。
それでも、これだけ大量の汚染を
起こしている。
これで安全なのでしょうか?
この辺の改善は今回の安全宣言に入って
いるのでしょうか?

安全に対して鈍感すぎませんか?

決して起こしてはならないことに対して
どう対処しておかないといけないのか?

特に原発を抱えている自治体の長。
しっかり監視してください。
許可して良いものかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経頭蓋磁気刺激法について

脊髄小脳変性症の治療については
残念ながら、対処療法の域を出ず、
根治治療法はいまだ確立されていません。

今現在私が最も有望だと思っている治療法
は以前投稿した。
脊髄小脳変性症の遺伝子治療
だと思っています。
2008年6月27日の投稿です。既に3年が
経ってしまいましたが、平井教授らは
少ない予算の中少しずつですが、研究は
進んでいるようなので期待しています。

根治治療以外では、対処療法ということに
なりますが、そのなかの一つに有効な改善
手段のない特定の患者の為に、
経頭蓋磁気刺激法というものがあります。

経頭蓋磁気刺激法については、いろいろな
大学で試行されているようですが、
今までの情報では以下のようではないかと
私は思っています。
参考意見として見てください。

私の得た情報から言えることは、小脳症状
を主とした患者さんでは効果が見られる
ようです。

ただ、あまり長続きせず、ある一定の
期間を過ぎると元に戻ってしまうらしい。

なので、繰り返し治療を受ける必要が
あります。
よって、現状で最も有効なのはリハビリ
だと私は思っています。
経頭蓋磁気刺激法を実施している病院も
少ないようですし、

参考までに、受けようと思っておられる
方の為に、関連情報を紹介しておきます。

脊髄小脳変性症における経頭蓋反復磁気
刺激療法(第 5 報)

脊髄小脳変性症における経頭蓋反復磁気
刺激療法(第 6 報)

これを見ているとある程度効果はあると
思われます。

詳細は各病院毎に違うので実施については、
相談が必要と思います。適応の可否もある
と思いますので、

こういう機器の開発も行われているよう
です。
パルス磁界を用いた神経疾患治療用機器
の開発

関連記事、
脳神経制御外科学共同研究部門
この機器の対象疾患は何を想定しているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

外部電源復旧に時間かかる原発・再処理施設6カ所

外部電源復旧に時間かかる
原発・再処理施設6カ所

2011年6月10日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 外部電源が失われた場合、復旧に時間が
かかる原子力発電所と再処理施設が6カ所
あることが、福島第一原子力発電所事故に
伴う原子力安全・保安院の調査で明らかに
なった。

 9日、原子力安全委員会に提出された
報告書によると、これらの発電所・施設は
日本原子力発電敦賀発電所2号機、
四国電力伊方発電所1、2号機、東北電力
東通原子力発電所、電源開発大間発電所、
日本原燃六ヶ所再処理施設、日本原子力
研究開発機構東海再処理施設。

 一つの変電所からのみ電力を供給されて
いるか大元が一つの変電所であるため、
外部電源が失われた際に復旧に時間が
かかるとされた。
 このうち、敦賀発電所2号機と
伊方発電所1、2号機については、二つ以上
の変電所から受電する対策を講じる、
とそれぞれの電力会社が報告している。

 残りの4発電所・再処理施設については、
送電切り替えにより電源喪失の早期復旧を
可能とするという対策が示された。

 原子力安全・保安院は、これら事業者
から示された対策を、いずれも妥当な対応
と評価している。

 原子力安全・保安院によると、二つ以上
の変電所から受電しているため、外部電源
喪失の恐れはないとされたのは、
北海道電力泊発電所、東京電力柏崎刈羽
原子力発電所、中部電力浜岡原子力発電所、
関西電力美浜発電所、同高浜発電所、
同大飯発電所、日本原子力発電敦賀発電所
1号機、日本原子力研究開発機構高速増殖
原型炉もんじゅ、九州電力玄海原子力発電所
3、4号機の9発電所だけだった。

 東北電力女川、日本原子力発電東海第二、
北陸電力志賀、中国電力島根、四国電力伊方
3号機、九州電力玄海1、2号機、同川内の7
発電所は、大元が一つの変電所のため
外部電源の喪失は起こりうるものの、
送電系統の切り替えによって早期に復旧が
可能とされている。
---------------------------------------

本当ですか?
東電の事故では、
>保安院は1号機のメルトダウンは
>5時間後
と言ってますね。
送電系統の切り替えってそんなに簡単に
できるんですか?

メルトダウンまで時間はありません。
まして、今回の事故では送電の為の鉄塔が
地震で倒れてしまったと聞いています。
その場合は救いようがない。

鉄塔が地震で大丈夫だという保証はあるん
でしょうか?
福島だって倒れるとは想定していなかった
はず。ならば、送電系統の二重化は必要
ではありませんか?

送電系統の二重化はどうなっているんで
しょうか?

津波でも鉄塔は倒壊している。
大丈夫なんでしょうか?

こんなことで安全宣言とはなんとも
無責任と言うしか無い。と私は思う。

安全だと言う正確な根拠と情報が
欲しい。

政治家というのは鈍感な人達の集まり
なのかな?

これだけの事故を起こしておいて早々に
安全宣言とは?
対策が十分とは思えない。
対策には時間がかかるはず。

福島原発を今回の災害でも問題の
無い範囲に押さえ込む為の対策は
どうすれば良かったのか?
その対策の為に要する時間は
どの位なのか?
そういうことを考えると、そんなに
簡単に安全と言えるのでしょうか?
この時点で再稼働が問題ないと、

| | コメント (0) | トラックバック (2)

視神経脊髄炎、発症の仕組み解明 国立精神・神経センター

視神経脊髄炎、発症の仕組み解明
国立精神・神経センター

2011/2/15 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。
ちょっと古くなりましたが載せて
おきます。

---------------------------------------
 国立精神・神経医療研究センターは
視神経と脊髄の炎症を繰り返す難病である
視神経脊髄炎(NMO)の発症の仕組みを
解明した。

 免疫に関連する体内物質
「インターロイキン6(IL―6)」の
働きを抑える薬で治療できる可能性がある
という。

 同センター神経研究所の山村隆部長らの
成果で、米科学アカデミー紀要(電子版)
に掲載する。

 患者の血液には神経系細胞を壊す特定の
抗体が見られる。
 研究グループはこの抗体を
プラズマブラストと呼ばれるリンパ球が
作り出していることを発見。

 IL―6が抗体の産生を促していること
がわかった。

 IL―6を抑える薬がNMOの治療に
有効とみて、臨床研究を準備している。

 NMOは多発性硬化症に似た病気で欧米
と比べ日本人に多く、国内の患者数は
約4千人。
 発症の仕組みが不明で根本的な治療法が
なかった。
---------------------------------------

「抗アクアポリン4抗体」の発見で診断は
かなり正確にできるようになってきました
が、肝心な治療法がありませんでした。

今回の発見で治療の可能性が出て来ました。
期待したい。

詳細は下記リンクを、
視 神 経 脊 髄 炎 ( N M O ) の
発 症 の 仕 組 み を 解 明

国立精神・神経医療研究センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破骨細胞を骨に寄り付けなくする、画期的な治療法の開発。

破骨細胞を骨に寄り付けなくする、
画期的な治療法の開発。
(骨粗鬆症や関節リウマチ,がんの
骨転移に対する新しい治療法開発の光)

2010.12.07
大阪大学免疫学フロンティア研究センター

詳細は、リンクを参照して下さい。
少し古くなってしまいましたが、
良さそうな情報なので紹介しておきます。

---------------------------------------
 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
の石井優准教授らの研究グループは、
画期的なイメージング技術を駆使した新しい
アプローチにより、骨の破壊を抑える画期的
な治療法を発見しました。

 骨は硬くて安定した組織に見えますが、
実際には、古い骨が壊されて新しい骨が
できるサイクルが常に繰り返されています。

 この、古い骨を壊す細胞は、破骨細胞と
呼ばれていますが、骨粗鬆症や関節リウマチ
などの骨がボロボロになる病気や、がんが
進行して骨に転移したりするときには、
破骨細胞の働きが異常に強くなることが
知られています。
 このため、これらの病気の治療薬として、
骨の表面での破骨細胞の働きを抑える薬が、
現在広く使用されています。

 しかしながら、破骨細胞がどのように
して壊すべき骨に到達するのかについては、
これまで明らかではありませんでした。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
の石井准教授らは最近、特殊な顕微鏡を
使って生きたままの骨の内部を観察すること
に成功し、これを用いて破骨細胞の動きが
「スフィンゴシン1リン酸」と呼ばれる特殊
な脂質によって制御されていることを
明らかにしましたが、今回はこの研究を
さらに発展させて
「スフィンゴシン1リン酸」の作用を調節
することにより、破骨細胞を骨に寄り付け
なくすることによって骨の破壊を抑制する
画期的な治療法の開発に成功しました。

 スフィンゴシン1リン酸は血液中に豊富
にあることが知られていましたが、今回
石井准教授らは破骨細胞が
スフィンゴシン1リン酸から司令を受けて、
血液から骨へ移動したり、逆に戻って出て
いく機構を解明しました。

 さらに石井准教授らは、この機構を調節
することにより破骨細胞が血液から骨に
近づくのを防ぐことにより、骨粗鬆症など
での骨の破壊を有意に抑えることに成功
しました。

 これは、超高齢社会を迎えて今後一層の
増加が予想される骨粗鬆症や、関節リウマチ
・がんの骨破壊などの骨が壊れて困る病気に
対しての、画期的な治療法の開発へと
つながることが期待される重要な研究成果と
考えます。

 この発見は、超高齢社会を迎え、本邦だけ
でも患者数が1000万人を超えると
言われている骨粗鬆症に対して、また
関節リウマチやがんの骨転移など、近年増加
の一途をたどっている、骨がどんどん壊れて
いく病気に対しての、画期的な治療法の開発
へとつながることが期待される重要な
研究成果と考えます。

 本研究成果は、2010年12月6日
(アメリカ東部時間)に米国実験医学雑誌
「ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル
・メディシン (The Journal of
Experimental Medicine)」のオンライン版
に掲載されました。
---------------------------------------

良さそうですね。
>本邦だけでも患者数が1000万人を
>超えると言われている骨粗鬆症に対して、
>また関節リウマチやがんの骨転移など、
>近年増加の一途をたどっている、骨が
>どんどん壊れていく病気に対しての、
>画期的な治療法の開発へとつながること
>が期待される重要な研究成果と考えます。
とのことです。期待したい。

上手くいけば沢山の人が救われそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1キロワット時=20円で風力発電はおいしい?

1キロワット時=20円で風力発電は
おいしい?

2011/6/20 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国内の風力発電ビジネスが転換期を迎えて
いる。

 2010年度末の累計導入量は
244万キロワットと、政府がかつて普及目標
として掲げた300万キロワットを達成できな
かった。

 そんな寒風が吹くなかで、風力エネルギー
で発電した電気を高値で電力会社が買い取る
「全量買い取り制度」の12年度導入に
市場拡大の期待が集まっている。

 国会の混乱で関連法の成立にメドは立って
いないものの、制度の成立を見据えた動きは
既に活発化。
 今年に入ってから大型発電所2カ所の
所有者が変わった。
 新たな成長産業づくりへ、停滞していた
風力ビジネスに企業が目を向けだしている。

以下省略

---------------------------------------

要は政府の政策次第でどうにでもなる。

政府が真剣に進めようと思っているのか
どうかにかかっているだけ。

今までは原発推進政策と地域独占の
電力会社を認める政策があって進まない
のが当然。

風力発電など自然エネルギヘの比率を
高めると電源として安定していないので、
電源として適さないと言う話が必ず出て
くる。

良く分からないのは、原発推進国の英国で
国家戦略として風力発電を進めようと
していることだ。

 しかも英国の全消費電力の3分の1を賄う
計画だと言う。
>欧州の海では一定方向に強い風が吹く
>ことが多いため、風力発電に適している
>といわれる。
違いはこれだけなのでしょうか?

条件は日本より良いにせよ、不安定な電源
であることに変わりはない。
その不安定さをどう克服しようとしている
のかそれが知りたい。
スマートグリッドの導入は必須とは思い
ますが、どうなんでしょうか?

不安定な部分は他国から一時的に電力を
買うとかいうことなのでしょうか?

とにかくまじめに自然エネルギーの発電
比率を高めたいと思うのであれば、比率の
高い他国に行って調査してきて欲しい。
それともそんな技術はあるので必要ない?

日本の電力政策はゆがんでいる。
他国と融通も出来ない。国内ですらです。

危機管理もできていない。
原発がこけたらみなこける。
直ぐに計画停電だ、省エネだとさわぐ
ことになる。

これで良い政策なんですか?
効率ばかりしか頭にないからこうなる。
エネルギー政策は一企業の問題ではなく
国家戦略。そのはずですよね。
その結果がこう。よく反省してほしい。
世界の動きは早い。
日本の動きの鈍さが目立ってしかたがない。

話題にした風力発電に関する関連投稿は
下記です。
三菱重工、世界の洋上風力発電に挑む

>英国政府の主導で、2020年までに
>合計32GW(ギガワット)もの大規模な洋上
>風力発電を実現しようという計画
>「Round(ラウンド)3」が進んでいること
>を2011年2月3日付の本コラムで紹介した。
> 先行する「ラウンド1」「同2」と
>合わせて英国の全消費電力の3分の1を
>賄い、世界中の風力発電企業の研究施設や
>製造拠点を英国に集積させることで
>一大産業に発展させようという同計画が、
>世界の再生可能エネルギー産業に大きな
>影響を与え始めている

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月19日 (日)

インプラントの治療技術は日進月歩

インプラントの治療技術は日進月歩
2011年6月15日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 興味はあるけど、まだよくわからない面
もあるし、費用もかかりそう……と、
今ひとつインプラント治療に踏ん切りが
つかない人も少なくないのではない
でしょうか。

 インプラントとは義歯を直接骨に埋め
込む(人工歯根)治療法のこと。

 従来のブリッジや入れ歯に比べて半永久的
かつ安定的に義歯が使えるといわれ、歯周病
や虫歯などで歯を失った人には大きな福音
として関心を集めています。

 治療法や使用するインプラント製品、
個人の口腔状態によってかなり違いが出て
くるものの、奥歯1本で30~50万円が目安
のようです。

 ただ、歴史が浅いことから課題もある
ようです。

 実際にインプラント治療を受けた人の中
にも調子が良くて大喜びの人もいれば、
治療が長引いて「金ばかりかかる」と不満を
口にする人もいます。

 歯科医師の治療技術、安全性、費用対効果
などの、「医療の質」と「患者の安全」の面
で信頼すべき基準の確立が焦眉の急と
なっています。

 2009年に東京で開催された国際的な
インプラント学会(主催:ITI※)の総会の
目的も、まさにその点にあったようです。
※International Team for Implantology

 ITIはエビデンス(科学的根拠)に
基づいた教育・奨学・研究を通して世界的
規模でインプラントの普及に取り組んでいる
非営利学術団体です。

 その運営を技術開発面からサポートして
いるストローマン社のS・マター氏は
インタビューにこう答えてくれました。

 「インプラントはすでに実験段階の時期
を終え、今では95~98%の成功率を持つ
ようになっています。
 そうしたITIで培った最先端の治療技術を
多くの歯科医師など歯科スタッフが共有
することで、患者さんはより安全で質の
高いインプラント治療を受けられるように
なるでしょう」

 同氏によれば、インプラント治療を希望
する場合は高度なトレーニングを受けた
技術力のある歯科医師を探すことが何より
大切。

 きちんとした治療を受け、正しい
メンテナンスを行えば長持ちするので、
結局はコスト的にも安くつくとのこと
です。

竹内有三(医療ジャーナリスト)
---------------------------------------

感心を持っている人はけっこういると思い
ますが、「奥歯1本で30~50万円が目安」
は高いと思う。

もっと気軽に出来るようになれば良いのに
と思います。

入れ歯より遥かに良いということは分かる
ので、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光子1個で動作するスイッチの集積化に成功(電子科学研究所 教授 竹内繁樹)

光子1個で動作するスイッチの集積化に
成功(電子科学研究所 教授 竹内繁樹)

北海道大学 新着情報 6月2日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 このたび、北海道大学電子科学研究所の
竹内繁樹 教授(兼 大阪大学産業科学研究所
招へい教授)、岡本 亮 助教(同 招へい
教員)らは、光の素粒子である光子1個
レベルで動作する「非線形光スイッチ」を
組み合わせて、光量子コンピューターの
基本となる量子ゲート操作を初めて実現
しました。

 今回の成果は、安全な通信を実現する
量子暗号通信や、これまでに解けない問題
を解く量子コンピューター、また、
より少ないエネルギーでの通信を実現する
量子情報通信への応用が期待されます。

 本研究は英国・ブリストル大学の
オブライアン・ジェレミ教授、広島大学の
ホフマン・ホルガ准教授らと共同で行われ、
研究成果は、2011年6月7日付け
「米国科学アカデミー紀要」に掲載
されました。

 詳しくは、記者発表資料をご覧下さい。
記者発表資料(PDF)
---------------------------------------

光子1個で動作するというのはすごいですね。
超小エネルギーで制御できるということ。

>将来の量子コンピューターや超長距離の
>量子暗号の実現,低エネルギー通信
>としての量子情報通信などの実現へと
>繋がる成果
だそうです。

いつ頃量子コンピューターが実現される
のでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷走続く原発事故賠償の枠組み 東京電力“ゾンビ”スキームの欺瞞

迷走続く原発事故賠償の枠組み
東京電力“ゾンビ”スキームの欺瞞

2011年6月16日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 発表されたスキームがまかり通れば、
死に体の東電は“ゾンビ”のごとく存続し、
株主や銀行、東電の社債を持つ投資家の
すべてが保護されることになる。

 賠償負担の原則が顧みられることなく、
ただ、国民や電力ユーザーの負担、
さらには将来の環境エネルギー育成に関連
した成長可能性を犠牲にしつつ、霞が関と
銀行の都合が優先された結果に
ほかならない。

 まずは、東電の資産を可能な限り売却
する必要がある。

 原子力損害賠償法が極めて曖昧なので、
東電を倒産まで追い込むかは、はっきり
しない。しかし、大震災発生から現在まで
の経緯を冷静に分析すると、組織事故や
人災的な側面ははっきりしている。

 損害賠償金の原資は、国民の税金に手を
付ける前に、東電自身が倒産するまで
吐き出すべきである。

 東電が整理される事態になれば、銀行の
債権と株式、社債の扱いが問題となる。

 私は融資と株式に関しては全額債権放棄
で良いと考えている。

 今回の事故で、企業の破たん処理の原則
を変える必要性は認められない。

 多くの専門家が指摘するように、国内の
社債市場の8%近くを占める東電社債が
紙くずになると、金融不安を招く怖れは
確かに否定できない。
 安定供給のための新会社と旧東電の
社債を1:0.8で交換する、といった
救済策はあっても良いだろう。

 そこまで粛々とやった上で、なおも不足
する場合は「原発埋蔵金」を使うべきだ。

 原発埋蔵金とは、公益財団法人原子力
環境整備促進・資金管理センターが、
六ヶ所村の使用済み核燃料の再処理の
ために積み立てている資金を指す。
 現在までにおよそ2.5兆円、毎年5000億円
ほどが積み上がっていく

 六ヶ所村の再処理工場は必要ない。
 常識的な人間であればすぐにわかる
ことだ。

 万が一、稼働させる前提に立ったと
しても、現在は計画がストップしている
のだから、最低限の維持費さえ残して
おけば問題は起こらない。
 再処理が本格稼働したときに、
年間5000億円というお金の流れを元に
戻せばいいだけの話である。

 賠償金の支払いを5年間と仮定すると、
原発埋蔵金だけで総額5兆円の原資が確保
できる。
 東電の資産売却や債権放棄などを
含めれば、ざっと10兆円に届くのでは
ないか。
 賠償スキームの議論は、最低限ここまで
やってから俎上に乗せるべきだ。

 賠償金捻出のために、電気料金が値上げ
される、という話も浮上している。

 「電気料金は税金みたいなものだから」

 そんな容認論もあると聞くが、電気料金
に手をつけるのは筋違いである。

 現在、形式上とはいえ電力は自由化
されている。
 東京電力管内には、東電以外から電力を
購入している人もわずかながら存在する。
 その人たちは、今回の「無計画」停電の
巻き添えを食った。
 東電から電力を買っていない人が、なぜ
停電だけでなく補償まで引き受けなければ
ならないのか。

 地域独占の東電から電力を購入せざるを
得ない私たちユーザーにしても、原発事故
の責任があるわけではない。
 私たちは、いわば東電の「捕虜」に
なっているだけだ。

 原発は、東電が勝手に作ったものだ。
 私たちが作ってくれと頼んだわけでは
ない。東電に無限責任があるという前提
でも、ユーザーの電気料金に補償を転嫁
するのは理屈が通らない。

 現在進められている賠償スキームでは、
他の電力会社も原発賠償機構に負担金を
拠出する。これもおかしな話だ。
 将来起こる事故ならまだしも、いま
起きている東電の事故の賠償を他の
電力会社に負担させる正当性は見当たら
ない。

 賠償金原資の確保と電気料金の値上げが
結びつく道筋は、そもそも存在しない。
 電気料金を値上げする、という発想が
出てくる体質こそが問題だ。
 他の電力会社を補償スキームに巻き込む
ことも根は同じで、他人の財布を当てに
してもそうはいかない。

 本来、今回の事故の補償金は、次の順序
で進めるべきだ。
 まず、東電がすべての資産を売却、
リストラを断行したうえで、株主の株価は
ゼロになり、銀行にも債権放棄をのませて、
利害関係者に何も出すものがなくなって
から、はじめて原発埋蔵金を導入する。

 それでも足りなければ、最後は国民が
負担する。投入されるのは、電気料金
ではなく税金だ。

 その際、東電は解体し、損害賠償を
負担するだけの機関としてのみ残す。
 電力の安定供給を担う事業部門(発電、
送配電、変電、通信、料金徴収等)は、
新たに設立した別会社に現状の人と資産を
移行させ、一時的に国有化する。
 そして時機をみて、発電・販売部門と
送配電部門に分離・売却することで、補償
スキームに国が投じたカネを回収し、
余剰金が出た場合にはこれも賠償に回す。

Img_4bb300d4bd4b236b2e59e53f01d28a1
これが筋というものだ。

 利害関係者の痛みを回避し、経済産業省、
財務省やメガバンクの思惑で造り上げ
られた現在の東電“ゾンビ”スキームは、
到底容認できない。
---------------------------------------

>これが筋というものだ。
私もそう思います。

「原発埋蔵金」を使うことは必須と思う。
どうなるでしょう?


関連記事として、
原賠機構法案は東電を守りたい身内で
全てを決められる究極のお手盛り法案

というのもあります。
ひどい法案としか思えない。

「電気料金の値上げはあくまで賠償では
なく、原発から火力発電へ切り替えること
による燃料費の増加分を「吸収する」ため」
と言ってますが、実質はわからない。
文書上矛盾がなければ、国は認可するしか
ない。ひどい話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ

村上春樹さん:カタルーニャ国際賞
スピーチ
知恵クリップ[11.06.15]より
神宮司

村上春樹さんが今年の
『カタルーニャ国際賞』を受賞しました。

村上春樹さん:
カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文

---------------------------------------
 「非現実的な夢想家として」。

 これが春樹さんの講演のタイトルで
した。

 「ここで僕が語りたいのは、建物や道路
とは違って、簡単には修復できない
ものごとについてです」。

 「じゃああなたは電気が足りなくても
いいんですね」という脅しのような質問を
盾に、そして「効率」を矛にして、日本
では「原発」が推進されてきた。
 その結果、原発に疑問を呈する人々
には、「非現実的な夢想家」という
レッテルが張られて、とうとう世界に冠たる
地震国日本が、世界第三位の原発大国に
なってしまった。

 私達は、原爆投下後の広島・長崎の惨状
を知った原爆開発責任者の声、「大統領、
私の両手は血にまみれています」や、
原爆死没者慰霊碑に刻まれている言葉、
「安らかに眠って下さい。
過ちは繰り返しませんから」を思い出す
べきだ、としたうえで、
次のように訴えました。

 「壊れた道路や建物を再建するのは、
それを専門とする人々の仕事になります。
 しかし損なわれた倫理や規範の再生を
試みるとき、それは我々全員の仕事に
なります」
---------------------------------------

村上春樹さん。素晴らしい。
全く同感です。

我々全員が宿題を貰ったと思う。
今後どうしていくべきなのか?
後世の為に仕事をしなくてはいけない
時だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

神経ネットワークの情報伝達に新たな発見

神経ネットワークの情報伝達に新たな発見
平成23年6月15日
科学技術振興機構(JST)
名古屋大学
甲南大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題解決型基礎研究の一環
として、名古屋大学 大学院理学研究科の
森 郁恵 教授と甲南大学 理工学部の
久原 篤 講師らは、線虫を用いた研究に
より、神経細胞が別の神経細胞へ2つの
相反する情報を伝えていることを発見
しました。

 現代科学において脳の複雑な機能に重要
な神経ネットワークの情報処理を明らかに
することは、数多く存在する脳の疾患の
原因解明だけでなく、脳の情報処理を手本
としたスーパーコンピューターの開発など
非常に多くの分野において望まれています。

 本研究チームは、神経ネットワークが
わずか302個の神経細胞から作られて
いる線虫C.エレガンス注1)の神経活動
を最新の光技術で人工的に操作しました。

 その結果、温度感覚の神経ネットワーク
において、1つの温度感知神経細胞が、
それと接続する1つの介在神経細胞注2)
に興奮性(プラス)と抑制性(マイナス)
の相反する2つの情報を伝えていることを
発見しました。

 これまで1つの神経細胞は、別の1つの
神経細胞に対して興奮性か抑制性の
どちらか一方の情報しか伝えないと
考えられていましたが、この発見によって
神経細胞が従来考えられていたよりも、
より多くの情報を伝達しうることが示され
ました。

 また、線虫は興奮性と抑制性の情報の
どちらかを多めに伝えることで、高温
または低温な方へ移動していることも
分かりました。

 人間と線虫では神経情報処理の仕組みの
多くが類似していることから、この発見は、
人間の脳の情報処理の仕組みや脳疾患の
原因などの解明に役立つものと期待
されます。

 本研究成果は、2011年6月14日
(英国時間)に英国科学雑誌「Nature
Communications」で
オンライン公開されます。
---------------------------------------

>人間と線虫では神経情報処理の仕組みの
>多くが類似している
そうなんだ。

人間って高等生物かと思っていたら、
それほど高度ではないらしい。

>人間の脳の情報処理の仕組みや脳疾患の
>原因などの解明に大きく役立つものと
>期待されます。
ということなので期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島第1原発:東電頼みの検査、露呈…安全基盤機構ミス

福島第1原発:東電頼みの検査、露呈
…安全基盤機構ミス

毎日新聞 2011年6月15日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 原発の法定検査に疑問符が浮かんだ。

 東京電力福島第1原発3号機の安全弁を
巡る「原子力安全基盤機構」の検査ミス。

 東京電力のトラブル隠し(02年)を
受け、検査強化を目的に設立された機構
だが、東電からの指摘でやっと自らのミス
に気付いた。

 「東電に頼り過ぎた」。
 検査員はそう反省したという。
 昼食代の一部を企業側に負担させてから
検査に取りかかるケースもあり、元検査員
の一人は「ガチンコ(真剣勝負)の検査員
は多くない」と明かした。

 08年12月、北九州市門司区のバルブ
メーカー工場。
 機構の検査員2人は、検査手法や手順を
記した機構備えつけの「要領書」を手に
東電やメーカーの担当者に機器を操作させ、
検査を開始した。

 検査は、通常運転時に安全弁が圧力容器
から放射性物質を含んだ規定量以上の
水蒸気を漏らさないかどうかをチェック
するもの。
 水蒸気の代わりに窒素ガスを使い
漏えい量の測定を行うため、窒素ガスの
圧力が水蒸気であればどの程度の気圧に
相当するか換算する式が必要だ。
 ところが、要領書には肝心の換算式を
記載していない不備があり、検査員は
東電側がかけた圧力を妥当だと思い込み
検査を終えた。

 ところが約1カ月後、東電から「圧力が
低過ぎた」と連絡が入った。
 検査員らは機構の内部調査に「東電と
メーカーに頼り過ぎた」と答えたという。

 「東電の言い値で検査しているだけでは」
 記者の質問に機構の工藤雅春検査業務部
次長は「そう言われればその通り。
 忸怩(じくじ)たる思いはある」
と答えた。
---------------------------------------

こんなことで国民の安全が守れるので
しょうか?
情けないですね。

事故は起きて当然という気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュートリノ:世界初「電子型」兆候 高エネ研、変化検出

ニュートリノ:世界初「電子型」兆候
高エネ研、変化検出

毎日新聞 2011年6月15日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 素粒子の一つ「ニュートリノ」に質量
がある証しとなる3種類の「ニュートリノ
振動」の一つで、唯一見つかっていない
振動の兆候を、高エネルギー加速器研究機構
(茨城県)などの国際チームが世界で初めて
とらえた。

 15日、発表した。
 宇宙が現在の姿に進化した仕組みの解明
に役立つ成果という。

 ニュートリノには電子型、ミュー型、
タウ型の3種類あり、それぞれが「振動」
という現象で別の型に変わる。
 ミュー型-電子型間の変化が見つかって
いない。

 国際チームは、大強度陽子加速器施設
「J-PARC」(茨城県)で、
10年1月から東日本大震災で装置が停止
する今年3月までの間、大量のミュー型の
ニュートリノをつくり、295キロ離れた
東京大の観測装置「スーパーカミオカンデ」
(岐阜県)で電子型の有無を調べた。

 スーパーカミオカンデは旧神岡鉱山にある
水槽(直径、高さ各40メートル)で、
ニュートリノが水中を走って生じる
「チェレンコフ光」を検出する。

 電子型はミュー型と比べ飛行軌道が乱れ、
光が散乱するので特定できる。

 その結果、スーパーカミオカンデで
ニュートリノ88個が検出され、このうち
6個が電子型であることが分かった。

 データを統計的に処理すると、ミュー型
が電子型になった確率は99.3%と
なった。

 ビッグバンという大爆発で宇宙が誕生した
際、地球や私たちの体などを構成する物質
と、物質と反対の電気を帯びた「反物質」
が同量あったが、時間の経過とともに
反物質が消滅し、現在にいたった。

 消滅の理由は、08年にノーベル賞を受賞
した益川敏英、小林誠両博士の理論で説明
されたが、すべては説明できなかった。

 物質と反物質の差を知るには、波が
重なりあって起きる「干渉」を調べると
解明できる可能性が指摘され、各国の
研究機関がニュートリノ振動を発見しよう
と激しく競争している。

 素粒子物理学の世界で確定と結論づける
には99.9%以上の確率が必要で、
さらにデータを蓄積しなければならない。

 同機構の小林隆教授は「今年末に
J-PARCを再稼働させ、その1年後
には目標を達成できるのではないか」
と話す。【野田武】
---------------------------------------

壮大な話ではあるのですが、いかんせん
難しい。物理学の常識を覆す大発見。

>素粒子物理学の世界で確定と結論づける
>には99.9%以上の確率が必要
だそうです。なかなか大変です。

ニュートリノに質量があることを最初に
発見したのは戸塚洋二さんです。
関連リンクは、
2008レクイエム~さよならあの人

ブログもあります。
The Fourth Three-Months
亡くなられたのは残念ですね。

理解を深める為のリンク
スーパーカミオカンデ
公式ホームページ

この中にやさしい研究紹介があります。
動画でやさしく説明しています。
興味のある方は見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

二つの難病(脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化症)の症状を示す新しい遺伝性神経変性疾患とその原因遺伝子を発見

二つの難病(脊髄小脳変性症および
筋萎縮性側索硬化症)の症状を示す
新しい遺伝性神経変性疾患とその
原因遺伝子を発見

2011年6月17日 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 小泉昭夫 医学研究科教授と阿部康二
岡山大学医歯薬学総合研究科教授の
共同研究による研究成果が、国際科学雑誌
The American Journal of Human Genetics
(米国人類遺伝学会雑誌)に、日本時間の
2011年6月17日(米国標準時間では16日)
オンライン版
(http://www.cell.com/AJHG.)で発表
されました。


研究の概要
 脊髄小脳変性症は、映画やテレビの
「1リットルの涙」で紹介されたように、
主に小脳が障害される疾患で、歩くときに
ふらつく、手足の動きが悪くなる、ろれつ
が回らなくなるなどの症状があらわれ、
病状が進むと多くの人が歩けなく
なります。

日本では10万人あたり5~10人の患者さん
がいます。

 また筋萎縮性側索硬化症は筋肉を
動かしている運動ニューロンを中心に障害
がおこり、手足、のど、呼吸に必要な筋肉
がやせて力が入らなくなる疾患です。

 わが国での頻度は10万人あたり2~7人と
考えられています。

 これらの疾患は命にかかわる重要な機能
が損なわれるのは言うまでもありませんが、
患者さんの生活の質を大きく低下させる
点からも患者さんの負担となっています。

 脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化症
は、どちらも1993年に初めてそれぞれの
原因遺伝子が発見されて以来、多くの
原因遺伝子が見つけられてきました。

 しかし、原因遺伝子がどのように症状を
発症させたり、小脳や運動ニューロンの
神経細胞死を引き起こすのかは不明であり、
治療の開発には至りませんでした。

 日本では脊髄小脳変性症および
筋萎縮性側索硬化症とも特定疾患に指定
されています。

 今回脊髄小脳変性症に特徴的な小脳障害
に加え、病状の進展にともない
筋萎縮性側索硬化症に類似した
運動ニューロン障害を呈する新たなタイプ
の遺伝性神経変性疾患を見出し、
脊髄小脳変性症36型と名付け、さらに
その原因遺伝子を発見しました。

 我々は染色体20番の上に存在する
NOP56という遺伝子のイントロンに存在する
GGCCTGという6塩基のくり返し配列が数千個
に増えていること(正常な人では3~9個)
が脊髄小脳変性症36型の原因であることを
突き止めました。

 このくり返し配列はRNAに転写されると
者さんの細胞の核内に蓄積します。
 この凝集物はタンパク質生成の重要な
ステップの一つであるスプライシングを
制御する因子を吸着して枯渇させ、阻害
することで小脳の障害を引き起こすと
考えられます。

 また遺伝子上でくり返し配列のごく近傍
に存在するマイクロRNA、MIR1292の量が
患者さんの細胞では減少していることが
わかりました。

 マイクロRNAは様々なタンパク質の翻訳
を制御することで神経変性疾患・がん
などの発症に重要な役割を果たすことが
最近明らかになり、注目を集めています。

 MIR1292はグルタミン受容体の翻訳抑制
により、神経細胞の電気信号を制御して
いると推測され、MIR1292の減少が
運動ニューロン障害に関与する可能性が
見出されました。

 既に我々は現在脊髄小脳変性症36型の
患者さんのご協力をいただきiPS細胞を作成
しています。

 今後の展開として、iPS細胞を神経細胞に
分化させることで病態を細胞レベルで再現
し、詳細な分子メカニズムを明らかにする
こと目指します。

 特にRNA凝集物の分解薬やマイクロRNAの
拮抗薬の開発を最終目標とした、治療薬
開発を行うための細胞モデルとして期待
されます。

 以上によりiPS細胞を用いたさらなる研究
は脊髄小脳変性症および筋萎縮性側索硬化
の発症メカニズムの解明、予防・治療法の
開発に大きく貢献することが期待されます。
---------------------------------------

久しぶりで脊髄小脳変性症関連のニュース
です。新しい型が発見されました。

脊髄小脳変性症と言っても多種多様です。

脊髄小脳変性症の復習として
その分類、割合については下記を
脊髄小脳変性症
約70%が非遺伝、30%が遺伝性です。

下記は遺伝性脊髄小脳変性症についての
記述になります。

脊髄小脳変性症36型はかなり特殊な型
のようですね。

>我々は染色体20番の上に存在する
>NOP56という遺伝子のイントロンに存在
>するGGCCTGという6塩基のくり返し配列
>が数千個に増えていること
>(正常な人では3~9個)
>が脊髄小脳変性症36型の原因である
>ことを突き止めました。
6塩基のくり返し配列が数千個に増えている
というのはずいぶん違う。

東京医科歯科大学が発見した
脊髄小脳変性症31型は、第16番染色体上
にTGGAAという5塩基の繰り返し配列などが
2500~3800塩基対に渡って「挿入」
されているというものです。

上記以外の大部分の
遺伝性脊髄小脳変性症は
「CAGリピートによって引き起こされます。
3塩基の繰り返しと言うことになります。
CAGはグルタミンというアミノ酸をコード
する暗号で伸長したCAGリピートが翻訳
されると、グルタミンが長くつながった
タンパク質(ポリグルタミン鎖)が出来て
しまいます。
このポリグルタミン鎖が、細胞に悪い影響
を与えているのです。」
というものです。
なのでポリグルタミン病という言い方も
されます。

参考までに、ポリグルタミン病についての
リンクを2つあげておきます。
ポリグルタミン病とは何か? -2-
ポリグルタミン病の分子病態機構

| | コメント (2) | トラックバック (1)

神経細胞の作製短縮 慶応大チーム 皮膚からiPS経ず

神経細胞の作製短縮 慶応大チーム
皮膚からiPS経ず
2011年6月15日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Tky201106150241
神経細胞の作製の過程

 半月から1カ月ほどと短期間で皮膚の
細胞から神経細胞をつくることに慶応大学
の岡野栄之教授や赤松和土専任講師らの
研究チームが成功した。

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を経ず
に作製するため時間が4分の1以下で
済む。事故による脊髄(せきずい)損傷
など緊急時の治療などへの応用が期待
されている。

 15日からカナダで開かれる国際幹細胞
学会で発表する。

 岡野さんらは、マウスや人の皮膚細胞に
iPS細胞を作る時に使う4遺伝子を
導入。細胞の変化や神経幹細胞の増殖に
かかわるたんぱく質などを使って培養に
使う溶液を工夫。

 すると神経細胞のニューロンと、
その周囲にありニューロンの保護や栄養
供給を担うグリア細胞がマウスでも
人でも18~30日で作製できた。

 人の皮膚細胞からiPS細胞経由で
ニューロンやグリア細胞を作る場合、
4~6カ月かかるという。
---------------------------------------

「ダイレクト・リプログラミング」という
技術ですね。

以前紹介した
iPS抜きで細胞 続々
と言う記事で紹介しました。

こちらの研究も進んできたようです。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待機電力ゼロの電子機器実現に向けて 「世界初 電子の電荷とスピンを利用した低電力システムLSIの開発・実証」について

待機電力ゼロの電子機器実現に向けて
「世界初 電子の電荷とスピンを利用した
低電力システムLSIの開発・実証」
について

2011年6月13日 東北大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学 省エネルギー・スピントロ
ニクス集積化システムセンター(CSIS)の
大野英男センター長のグループはNEC他
と共同で、日本学術振興会より助成を
受けて、最先端研究開発支援プログラム
「省エネルギー・スピントロニクス論理
集積回路の研究開発」を行ってまいり
ましたが、このたび、世界で初めて電子の
電荷とスピンを利用したスピントロニクス
技術に基づく待機電力ゼロの低電力スピン
トロニクス・システムLSIの実証、
および新たな高信頼性垂直磁化スピン
トロニクス不揮発素子の開発に成功
しました。

 なお、今回の成果を、6月13日から
17日まで京都で開催される半導体集積
回路技術の国際学会「2011 Symposia on
VLSI Technology and Circuits」
において発表致します。
---------------------------------------

詳細は詳細(プレスリリース本文)
を見て下さい。

以前投稿した記事
家電の待機電力をゼロに
東北大・NECが半導体技術

を見ていまいちピントこなかったのですが、

>システムLSIに必要とされる基本性能
>(動作速度・非破壊読み出し・書き換え
>回数・微細化・低電圧動作)を全て
>満たすことのできるのは、
>スピントロニクス素子のみです。
その夢の素子の実用化にかなり近づいた
と言うことのようです。

>待機電力ゼロの低電力スピントロニクス
>・システムLSIの実証、および新たな
>高信頼性垂直磁化スピントロニクス
>不揮発素子の開発に成功しました。
というのがみそのようです。

関連発表
非磁性体(銀)に巨大な磁気を持たせる
ことに成功 -超高感度磁気センサーや
大容量不揮発性メモリーの開発に道筋-

も出ています。

ということで、ここで実証されたシステム
LSIがどういうレベルのものなのか詳細が
わかりませんが、待機電力ゼロの電子機器
実現に向けてかなり進んだと言うことの
ようです。

すぐにでも待機電力ゼロのテレビが
できるということを意味しているのでは
なさそうです。

「スピントロニクス素子と論理集積回路
とを融合した革新的な省エネルギー論理
集積回路を開発して 論理集積回路の
大変革・パラダイムシフトを起こし、
更に、次世代半導体分野における我が国の
国際的な 競争力の強化に寄与すると
ともに、低炭素・省エネ ルギー社会の実現
に貢献することを目的とします。」
と言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二段階に入ったiPS細胞研究

第二段階に入ったiPS細胞研究
2011年06月13日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 9日にiPS細胞樹立に必要な第五の
山中因子、Glis1の発表がありました。

 Glis1は未受精卵と受精直後の受精卵に
のみ発現している遺伝子であり、今回の
京都大学iPS細胞研究所と産業技術総合
研究所の共同研究の成果は、iPS細胞研究
が第二段階に入ったと判断しました。

 その理由は極めて単純です。
 今までの発想では、この因子は発見
できなかった。
 今回の発見で、iPS細胞の研究は初期化
という未解明なプロセスに切り込んだと
考えたためです。

 今までES細胞(胚性幹細胞)に特異的に
発現している遺伝子から多能性幹細胞を
誘導するに必要な遺伝子を選抜して
おりました。しかも、その最終ゴールは
ES細胞とそっくりな多能性幹細胞を創る
ことでした。

 これを第一世代とするならば、
Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Mycが
ゴールデンスタンダードとして確立した
といっても良いでしょう。

 c-Mycをn-MycやL-Mycで代替したり、
Mycそのものを除いた3因子でもiPS細胞を
樹立することが分かったり、
OCT3/4、SOX2、NANOG、LIN28でも誘導可能
であることも示されましたが、常識的な
推論の範囲に入っていました。

 Glis1はこうした範疇を逸脱した
山中因子です。

 第一、ES細胞では全く発現されていない
遺伝子です。
 従来の山中因子を選別する方法論では、
これを発見することができませんでした。
 しかも、4因子と一緒に線維芽細胞に導入
するとiPS細胞の樹立効率を10倍に上昇
させ、しかも、iPS細胞もどきの混入の
少ない、きちっとしたiPS細胞のみが樹立
されるという特徴がありました。

 事実、ES細胞にGlis1を強制発現すると
死滅します。

 iPS細胞の樹立は促進しますが、iPS細胞
では完全に遺伝子発現を沈黙するのが
Glis1です。

 誠に好都合な転写調節因子です。
 樹立したiPS細胞の品質管理までする、
まさに「魔法の因子」(山中伸弥教授)
なのです。

 この研究の延長線上には、生殖細胞へ
分化する過程と受精直後に起こる
エピジェネティックスの変化(初期化)
の謎を解く鍵が存在する可能性濃厚です。

 初期化の機構解明という二番目の
ノーベル賞を山中教授の弟子達が狙う
チャンスでもあると一人で興奮して
います。
 是非ともやり遂げていただきたい。
---------------------------------------

Glis1まさに「魔法の因子」のようです。
がんばってください。
これで、研究の進捗が早まると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低300年閉じ込める必要 小出裕章 (MBS)

最低300年閉じ込める必要 小出裕章 (MBS)
2011年6月16日 たね蒔きジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。
音声です。

---------------------------------------
・(汚染水浄化システムの試運転が
始まった。ゼオライトは毎日交換する必要
があるというが、水での冷却が続く限り
延々と動かすのか?)
 そうだ。

・(浄化に使ったゼオライトの汚染は
1立方センチで1億ベクレル。
 1.5メートルのマジックハンドで交換
するというが、離れれば放射線の量は
弱まるか?)
 それなりに弱まるが、猛烈に汚れており
被曝は大変なことになる。
 密着は危険すぎるから離れるべきだが、
あまりに離れると操作が困難。
 被曝の蓄積が心配。

・(汚染水の浄化装置でたまった
ゼオライトの最終的処理は?
 ドラム缶1万本分の汚泥になると
いうが?)
 決まってないと思う。
 大変な汚染物であり、どこかに埋める
こともできないし、取り扱いは被曝を
しながらになる。今後の重い課題。

・(福島県が脱原発を復興基本理念にする
という。県内で放射性廃棄物処分を受け
入れないというメッセージだというが、
国内に最終廃棄場は?)
 ない。
 福島原発周辺には広大な汚染地ができて
おり、国としてはそこを狙うだろうが、
県は逃れたいのだろう。
 誰にとっても受け入れたくないものだが、
これまでの歴史でいえば弱いところが
やられている。
 日本人ひとりひとりに突きつけられて
いる。

・(福島ですべての生徒、児童、園児に
線量計をもたせる。
 心配は低線量被曝だが、長い間浴び続ける
とどう影響する?)
 基本的にガンや白血病の発生頻度が
増える。特にこどもは放射線感受性が高く、
なんとか被曝を減らさないといけない。

・(その方法は?)
 こどもが集中的に集まって遊ぶ場所の
表土をはぎとることは絶対やってほしい。
 あとは、よく遊ぶ場所を親の責任で
きれいにする。
 マスクを習慣づける。
 汚染度の高い食べものは与えない
ようにする。

・(表土をはぎとってもそれを処分する
必要がある?)
 そう。
 放射能は消えないので移動することしか
できない。

・(処分の仕方というのは地中に埋める
とか海の沖の方に投棄する?)
 海に捨てるのは条約で禁止されている。
 唯一可能なのは放射能の墓場をつくる
こと。
 福島原発周辺は多分人が住むことが
できないため、一部を墓場にして、汚染の
強さに応じて仕分けをして建物の中に
いれたり地中に埋めたりするしかない。

・(どのくらい続く?)
 半減期が30年と長いセシウムが一番
問題だが、1000分の1になるまで
300年かかる。
 福島の汚染物も最低300年間は
閉じ込める必要がある。
---------------------------------------

放射性廃棄物は本当にやっかいなもの
です。
決してなくならない。
汚染水処理というのは水からゼオライトに
移動させるだけ、残った膨大な汚泥の
処分はどうするつもりなのか?

300年はセシウムの話で半減期の
遥かに長い核種が炉の中にはある。
処分はどうするつもりなのか?

関連記事として
映画の紹介『100,000年後の安全』
しておきました。見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画の紹介『100,000年後の安全』

公式サイトはこちら『100,000年後の安全』

種まきブログ」に紹介がありますので
見てください。

>現在、高レベル放射性廃棄物の
>最終処分場を持つ国はフィンランド
>のみ。
>ユーラヨキ自治州のオルキルオト島の
>オンカロが2012年から100年間稼働予定
>している。

>世界にさきがけて高レベル放射性廃棄物
>処理施設(永久地層処分場)の建設を
>決定したフィンランド。
>高レベル放射性廃棄物は管理しうるのか?
>監督自らがリリカルに人類に問う渾身の
>ドキュメンタリー映画

公式サイトの「緊急公開にあたって」より
---------------------------------------
 4月2日に緊急公開した
『100,000年後の安全』は当初アップリンク
で1日1回岳の上映でしたが、今日、6月14日
現在では70館以上もの映画館で上映される
ようになりました。
 パンフレットもできていなかったの
ですが、6月17日から始まる福島フォーラム
での上映に間に合うかたちでやっと
できます。
 以下の文章はパンフレットの編集を
終えた時点であとがきとして書きました。

 福島第一原発の事故の後、ドイツと
スイスが期限を決めて原発を廃止すること
を決めました。
 日本における放射性廃棄物の処理問題を
考えるためには、まずその危険なゴミの
総量を確定する必要があります。

 原発が稼働している限りゴミは作り
出されるので、いつまでに原発を全て停止
するかを決める必要があります。

 そうすることにより、それまでに出る
放射性廃棄物の量を計算して予想すること
ができます。

 さて、現状では放射性廃棄物を無害化
する技術はないので、僕が考える案と
しては、国有地の中で最も地震の影響が
少ない場所に、地層処分場を作るという
のが現実的ではないでしょうか。

 ただ、原子炉4基のフィンランドの処分場
がオンカロの規模ですから、54基の原子炉
を持つ日本はオンカロをいったいいくつ
作ればいいのでしょうか。

 途方に暮れます。
 そして日本に地震の影響を10万年に
わたって受ける可能性がない場所など
あるのでしょうか。

 絶望的な気持ちになります。
 でも、この放射性廃棄物の処理の問題を
後世に押し付けてよしとすることは
できません。
 映画の中でも言われているように、
原発に賛成、反対に関わらず、たとえ
明日、世界から全ての原発が無くなり
自然エネルギーで電力がまかなえるという
夢がかなったとしても、放射性廃棄物は
残るのです。

 この映画を観終わった後、日本の現状を
考えると絶望するのはたやすいことです。
 しかし、絶望したままでは問題を先送り
するのと同じです。

 まだ間に合います、未来に生きる今の
子供たちを想い、「モラル」を「おカネ」
より優先するのです。
 それがどんなに莫大な額になろうとも
原子力を利用してきた私たちの責任で、
この時代にけりをつけるしかありません。

 日本に住む私たちにとって、
この映画が、放射性廃棄物処理の問題を
先送りする事なく、思考停止することなく、
思考放棄することなく、この時代に解決
するのだという「覚悟」を持つきっかけに
なればと思います。

浅井隆(アップリンク社長)
2011年6月14日
---------------------------------------

そうですね。

>明日、世界から全ての原発が無くなり
>自然エネルギーで電力がまかなえる
>という夢がかなったとしても、
>放射性廃棄物は残るのです。
決してなくなりはしないのです。

未来に生きる今の子供たちのために、
今何をしておかなくてはいけないのか?

>この映画が、思考放棄することなく、
>この時代に解決するのだという
>「覚悟」を持つきっかけ
>になれば
と私も思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

探査ロボットQuince福島へ ロボット先進国日本の課題

探査ロボットQuince福島へ
ロボット先進国日本の課題

2011.06.15配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。(再生時間:5分17秒)

見てください。

確かにロボットを使うという発想が東電
にはなかった。
そもそも折角作った試作機をいらないと
言ったわけだから、
いろいろ問題ありです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネコやダニ、花粉によるアレルギーの治療が一歩前進か、反応の原因が特定される

ネコやダニ、花粉によるアレルギーの治療
が一歩前進か、反応の原因が特定される
2011年06月10日 Gigazine

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ネコが好きで思う存分もふもふしたい
のに、ネコアレルギーがあるが故にそれが
かなわないという人にはうれしい研究結果
が発表されました。

 アレルギー反応が起こる際のきっかけと
なる物質を特定したため、アレルギー症状
の根本治療が可能になるかもしれない
ということです。

 しかも研究対象となったネコアレルギー
以外のハウスダストや花粉といったもの
によるアレルギーの治療にも応用が効く
とみられています。

 対処療法が中心のアレルギー治療に一石
を投じる発見については以下から。

Pill to cure feline allergy could be
the cat's whiskers | Mail Online

 イギリス・ノッティンガム大学の研究者
たちが、ネコの毛がくしゃみやせき
といった症状から深刻なぜんそくに至る
までの症状を引き起こすネコアレルギーが、
どのような仕組みで発生しているのかという
仕組みを解明しました。

 しかもネコアレルギーだけにとどまらず、
花粉症からダニアレルギーまで、さまざま
なアレルギーを未然に防ぐ特効薬となる
可能性もあるとのこと。

 ネコアレルギーの主な症状は目のかゆみ
や発疹(ほっしん)、くしゃみ・鼻水
といったもの。
 ぜんそく患者のうち40%が、ネコによって
ぜんそくを引き起こされたり、症状を悪化
させられたりするそうです。

 空中に舞ったネコの皮膚のごく微少な
断片を吸い込んでしまうことで、免疫系が
それを外敵と判断。
 免疫細胞の一種である樹状細胞が他の
免疫細胞に信号を送りこんで断片を攻撃
することによって、各種のアレルギー症状
が引き起こされます。

 研究に携わったAmir Ghaem-Maghami博士が
特定したのは、アレルギー症状を引き
起こすきっかけを作り出す樹状細胞の表面
にあるタンパク質。

 このタンパク質はネコアレルギーの
初期段階にしか見受けられないものである
ため、このタンパク質を対象とした薬品を
開発したり、発する信号を解析することで、
症状の軽減が可能となるということです。

 マンノース受容体として知られるこの
タンパク質は、イエダニや犬によって
引き起こされるアレルギー症状の発現時
にも同様に見受けられるということ
なので、ネコアレルギー向けに作られた
薬が、さまざまなアレルギーに対応できる
可能性も浮上しています。

 また、日本でも数多くの人が悩まされて
いる花粉症についても、同様に効果が期待
できるかもしれないとのこと。
---------------------------------------

良さそうです。

ただ、
>すでにMaghami博士は新たなアレルギー
>治療法の確立に向けて研究を進めて
>いますが、実用に耐えうるようになる
>まで5~10年はかかると見られています。
ということなので、まだまだ時間がかかり
そうです。

アレルギー。
>症状を治める対処療法が中心です。
そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾル・ゲル状のモノをくずさず移動する独自技術 - SWITL

ゾル・ゲル状のモノをくずさず移動する
独自技術 - SWITL

8 JUNE 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 古川機工は、FOOMA JAPAN 2011 国際食品
工業展において、独自技術による
すくいあげ移載機「SWITL(スイットル)」の
デモンストレーションを行いました。

 SWITLは、ゾル・ゲル状のモノを、
型くずれせずにすくいあげ、そのままの形
に移動させることができます。

 ハンディタイプのロボットハンドを
使ったデモでは、ケチャップとマヨネーズ
を混ぜ合わせたような複雑な形状を、
難なくすくいあげ、移動させています。

 この技術の応用例の1つとして、
スライス肉などを形状を変えずにそのまま
トレーに充填する装置があります。

 スライス肉の両端を折り込み、トレーに
充填することも可能で、今まで
できなかったスライスからトレー包装まで
の工程を自動化することができるように
なります。

 一方、SWITLの高速ハンドリングタイプ
では、ゾル・ゲル状の生地や練り製品など
の生産ラインで、搬送コンベアーを停止
する事なくハンドリングすることが
できます。
---------------------------------------

手品でも見ているよう。

すごいですが、どういう応用があるのか
いまいちぴんとこない。

いままで自動化できなかったものが
自動化できる?
どの位インパクトのあることなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射線の影響で「100万人の調査必要」- 国立がん研究センターが提言

放射線の影響で「100万人の調査必要」
- 国立がん研究センターが提言

2011年06月07日 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国立がん研究センター(東京都中央区、
嘉山孝正理事長)は6月7日に記者会見を
開き、低線量の長期被ばくによる健康への
影響に関する疫学調査について提言を
発表した。

 それによると、放射線の発がんリスクを
検出するため、成人で20年以上、子どもの
場合は60年以上の長期にわたって、およそ
100万人の追跡調査が必要とし、対象者全員
の情報を正確に記録するためのがん登録の
システム整備が不可欠としている。

 提言では、低線量の長期被ばく
(年間累積でおおむね100ミリシーベルト
未満)による発がんリスクを調べるため、
長期にわたる大規模調査が必要とし、
対象者数が約100万人、
期間は成人20年以上、子ども60年以上
とする具体例を示した。

 調査の初期段階では、被ばくしたすべて
の住民の名簿を作成するとともに、被ばく
に関する情報だけでなく、生活習慣や
がん関連ウイルスの感染状況なども調べる
ことを提案。
 また、日本に「番号制度」が存在しない
ことなどから、がん登録を含めた住民一人
ひとりの医療情報などを結び付ける
体制整備の必要性も指摘している。

 会見で嘉山理事長は、「福島県や
各市町村、地元の福島医大(福島県立
医科大)、あるいは放医研(放射線医学
総合研究所)などと一緒に最終的には
やらなければならない」と述べ、国が
調査を行う場合、同センターとして積極的
に協力する意向を示した。


■末梢血幹細胞採取、「今からやることが
大事」
 嘉山理事長はまた、福島第1原子力
発電所で作業していた東京電力社員2人が
緊急時の線量限度(250ミリシーベルト)
を超える被ばくをしたとの報道に触れ、
万一のリスクに備え、作業員らが自分の
末梢血幹細胞を採取・保存しておく必要性
を改めて強調。
 「長期戦になることを考えれば、今から
やっておくことが非常に大事だ」と述べた。
---------------------------------------

是非、システム整備をして実施しましょう。

低線量下での発がんリスクを正確に
把握することは人類にとって必須です。

国は実施しなくてはいけません。

低線量下での発がんリスクについては
医学的に不明確なのが実情。
2度と無い機会です。
2度と起こしてはいけない事故。
この経験を生かす義務が国には
あるはずです。


>末梢血幹細胞採取、「今からやることが
>大事」
同感です。
どうして必要ないという人がいるのか?
理解できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

「夢の光」をついに実現

「夢の光」をついに実現
-X線自由電子レーザー施設 SACLA
(サクラ)がX線レーザーの発振に成功―

平成23年6月7日
独立行政法人 理化学研究所
財団法人 高輝度光科学研究センター

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人理化学研究所(野依良治
理事長)と財団法人高輝度光科学研究
センター(JASRI、白川哲久理事長)は、
6月7日、兵庫県の大型放射光施設SPring-8
※1に隣接して建設したX線自由電子レーザー
(XFEL) 施設SACLA(サクラ)※2で、
世界最短波長の1.2A(Angstrom:
オングストローム)※3のX線レーザーの
発振に成功しました。

 X線レーザーは、原子の世界を一瞬の
ストロボでくっきりと映し出す21世紀の
新しい光です。

 基礎研究から応用開発まで幅広い分野で
活用が見込まれており、創薬で重要な
膜タンパク質の構造解析や、
ナノテクノロジー分野などの研究の進展が
期待されています。

 SACLAは、第3期科学技術基本計画
において国家基幹技術※4の1つとして選定
され、日本の最先端テクノロジーを結集
して2006年度より5年間にわたって整備が
行われてきました。

 2011年2月末からビーム運転を開始し、
調整を進めた結果、運転開始からわずか
3カ月という短期間で波長1.2Aの
X線レーザーの発振に成功しました。

 この波長は、2009年4月に世界で最初に
X線レーザーを発生させた米国のXFEL施設
Linac Coherent Light Source (LCLS) の
1.5Aという記録を抜いて、世界最短波長と
なります。

 今後は、さらに高強度・短波長の
X線レーザーを安定に供給、利用するため
の調整運転を行い、2011年度内に、国内外
に開かれた施設として供用運転を開始する
予定です。
---------------------------------------

>国内外に開かれた施設として供用運転を
>開始する予定です。
良いですね。夢の光。夢。

ハッブル宇宙望遠鏡のように世界に
開かれた場を提供できるのは素晴らしい。
世界から良いテーマを集めて
是非、良い成果を出して頂きたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地熱発電:国内初、斜め掘り利用 十和田八幡平、域外から国立公園下へ

地熱発電:国内初、斜め掘り利用
十和田八幡平、域外から国立公園下へ

毎日新聞 2011年6月11日 東京夕刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 三菱マテリアルと東北電力が地中を斜めに
掘る技術を利用して、国立公園の直下にある
地熱エネルギーを使う発電を計画している
ことが11日、分かった。

 日本は地熱資源の約8割が国立公園など
自然公園に存在するとされるが、開発が
厳しく制限されていた。

 しかし、政府は10年6月、景観に配慮
した開発を認めるよう規制を緩和した。

 実現すれば斜め掘りを利用した日本初の
地熱発電となり、他地域の地熱活用にも
はずみがつきそうだ。

 三菱マテリアルは7月、十和田八幡平
国立公園から0・5キロ離れた澄川
(すみかわ)地熱発電所(秋田県鹿角市)
から掘削を開始。
 地下2・4キロの地点まで井戸を斜めに
掘り進め、年内に約0・5万キロワット分
の蒸気が生産できる。
 蒸気を利用した発電は東北電力が行う。
 同発電所は現在約3・5万キロワット分
の発電能力を持つ。
 ほぼ真下の地熱資源を利用しているが、
国立公園直下の方が、より高温で発電に
適した蒸気が得られるという。

 自然公園の地熱資源は政府が
1972年、景観保護などを理由に
「(すでに)発電所がある6地点以外は、
新規開発を推進しない」と通達を出し、
活用を制限してきた。

 しかし、10年6月、再生可能エネルギー
を有効活用するため、規制を見直す方針を
閣議決定。
 斜め掘りは地表の自然景観に配慮して
いるとして、環境省も許可に動き始めた。

 東北電力が秋田県湯沢市の上(うえ)の
岱(たい)地熱発電所で同様の許可を取得
している。

 経済産業省などによると、日本は
インドネシア、米国に次ぐ世界3位の
「地熱資源国」。

 原発約20基分にあたる推定2000万
キロワット超の地熱資源がある。
 しかし、原子力や火力に比べてコストが
かかるとして、54万キロワット分しか
活用されていない。
 自然公園にある資源を有効活用できれば、
規模拡大によるコスト低減も期待されて
いる。ただ、地熱発電は、温泉事業への
悪影響を懸念する声があり、地元の理解を
得ながら開発を進める必要がある。
【寺田剛】
---------------------------------------

電源は多様であるべきです。
安定な電源が得られるという意味でも、
地熱発電は良いと思う。
折角の地熱資源国、生かさない手はない。

一種類の電源に頼りすぎると、
現在の原発のように事故が発生すると直ちに
電源不足に陥る。避けるべきです。

効率、効率と言っていると一種類になって
しまう。これはまずい。

多様な世界は安定に寄与します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型iPhone 4Sは8月発売、さらにiPhone 5は来年春以降に登場か!しかもSIM無しとの噂も

新型iPhone 4Sは8月発売、さらにiPhone 5
は来年春以降に登場か!
しかもSIM無しとの噂も

2011年05月31日 livedoor Blog

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 iPhone3Gユーザーの俺的には購入してから
2年も過ぎ機種変更をどうしょうか迷ってる
わけですが、新型iPhoneが見た目一緒で
スピードアップしたマイナーチェンジ的な
iPhone4Sと呼ばれるものになるのか、

それともカーブガラスなどでデザインも
一新されたiPhone5と噂されるものになる
のか
・・・とハッキリして欲しいわけですわw

 そんなわけでどうやらジワジワと
そのへんの情報が漏れてきております。

 iPhone 4SはSIM無しで、GSM/CDMAを統合?

 情報筋によれば、DigiTimesなどが伝えて
いる、Qualcomm製チップを使用した
800万画素カメラ搭載「iPhone 4S」は、
7月後半~8月前半に発売されるようです。

 このモデルは、iPhone 4の改良型で、
サイズ等の変更は無く、CPUはARM Cortex-A9
ベースとなるようですが、シングルなのか
デュアルなのかは確認出来ていません。

 iPhone 4Sの主な改良点は、800万画素
カメラを採用している事、AT&Tと
Verizon Wirelessの2種類のiPhone 4を
統合するため、iPhone 4(CDMA)モデル
のようにSIM無しが基本となる事、
内蔵アンテナが3~4ヶ所増えるなどが
上げられます。

 本格的な次世代モデルとして開発されて
いるiPhone 5は、2012年春以降の発売に
なるようです。

 やはり噂どおり今年発売されるモデル
は現行iPhone4のスピードアップ版の
iPhone4Sとなりそうですね。

 例えるとiPhone3GとiPhone3GSのような
もので、外観はほぼ一緒で中味が違う
というマイナーチェンジモデルという
感じでしょうか。

 もしそれが本当なら一年に一度の
マイナーチェンジ、二年に一度の
フルモデルチェンジという流れが
定着しそうですw

 この記事で面白いのはSIM無しという
ところ。
 日本のSIMロック問題(問題といっても
ソフトバンク側の問題ですがw)が
どうなるかかなり気になるところ。

 それと次世代のiPhone5は来年春以降
との事ですが、これはやはり来年の
WWDCで発表という事で良いんですかね?

 これもメカニカルなホームボタンが
無くなるという噂と合わせて気になる
ところですわマジで!
---------------------------------------

やはり次世代のiPhone5は来年春以降という
ことで確定?
国内の液晶関連工場の動きから見ても
そんな感じですね。

多分カーブガラスで、シャープ製の液晶
パネル、ソニー製のカメラにDual core CPU
搭載と言う感じかな? CPUはA5?

来年の春以降というのはちょっと待てない
ような?

iPhone 4Sがどこまで今のiPhone 4から
スペックアップするかだけど、
CPUがDualで無い場合は考えてしまう。
Dualでないと闘えないと思う。
サムスンのsmartphoneはすでにDual。

どうしてA5をつかわないのかな?
iPad2はA5ですよね。
沢山使えば量産効果も上がる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Retinaタブレ今すぐ欲しい!サムスンのタブレットディスプレイ「PenTile」を見てきた

Retinaタブレ今すぐ欲しい!
サムスンのタブレットディスプレイ
「PenTile」を見てきた

2011.06.12 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 夢のRetinaディスプレイ搭載タブレット
をアップルよりも先に出してきそうな
サムスン期待の2560×1600ピクセル・
10.1インチの「PenTile」タブレット
ディスプレイを見てきました!

 アップルのRetinaに迫る300dpi。
ものすごく綺麗です。

 僕が見せてもらったのは、PenTileを
クリエートしたNouvoyanceとサムスンが
共同開発したエンジニアリング・
プロトタイプ(ENP、量産試作機)だけど、
この技術のポテンシャルは一目瞭然
でしたよ。

 輝度は600 nitsで、今あるタブレットの
液晶の2倍近い明るさ。
 サブピクセル(各ピクセル内にある
もっと小さなRGB要素)数は3分の2も
あれば済む新技術のお陰で、今のLCD液晶
より電力消費量も最大40%節約になります。

 しかも薄型。厚さは半インチはおろか、
4分の1インチもないです。すげ~。

 スペックの細かいこと分かんなくても、
PenTileディスプレイのすごさはもう目で
見て分かりますよ。

 画面からビジュアルが飛び出してくる
感じ。
 黒は漆黒、カラーはリッチ、しかも
明るく、細部の細部までクッキリ鮮明
です。
 でも一番感心したのは、画面を見ても
継ぎ目らしいものが一切ないことですね。

 ピクセルが意識されるところもなし、
ファジーなところもなし。

 ルーペかざして画面を見てみたんですが、
かなり目を凝らさないとピクセルの境い目
は見えません。

 なぜこれがタブレットに欲しいのか?

 映画・ゲームに良いのは言うまでもない
ですが、タブレットとなると、やはり一番
違いが出るのは読み物(リーディング)
ですよね。
 僕自身スマートフォンやPCより、本は
タブレットで読む方が絶対量多いです
からね。

 例えば雑誌もグラフィックをふんだんに
使ったところは綺麗な画面で見たいです
よね。本も一度に何時間も目で文字を
なぞっていくので、目が疲れない画面の
方が。NouvoyanceのエンジニアリングVPの
Joel Pollack氏にお話を伺ってみたら、
やっぱり300dpiのディスプレイは目に
かかる負担が格段に小さいんだそうですよ。

 さらにLCDは直射日光の下で見ると
照り返して見づらくなりますが、画面の
輝度を600 nitsにキープすることで
ああいう影響も回避できる、と話して
くれました。

 気になる発売時期ですが、Pollack氏
によると技術開発はもう完全に終わって
おり、今は製品化の初期段階なので、氏の
予想では2012年の春か夏にはこの液晶搭載
のタブレットが市場に出回るだろう、
とのこと。

 来年と言わず今すぐ欲しいです!
---------------------------------------

サムスンの技術高いですね。
アップルともめているようですが、
どうなんでしょう?

>PenTileディスプレイのすごさはもう目で
>見て分かりますよ。

>画面からビジュアルが飛び出してくる
>感じ。
>黒は漆黒、カラーはリッチ、しかも
>明るく、細部の細部までクッキリ鮮明
>です。
>でも一番感心したのは、画面を見ても
>継ぎ目らしいものが一切ないことですね。

>ピクセルが意識されるところもなし、
>ファジーなところもなし。

こういう話を見ていると欲しくなって
しまいますね。

対抗上アップルはサムスン以外でiPad3を
作らないといけない。
ということで、やはり液晶パネルは
シャープ製かな?
300dpiはクリアできそうですし、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風評被害について考える

「風評被害」出来るだけ避けたいですね。

政府がきちんと説明していないことが原因
にあると思われます。

ただ、基準値以下だから安全と言われても、
ころころ発表がかわるので信用出来ない。
というところもあるので困る。

20mSv/年でも安全という話が典型。
放射線管理区域に設定されている
基準とあまりにかけ離れていて全く
おかしい。

被曝は避けなくてはいけません。
それには現状をしっかり把握して
おかないといけません。

まず外部被曝に関してですが、
関連リンクを見て下さい。
福島県立安積黎明高等学校敷地内の
放射線量について

福島県郡山市にある高校です。
政府が殆ど無策なので、自衛手段として
高校の教師が独自に校舎内を測定したもの
です。

こう言っています。
①3/15,16 以降新たに放射性物質は飛来
 していない。
 現在、空気中にはほとんど放射性物質は
 存在しない。
 雨にも放射性物質は含まれない。
  →窓を開放しても放射線量は大きく
   増加しない。

②現在観測される放射線は地表に沈着した
 放射性物質(Cs137、Cs134)からのγ線が
 主で、地表から 1m の高さまでには
 一部β線が含まれる。

③雨により地表面がぬれている(土壌の場合
 湿っていても同様である)とβ線の
 ほとんどは水により遮蔽され観測
 されないため、相対的に放射線量は
 低い値となる。
 →その後乾燥すると水の遮蔽効果が
   なくなるので一時的に見かけ上
   放射線量が増加する。
   新たな飛来が原因ではない。

納得できます。
結論として大切なのは、
測定結果からみる限り、

>3/15,16 以降新たに放射性物質は飛来
 していない。
ということと、
>現在観測される放射線は地表に沈着した
 放射性物質(Cs137、Cs134)からのγ線が
 主で、地表から 1m の高さまでには一部
 β線が含まれる。
ということですね。

それとやはり、放射線値には場所によって
大きなばらつきがあるということです。

だから、被曝を避けるためには、
正確にあらゆる場所の測定をし、
高い値がでた場所には目印をつけて
近づかないように徹底する必要があると
考えます。

まず徹底した測定が必要なのです。
どこが危険でどこが危険でないのか?
しっかり把握することです。

次ぎに徐染です。

世界的コンセンサスの得られている値
1mSv/年に近づくよう処置することです。
(できなければ、5mSv/年に)

何故一刻も早くこういう処置がとられない
のでしょうか?
政府の処置は遅すぎる。
原発が収束してからなどとんでもないと
思う。だから安心できない。

徐染は内部被曝の防止にもなるはずです。
汚染された土などが風で飛散することが
考えられます。それを吸い込む。

特に高濃度になると思われる下水の
泥からの飛散は恐ろしい。
子供は泥遊びが好きです。
そうすると口から取り込んでしまう
かも知れない。

内部被曝は、吸い込むことと、食べ物
からの取り込みによります。

食べ物については、政府が規制して
います。
とりあえず、信用するしかない。
食べて危険な物はないと、

だから後は、汚染物質の徐染が重要です。
一刻も早く。

こう考えて来ると海水浴を控えるという
のは、プールの使用もそうですが、
海水あるいはプールの水に含まれている
放射性物質の測定をきちんとすれば
問題ないはず。たとえ飲んだとしても、
安全レベルであることをきちんと測定
しておく。
測定され、データがでているにも
かかわらず恐れるのはおかしいと
思います。
いつまで恐れていなくてはいけないので
しょうか?
セシウムの半減期は30年です。
30年まっても半分にしか減らない。
待っていても殆ど変わらない。
恐れているのでは無く、積極的に被曝する
原因を除去する。
このことが重要なのではないでしょうか?

では被曝することと安全ということ
についてどう考えれば良いか?
一つの考えとして以下のブログを紹介
しておきます。見てください。

医学とコンセンサス  被曝の危険性
武田邦彦 (中部大学) ブログ
明快だと思います。
現状あるデータでは確実に安全であると
誰も言えないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

再生可能エネルギー【風力編】

再生可能エネルギー【風力編】
2011.05.20配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 東日本大震災による原子力発電所事故
を受けて注目が集まる再生可能エネルギー。

 なかでも風力発電は、環境省による調査
によると、導入ポテンシャルが19億キロ
ワットと飛びぬけて高いことが示され
ました。

 しかし、その実現は法整備や補助事業・
技術革新が前提となっています。
 そんななか九州大学では、風レンズ風車
と呼ばれる風力発電システムの大規模な
実証施設を伊都キャンパスに完成させ
ました。学内への電力供給を行いながら、
更なる大規模化への試験を行います。
 開発者の一人、大屋裕二教授は、次の
ステージとして洋上風力発電システムの
実証試験を博多湾で計画しており、さらに
玄界灘に浮かぶ高密度洋上発電ファームを
構想しています。
---------------------------------------

良いです。
風レンズ風車、期待したい。

導入ポテンシャルが19億キロワット
凄いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ES細胞を神経系へと運命づけるものは何か

ES細胞を神経系へと運命づけるものは何か
Nature 著者インタビュー

Nature 2011年2月24日号 Article
ES細胞の分化デフォルトは、なぜ神経
なのか?:神経細胞への分化開始させる
スイッチの解明

詳細は、リンクを参照して下さい。

興味深い話ですね。
>「何年かかってもいい」??
>博士課程の研究に上谷大介氏は、
>細胞分化はなぜ神経から始まるか
>という根本的なテーマを選んだ。
>笹井芳樹研究室に入って1年が過ぎた
>ときのことだった。
>ラボメンバーが次々とトップジャーナル
>へ論文掲載するのを傍目に、彼は黙々と
>実験を続けた。
>やがて、研究は7年目を迎え、
>とうとう大きく結実した。

Zfp521タンパク質の発見。
おめでとうございます。
研究は大変ですね。

>きっと、何よりもつらかったのは、
>相談する相手がいなかったということ
>なのでしょう。
>共同研究者は、仕事の速度を上げる
>だけでなく、気持ちを共有できる
>相手なのだということを実感しました。
そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶パネル再編が急加速

液晶パネル再編が急加速
2011年6月13日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 シャープと東芝、ソニーが液晶パネル
事業の構造改革に踏み切る。

 まず先陣を切ったのがシャープだ。
 中小型パネル市場で首位のシャープは、
三重県亀山市の「亀山工場」にある
テレビ用大型パネルの生産ラインを
タブレット端末向けに改造し、2011年10月
以降、順次生産能力を高める。

 片山幹雄シャープ社長が「とんでもなく
引き合いが増えている」と言う
スマートフォン向けパネル生産も同様に
強化する。
 既に稼働している奈良県天理市の
「天理工場」や三重県多気町の
「三重工場」に加えて、亀山工場に
2012年春、スマートフォン用パネルの
生産ラインを新たに設ける。

 一方の国内2番手、4番手に位置する
東芝とソニーは、中小型液晶パネル事業
の統合を検討。
 新会社を設立し、官民ファンドの産業
革新機構から出資を受け入れる見通しだ。

500


 ただし、こうした事業転換には死角も
ある。東芝・ソニー連合、シャープは
世界的に大ヒットする米アップルの
「iPhone」や「iPad」の勢いに、中小型
パネル事業を大きく依存する。

 東芝は既にアップルからiPhone向けの
パネル生産を受託しているし、シャープが
構造転換を決断したのも、アップルから
iPhoneやiPad用パネルの発注があったこと
が主因だ。しかし、「アップル頼み」
では同社が失速した時のリスクが大きい。
---------------------------------------

液晶事業も大変そうですね。
アップルが頼りとはね~

>東芝は既にアップルからiPhone向けの
>パネル生産を受託している。
何を生産しているのかな?

>シャープは2012年春、スマートフォン用
>パネルの生産ラインを新たに設ける。
2012年春ね~ iPhone5用なんでしょうか?

iPhone4Sが8月という噂があります。
間に合いませんね。
8月が事実なら東芝製かな?
良く分かりません。

前にもリンクしましたが、再度
“勝っても赤字”の市場では戦わない、
シャープが液晶事業の構造改革

こちらの方がも少し詳しい。

新素材「IGZO」(イグゾー)を採用した
液晶は主にタブレット端末に使用する
と言っているのでiPad用と思う。
iPad3用と想定すれば、時期的には問題
ない。

亀山第1工場に第6世代マザーガラス導入
のめどが立ったこともあり、来春の
本格稼働を目指して生産体制を整える。
亀山第1工場では、300ppiという
超高精細液晶パネルを生産する計画だ。
というのもあるけど、来春だし、
やっぱりiPhone5用ということかな?

シャープはiPhone5とiPad3用のパネルを
製造すると想定するのが妥当。
で、出荷は来春以降となるね。

iPhone4Sの液晶パネルは
シャープ以外が製造の可能性大。
と思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国内3番目のアルツハイマー治療薬を新発売- 第一三共

国内3番目のアルツハイマー治療薬を
新発売- 第一三共

2011年06月08日 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 第一三共は6月8日、国内3製品目の
アルツハイマー型認知症治療薬である
メマリー錠5mg、同10mg、同20mgを新発売
した。

 先行するエーザイのアリセプト、
ヤンセンファーマのレミニールとは異なる
作用機序を持っており、これら2剤と併用
できる。

 中等度から高度のアルツハイマー型
認知症の症状の進行抑制に用いる。
 レミニールと同時期に薬価収載された
ものの、東日本大震災で工場が被災した
ことなどから、安定的な供給が不確実
として、発売を延期していた。

 アルツハイマー型認知症患者は、神経
伝達物質グルタミン酸の受容体である
NMDA受容体が過剰に活性化し、神経細胞内
へ過剰にカルシウムイオンが流入すること
で、神経細胞が障害されていると
考えられている。

 メマリーはNMDA受容体を阻害することで、
カルシウムイオンの流入を抑え、神経細胞
を保護する「NMDA受容体拮抗薬」。

 一方、アリセプトとレミニールは、神経
伝達物質のアセチルコリンを分解する酵素
の働きを阻害し、脳内のアセチルコリン
濃度を上昇させる
「コリンエステラーゼ阻害薬」だ。

 用法・用量は、1日1回5mgから開始し、
1週間に5mgずつ増量。
維持量は1日1回20mg。
---------------------------------------

Good newsですね。

国内3製品目、やっと発売されたようです。
これで新たに認可されたものは総て発売
されたということかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家電の待機電力をゼロに 東北大・NECが半導体技術

家電の待機電力をゼロに
東北大・NECが半導体技術
5年後の実用化目指す

2011/6/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学の大野英男教授とNECは、
パソコンやテレビなどの待機電力をゼロに
できる半導体技術を開発した。
 現在の家電は、コンセントにつないだ
ままだと、スイッチを切っていてもデータ
保持などのために電気が流れてしまう。
 家庭で消費する全電力のうち6%が待機
電力とされる。
 この一部を節電できる技術として、
5年後の実用化を目指す。
 13日から京都で開く半導体集積回路技術
の国際学会で発表する。

 家電の制御回路に組む込む不揮発性
メモリーの一種を開発した。
 この回路は頭脳に相当し、動作時に
不可欠なデータを蓄えている。
 これまでは、データを正常に保つのに
待機電力がかかった。

 新技術は電子を小さな磁石として扱い、
磁石の向きを操作してデータを読み書き
する。電流を完全に切ってもデータは
保持される。

 研究グループはすでに回路に使う別の
電子部品の待機電力を減らす技術も開発
済みという。
 今後、実際に回路を試作する計画だ。
---------------------------------------

本当に待機電力をゼロにできる?

そもそも電源を切ってもデータを保持
できるメモリは存在している。

リモコンを使用する以上、リモコンの
受信回路は生かしておかないといけない。
そうするとゼロにはならないのでは?

リモコン受信回路の消費電力は無視できる
程小さい? 待機電力の配分はどうなって
いる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚染水浄化の「副産物」 福島原発で新たな難題に

汚染水浄化の「副産物」
福島原発で新たな難題に

2011/6/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
省略

 汚染水は処理できるが、放射性物質は
消えてなくなるわけではなく、吸着した
フィルターや汚泥などが放射性廃棄物
として大量に発生することになる。

 東電は汚泥1立方センチメートルあたり
1億ベクレルという高濃度の放射性廃棄物
が2000立方メートル発生するとみている。
 そこに含まれる放射性物質は
20京ベクレルに達する計算だ。

途中省略

 日本原子力研究開発機構などは「例え
放射能レベルは低くても、超ウラン核種と
呼ばれるテクネチウムやプルトニウムなど
を含む」と指摘する。その場合、高レベル
廃棄物である燃料棒を処理した後のガラス
固化体と同様に、地層深くに埋めなければ
ならない。

 ところが、日本国内では地層処分をする
ための「最終処分地」が決まっていない。

 北海道幌延町と岐阜県瑞浪市に研究施設
はあるものの、地元自治体と国は
最終処分場にしないという覚書を交わして
いる。また、低レベル廃棄物を受け入れて
いる青森県六ケ所村でも最終処分地は
引き受けないと決めている。

 地層処分を実施する場所については、
活断層がなく地下水の動きも活発でない
ことが望ましいなどの地理的条件がある。

 だが、何よりも放射性廃棄物を
引き受けることへの抵抗感がどこの自治体
でも強い。
 東電は当面、放射性廃棄物を
福島第1原発の敷地内に貯蔵する予定
だが、廃棄物の処分をきちんと議論する
必要がある。
---------------------------------------

新たな難題もなにも、当たり前の話。
得意の先送りのつけが来ただけ。

今頃議論などしても決まらない。
放射能汚染の恐ろしさを身に染みて
実感してしまったのだから、
どこの自治体も良いというはずがない。

見通しも無いまま50基以上も原発を稼働
させてきた現在までの政府の無責任さ
にはあきれるばかり。

どう考えても原発は廃炉になる。
その場所は一定の範囲で使用不可能と
なると思う。(半径5Km位?)
となれば、結局なし崩しで、
福島第1原発の敷地内に地層処分場を
作るしかなくなると思う。
地層の問題はどうなのかわからないが、
残念だけれど選択肢がない。

本当に無責任。

それでも推進しようとする政治家が存在
すること自体理解できない。
自分の出身地に最終処分場作りますか?
あるいは、推進する以上責任を持って
その場所を確保してください。
それが推進する立場の最低の責任では?
党として推進するというのであれば、
党ででもかまいませんが、

最終処分場は今すぐに準備するしか
ない。先送りは許されない。
そのなかで、原発是非の議論もしないと
いけないと思う。

全原発を直ぐに停止させられないし、
一度運転を始めれば、廃棄物は出る。
どうにも扱いにくい廃棄物が出ることを
止めることは出来ない。

万年単位で安定に貯蔵できないと
いけないんですよ。
半減期が万年単位なんだから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

世界人口は「持続可能な人口数」を超えてしまったか?

世界人口は「持続可能な人口数」を
超えてしまったか?

2011年06月10日  2011年06月10日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ピューリッツァー賞を受賞した作家
Thomas Friedmanは、人類は21世紀の最初の
10年を「食糧価格とエネルギー価格が高騰し、
人口は急増、竜巻が街を壊滅させ、記録的な
干ばつや洪水が発生、人々が避難のために
移動させられ政府がその対処に錯綜した
10年」として数年後に思い出すようになる
だろうと記した。
 我々は「一体何を考えていたんだ?」と
自問するだろうと。

 Friedman曰く、我々は現在二つの輪に
縛られているという。
 その一つは人口増加と温暖化によって
食糧価格が押し上げられているという点。

 食糧価格の高騰は中東における政治的
不安定を引き起こし、これが原油価格を
高騰させ、そしてこれがまた食糧価格を
押し上げ、さらなる政治的不安定さを
生むというもの。

 Global Footprint Networkによると、
現在人類は地球の資源を持続可能な
スピードを超える速さで消費している
とのこと。
 我々は文字通り未来を食い尽くして
いるというのだ。

 オーストラリアの環境事業の専門家
であるPaul Gilding氏は、現時点では世界
は地球1.5個分を消費する勢いで成長して
いると指摘する。

 地球は1つしか無いためこのスピードは
いささか問題であり、「我々は崩壊を許す
か、もしくは持続可能な経済モデルを確立
するしかない。
 我々は馬鹿ではない。
 歩みは遅いかもしれないが、後者を選択
する」と決意を新たにしている。

 なお、世界人口は2010年10月時点の
国連推計で69億人。
 2011年には70億人を超えると推測
されるそうだ。
---------------------------------------

>我々は馬鹿ではない。
本当かな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚生労働省、「65歳までの雇用義務付け」を提言

厚生労働省、「65歳までの雇用義務付け」
を提言

2011年06月09日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 厚生労働省の「今後の高年齢者雇用に
関する研究会」が、65歳までの継続雇用を
義務付ける制度が必要という提言を
まとめたそうだ(日経新聞)。
 65歳定年は直ちには困難ともしている。

 2013年度には年金の定額部分の支給が
65歳からとなることもあり、厚生労働省は
早くの「65歳定年化」をしたいようだが、
企業側は負担増などもあり反発している。

 IT業界では「プログラマー35歳定年説」
といった「伝説」もあるが、これから
「60歳のSE」なんて人も増えてくるの
だろうか。
---------------------------------------

大変です。
年金財政を考えると支給年齢を遅らす
ことは避けられないと思うが、
難しいでしょうね。

今でさえ実質60歳定年とはなっていない。
大企業では、早いところで35歳、遅くとも
50歳定年です。

罰則でも儲けないと進まないのでは?
欧州では出来ているらしいから、
その他の制度も含めて改正するしかない。

「65歳定年化」を義務化しただけでは
進まないのは目に見えている。

企業が成り立っていかないのでは不可
なのは必然。

セットで改正していかなくてはいけない
項目が沢山ある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地デジ延期特例法成立 被災3県で移行延期

地デジ延期特例法成立
被災3県で移行延期

2011/06/12 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、
宮城、福島の3県に限り、地上デジタル
放送(地デジ)への完全移行を最長1年間
延期する電波法の特例法が8日、
参院本会議で、全会一致で可決、成立した。

 現在のテレビの地上アナログ放送は
7月24日に停止し、地デジへ完全移行する。
 ただ、復旧・復興が急務な被災地では
地デジ受信のための設備の整備が間に
合わず、テレビを見られなくなる人が続出
する恐れがあった。
 特例法により十分な準備期間を確保する
狙いだ。

 被災3県の放送局は7月24日以降も
デジタルとアナログを同時に放送する
ことになり、追加の費用が発生する。

 特例法では支援措置として、7月24日
以降も続けるアナログ放送にかかる電波
利用料の納付を免除する規定も設けた。

 3県以外の地域では予定通り
7月24日に地デジへ完全移行する。
---------------------------------------

ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河の大パノラマを眺められるサイト「Photopic Sky Survey」

銀河の大パノラマを眺められるサイト
「Photopic Sky Survey」
2011.06.10 lifehacker

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「Photopic Sky Survey」は銀河の写真を
大量に並べて大パノラマにしたサイトです。

 360°マウスをグリグリ動かして銀河を
眺められますよ。
 プラネタリウムみたいですね。
 また、大パノラマ写真をズームして
ひとつひとつの星を眺めることもできます。

 まずPhotopic Sky Survey
アクセスしましょう。

 そのページからINTERACTIVE 360°
を見てみましょう。
 マウスで360°動かして眺められますよ。

 次はZOOM INへアクセスしましょう。
 こちらも先程と同様に銀河の大パノラマ
が表示されます。
 さらに、ズームすることができ、
かなり高倍率で拡大できます。

 宇宙が好きな方は是非見てみて
ください!
---------------------------------------

良いですね。
楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然エネルギーで,町づくり

自然エネルギーで,町づくり
フロントランナー 前高知県梼原町長 中越武義
2011/06/11 朝日新聞

素晴らしい町長さんだと思います。
現在は引退されて、
>名刺の肩書きに「百姓、土方、山守人」
>と書き、裏には風車の写真に
>「国家の実力は地方に存する」と記す。
尊敬します。まさにその通り。
リーダーの理想だと思う。

町長を3期で辞めたのは?
>首長は権限が集中します。
>1期目は前の行政を継続しつつ新たな
>発想をし、
>2期目は自分の計画を実現し、
>3期目はそれを仕上げてチェックする。
>それ以上になると新たな発想は必ず
>自分の身を守ることになりがちです。
>若い人にゆだねるべきだと思いました。
と言っています。
なかなか出来ないことです。

これを聞いただけで、
私は、この人を尊敬してしまう。
自分のなすべきことと、その期間を
きちんと設定し、実行する。

今の政治家など足下にも及ばない。
なぜ出来ないのか?
むなしいさを感じてしまう。

「ゆすはらまち」を紹介します。
環境モデル都市
>私たちの町,ゆすはら町では,森,水,
>風,光などの自然エネルギーを活かした
>取り組みによって,生き物にやさしい
>低炭素なまちづくりを進めています。
>2050年には温室効果ガス排出量70%
>削減,吸収量の4.3倍増(1990 年)と,
>地域資源利用によるエネルギー自給率
>100%超を目指しています。
素晴らしい目標ですね。

中越さんの「私の景観論」
「自然との共生、都市との共生」ベースに

という文も紹介しておきます。
リンクを見てくだい。
中越さんの思いが伝わってきます。

人口4千人足らず、税収3億円の町なのに
2億2千万円かけて2基の風車を導入した。
1200キロワットを発電する。
(300戸分の電力をまかなえる)
発電した電力を四国電力に売電。
自然から生まれたエネルギーなら自然に
返そうと、風力発電で得る年間4千万円の
収益を、環境基金として積み立てた。
それを他の自然エネルギー採用の財源に
するという循環を作ることに努めた。

どういうことをしたか。

1.森との共生
  町の91%を占める森林は,荒れたまま
  放置されていたが,森林つくり
  基本条例を制定し「森との共生」に
  乗りだした。5ヘクタール以上の間伐
  や手入れをすれば,1ヘクタール
  あたり10万円の交付金を出した。
  森がよみがえり,雇用が生まれた。
  間伐で切った木は木質ペレットに加工
  し、バイオ燃料に活用した。

2.小水力発電所
  森で湧いた清水は,四万十川の源流
  となる。水の力をうまく生かそうと
  6メートルほどの高低差を利用し,
  3つの小水力発電所を作った。
  発電した電気は,昼間は町立の中学校
  に,夜は町の街路灯に使っている。

3.太陽光発電
  役場や学校など町立施設のすべての
  太陽光発電を付けたほか,地熱を利用
  して25メートルの温水プールを造った。
  町民に対しては,太陽光発電を
  とりつけた家にキロワット当たり
  20万円の助成もした。
  いまは100戸以上が太陽光パネルで
  覆われ,普及率は四国で一番である。

4.地方自治
  「地域が一体となって,ひとつの目的
  に進みました」。しかも財政は
  高知県内第1位の健全性と安定性を
  誇る。山奥の過疎の町に,7人もの
  医者がいる。町立病院の経営は黒字を
  つづけている。

5.放射性廃棄物最終処分場を拒否
  隣町で放射性廃棄物の最終処理場を
  誘致する動きが出たときは,他の
  自治体に先駆けて反対した。
  2009年に政府の環境モデル都市に
  選ばれたさいには,風車を40基に
  増やし,エネルギー自給100%を
  めざすことを宣言した。

凄いです。
キロワット当たり20万円も助成してくれたら
太陽光発電を私も入れたいと思う。
感心するしかない。

希望ですね。リーダーは国民に希望を
与えることが出来なければ駄目です。

最後に最も私の心に残ったことをひとつ
あげておきたい。

>町長に就任したときに考えたのは、
>町をどうするかは町民自身が
>考えるべきだと考えた。
その土地、土地でできることは異なる
はず。
一律の施策では上手くいかないのでは
ないだろうか?

だから、
>これだけ多彩な環境政策の策定を
>トップダウンではなく、町民を全面に
>立ててやってきた。

>公募した町民15人に欧州を視察して
>貰い町作りの提案を得た。
ということです。

小さな町だから出来たということも
有ると思いますが、
何か大切なことが今の政治には
抜けているように感じます。

自分のことだと思えば真剣になる。
自分から離れていけば、それは
関係のないこと、遠くの話。
それではいけないのではないか?
そう感じました。

折角視察にいっても何も改革に結び
つかない今の視察のむなしいこと。
なんとかならないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

クローズアップ2011:髄液漏れ、早期診断に光 患者存在「確認」厚労省研究班報告

クローズアップ2011:髄液漏れ、
早期診断に光 患者存在「確認」
厚労省研究班報告

毎日新聞 2011年6月8日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 脳脊髄(せきずい)液減少症(髄液漏れ)
に関する厚生労働省研究班の中間報告書は、
髄液漏れの存在を認め、関心が高かった
交通事故などの外傷による発症も「決して
まれではない」とした。

 研究班には、脳神経外科や整形外科など
関係する学会の代表が加わっており、
診断基準が確定すれば、早期診断・早期治療
体制の確立につながることが期待される。

 一方で司法の混乱を収束させることや、
治療に際して保険適用を求める声も
高まっている。【渡辺暖】


◇課題は後遺症救済
 研究班の代表の嘉山孝正・国立がん研究
センター理事長は、取材に「班員の努力、
協力で報告書ができ、ホッとしている。

 今後は治療の分野でも科学的な基準を
作りたい」と話した。
 研究班は、患者の各種画像の判定基準や
診断のフローチャート(流れ図)の各案
について、各学会の了承を得る作業を進めて
おり、まとまれば、髄液漏れの見逃しや
過剰診断は無くなると見込む。

 研究班は「頭を高くしていると頭痛が
始まったり、ひどくなる」患者100人を
分析し、16人について髄液漏れが「確実」
と判断した。
 いずれも頭痛が悪化するまでの時間は
30分以内だった。
 発症原因は、外傷5例、腰への注射1例、
重労働1例、原因なし9例だった。
 外傷5例の内訳は、交通事故2例、
交通事故以外の頭頸(とうけい)部外傷
2例、尻餅1例。
 「交通事故による発症の有無」などが
これまで裁判などで焦点になっていたが、
研究班は「外傷が契機となるのは、決して
まれではない」と認めた。

 髄液が漏れていると推定された部位は、
頸椎(けいつい)5例、頸胸椎6例、
胸椎3例、腰椎2例だった。

 報告書は、各種画像に関する判定基準
(案)も提示。
 診断のフローチャート(案)では「頭を
上げていると30分以内に頭痛が悪化する」
患者について、頭部と脊髄をMRI(磁気
共鳴画像化装置)で検査し、硬膜の状態
などを確認し、両方かどちらかが判定基準
に合致する「陽性」ならば、髄液漏れと
見なす。陰性だった場合でも、造影剤を
使った「ミエロCT」と呼ばれる検査や、
微量の放射性元素で目印を付けた特殊な
検査薬を使う「脳槽シンチ」で髄液漏れか
を判断する。

 髄液漏れと交通事故との関係性を強く
主張し、研究班にも加わった篠永正道・
国際医療福祉大教授は「否定されてきた
髄液漏れの基準ができたことで、事故の
後遺症に苦しむ人の救済につながることを
願うばかり」と話す。

◇損保、迫られる姿勢転換
 髄液漏れが社会的な注目を集める理由の
一つは、補償を巡って患者と事故の加害者・
損保業界側が対立し、多くの訴訟が起きて
いることだ。
 05年春に報道で訴訟が相次いでいる
ことが表面化。
 その後、事故と発症との因果関係を
認めた司法判断も数例が明らかになったが、
多くの判決で患者側の主張が退けられて
いるのが実態だ。
20110608dd0phj000007000p_size8


 患者側代理人の経験が多いある弁護士は
「ブラッドパッチの効果が大きければ
髄液漏れと認め、なかなか治らなければ
認めないという司法判断が定着すると、
後遺症への補償は認められないことになって
しまう」と指摘。
 研究班が診断基準としなかったことを
評価しつつ、「後遺症の基準も早くできて
ほしい」と話す。


◇患者「一刻も早く保険適用を」
治療1回20~30万円
 患者団体「脳脊髄液減少症患者・家族
支援協会」(和歌山市)の中井宏代表は
7日、厚生労働省で記者会見し「極めて
まれだと言われてきた髄液漏れが、認め
られ、非常に大きな影響力がある。
 一刻も早く、治療の保険適用を実現して
ほしい」と訴えた。

 ブラッドパッチは患者本人から採った
血液を注射して漏れを止める。
 1回に20万~30万円程度かかる
という。
---------------------------------------

大きな進歩です。

髄液漏れはずいぶん前から言われていた
こと。
一定の前進があったことは嬉しい。

治療の保険適用と後遺症の基準設定が
急務ですね。
医学的なコンセンサスが必要です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HIV/AIDS 米国における30年の歴史と展望

HIV/AIDS 米国における30年の歴史と展望
谷口俊文(ワシントン大学感染症フェロー

/米国感染症専門医)
第2931号 2011年6月6日
医学書院

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 男性同性愛者におけるHIV感染に伴う
ニューモシスチス肺炎が1981年6月5日付の
MMWR(Morbidity and Mortality Weekly
Report)に報告されてから30年が経過する。

 はじめの15年,HIVの診断は死の宣告同然
であったが,1996年ごろからウイルスを
抑制する抗レトロウイルス療法
(anti-retroviral therapy ; ART)が導入
されて死亡率が劇的に改善したため,
糖尿病などと同じ「慢性疾患」として
とらえられるようになってきた。

 先進国においては新規HIV感染者数は
横ばいであり,HIV感染者の総数としては
増加傾向にある。

 本稿では,米国におけるHIVの現状,
課題と今後の展望について報告したい
(発展途上国におけるHIVの諸問題は
ここでは割愛する)。


・HIVに対する治療の進化と限界
 現存の治療薬ではHIVの治癒には至って
おらず,結局,一生抗レトロウイルス療法
を続けなければならない。
 そのため,長期間抗HIV薬を服用する
ことによる合併症が問題になる。
 また,抗HIV薬を使用してウイルスを
抑制しても,ウイルス感染そのもの
により慢性的な炎症が起こっているため
にさまざまな合併症を呈しているのでは
ないか,と考えられるようになった。

 抗レトロウイルス療法により,HIV感染者
は他の慢性疾患を有する非感染者と変わら
ない寿命を全うすることができるように
なってきたと言われているが,それは
統計学的な算出による推測にしか過ぎず,
証明するためには長期間にわたる観察研究
が必要になる。
 昔と比べれば長く生きることができる
ようになったのは事実であるが,同時に
HIV感染者では加齢の進行が速いことも
わかってきた。
 加齢に伴う合併症そのものとHIV感染
との関連はいまだわかっていないことも
多い。
 HIVと加齢に関する研究は,今後の
大きなテーマとなることだろう。


・慢性炎症との闘い
 このような背景の下,HIV感染に伴う
慢性炎症をどのように抑えるかが盛んに
研究されている。


・治癒をめざして
 ベルリンにて急性骨髄性白血病を発症
したHIV患者にケモカインレセプターである
CCR5の遺伝子32塩基を欠損したドナーから
の骨髄移植を行ったところ,その後抗HIV薬
を服用せずともウイルスが検出されない
状態となり,世界で初めてHIVの治癒に
至った症例となった。
 この「ベルリンの患者」はHIVの治癒が
可能であるかもしれないという夢と明るい
希望をもたらした。

 遺伝子治療によるHIV治癒への挑戦は
始まったばかりだ。


・HIV感染の予防
 一方,HIVの新規感染者数を減らすための
予防に関する研究は行き詰まりを感じる。

 HIVに対する予防で決定的な手段は存在
しない。
---------------------------------------

HIV/AIDSは日本国内ではあまり話題に
登っていませんが、世界的に見れば、
大きな問題。

感心を持って見ていきたい。

かなり進んで来てはいるようですが、
まだ完治もできないし、
予防することも難しい。

遺伝子治療がもっとも有望なのかな?
難病に類するものはだいたいその傾向
ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年ぶりに改訂されたパーキンソン病診療ガイドライン

10年ぶりに改訂されたパーキンソン病
診療ガイドライン

2011. 6. 3 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

内容は省略し、図のみ載せておきます。

患者も学んで知ることが必要です。
医師とのコミュニケーションの基礎に
なると思っています。

---------------------------------------
Thumb_520033_110602ak1
図1 早期パーキンソン病治療の
アルゴリズム(出典:「パーキンソン病
治療ガイドライン2011」医学書院)


Thumb_520033_110602ak2
図2 wearing offの治療アルゴリズム
(出典:「パーキンソン病治療
ガイドライン2011」医学書院


Thumb_520033_110602ak3
図3 幻覚・妄想に対する治療アルゴリズム
(出典:「パーキンソン病治療
ガイドライン2011」医学書院)
---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重工と東大、機体破損後の航空機の自動飛行実験に成功

富士重工と東大、機体破損後の航空機の
自動飛行実験に成功

2011/06/08 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富士重工業は6月7日、東京大学と共同で、
飛行中に機体が破損しても安定した自動飛行
が可能となる、人工知能技術を用いた
システムの実証実験に成功したことを発表
した。

 今回開発したシステムは、学習機能を
備えたソフトウェアにより故障の影響を
吸収する自動操縦システムで、複雑な
故障検知システムなどを追加することなく、
機体破損のようなアクシデント後の安全性
の向上に大きく貢献するもの。

 今回の実証実験では、自動操縦中の実験機
から右主翼の先端部約20%を分離・脱落
させ、故障後もシステムの制御により安全
に飛行を継続することを確認した。

 実験機は小型ビジネスジェット機の
スケールモデル(全長約1.4m)で、機体設計
を富士重工業が担当し、飛行制御に必要な
センサーや制御用コンピューターの開発・
機体製作を東大が担当した。

 この実験機に、富士重工業と東大が
それぞれ開発した異なる方式の
ニューラルネットワーク(人工脳神経網)
を用いた飛行制御ソフトウェアを搭載し、
いずれの方式でも飛行実証を成功させた。

001
飛行中に主翼の一部が分離しても飛行を
継続する様子 (写真提供:東京大学)
---------------------------------------

素晴らしいです。
安全性がさらに向上する。

機体の安定性を突然失ったとき、パイロット
がパニックに陥るかもしれない。
それを救える可能性が高い。

良いと思います。

フェイルシステムの機能を充実せさること
にも挑戦してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

個の医療VS標準治療という米M D Anderson病院のチームによる臨床試験結果は、個の医療に軍配

個の医療VS標準治療という
米M D Anderson病院のチームによる
臨床試験結果は、個の医療に軍配

2011年06月08日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 昨日まで米国Chicagoで開催されていた
ASCO(米国臨床腫瘍学会)年次総会は
JAK阻害剤の発表を除き、見るものが
無かったと悪口を言う向きもありますが、
個の医療には大きな進展が発表されました。

 個の医療VS標準治療という大胆な
臨床試験結果の発表が米M D Anderson病院
のチームからあり、事前に遺伝子レベルで
がんの異常を調べ、その遺伝子異常に
治療効果のある抗がん剤を投与した
患者群(175人)と、遺伝子異常が判明
せず、あるいは遺伝子異常があっても
該当する標的薬が無い患者群(116人)に
対してがん種ごとの現在の標準治療を
行った比較臨床試験の成績が発表され
ました。
http://chicago2011.asco.org/ASCODailyNews/Personalized.aspx

 軍配はずばり個の医療に上がりました。
 これほど明確に、個の医療が重要だと
示した臨床研究はなかったと考えます。

 PR、CRを含めた治療法の臨床応答率では、
個の医療は27%に対して、標準治療は5%。

 無増悪期間は13.4ヶ月VS9ヶ月と圧勝
でした。12種類の遺伝子を解析して実施した
個の医療の優位性が示されました。

 今後、がんを引き起こすエンジンとなる
がん遺伝子異常とその標的医薬がそろえば
そろうほど、従来の病理・組織的ながんの
分類と治療薬の選択が、患者さんのがんの
治療を阻害する要因となることを示唆して
います。

 医学教育も含め、原因別に疾患概念を
再構築した医療が必要となります。
---------------------------------------

そうでしょうね。
>がんを引き起こすエンジンとなる
>がん遺伝子異常とその標的医薬が
>そろえばそろうほど、従来の病理・
>組織的ながんの分類と治療薬の選択が、
>患者さんのがんの治療を阻害する要因
>となることを示唆しています。
そう思いますが、いつ頃、個の医療の時代
になるのでしょうか?
がん自体も変化しますから、薬の開発が
追いつけるのかな?

というのは悲観的な見方?

今後に期待しましょう。
これからは、個の医療の時代ですから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸~茨城沖 M7超余震のおそれ

三陸~茨城沖 M7超余震のおそれ
6月9日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 政府の地震調査委員会は、3月に巨大
地震が起きた三陸沖から茨城県沖にかけて
の海域では、今後もマグニチュード7を
超える大きな余震のおそれがあり、内陸の
一部の活断層でも地震の危険性がこれまで
より高くなっている可能性があると発表
しました。

 政府の地震調査委員会は、9日に開いた
定例の会合で、今回の巨大地震が国内の
地震活動に与える影響などを検討
しました。それによりますと、巨大地震
の震源域となった、三陸沖の中部から
茨城県沖にかけての海域では、今後も
マグニチュード7を超える大きな余震が
起きるおそれがあるほか、三陸沖から
房総沖にかけての日本海溝に近い沖合
では、巨大地震に誘発される形で津波を
伴う大きな地震が起きるおそれがある
としています。

 また、内陸の活断層のうち、宮城県と
福島県に延びる「双葉断層」と、
本州の中央に延びる「糸魚川-静岡構造線
断層帯」のうち、長野県の「牛伏寺断層」
の区間、それに、埼玉県西部から東京の
多摩地域に延びる「立川断層帯」の
3つの活断層では、巨大地震の影響で
地震の危険性がこれまでより高くなって
いる可能性があると指摘しています。
 地震調査委員会の阿部勝征委員長は
記者会見で、「巨大地震から時間がたち、
各地の地震の回数は全体的に減ってきて
いるが、どこで地震が起きても
おかしくない状況には変わりがなく、
引き続き注意する必要がある」と述べ
ました。

 また、今回の会合では、日本周辺の海底
で起きる地震の長期的な評価のうち、
巨大地震が起きた三陸沖から房総沖に
かけての地震をことし秋ごろまでに、
東海地震と東南海・南海地震についても
来年春をめどに見直していく方針を
決めました。
---------------------------------------

まったく日本は地震の巣ですから、
油断大敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストロンチウムの検出地点を掲載します

ストロンチウムの検出地点を掲載します
2011年06月09日 NHK「かぶん」ブログ

詳細は、リンクを参照して下さい。

事実として知っておいてください。
セシウムとの比較ができます。
平成23年6月8日午前10時現在の
土壌モニタリング結果です。

こちらの記事によれば、
福島の土壌から微量ストロンチウム
水溶性の放射性物質

2011年4月12日 朝日新聞

>発表によると、土壌のサンプルは
>3月16、17日に浪江町で2点、
>飯舘村で1点が採取され、分析された。
>この結果、ストロンチウム90は最大で
>土壌1キロあたり32ベクレルだった。

>米国の食品基準はストロンチウム90
>で1キロあたり160ベクレル、
>欧州連合(EU)は1キロあたり
>750ベクレル。
>今回はいずれの基準も大きく下回って
>いる。
この時と違ってますね。
米国基準は越えています。
欧州基準はずいぶん高い。
この値と比べると下回っていると言える。
心配しすぎても仕方がないので、良しと
しましょう。

>チェルノブイリ原発事故では
>セシウム137の10分の1程度の
>ストロンチウム90が放出された。
ここが大きな違いです。
今回の事故では放射性セシウムの0.1%程度
です。不幸中の幸いです。
ストロンチウム90の半減期は29年です。

さらに恐ろしいプルトニウム239が殆ど漏れて
いないのは本当に有難い。
半減期は24,000年です。
もう二度とその地域には住めません。

さらに詳細な調査が必要と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NASA ドッキング写真公開

NASA ドッキング写真公開
6月8日 NHK NEWS web

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 NASA=アメリカ航空宇宙局は、
7日、国際宇宙ステーションとスペース
シャトルがドッキングした状態を別の
宇宙船から撮影した、初めての写真を
公開しました。

 公開された写真は33枚で、ロシアの
宇宙船「ソユーズ」の乗組員が、
先月23日に国際宇宙ステーションから
離脱したあと、宇宙ステーションから
およそ180メートル離れた地点で撮影
したものです。

 最後のフライトを終え、今月1日に
地球に帰還した、スペースシャトル
「エンデバー」が国際宇宙ステーションに
ドッキングしている様子が、さまざまな
角度から写されているほか、日本の実験棟
「きぼう」も確認できます。
 今回の写真は、国際宇宙ステーションと
スペースシャトルがドッキングするのと、
ソユーズが離脱するタイミングが重なった
ため、実現したもので、宇宙ステーション
とシャトルがドッキングした状態を
ソユーズから撮影したのはこれが初めて
だということです。

 スペースシャトルは、来月8日に
打ち上げが予定されている
「アトランティス」を最後に引退すること
になっており、国際宇宙ステーションと
スペースシャトルのツーショット写真は
これが最後になるかもしれません。
---------------------------------------

残念ですね。
宇宙ステーションはどうなってしまうので
しょうか?

中継基地的なものが必要だと思うのです。
宇宙エレベータなどで機材の輸送をして
作ることになるのでしょうか?

宇宙ステーション。
SF映画などには良く出て来てますが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学とコンセンサス  被曝の危険性

医学とコンセンサス  被曝の危険性
武田邦彦 (中部大学)blog
(平成23年6月10日 午前8時 執筆)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 放射線医学研究所が子供の甲状腺ガン
についての厳しいレポートを隠匿していた
ということでご心配になっている方が
多くおられます.

 このブログでも何回か書きましたが、
再度、取り上げます.

1)放射線の被曝によるガンや遺伝性疾患
  の発生は、「医学的」に明確ではない。

2)この世には学問で判らない
  「未知の分野」がある。

3)研究中のことだから、医者や研究者
  によって言うことが違う。

4)放射線の影響が大きいとする医者に
  インタビューすれば「恐ろしい」
  ということになる(今回の甲状腺の
  データ。0.2マイクロで危険とされた)。

5)放射線の影響が小さいとする医者に
  インタビューすれば「恐ろしくない」
  と言う(100ミリでも安全と言う。
  0.2マイクロの50万倍に相当して
  いる)。

6)だから、新聞記者は「放射線が怖い」
  という記事を書こうと思ったら、3)
  の医師に取材する。

7)「被曝は怖くない」という記事を
  書こうと思えば、4)の医師に取材
  すればよい.

8)だから、原発事故以来、さまざまな
  記事が出るので、多くの人は「なにが
  正しいのか判らない」と悩む.
  今回の甲状腺ガンのニュースは5)
  からでたものです。
  なにしろ人や研究機関によって
  50万倍も違うのですから、右往左往
  しても意味が無いように思います。

・・・事実・・・
 事実は次のようなことです。
 これさえシッカリと判っていれば不安に
 なることはありません.
1)医学的に判らないのだから、医者や
  研究機関に聞いてもムダである。

2)しかし海外旅行に安心して行くため
  には、どの国も同じ基準で規制して
  くれることが必須。

3)そこで、「医学的ではなく」
  (ここが大切)、「コンセンサス
  (みんなでとりあえず決めておく)
  で決める」という方式がとられた
  (21年前)。

4)それが、「誰でも1年1mSv以下なら
  安全としよう。
  本当のところはわからないが、それで
  行こう」である。

5)すでに20年以上、世界中でこの基準
  で生活し、特にヘンなことは起こって
  いないので、その意味でのデータは
  経験的にとられている。

6)そして、日本では「健康に留意し、栄養
  のバランスをとり、休養を十分にする
  なら1年5.2mSv」ということでも運用
  され、これも特にヘンなことは
  起こっていない。
  世の中にはさまざまな危険があります。
  でも、現代の科学で判らないものは、
  判らないとして経験や合意によって
  「これで行こう!」と決めざるを
  得ません。

  研究結果がでるまで100年も待つ
  ことはできないからです。
・・・・・・・・・

私は、次のように考えてまったく動揺しません。
1)可能なら1年1mSv以下に
  しよう。そうすれば悔やむことはない.

2)もしそれがダメなら1年5mSv以下を
  目指し、その代わり健康には十分に
  注意しよう。それも仕方が無い.

3)幼児をこの基準で守って上げれば、
  大人は安全.

4)いろいろな報道がされるが、聞いても
  意味が無い.

5)努力して生活し、それでも人智及ばざる
  ところは運命と思う.
---------------------------------------

全く同感です。
同じ考えで生活しています。

残念ながら、ここ郡山市では1年5mSv以下
は現状不可です。越えています。福島市も
同じですね。

乱暴な計算をすると
1.2μSv×24h×365日≒10mSv程度
でしょうか?
大人は良いけれど子供は心配という
レベルであると捉えています。

一刻も早い徐染が必要だと考えます。
上記の値は外部被曝です。
内部被曝を考慮するとどうでしょう?

子供を守る視点に立って、どこをまず
優先すべきなのか? わかるはずです。

政府にも、自治体にも早急に動いて頂き
たい。
少しでも、その危険を少なくするために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

今までと違う世界に生きる覚悟

今までと違う世界に生きる覚悟
2011年6月8日 MBS(毎日放送)ラジオ
「たね蒔きジャーナル」

聞いてください。

---------------------------------------
・(東京を初めとして東日本各地の
下水処理施設の汚泥から放射性物質が検出
されている。東京都大田区の下水処理施設
では空気中から毎時2.7マイクロシーベルト
の放射線量が検出されたが?)

 0.05マイクロが普通だから、その50倍
であり、とても高い。


・(東京都は、検出された場所は屋内
であり、敷地境界で計測したら問題ない
数値だったため、誤解を招かないために
公開しなかったというが、敷地内に留まる
ものなのか?)

 下水処理場の汚泥はコンクリ等の材料
として使う。今後はそれをやっては
いけなくなり、汚泥の処分がポイントに
なる。


・(配慮して公開しないというのは
おかしいと思うが、どうか?)

 おかしい。
 下水処理場が毎時2.7マイクロシーベルト
という場所になっているのであれば
放射線管理区域にして管理するための
手続きも必要なはず。


・(作業員の方も普通の服装では?)

 被曝管理もしていないはずで、これまで
にどのくらい被曝したかも知りえないまま
今に至っている。


・(パニックを恐れて情報をストップする
のはまかりならんと思うが?)

 そう思う。マスコミも留意してほしい。


・(下水処理場で焼却した灰からは1キロ
あたり1万ベクレルを超えたセシウムが
検出された)

 すごい量だ。
 そんなレベルの放射能を取り扱ったこと
は私は一度もない。

以下省略

---------------------------------------

「今までと違う世界に生きる覚悟」
本当にひどい話。

どうしてどこも公開をためらうのか?
住民の安全など二の次。

本来なら小出さんが言っているように
放射線管理区域に指定して管理しないと
いけない区域になる。

あらゆる所が放射線管理区域に指定
しないといけなくなる。

国はどう考えているのでしょうか?
以前投稿した、
国交省、放射性物質が検出された
汚泥の処理方法などの指針を福島県に
通知

がありますが、えらく危機感がない。

「想定不適当」などと言って思考停止して
いたから、まったくなにも決められない。

まじめに検討しておけば、原発事故が
いかにひどいものなのか身に染みて
理解できたはず。事故防止の策ももっと
真剣に立てたと思う。

放射線管理区域以上の放射線を国民に
浴びさせておいて平然としている
とはどういう神経なのか?
安全の為にはそういう基準が必要だと
そういうことではなかったのか?

どうするのかはっきり国としての姿勢を
出してください。出す責任がある。

空中放射線量は現在でも、福島市、
郡山市は、放射線管理区域以上
いつまでほっておくつもりなのか?
事故処理のスケジュールは知っている
はず。

徐染はいつから実施し、どの値まで回復
させるつもりなのか?

放射線に汚染されたものをどういう基準で
どう処理するのか?

どこが実施し、どこが負担するのか?

何も決まっていない。
ハッキリさせるのが国の責任のはず。

放射線管理区域については
こちらのリンクを見て下さい。
正気を疑う文科省の
学校線量基準


下記は、徐染の必要性と現状について
参考になる情報です。
チェルノブイリとの違いも記載されていて
ちょっと安心しました。是非見てください。

時論公論
放射性物質の除染を急げ
2011年05月23日 NHK解説委員室


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活支援ロボット着々

生活支援ロボット着々
朝日新聞アスパラクラブ

科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
◇安全性の認証急務

 生活支援を目的にしたロボットの市場は、
2020年には1兆円に成長すると
見込まれている。

 そのためには安全性が重要。
 現在、安全基準に関する国際規格の検討
が進む。

 国内では、リスクを無くしてから評価実験
を行うため、実用化まで時間がかかる。

 一方、少子高齢化問題に直面する
デンマークなど海外の動きは速い。
 尹主任研究員は「海外は国レベルで
生活支援ロボットを導入すると決めて
動いている。
 リスクがあっても、役に立つと見たら
動きは速い」と話す。

 国際規格に基づいて安全性を認証する
国内機関の設立も急がれる。
 海外の認証機関に頼ると、国内企業は
製品の仕様なども公開しなければならず、
技術の流出につながりかねない。

 昨年末、新エネルギー・産業技術総合
開発機構や産総研などが生活支援ロボット
安全検証センターをつくば市に整備した。
 約3600平方メートルのフロアで、
ロボットの回避能力を試したり、衝突時の
衝撃を計測したりと、計18種類の試験が
できる。

 安全性の検証手法を研究し、認証機関の
立ち上げを目指す。

 産総研知能システム研究部門の大場光太郎
副部門長は「安全検証センターには海外から
見学希望が殺到しているが、一切、公開して
いない。
 産業化を進めるためにも、早く認証機関を
立ち上げなければならない」と話している。


《筆者の中村浩彦から》
 日本よりも高齢化が進むデンマークは
生活支援ロボットを真剣に採り入れようと
考え、実用化のために実験の場の提供を
日本の研究者らに持ちかけています。
 研究者にとっても魅力的な提案で、
研究協力の話も出ているようです。
 日本発のロボットが海外で先に製品化
され、日本に逆輸入されることになる
かもしれません。

---------------------------------------

>一方、少子高齢化問題に直面する
>デンマークなど海外の動きは速い。
>尹主任研究員は「海外は国レベルで
>生活支援ロボットを導入すると決めて
>動いている。
>リスクがあっても、役に立つと見たら
>動きは速い」
当たり前だと思います。

どうして日本の政治家は鈍いのか?
この分野もそうだと思います。

同様に少子高齢化問題に直面しています
よね。

>日本発のロボットが海外で先に製品化
>され、日本に逆輸入されることになる
>かもしれません。
この可能性が高い。

国の後押しがないと進まない。
特に国際規格には早い時期にからんで
いかないと駄目。
民間に任せておけば良いというのは駄目。
国としての役割がどの分野にもある。
何を民間に任せて、何を国がしなくては
いけないのかしっかり考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急災害対応ロボット「Quince(クインス)」の福島原子力発電所投入について

緊急災害対応ロボット「Quince
(クインス)」の福島原子力発電所投入
について

2011年6月 8日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国立大学法人東北大学 情報科学研究科
(未来科学技術共同センター兼務)
田所諭教授、工学研究科・永谷圭司准教授は、
千葉工大・小柳栄次教授と共同で開発した
緊急災害対応ロボット「Quince(クインス)」
を、東京電力の要請により福島原子力発電所
に投入し探索活動を行うことになりました。
---------------------------------------

やっと国産のロボットが投入されます。
がんばってください。

こんなロボットです。
QUINCEによる福島原発対応
良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイCO2! 着々とクリーンなエネルギー社会への道を進んでるよね。(動画)

バイバイCO2! 着々とクリーンな
エネルギー社会への道を進んでるよね。
(動画)

2011.06.08 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 それにしても。果てしないなぁ。

 このヨーロッパ初のソーラー・トンネル。
 それもそのはず
 3200メートルも続いているんですから!
 こちら、パリとアムステルダムを結ぶ
高速鉄道トンネルの一部に設置されたもので、
6日にスイッチがオンされました。

 それにしても、本当にすごい数の
ソーラーパネル!

 その数、なんと16000枚!
 見た瞬間、おいくらぐらいかかったん
だろう?
 なんて考えちゃいましたけど、
太陽エネルギーを使って電車を走らせる
ソーラー・トンネルのおかげで、
出発してから最初に通過する
アントワープ駅で使用する電力の50%を
賄えるそうですって、例えが分かりずらい
ですけれど...、かなりのエネルギーを
節約し、Co2の排出もかなり減るそうです。

 ちなみに、20年間で約4700万キロのCo2
排出を削減できると期待されているとか。
スゴイですね。
---------------------------------------

スゴイですね。
どこがお金を出したのかな?
気になるところです。

電車は直流なので効率的?
そのまま使えるとは思えないけど?

直流とは限らない。ちなみに新幹線は交流。
ヨーロッパのこの区間はどうなんでしょう?

ヨーロッパ頑張ってます。
日本もかけ声だけでなく実行してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全、高効率にiPS細胞を作製 マウスで100%と京大

安全、高効率にiPS細胞を作製
マウスで100%と京大

2011年6月9日 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Pn2011060801001177ci0003
京都大の研究チームらが作製に成功した、
より安全なiPS細胞
(前川桃子京都大助教提供)

 未受精卵や受精卵の初期段階で強く働く
遺伝子「Glis1(グリスワン)」を導入
することで、より安全な人工多能性幹細胞
(iPS細胞)を効率よく作ることに
京都大の山中伸弥教授の研究チームらが
成功し、9日付の英科学誌ネイチャーに
発表。

 マウスなら、作製効率はほぼ100%で
「顕著な改善」という。

 山中教授は「グリスワンはiPS細胞の
実用化に有利な性質を備えており、魔法の
遺伝子」としている。

 体のさまざまな種類の細胞になれる
iPS細胞は、山中教授が四つの遺伝子
を導入して開発。
 チームは遺伝子cMycを除く三つの
遺伝子とグリスワンを、マウスとヒトの
線維芽細胞に導入。
---------------------------------------

「魔法の遺伝子」素晴らしい。
>科学的な真実は追試によってのみ
>確かめられます。

cMycはがんにからむ遺伝子です。
これ無しでiPS細胞ができるということ
は画期的です。

研究は少しずつ進みます。
ブレークスルーは必須ですが、

期待したい。

これのことですね。
炎症・再生医学会、京大山中教授、
iPS細胞を誘導する「魔法の因子」を
今週発表と発言

Biotechnology Japan

詳細はこちら
転写因子Glis1により安全な
iPS細胞の高効率作製に成功

京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)他

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

国連曰く「国家によるインターネット遮断は人権侵害」

国連曰く「国家によるインターネット
遮断は人権侵害」

2011年06月08日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国連人権特別報告官の Frank La Rue 氏
は国家によるインターネット遮断は
人権侵害で国際法に違反する、という
報告書を発表したとのこと
(ITmedia ニュースの記事、報告書
(PDF) より) 。

 報告官はインターネット上の特定の
コンテンツに対する
ブロック・フィルタリングや、
インターネット全体へのアクセスを遮断
した国家があるが、たとえ知的財産権
侵害などの理由で正当化しようとも
市民的、政治的権利に関する国際規約に
違反しているとした。

 インターネットへ接続する権利は、人権
の一部とみなされる時代になってきた
ようだ。
---------------------------------------

>インターネットへ接続する権利は、人権
>の一部とみなされる時代になってきた
>ようだ。

国連人権特別報告官は思い切ったこと
を言いましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の末からiPS細胞研究に対するバッシングが激化

昨年の末からiPS細胞研究に対する
バッシングが激化

2011年06月06日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 やれ、エピジェネティクスの初期化が
特定の遺伝子部位で生じる。

 初期化の過程でがん遺伝子抑制遺伝子の
脱落が起こる。

 不適切な培養の結果、がん遺伝子の
重複などが起こる。

 iPS細胞に抗原性がある。

 そして極めつけは、ヒト皮膚の線維芽
細胞からiPS細胞が生じるのは、特殊な
多能性でありながら増殖力の弱い細胞
Muse細胞だけであるという東北大学の
出澤教授の論文(PNAS)です。

 無批判に新聞がこうした研究を取り
上げた結果、市民の間では混乱が生じて
います。

 しかし、これらの論文を一読した
だけで、科学論文としては証明が不十分
なまま、科学的な証拠から語れる以上の
ことを主張していることは、明白で
あります。

 例えば、出澤先生が主張している
Muse細胞から0.03%の割合でiPS細胞を樹立
できたが、Muse細胞以外のヒト線維芽細胞
からは0%のiPS細胞しか樹立できなかった
という報告です。

 山中教授らの研究所ではルーチンに
ヒト皮膚由来の線維芽細胞から、0.1%から
0.5%の効率でiPS細胞を樹立している
ことを考えると、一体、0.03%の樹立効率
で、すべてのiPS細胞の樹立を論議する
意味があるのか?

 この30倍もの樹立効率の違いを議論せず
に、ヒト繊維芽細胞からはMuse細胞から
だけがiPS細胞となると結論することが
できるのか?

 私は極めて疑問であると思っております。

 よしんば実験に間違いはなかったと
しても、これは言い過ぎであります。

 また、T細胞やB細胞の前駆細胞、
インスリン生産細胞、肝臓のアルブミン
生産細胞などかなり分化の進んだ細胞から
4因子などにより、iPS細胞が樹立され、
しかも追試されていることを見ると、
ますますエリート細胞(一部の細胞)
だけがiPS細胞に初期化できるという説
は、疑わしくなります。

 確かに、09年に米Stanford大学の
グループがヒト線維芽細胞にはMuse細胞に
発現している特殊な糖鎖抗原、SSEA-3の
発現量に差があり、この抗原の発現量が
高い細胞集団がiPS細胞に変わり易い
という論文を報告しています。

 出澤教授らの論文はこれの追試としては
意味があるかも知れませんが、Muse以外、
ヒト線維芽細胞ではiPS細胞にならない
というには証拠不十分です。

 当初、細胞をばらばらにする蛋白分解
酵素処理に耐久性のある細胞として定義
されたMuse細胞の詳細な生物学的な定義
も含め、iPS細胞はエリート細胞に由来する
のか?
 あるいは、偶然のプロセスによって
iPS細胞となる細胞が決まるのか?
 明白にしていただきたいと思って
おります。

 こうした研究は最終的には、iPS細胞を
誘導する初期化のメカニズムを解明する
道に繋がります。

 ただし、報道する側としては、科学者が
絶対的信仰を寄せるピアレビュージャーナル
のリビューアー達にもっとしっかりして
いただきたいと思うばかりです。

 こんな論文審査状況では、ただでさえ
国際的な生命科学研究の隆盛のために、
この領域の論文が鰻上りに増加しても、
質を維持できない。

 そのためにノイズばかりになる可能性
があります。
 科学的な真実は追試によってのみ
確かめられます。

 論文発表しただけでは科学的な真実
ではありません。

 単なる仮説提唱であり、第三者が追試
してみて初めて、科学的な真実と
みなされるのです。

 生命科学の論文のデータベースを作成
しているトムソンのデータでは、
一流科学誌に掲載された論文の30%しか、
その後引用されていません。
 つまり、追試が記述される可能性は
低いのです。

 言いっぱなしの状況にある論文を、
「一流雑誌に掲載された」ということを
根拠に、私達が信じて報道せざるを得ない
ような末期的な状況は、是非とも科学者の
良心に賭けて改善していただきたい。
 勿論、メディアも研鑽を積まなくては
なりませんが、現在の科学記者不足では
とても責任を負いかねます。

 もう論文過多で、ピアレビューでは対応
できないというなら、追試が成功した論文
に研究者がリンクを張り、信頼性を記名
にて確保するなど、新しいウェブ技術を
活用した技術突破を行わなくてはならない
のではないでしょうか?

 科学論文より、新聞ばかり読んで
政策立案する癖がある、我が国の政府も
参加する、科学者→科学誌→メディア→
政府→科学者→という”悪のサイクル”
により、論文の質の低下は、その質の低下
に乗数をかけて、科学者の環境にも
悪影響することを認識しなくてはなりま
せん。

 もう論文の質の低下とピアレビューの
質の低下は看過できない問題となって
おります。
 私は、追試の結果の情報公開こそ、
解決の鍵を握っていると思います。

 それを国家管理ではなく、資本主義の
下に自由競争でどうやって実現するのか?
 知恵の絞りどころです。

 どうやら今週、山中所長が次の技術突破
を発表するらしい。
 今頃、京大で、この件も含めて、怒りの
会見を開催しているはずです。
 最先端の研究成果を追求し、世界と
鎬を削っているiPS細胞研究所のチームが
バッシングに対抗するために、守備的な
研究に時間を割かれることは、
誠にもったいない。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20079506
---------------------------------------

>科学的な真実は追試によってのみ
>確かめられます。

>私は、追試の結果の情報公開こそ、
>解決の鍵を握っていると思います。
そうですね。そう思います。

理論物理学に似てますね。
理論だけでは駄目で、実験によって証明
されないかぎり、それは単なる理論で
あって真実なのかどうかはわからない。
理論物理と実験物理は両輪です。

守備的な研究に時間をさかれることの
ないように祈ってます。

素人としては、新聞に載れば、そんなもの
なのかな? と思うしか無い。

Muse細胞の件は確かに発生確率から見て
そう言い切れるのかな?
という疑問は湧きましたが、
いずれ明確になるでしょう。

>科学的な真実は追試によってのみ
>確かめられます。
肝に銘じておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPS細胞に抗原性があるという米UCSDのYang Xu氏らの論文が話題に

iPS細胞に抗原性があるという米UCSDの
Yang Xu氏らの論文が話題に

2011年05月16日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 Natureオンラインに2011年3月13日に掲載
された米UCSDのYang Xu氏らの論文が話題と
なっております。
 つまりiPS細胞に抗原性があるという論文
です。

 確かに、今まで自分の細胞から誘導した
iPS細胞は拒絶反応が無いという大雑把な
議論を展開してきたので、今回の論文は
驚きかも知れませんが、このメールでも
報道している通り、iPS細胞の泣き所は同じ
個人の線維芽細胞から由来したiPS細胞にも
極めて幅広い多様性がある点です。

 これが材料とした細胞の多様性と
iPS細胞技術によるエピジェネティックス
の初期化プロセスの不完全性による
遺伝子発現プロファイルの多様性の
2つの理由によって生じることは、
京大グループなど世界中の研究者が指摘
しているところです。

 そのため臨床研究に必要なiPS細胞は
患者さんの皮膚の一部をいただければ
誘導できるのではなく、誘導した後に最も
臨床的に応用可能な安全で、分化誘導能を
持った細胞を選抜するというプロセスが
不可欠なのです。

 今回の論文の成果は、抗原性という観点
からも臨床応用の前には選抜が必要だと
いうことを指摘したという意味に
留まります。

 実際論文を見れば、UCSDのグループが
同系のマウスの胎児皮膚細胞に染色体に
組み込まれないベクターを使って誘導した
iPS細胞の80%が、拒絶反応なしに、移植
された同系マウスの体内でテラトーマを
発生させています。

 米Salk Insituteを含む、San Diego
グループは、iPS細胞とES細胞の遺伝子発現
の差を根拠に、あくまで差があると
言い張っておりますが、これは山中教授が
前から言っている通り、iPS細胞の不完全な
リプログラミングそのものであります。

 しかし、こうした研究から山中4因子以外
に初期化をファインチューニングする因子
が発見され、より完全な初期化のプロセス
を明らかにされることは重要です。

 但し、これはあくまでもES細胞が完全な
初期化であると神格化していることにも
繋がりますので、注意が必要です。

 いずれにせよ、初期化という今まで神秘
のプロセスのベールが次々とあばかれて
いたことは事実ですね。

 先週の金曜日のバイオファイナンス
ギルドで議論しましたが、完全な、
あるいは標準的なiPS細胞はありうるのか?

 実は不完全な初期化と言いましたが、
細胞は工業製品と異なり均一では
ありません。

 常に、多様化するように分化、適応を
繰り返しています。

 ES細胞のように分化がコミットされ、
発生分化というレールを辿るように規制
された細胞とは異なり、iPS細胞は
その多様性を発生させるメカニズムこそ
初期化本質なのかも知れません。

 iPS細胞の多様化を規制し、ES細胞の
ような発生・分化のエスカレータに乗せる
のが、次の挑戦となることは間違いない
でしょう。

 問題は時代主義を取り、この研究を
持ってiPS細胞は不完全であり、臨床応用
を凍結すべきだと言う先滑りの議論を
行わないことです。

 目前の疾患に悩む患者さんをどう
救うか?
 ここに重点を置いて、リスクと
ベネフィットを十分に議論して前に進む
ことが、私は人道的だと考えているから
です。勿論、こうした革新的な治療に
対等な立場で患者さんが開発の当事者
として参加することが、前提条件と
なります。

 iPS細胞に関しては、もはや一喜一憂する
段階は終わったと思います。
---------------------------------------

>iPS細胞の泣き所は同じ個人の
>線維芽細胞から由来したiPS細胞にも
>極めて幅広い多様性がある点です。

>今回の論文の成果は、抗原性という観点
>からも臨床応用の前には選抜が必要だと
>いうことを指摘したという意味に
>留まります。
そう思います。

>問題は時代主義を取り、この研究を
>持ってiPS細胞は不完全であり、臨床応用
>を凍結すべきだと言う先滑りの議論を
>行わないことです。

>目前の疾患に悩む患者さんをどう
>救うか?
>ここに重点を置いて、リスクと
>ベネフィットを十分に議論して前に進む
>ことが、私は人道的だと考えているから
>です。
同感です。

極論に走ってはいけないと思います。

目的は目前の疾患に悩む患者さんを
どう救うか? ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京大など、炎症機構に酵素を制御する役割などがあることを発見

京大など、炎症機構に酵素を制御する
役割などがあることを発見

2011/05/19 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。
ちょっと古くなりましたが紹介して
おきます。

---------------------------------------
 炎症は生体維持に必須の機能である一方、
ガンや心臓病などさまざまな疾患の原因と
されており、炎症を抑制することによって
疾患の改善を目指す治療・研究が多く
行われているが、現在のところそれが
十分な成果をあげているとは言いがたく、
炎症と疾患を結びつける詳細なメカニズム
のさらなる解明が求められている。

 同研究グループでは、炎症反応において
重要な働きをしている転写因子である
NFkBの活性制御に不可欠なIKKβに注目、
血管における炎症の役割を解明するために
血管内皮細胞特異的IKKβノックアウト
マウスを作製してその解析を行ったが、
その結果は意外なことに、IKKβの欠損に
よるNFkBの不活性化だけでは説明の
つかない表現型を多く呈していたという。

 この結果を受けて各種解析を行った
ところ、IKKβがNFkBを制御する仕組み
とは独立して、ガンや心臓病において
その関与が多く報告されている酵素
「PTEN」や「Akt」を制御することで、
細胞の浸潤や増殖を促す働きを持っている
ことが判明した。

 これは、ガンなどの疾患が炎症と直接に
関わる未知の機構を紐解くだけではなく、
生体にとって不可欠な仕組みでありながら
医療において常に抑制されるべき対象と
されてきた炎症が、細胞増殖などの正の
役割に関与していることを示しており、
炎症の新たな捉え方に基づいた治療薬の
創出や、疾患別の抗炎症治療に結びつく
ことが期待されると研究グループでは
説明している。
---------------------------------------

>生体にとって不可欠な仕組みで
>ありながら医療において常に抑制される
>べき対象とされてきた炎症が、細胞増殖
>などの正の役割に関与していることを
>示しており、
ふ~ん。
複雑ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新薬の薬価決定に医療経済的な根拠を求めると、合理的な価格決定が可能になり個の医療が不可欠に

新薬の薬価決定に医療経済的な根拠を
求めると、合理的な価格決定が可能
になり個の医療が不可欠に

2011年06月01日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 現在、政府が推進している税と社会保障
制度の一体改革(つまり、増税なくして
社会保障の充実なしという意味)の中で、
厚労省が積極果敢に攻勢をかけています。

 中でもびっくりしたのは、新薬の薬価
決定に対して医療経済的な根拠を求め、
査定する仕組みを導入することです。

 誠に重要です。
 今まで後ろ向きばかりだった厚労省が
スキアボーネみたいに反転攻勢に出てきた
感じです。

 来年度、試験的でも医療経済学的調査
資料を薬価算定に求められるようになる
とすると、何が変わるのか?

 第一に、革新的な新薬に対して合理的な
価格決定ができるようになる、と期待して
います。

 今までは先行医薬の国内外の価格を参照
価格として薬価を決めていましたが、日本
の製薬企業がゾロ新をやめ、世界初の新薬
を我が国で先行申請するとこの薬価を
決める議論が難しくなります。

 今まではなんとなく落しどころで決めて
きた感じです。
 例えばJTECの開発した自家培養皮膚の
値付けに合理性があったとはとても
思えない。

 技術革新をリスクをとって実現しても、
開発投資を回収できなければ、持続的な
医療技術突破は望めません。

 我が国のバイオベンチャーが皆、海外
開発を向いているのも、臨床試験の困難さ
と許認可の不明確性だけではなく、
技術革新を正当に評価しない我が国の
仕組みの問題があります。

 もし、医療経済という尺度を導入
できれば、こうした単なる政治的な力関係
で価格が算定される愚は雲散すると
期待しています。

 第二は、当然のことながら個の医療が
不可欠となります。
 従来の医薬品は投与した30%の患者で
効果があれば大したものなのですが、
今後、70%の無駄な患者さんへの投与が
医療経済学的な解析を考えれば許されなく
なることは必然です。
 効果のある患者選別がまだ困難で
あっても、無駄な医療費として算定される
副作用を回避できるバイオマーカーによる
個の医療はもう避けられなくなると
思います。

 まともに医療経済的解析をやるならば、
副作用に掛かる不要な経費をマイナスの
医療経済効果として算定すべきであると、
私は確信しています。

 いずれにせよ、我が国にも英国のNICE
のような機関を設立し、新薬や既存薬も
含めて医療経済的な分析によって薬価の
見直しをすることには賛成です。

 当然のことながら、業界や学会、
患者団体、そして政治家も巻き込んで、
大論争となるでしょうが、そんな論争にも
揺るがない科学的な根拠を得るために、
我が国の医療情報(処方、医療費)の
データベースの整備と、医療経済学者
(我が国では絶滅種に認定されそうです)
の養成を急がなくてはなりません。

 今まで個の医療メールで何回も嘆いて
いましたが、技術革新を受け付けない
我が国の医療制度も変わりつつあります。
 厚労省の担当者のお手並み拝見です。
---------------------------------------

いつもながら同感です。

>技術革新をリスクをとって実現しても、
>開発投資を回収できなければ、持続的な
>医療技術突破は望めません。
当然です。

>技術革新を正当に評価しない我が国の
>仕組みの問題があります。
情けないです。

>まともに医療経済的解析をやるならば、
>副作用に掛かる不要な経費をマイナスの
>医療経済効果として算定すべきであると、
>私は確信しています。
当然と思います。

>技術革新を受け付けない
>我が国の医療制度も変わりつつあります。
本当にそうならば、有難いことです。

>我が国の医療情報(処方、医療費)の
>データベースの整備と、医療経済学者
>(我が国では絶滅種に認定されそうです)
>の養成を急がなくてはなりません。
難しそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震時の避難方法の常識に対する新たな説

地震時の避難方法の常識に対する新たな説
2011/06/05 Alrernative Blog

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 私は、世界で最も経験豊富と言われる
アメリカの国際救助チーム”ARTI”の
救助隊長・災害マネージャーです。
 ここで紹介する方法により、より多くの
命が震災から救われることを期待します。

 私は、崩壊した875の建物の中に入り
込み、60か国からの救助チームと一緒に
作業し、複数の国で救助チームを組成して
きました。
 災害軽減のための専門家として国連でも
2年間勤務しておりました。
 私は1985年以降、世界中のあらゆる
大きな災害に取り組んでまいりました。

 私が震災の建物に初めて入ったのは、
1985年のメキシコシティーの学校でした。

 どの子どもも机の下にいました。
 どの子も、骨の厚さにまで押しつぶされて
いました。

 生徒たちは机の隣に横たわっていれば
生き残ることができたはずなのに、
なぜそうしなかったのか不思議に思い
ました。

 当時の私は、子供たちが何かの下に
隠れるようにと先生から教えられていた
ことを知りませんでした。

 単純に言うと、ビルが崩壊した場合、
天井の重さによって屋内の家具や物が押し
つぶされます。
 しかし、その際に家具や物の脇に、
空間を形成することになります。
 これが私の言う、「命の三角空間」
です。物が大きいほど、また強固である
ほど、押しつぶされても元の形を保つ
可能性が高くなります。
 元の形を保つ可能性が高いほど、この
空間は大きくなり、この空間にいる人間
が怪我をしない可能性が高くなります。

 崩壊したビルをテレビで見る機会が
あったら、この形成された「三角形」の
数を数えてみてください。
 いたるところに見つけられるはずです。
三角形は崩壊したビル内で最も目に
しやすい形です。

以下省略します。

---------------------------------------

参考にしてください。
賛否両論あるでしょう。
でも、「命の三角空間」無視できません。

常に世の中の状況は変化しています。
建物の耐震性もそうでしょう。
だからこそ、常に見直しが必要なのです。

私はかなり古い人間ですが、地震時は、
地震が治まるまで、机の下などに入れと
教わりました。
本当にそうなのか科学的に検証されている
のでしょうか? 再考する必要がある
ように思えます。

重い天井あるいは、柱が倒れてくるような
可能性がある場所では、机の下というのは
あまりに心許ない場所のように思えます。

既にずいぶん時間が経ちました。
古い家も新しい家もあるはずです。
同一の避難方法で良いのでしょうか?
耐震性の高いビルもある。

検証し、正しい知識を広めて欲しい。
それで、助かる命が増えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

3Dテレビ所有者のかかえる不満

3Dテレビ所有者のかかえる不満
2011年06月04日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ジーエフケー・カスタムリサーチ・
ジャパンの調査によると、3Dテレビ所有者
の75%が3Dテレビの機能について不満を
抱いているようだ
(プレスリリース:PDF、 AV Watchの記事)。

 所有者の半数以上が3Dコンテンツの視聴
を週に1回以下と答えており、3Dコンテンツ
の少なさや3Dメガネへの不満を主な理由
として挙げている。

 また、正面で視聴する必要があるため、
自由な姿勢で視聴できない点や、多人数
での視聴に適さない点に強い不満を感じる
ユーザーが特に多いようだ。

 3Dテレビを持ってない人に対する
アンケートでも7割が購入したくないと
答えており、関心の低さが伺える。

 需要の先食いとなった家電エコポイント
終了後、テレビ販売の目玉とされていた
3D対応だが、予想外(予想通り?)に人気が
無いようだ。

 /.-Jユーザの場合はどうだろう。
 所有者の満足度や、非所有者の購入意思
などを聞いてみたい。
---------------------------------------

購入したいと思う人は少ないと思う。

3D映画も見ましたが、それほどの魅力は
感じなかった。

特に3DTVは皆さんのご指摘通りだと思う。
多分普及しないね。

ゲームはどうなんだろう?
私は、ゲームをしないのでわからないが、
臨場感が出て良いかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

B細胞が多発性硬化症の悪化を制御する仕組みを解明

B細胞が多発性硬化症の悪化を制御する
仕組みを解明

2011.05.02
大阪大学免疫学フロンティア研究センター

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
の馬場義裕准教授、黒崎知博教授
、松本真典研究員らと理化学研究所免疫・
アレルギー科学総合研究センター分化制御
研究グループ
(黒崎知博グループディレクター)による
共同研究グループは、

免疫細胞の一つである制御性B細胞に
細胞外からカルシウムを流入させる
カルシウムセンサー「STIM」が、
多発性硬化症の悪化を抑制する仕組みを
解明しました。

 多発性硬化症は、脳、脊髄、視神経など
に炎症が起こり、運動麻痺や感覚障害など
の神経症状の悪化を繰り返す疾患です。

 我が国での患者数は人口10万人あたり
8.9人程度と推定されています。

 多発性硬化症の発症や悪化のメカニズム
は未だ明らかにされていませんが、神経繊維
をさやのように覆っている髄鞘と呼ばれる
組織を免疫細胞が破壊することにより
引き起こされると考えられています。

 近年、「制御性B細胞」と呼ばれる
免疫細胞集団がこの脳脊髄炎を抑制する
ことが報告され注目されていますが、
その抑制メカニズムは不明のままでした。

 今回、研究グループは多発性硬化症に
類似する脳脊髄炎のマウス実験モデルを
用いて、制御性B細胞への細胞外からの
カルシウム流入が脳脊髄炎を抑制すること
を発見しました。
 さらに、このカルシウム流入には
カルシウムセンターであるSTIMが重要で
あることを明らかにしました。

 実際、B細胞でSTIMを欠損するマウス
では、脳脊髄炎を抑制することができず、
神経麻痺症状の重篤化が観察されました。

  これらの結果から、制御性B細胞に
おいてSTIMの機能を人為的に制御すること
ができれば、多発性硬化症に対する
新たな治療法の開発につながるものと
期待されます。
---------------------------------------

>制御性B細胞への細胞外からのカルシウム
>流入が脊髄炎を抑制することを発見しました。
とのことです。

制御性B細胞ね~
Th17細胞が絡んでいるという話もありますね。

とにかく不明点が多いと言うのが現状。

Th17細胞が絡んでいると言っているのが、
こちらの研究です。
自己免疫疾患の発症を抑える
新しいメカニズムを発見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.第52回 日本神経学会学術大会報告

---------------------------------------
 NMOを抗アクアポリン4抗体で正確に診断
できるようになりましたが、
抗アクアポリン4抗体が陰性だからといって
典型的なMSとは限りません。

 MSと診断されている患者さんの中には、
まだまだ異なる病態の疾患が紛れていると
思われます。

 医王病院の高橋先生、産業医大の
岡田先生の発表などを聞いていて、典型的
でないMSの病態を明確にして、適切な治療
についてよく考えていく必要があると
改めて感じました。

 インターフェロンβは典型的なMSには
非常に有効で安全な治療法ですが、
多くの自己免疫疾患で悪化を招くおそれが
あります。

 また、インターフェロンβの効果がない
場合に、血液中に中和抗体が存在している
可能性があり、宇多野病院の田原先生の
発表によると、日本人のMS患者さんでも
欧米のMSと同じくらいの頻度で中和抗体が
みられるとのことです。

 インターフェロンβ。が効果ない場合に、
効かない病態なのか、中和抗体があるため
なのかの鑑別は非常に重要です。
 当講座では簡単にインターフェロンβ
中和抗体を測定できるシステムの確立に
向けて現在準備をしています(中島)
---------------------------------------

>NMOを抗アクアポリン4抗体で正確に診断
>できるようになりましたが、
>抗アクアポリン4抗体が陰性だから
>といって典型的なMSとは限りません。
>MSと診断されている患者さんの中には、
>まだまだ異なる病態の疾患が紛れて
>いると思われます。
とのことです。気をつけましょう。

>インターフェロンβ。が効果ない場合に、
>効かない病態なのか、中和抗体がある
>ためなのかの鑑別は非常に重要です。
>当講座では簡単にインターフェロンβ
>中和抗体を測定できるシステムの
>確立に向けて現在準備をしています
期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月6日 テルル132の検出が意味すること 小出裕章 (MBS)

6月6日 テルル132の検出が意味すること
小出裕章 (MBS)

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

詳細は、リンクを参照して下さい。
MP3での音声情報です。
聞いた方が早いので聞いてください。
下記は要約です。

---------------------------------------
・(福島原発の事故で出た放射性物質の
量について、保安院が解析し、従来とは
違う数字が出てきた。従来の37万テラ
ベクレルに対し、77万テラベクレルと
なった。どういう意味か?)

もともと安全委員会は66万テラベクレル
としていたし、評価のやり方でいくらでも
変わる。私はもっと多かったと思っている
し、海へ流れた分は分からないまま。今回
の保安院の数字は海への分を加算したもの
だが、それも過小評価だ。


・(テルル132が検出されていたことに
ついて。テルル132はどういうものか?)

 ヨウ素132の親核種。ヨウ素132は
寿命が短い。テルル132が出てくると
ヨウ素132が生み出される。テルルを
見ていればヨウ素のことが分かる。燃料棒
の被覆管が破れない限りテルルは出ない。
事故の初期に被覆管が損傷していた証拠。
被覆管のジルコニウムが水と反応する温度
が850?900度。事故の初期の段階で
その温度に達して被覆管が壊れていた。


・(保安院の西山審議官が「情報を整理
して公表する発想がなかった」と言って
いるが?)

 保安院にとっては、それこそがやらないと
いけない一番の仕事だ。


・(テルル132の検出を事故直後に公表
していれば、避難すべき人たちに対する
コメントが変わった?)

 もちろん。テルルが出るということは
ヨウ素が出るということ。ヨウ素剤などの
防護措置が早急になされなければいけな
かった。


・(これを当時発表しなかった影響は
大きいと考えるが?)

 呆れるしかない。


・(3月12日に枝野さんは会見で放射能
については測定し万全を期しており、
ヨウ素も用意していると言った。ヨウ素剤
を摂取しておかなければならなかった?)

 本当ならばそうだった。ヨウ素剤は
飲むべきときに飲まないと意味がない。


・(3月12日午前8時半にテルルを検出
し、同日午後6時に避難地域を
半径20キロに拡大した。その間に措置が
できたはず。明らかに分かっていたが
それを隠しながら政府は避難地域を拡大
したと考えられるか?)

 私はそうだと思う。日本の今の政府は
事故の規模を小さく見せようとしてきた。


・(プルトニウムが原発から1.7キロの
地点で検出された。以前は文科省の調査で
検出されたが、過去の核実験によるものと
された。今回の検出物は福島事故が原因
だと言われているがどうか?)

 詳細は不明だが、プルトニウムが今回
検出されたといっているのは私も知って
いる山本氏。彼が言うなら確かだ。


・(プルトニウム検出の意味は?)

 プルトニウムは燃料から外には出づらい
放射性物質。それが環境に出てくるほど
悪化しているということ。核燃料が相当
損傷しているということだ。


・(プルトニウムの人体への影響は?)

 プルトニウムは人間が遭遇したなかで
最も毒性の高い物質。100万分の1
グラムを吸ったら癌で死ぬほど。


・(国は過去の核実験が原因と言っている
が、それに対しては?)

 過去の大気圏内核実験は犯罪的であり
大量のプルトニウムを60年代にばら
まいた。それ自体とてつもないことで、
地球のほとんどが汚染されている。その上
に今回の福島の事故で周辺がプルトニウム
で更に汚染された。残念なことだ。
---------------------------------------

あきれますね。
>国民に示すという発想がなかった。
というのは犯罪に近い。

小出さんの説明わかりやすいですね。

既に投稿しました。
千度以上示す核物質、3月12日に
検出していた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河野太郎の指摘「日本のエネルギー政策」シリーズⅠ原子力発電

河野太郎の指摘「日本のエネルギー政策」
シリーズⅠ原子力発電

河野太郎公式サイトより

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画で説明していますのでわかりやすい。
明快です。

リンクを見て、是非、現在の政府が行って
いる電力政策がいかに間違っているのか
理解して貰いたいと思っています。

直ちに原発を止められないにしても、
運転している現状が既におかしいのです。
原発を今のシステムのまま運転し続ける
のはまったくおかしい。

河野太郎さんの言っていることは正しいと
思います。いずれ原発を廃止するにしても、
ある程度運転せざるを得ないはず。
ならば、直ちに現在のやり方は修正する
べきであると思います。

現状見えていることは、
1.高速増増殖炉は最低でも2050年まで
  実現不可能。←これは政府見解
  実は、10年立つ毎にその実現時期は
  20年先に伸びているというのが実体
  のようです。←小出裕章氏
  (京大原子炉実験所助教)によると、
  実現出来ないと思われます。
  既にこの為に2兆円以上費やした。
  さらに40年以上税金を投入する意味
  があるのだろうか?

  関連記事です。高速増殖炉の話。
  「2兆円かけた「危険な超・粗大ごみ」
  の行方
」プレジデント 2011年5.16号
  総額2兆円以上をつぎ込んだ
  「夢の原子炉」は「危険な超・
  粗大ごみ」と化す可能性も出てきた。

2.再処理工場建設もうまく行っていない
  以前投稿しました。
  「再処理工場、完成延期17回 
  使用済み核燃料たまる一方

  2兆1930億円も既に使っいます。
  いったいこのためにどの位の税金を
  投入するつもりなのでしょう?

3.プルサーマルを実施してもたったの
  一割しかウラン燃料の節約にしか
  ならない。
  燃料の枯渇期間を一割伸ばせるだけ。

こんな膨大な無駄遣いがあるでしょうか?
いちど開始した計画は止められないという
今までの政府の悪しき習慣です。
こんな馬鹿な計画が継続されている。
信じられない。
政治家も止められない。どうして?
馬鹿な政治家ばかりそろっていると
いうこと。

国民はもっと利口になって政治家を
選別していかないと駄目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

外れた東電のくびき、スマートシティは加速するか

外れた東電のくびき、スマートシティは
加速するか

2011/6/6 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 福島の原子力発電所事故で揺らいだのは、
東日本の電力供給体制だけではなさそうだ。

 発電設備などを納入する電機、
重電メーカーに対する東電の影響力も
ひとつだろう。

 「電力自由化につながる」と東電が
嫌がったとされるスマートグリッド
(次世代送電網)の国内への普及も大きく
前進する可能性がある。

 「自由化、スマートグリッドなどの言葉
を気兼ねなく人前で言えるようになった」。

 そう話すのはある大手電機メーカーの
幹部。大震災の前は「○○社の××専務が
こんなことを言っていた」と電力会社に
伝わり、会社のトップに苦情が行くことも
あったという。

 担当を変えられる人も取引先にはいた。
 それほど、電力会社は影響力を持ち、
電機メーカーなどをコントロールして
きた。電力自由化やスマートグリッドの
本格的な導入が議論されながら「なかなか
実現してこなかった理由のひとつ」と
冒頭の幹部も話す。

 だから、ということもあるだろう。
 最近、再生可能エネルギーや省電力機器
を使った環境都市、いわゆる
「スマートシティ」の計画があちこちで
進み出した。

 もちろん、日本経団連や政府が新成長戦略
に絡めて幾つもの構想を打ち出したことが
背景にはある。
 だが、そうした構想にも目に見えない形で
電力会社の圧力はあったとされ、
「納入先のくびきが取れたことが確実に
影響している」と別の関係者は言う。

以下省略

---------------------------------------

恐ろしい話です。
>担当を変えられる人も取引先にはいた。
>それほど、電力会社は影響力を持ち、
>電機メーカーなどをコントロールして
>きた。電力自由化やスマートグリッドの
>本格的な導入が議論されながら「なかなか
>実現してこなかった理由のひとつ」と
>冒頭の幹部も話す。
電力会社の影響力は絶大なんですね。
こんなことだから、再生可能エネルギーなど
増えるはずがない。

今の政治家に改革ができるのだろうか?
最近のごたごたを見ていると、
期待したいけど期待できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橘小放射線測定値報告の中断のお知らせ

橘小放射線測定値報告の中断のお知らせ
郡山市立橘小学校

---------------------------------------
先日来、本校独自で実施した校舎内及び
校庭等の放射線測定値をホームページに
掲載してまいりましたが、
インターネット等での測定値の発表は、
文部科学省や県など公的な機関が測定した
ものに限るとのことから、今週から
ホームページへの掲載は中断することと
なりました。なお、学校独自の調査は
これまでどおり継続し、数値の推移等に
ついては、学校便り等で保護者の皆様に
お知らせしてまいりますので、ご理解
いただきますようにお願いいたします。
---------------------------------------

なんともおかしな話ではないでしょうか?

政府がきちんとした情報を出さないから、
自分達で、なんとか保護者たちの不安を
和らげたいと思って実施したことに対して

>インターネット等での測定値の発表は、
>文部科学省や県など公的な機関が測定
>したものに限る
とは?

不安を煽るから不正確な情報は出すな!
と言いたいのだと思うけれど、政府の
出している情報だって怪しいもの。
測定している仕方もポイントもばらばら。
ひどいとしか言いようがない。

測定の仕方など、政府がきちんと指導
すれば良い。

測定器が信用できなければ、測定器は
政府が準備すべきもの。
できれば、対象となる全員に簡易線量計
を配布すれば良い。
そうすれば不安は大分解消できる。
そんなに莫大なお金はかからないはず。

2011/06/05に
NHKで放映されたETV特集
「続報・放射能汚染地図」では、
今まで知られていなかった高汚染地区が
存在すると、もっと詳細な調査が必要だと
言っていました。 30Km圏外に、

政府には調査する人がいないのか?
それとも知っているのだけれども、
公開しないのか?

何故、国民を信用せず不安を煽ることしか
しないのか?

理解に苦しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の校庭表土除去、費用の98%まで国費負担

福島の校庭表土除去、費用の98%まで
国費負担

2011年5月27日13時23分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 福島県内の小中学校の校庭などで
通常より高い放射線量が検出され、一部
自治体で進めている表土除去について、
高木文部科学相は27日の閣議後の
記者会見で、校庭などの放射線量が
毎時1マイクロ・シーベルト以上の
公立学校については、費用の98%まで
国費で負担する方針を明らかにした。

 文科省は当初、表土除去は不要との立場
だったが、各自治体は独自判断で除去工事
に踏み切っており、国に財政支援を求めて
いた。

 高木文科相は、「できるだけ不安を
減らし、安心してもらうための措置」
と述べた。

 また、鈴木寛副大臣は「できるだけ
(年間積算線量の)1ミリ・シーベルト
以下を目指す」と述べた。
---------------------------------------

文句を2つ言いたい。
1つ

>「できるだけ(年間積算線量の)
>1ミリ・シーベルト以下を目指す」
当たり前のこと、
できるだけという言葉が気に入らないが
とにかく目指してください。

2つ
校庭表土除去の費用は汚染させた
事業者が負担すべきこと。
何故国が負担するのか?
国が負担するということは税金。
税金ということは国民の負担。
どうして国民が負担しなくてはいけない
のか? 理解できない。

責任は明確に東電にある。
総ての警告を無視してきた東電にある。
何故東電に責任をとらせないのか?
政府は東電に一義的な責任があると
言ってきたではないか?
人災であると、

確かに原発を推進してきた責任は国に
ある。だが、その責任の取り方は、
こんな形ではないはず。

原因を広く追求し、二度とこのような
事故は起こさないこと。
その為にどう国としての政策を修正して
いくか、未来ある国を再建するために
こそ、税金は使うべきだと思う。
電力政策の転換が必要でしょう。
再生可能エネルギーの比率も上げて
いかないといけない。
それこそ、化石燃料は枯渇する。
炭酸ガスもでる。

政府には大いに反省して貰いたい。

人間は不完全です。ミスを犯す。
人間が作り運転している限り破局的な
事故が起こる可能性は少ないけれども
あると想定すべきだったのに
何重もの安全を保証する壁があるから
想定しなくても良いという、いわゆる
「想定不適当」なる言葉を考え出して
無視してきたのが今まで、

絶対安全だというのであれば、原発は
電力をもっとも必要とする大都市の
近くに作るべきです。
遠くから電力を運んでくれば、当然
損失がでる。デメリットがある。
でも都市の近くには作らせないという
法律を作った。
危険であるということを想定して
いたからです。

ある場面では「想定不適当」と言い
ある場面では「危険」を想定する。
あまりに恣意的ではありませんか?
反省してください。

改善するためにこそ、将来の為にこそ
税金は使うべきで校庭表土除去の費用
などに使うべきではない。
国の責任の取り方としてどうすべき
なのか善く善く考えて頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

生体情報だけで100万人の中から2秒で本人を特定 - 富士通研究所が開発

生体情報だけで100万人の中から2秒で
本人を特定 - 富士通研究所が開発

2011/06/01 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富士通研究所は、手のひら静脈情報と
指3本の指紋情報だけで、100万人規模の
データの中から特定の個人を2秒以内に特定
する技術を世界で初めて開発したと
発表した。すでに、実用化できるレベルに
あるという。

 指紋認証や手のひら静脈認証は、PCや銀行
のATMなどですでに実現されているが、
これらは事前にユーザーIDや口座番号を
使ってユーザーを特定した上で、本人データ
と照合する1:1認証。

 一方、富士通研究所が開発した技術は、
こういった個人を特定する情報を利用せず、
生体情報のみで認証する1:N認証だ。
 そのため、IDカードや預金通帳といった
ものが必要なく、体一つで本人を特定
できる。

 富士通研究所 フェロー 松田喜一氏は、
声紋、顔、署名、光彩といった数ある
生体認証の中で、指紋と静脈を選択した
理由として、認証精度が高く、利用が簡単
な点を挙げる。

 また、2つの情報を利用することで、
精度を上げられる一方、センサーどうし
が干渉しないというメリットもあるという。

 今回の認証システムは、3指による
指紋情報と手のひら静脈情報を、新たに
開発した読み取り装置により一度の操作で
取得し、複数サーバで並列処理することに
より認証2秒以内を実現している。

 同社では、高速化と認証精度向上のため、
「手のひら静脈と3指の指紋のデータを
同時に安定取得する技術」、
「識別対象数を高速に絞り込む技術」、
「手のひら静脈と複数指紋の融合で特定の
1人を正確かつ安定に識別する技術」、
「識別処理の並列効果を高める技術」
という新たに4つの技術を開発した。

 「手のひら静脈と3指の指紋のデータを
同時に安定取得する技術」では、手のひら
静脈の高速撮影の開発で蓄積したノウハウ
などにより、手のひらを一度かざす一連の
動作の中で手のひら静脈と指紋の情報を
安定に取得する技術を開発。

 「識別対象数を高速に絞り込む技術」
では、手のひら静脈と3つの指紋から
合わせて4つの絞り込み用特徴情報を抽出
し、100万人から1万人までの絞り込みを
0.1秒以内に行っている。
 これは比較的処理の軽い数値だけで
行える演算処理によって絞り込みを行って
いるため高速化できるという。

 「手のひら静脈と複数指紋の融合で
特定の1人を正確かつ安定に識別する技術」
では」、1/100まで絞り込んだデータを対象
に、手のひらと3つの指紋の識別結果を
合わせて判定することにより、正確かつ
安定に1人を特定する融合判定技術を開発
したという。

 そして、「識別処理の並列効果を高める
技術」では、識別処理を複数のサーバで
並列して行う技術を開発した。
 この技術では、識別すべき人数に応じて
識別処理を行うサーバ数を増減させること
も可能で、クラウド環境での利用に適して
いるという。

 富士通研究所 ソフトウェアシステム
研究所 主管研究員の新崎卓氏によれば、
生体情報だけで100万人の中から一人を
特定する場合、これまでの技術であれば
数10分必要だと語る。

 同社では、1万人まで絞り込む技術の
精度を上げ、2011年度中には1000万人規模
の認証を可能にする予定で、今後は
1億人規模の認証を目指すという。

 富士通研究所 代表取締役社長
富田達夫氏は、同社が開発した技術の利用
について、「食、環境、エネルギー、
健康など、実世界には多くの情報があるが、
現在のICTではこれらの情報の取得がまだ
不十分で、単なる情報の検索ということに
留まっている。
 ただ、今後センサーが発達すれば、
さまざまな情報があふれ、情報過多に
なってしまい、いろいろな行動を抑制する
ことになる。
 我々は、人間が行動する中で得られる
さまざまな情報をICTに取り込み、単なる
情報ということではなく、価値、知識として
実社会に返し、知的社会を実現することを
目指しており、それが富士通のビジョンだ」
と述べた。


009
 富士通が新たに開発した、3指の指紋情報
と手のひら静脈情報を一度の操作で取得する
読み取り装置
---------------------------------------

「生体情報だけで100万人の中から2秒で
本人を特定 」って凄いですね。

現在銀行などで実施している認証システム
よりずっと使いやすいように思えます。

現在の住民基本台帳カードなどの個人認証
システムは複雑すぎて使いにくい。
もっと使いやすいものでないと普及しない
と思う。

富士通のこのシステムは使えそう。
期待したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAIST、動物の細胞が自律的に集まり器官を形成していることを解明

NAIST、動物の細胞が自律的に集まり
器官を形成していることを解明

2011/06/02 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)
バイオサイエンス研究科 遺伝子発現制御
研究室の松井貴輝助教の研究グループは、
小型の熱帯魚「ゼブラフィッシュ」を
モデル動物として用い、器官の立体構造が
形成される際、細胞群の自律的な集合が
"ひきがね"になることを明らかにした。

 同成果は、5月31日に「Proceedings of
the National Academy of Sciences of
the United States of America
(PNAS:米国科学アカデミー紀要)の速報版
に掲載された。

 生物の器官を構成する細胞群(細胞の集団)
は、球状に集まったり、層状に重なったり、
立体的に配置されることで適切に機能する。

 しかし、細胞が集合し、その集合体を維持
しようとする場合には、個々の細胞が勝手に
移動してしまうと都合が悪くなるため、
こうした細胞が、いつ動き、だれと結合し、
その後、動かなくなるのかなどが、
どのような仕組みで効率的に決定されるのか
は謎であった。

 生物の器官の配置は体内に効率よく収める
ため、左右対称ではない。
 研究グループは、ゼブラフィッシュの
左右非対称の配置を決める器官である
クッペル胞(KV:Kupffer's vesicle)に着目。

 発生の初期にKVの前駆細胞が細胞集団
(クラスター)を形成することにより発生
するが、このクラスタ形成のメカニズムは
不明であった。

 研究グループでは、繊維芽細胞増殖因子
(FGF)を活性化する正の制御因子「Canopy1」
がKV前駆細胞の中でFGFシグナルを調節して
いることを発見。

 FGFシグナルが接着因子カドヘリン1の産生
を誘導することでクラスタがバラバラに
ならず、構造を維持していることを突き
止めた。

 さらに詳細な機能解析を行った結果、
FGFの働きを推進するCanopy1を介した
ポジティブフィードバックループが、
細胞同士を接着して集団をつくる因子
「カドヘリン1(Cadherin1)」の産生を
促し、KV前駆細胞のクラスタ形成を自律的
に引き起こすことを明らかにした。

 この回路は、一度オンになると、入力
(FGF)がある限りずっとシグナルを活性化
しつづけることができるため、安定して
カドヘリン1を供給することができる。

 左脳は論理的、右脳は直感的思考を行う
など、生物のからだに左右差があることは
良く知られているが、この左右差は、
発生過程に厳密に制御されており、
ゼブラフィッシュのKV細胞には、シリアと
呼ばれる短い繊毛があり、それを反時計
まわりに回転させることで、ノード流と
呼ばれる水流をつくり、その流れに乗って
右と左にシグナルの差を作り出している。

 FGFシグナルを阻害したゼブラフィッシュ
胚では、KV前駆細胞のクラスタが分散して
しまい、KVの形成不全、シリアの形成異常が
引き起こされる。
 この状況では、ノード流が発生せずに、
左右差情報の伝達がかく乱されるため、
心臓のループが逆になるなどの異常が観察
された。
 この結果、KV前駆細胞のクラスタ形成は、
その後に続く、KVの立体構造(器官)の構築
と機能の獲得に不可欠なプロセスであること
が示されたこととなる。

 なお、研究グループでは、今回の研究で
明らかにされたメカニズムについて、
今後のES細胞やiPS細胞から器官を創成する
再生医療の技術開発にも役立つ可能性がある
としている。
---------------------------------------

難しいです。
>今後のES細胞やiPS細胞から器官を
>創成する再生医療の技術開発にも
>役立つ可能性がある
とのことです。

生物の器官が出来ていく仕組みの一端が
わかったということですね。

とにかく複雑ですから、まだまだ先は
長いと思いますが、期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bリンパ球の免疫応答の様子をリアルタイムで可視化

Bリンパ球の免疫応答の様子を
リアルタイムで可視化
-転写因子「Bcl6」を追跡、細胞分化
の場所と細胞移動経路を特定

平成23年6月3日 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 免疫機能に重要なBリンパ球やその手助け
をするTリンパ球は、細菌やウイルスなど
の外敵を根絶する抗体を長期に渡って
作り出す免疫反応(胚中心反応)を起こし、
生体を防御することが知られています。

 しかし、胚中心反応を担うBリンパ球や
Tリンパ球の細胞分化がいつ、
どこで起こり、どのように胚中心に移動
するのかは、これまで明らかになって
いませんでした。

 免疫・アレルギー科学総合研究センター
免疫細胞動態研究ユニットらの共同研究
グループは、胚中心反応を行うための
細胞分化の場所を特定し、胚中心に移動
するBリンパ球や、その働きを助ける
Tリンパ球の様子をリアルタイムに可視化
することに世界で初めて成功しました。

 研究グループは、胚中心反応に必須な
転写因子であるBcl6に注目、組織切片の
観察などによってBcl6の発現の詳細な
追跡を行いました。

 さらに、Bcl6機能が欠損したBリンパ球
と正常なBリンパ球の細胞移動の違いを、
二光子励起レーザー顕微鏡を使った
生体ライブイメージングで明らかに
しました。

 その結果、Bリンパ球は胚中心の外側に
ある濾胞外縁部でBcl6の発現を開始、
この発現によって胚中心へ移動することが
分かりました。
 さらに、Tリンパ球も同様に解析した
結果、 Bcl6の発現が上昇して細胞分化
した後、徐々に低下し、免疫記憶を
つかさどるメモリーT細胞に似た増殖停止
などの特徴を備え始めることも明らかに
しました。
 これらの成果から、抗体の長期産生や
免疫記憶形成を促進させる新しいワクチン
の開発につながると期待できます。

リリース本文(詳細)へ
---------------------------------------

一度麻疹にかかると二度とかからないと
言われている反応。
>外敵を根絶する抗体を長期に渡って
>作り出す免疫反応(胚中心反応)
のことですが、その詳細は明らかでは
無かった。

その様子をリアルタイムで見ることが
できるようになった。

>抗体の長期産生や免疫記憶形成を
>促進させる新しいワクチンの開発に
>つながると期待できます。
良いですね。
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんの死細胞で、腫瘍ワクチンが実現するか

がんの死細胞で、腫瘍ワクチンが実現するか
03 June 2011 RIKEN Research Highlights

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
-リンパ節内に存在する特殊な免疫細胞に
がんの死細胞を送り込むことで、腫瘍に
対する免疫を活性化できる可能性があり、
新たな腫瘍ワクチンにつながると期待
される-

 免疫系は人体に脅威となる細菌や
ウイルスなどを効率的に除去できるため、
同様の防御機構でがんを狙い撃つ戦略の
開発に大きな期待がかかる。
 しかし、免疫系が悪性腫瘍を認識できる
ようにするために、腫瘍由来の抗原を
免疫系に提示するワクチンを静脈注射する
試みは、これまで十分に行われて
いなかった。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究
センター(神奈川県横浜市)の田中正人
チームリーダー率いる自然免疫研究チーム
の浅野謙一研究員によれば、こうした試み
がうまくいかない原因は、自己免疫疾患を
防ぐ「寛容」メカニズムの存在にあるのだ
という。

 「ヒトでは、毎日、数十億個の細胞が
死滅していますが、細胞の残骸は有害な
作用を引き起こしかねません。
 このため、身体から速やかに除去する
必要があります」と浅野研究員は説明
する。この「寛容」メカニズムでは、脾臓
のマクロファージ細胞が、食作用
(ファゴサイトーシス)として知られる
過程で細胞の残骸を取り込んで体内の掃除
を行い、死細胞によって引き起こされる
炎症反応が防がれている。

 一方、皮下注射でリンパ系内へ腫瘍細胞
を注入すると、強い免疫反応を
引き起こせることがわかっている。
 ただし、食細胞が効果的な免疫反応を
引き起こすためには、死細胞の残骸を、
腫瘍を死滅へと導く細胞傷害性T細胞(CTL)
に認識できる形で提示しなければ
ならない。研究グループは今回、この任務
を遂行する非常に特異なマクロファージ群
を、リンパ節内に発見した1。

 これらのマクロファージは、細胞表面
タンパク質CD169の発現によって区別する
ことができる。
 これらは非移動性で、リンパ節の入り口
にあたるリンパ洞内に安定的に存在し、
あたかも巣で獲物を待つクモのように、
リンパの流れに乗ってやってくる死細胞を
待ち構えている。
 がんの死細胞はリンパ洞へ輸送されて
くると、このマクロファージ群によって
速やかに消化され(図1)、その結果
として生じた抗原がCTLに対して交差提示
される。
 さらに、ジフテリア毒素を用いてこれら
のマクロファージを選択的に死滅させると、
実質的に免疫反応の作動を阻害できた。
 「CD169陽性マクロファージが存在しない
場合、腫瘍を標的とするT細胞は活性化
されませんでした。

 つまり、これらの細胞は、腫瘍細胞の
死によって生じる抗腫瘍免疫を担っている
と考えられます」と浅野研究員は語る。

 今回得られた知見は、放射線照射や
化学療法によって腫瘍から剥がれ落ちて
リンパ系へと流れ込んだ死細胞が、なぜ
免疫反応を十分に引き起こす場合がある
のかを解明するのに役立ち、さらに有効な
がん免疫療法戦略の基盤になると
考えられる。

 「固形腫瘍患者で、腫瘍抗原をCD169陽性
マクロファージに選択的に送り込んで
抗腫瘍免疫を誘導する方法は、がん治療に
とって非常に有望だと思います。
 私の夢は、患者へ投与しても安全な、
死細胞の特徴を備えた人工材料を開発する
ことです」と浅野研究員は語っている。
---------------------------------------

なかなか有望そうです。

「免疫寛容」これがないとこまったことに
なる。
必要以上に免疫反応を起こして自滅する
のを防ぐシステムです。

がんの死細胞にまで必要以上に免疫反応を
起こすのも考えものです。
でも、そのがんをやっつけるためには、
免疫システムが働くようにしたい。

>この任務を遂行する非常に特異な
>マクロファージ群を、リンパ節内に発見
>した。
こういうシステムも持っているということ
ですね。

>有効ながん免疫療法戦略の基盤になると
>考えられる。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

高濃度汚染水の放射能量、72万テラ・ベクレル

高濃度汚染水の放射能量、
72万テラ・ベクレル

2011年6月3日21時53分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力は3日、福島第一原子力発電所
の原子炉建屋などにたまった
計10万5100トンの高濃度汚染水
について、含まれる放射能量が
約72万テラ・ベクレル(テラは1兆倍)
に上ると発表した。

 同原発で1年間に放出が許されている量
の約300万倍にあたる。

 東電では、1~3号機の原子炉に現在の
ペースで注水し続けると、こうした汚染水
の水位が上昇して、20日にも地表へ
あふれ出す恐れがあると推測した。

 15日までに汚染水処理施設を稼働
させて流出を防ぐ方針だが、大雨が
降ると、あふれる時期が早まる可能性が
ある。梅雨の季節を迎え、汚染水処理問題
は、時間との勝負という様相を強めている。
---------------------------------------

>同原発で1年間に放出が許されている量
>の約300万倍にあたる。
唖然とする量。
上手く処理できるんでしょうね?
当たり前と言えば、当たり前なんです
けどね。
なにせ扱っていたウランの量は莫大。

綱渡りも良いところ。

上手く処理出来たとして処理して取り
出した高放射性廃棄物は一体どこに
持って行くんでしょうか?

原発はクリーンとは程遠いと言わざるを
得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千度以上示す核物質、3月12日に検出していた

千度以上示す核物質、3月12日に検出
していた

2011年6月3日23時09分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東電福島第一原発から約6キロ離れた
福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が
1000度以上の高温になったことを示す
放射性物質が検出されていたことが
分かった。

 経済産業省原子力安全・保安院が3日、
発表した。

 検出された物質は「テルル132」で、
大気中のちりに含まれていた。

 原発から約38キロ離れた同県川俣町
では3月15日、雑草から1キロ・グラム
当たり123万ベクレルと高濃度の
放射性ヨウ素131も検出されていた。

 事故発生から2か月以上たっての公表で、
保安院の西山英彦審議官は「隠す意図は
なかったが、国民に示すという発想が
なかった。反省したい」と釈明した。

 テルルの検出は、1号機から放射性物質
を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前
だった。
---------------------------------------

>事故発生から2か月以上たっての公表で、
>保安院の西山英彦審議官は「隠す意図は
>なかったが、国民に示すという発想が
>なかった。反省したい」
あきれてものが言えない。
国民を馬鹿にするにもほどがある。

即刻、懲戒免職ではないのですか?
こんなことが許されて良いんですか?

発表すれば直ちに、その時点で核燃料が
高温になっていたことがばれるから
発表しなかっただけのこと。

メルトダウンしていたことは発表済み。
なので隠しておく必要がなくなっただけ。

原子力安全・保安院は、早い時点で
メルトダウンしていたことを知っていた
のに隠していた。許せない。

国民を危険にさらしたということでは
ないのですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁力抵抗「ゼロ」の発電機?

磁力抵抗「ゼロ」の発電機?
2011年06月01日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 滋賀県草津市の平松敬司さん (72) が、
発電機を回す時に生じる磁石の抵抗を大幅に
軽減させる仕組みを発案し、解析した
京都大学の中村武恒准教授らが 2011 年
春季低温工学・超電導学会で発表した
(京都新聞の記事) 。

 簡易な構造だが誰も試みなかった
「コロンブスの卵」的発想で発電装置の
簡略化が見込め、電気自動車や風力発電
などへの応用に期待も高まっているという。

 大会発表原稿 PDF の 2A-a04 を読むと、
今回の発表は空間位相調整法による
コギングトルクの低減を有限要素法解析
したもので、位相をずらして発電機を
8 連結した際のコギングトルクは 1 台分
の発電機のコギングトルクで正規化すると、
ほぼ 0 になるという結果のようだ。

 また誘導起電力波形が改善されることも
示されている。
---------------------------------------

良さそうな発案ですね。
>簡易な構造だが誰も試みなかった
>「コロンブスの卵」的発想
素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーは万能の健康食品?数々の裏付け研究が明らかに

コーヒーは万能の健康食品?
数々の裏付け研究が明らかに

2011年05月31日 スゴモリ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 子供の頃にコーヒーを飲ませてもらえ
なかった経験のある人は、少なくない
だろう。そのせいか、大人になってからも、
コーヒーをガブ飲みすることに抵抗感を
感じる人もいるかもしれない。

 しかし、最新の研究によれば、コーヒー
は飲めば飲むほど「効く」らしい。

 まずは、米・ハーバード公衆衛生大学院
のKathryn Wilson氏らによって、
5月17日付の『Journal of the National
Cancer Institute』オンライン速報版に
掲載された論文によれば、1日に1-3杯の
コーヒーを飲む男性は、前立腺がんになる
リスクが30%減るという。

 じゃあ、6杯飲んだら60%低下するの
かって?

 驚くべきことにそうらしいのだ。
 ただ毎日6杯というのは、少々きついかも
しれない。

 この研究の調査対象となった48,000人の
男性の中でもわずか5%の人しか、その量を
こなせていないのだ。
 また、たとえこなせたとしても、毎日6杯
のコーヒーすべてに砂糖を入れるのは、
やめた方がいいかもしれない。
 前立腺がんは防げても、肥満になって
しまう恐れがあるからだ。
 では、インスタントコーヒーと
レギュラーコーヒーでは、効果に差が
あるのだろうか?
 残念ながら、論文はこの問いには答えて
はいない。
 というのも被験者のほとんどが
インスタントコーヒーは飲んでいなかった
からだ。

 そろそろ女性からは文句が出そうだ。
 コーヒーの恩恵にあずかれるのは男性
だけなのかと。
 そんなことはないのだが、切れ味は男性
ほどすっきりしない。
 スウェーデン・カロリンスカ研究所の
Jingmei Li氏らが、5月14日付けで
『Breast Cancer Research』に発表した
論文(購読無料)によれば、1日に5杯以上
のコーヒーを飲む女性は、たった1杯しか
飲まない女性と比べて、乳がんに罹る
リスクが55%低下するらしい。
 ただ、この乳がんというのが、
エストロゲン(女性ホルモン)非依存性の
乳がんといって、依存性の乳がんと比べて
一般的ではないのが残念なところだ。

 では、コーヒーはどのようなメカニズム
で効いているのだろう?
 少なくともカフェインは関係ないようだ。
 だから、デカフェでも十分に効く。
 先のWilson氏によれば、コーヒーのもつ
抗酸化作用が、効き目の主役らしい。
 さらに、コーヒーは、インスリンの作用
を改善し、それによっても抗がん作用を
もたらすのだという。
 コーヒーには、最近明らかになった上記
の効能以外にも、パーキンソン病、脳卒中、
胆石、大腸がん、肝臓病などの予防にも
効き目があるらしい。
 まさに万能の健康食品ではないか。
 早速今日から1日コーヒー6杯だ!
---------------------------------------

今までにも、同様の記事が沢山出て
いますね。これだけ出るということは、
信じて良いと思われます。

私も、今日から1日コーヒー6杯は無理
だからせめて「一杯のコーヒーから~」
ということにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助けたい一心、医師指示なき救命士行為を懲戒

助けたい一心、医師指示なき救命士行為を
懲戒

2011年6月2日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 茨城県石岡市消防本部は、勤務時間外に
医師の指示を受けずに救命処置をした
として石岡消防署に所属する救急救命士の
男性消防司令(54)を5月31日付で
停職6か月の懲戒処分、監督責任を問い
鈴木徳松消防長、同署長ら5人を訓告処分
とした。

 男性は同日、依願退職した。

 同本部によると、男性は休日だった
4月14日午後、静岡県内の東名高速道路
を走行中、大型トラックが停車中の
清掃車両に追突する事故に遭遇した。

 トラック運転手が「胸あたりが痛い」
などと訴えたため、ハンドルで胸部を強打
し、重症の恐れがあると判断。
 その後、所持していた注射器などを使い、
運転手に静脈路確保の救命処置を行った。
 男性は一連の行為を同日中に上司に報告
した。

 運転手は地元の救急隊によって病院に
搬送され、その日に帰宅したという。

 男性は東日本大震災を受け、「万が一、
必要になるかもしれない」と救命備品を
消防署から持ち出し、私用車に積んでいた。

 同本部では、業務外の救命行為が
関係法規に抵触する可能性があると判断し、
処分を決めた。

 男性は「法に抵触することは知っていた
が、助けたい一心でやってしまった」と
話しているという。

 鈴木消防長は「人命救助を目的とした
行動であっても誠に遺憾。
 備品管理の徹底と救急救命士の再教育
を図りたい」とコメントした。
---------------------------------------

法律違反を冒したのだから、なにかしらの
処分をしなくてはいけないにしても
「人を救いたい」というこの心を無視して
良いのでしょうか? 尊いものだと思う。

法律で決められていることだからと言って、
今回のことは結果から見れば、命に関わる
ものではなかったようですが、例えば、
明らかに、瀕死の状態の人が目の前に
いて、それでも、放置するのが正しい行い
なのでしょうか?

私は、今回の処分は重すぎるように思う。

医師の指示を受けずに救命処置が行えない
という今の法律の方が硬直した考えの
ように思う。救える命があるかも知れない
のにそれを放置する。良いのでしょうか?

責任の所在問題も含めてもっと議論を
深める必要のある事柄だと思う。

ナースプラクティショナー(NP)の件
も同様の問題をはらんでいると考えて
います。

なんでも、医師が責任を抱え込むのは
おかしいのでは?

自分の領域を侵されたくないというのが
本心なのでは? と勘ぐりたくなる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPad用高精度パネルを亀山工場が年内にも製造開始

iPad用高精度パネルを亀山工場が年内にも
製造開始

2011.06.02 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
110602sharpkame


つまり...。iPad3なんですか?

 あんな噂、こんな噂、試作の話とかiPad3
の噂は絶えません。

 そんな中、シャープの亀山モデルで
有名な亀山第2工場が本格的に中小型液晶
工場にシフトするみたいです。

 どうやら米アップルから「iPad」用の
高精細パネルの受注があったらしく、年内
にも量産を開始だそうで...。

 しかしこんな話を聞いたらなんか期待
してしまうよぉ...。
 まぁ震災による在庫不足の為かも
しれませんしね?。

 シャープ、亀山を中小型液晶工場に、
アップル向け拡大[日本経済新聞]
 シャープ、亀山第2工場でiPad用高精細
パネルを年内にも製造開始
[MACお宝鑑定団]
[亀山工場]
---------------------------------------

iPad3用の液晶パネル製造をするかどうかは
良く分かりませんが、テレビ用の液晶パネル
ではなく、中小型液晶工場にシフトする
というのは確からしいようです。

こんな記事がでてます。
“勝っても赤字”の市場では戦わない、
シャープが液晶事業の構造改革

2011年06月03日
>価格下落が著しい20~40インチ台の
>テレビ用大型液晶パネル生産からの
>脱却を図る方針を示した。
足りなくなる30~40インチ台の液晶パネル
については、技術供与した中国や台湾の
メーカーから調達するとのことで、
代わりに60インチ以上の大型液晶パネルの
増産だそうです。

>新素材「IGZO」(イグゾー)を採用した
>液晶を生産する。IGZO液晶は、高精細
>かつ従来の数分の1という超低消費電力が
>特長で、主にタブレット端末に使用する
>ことを想定している。
これはスマートフォンもターゲットとした
ものなのでしょうか?

それとも、
>亀山第1工場では、300ppiという
>超高精細液晶パネルを生産する
>計画だ。
がそうなのかな?

>2011年度後半から段階的にテレビ用液晶
>からIGZOへの転換を図っていく。
と言ってますから、製品に搭載されて出て
来るのは早くて2012年前半かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

元シャープ「ミスター・ソーラー」が第2の挑戦

元シャープ「ミスター・ソーラー」が
第2の挑戦 面積効率が2倍
「集光型太陽光発電システム」

2011年6月2日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「原子力発電の代替エネルギーとして、
ここで一気に、太陽光発電システムの普及
を加速させたい。
 これは私の責務でもある」。

 こう語るのは、太陽光発電業界で
「ミスター・ソーラー」との異名を
持つ男、富田孝司氏だ。

 彼は、2009年8月、
東京大学エッジキャピタルからの出資援助
を受け、
スマートソーラーインターナショナル
というベンチャー企業を設立。

 現在、代表取締役として、高変換効率で
低コスト、大規模展開が可能な、新型の
太陽光発電システムの開発に全精力を
注いでいる。

 現在、富田氏は、東京大学先端科学技術
研究センター超高効率太陽電池分野の
特任教授も務めており、今回、富田氏が
生産、販売を開始する新型の太陽光発電
システムは、先端科学技術研究センター
との共同研究によるものだ。

 最大の特徴は、単位面積当たりの発電量
が、既存の結晶シリコン太陽光発電
システムに比べて約2倍と多く、世界最高
水準である。

 「仮に、発電能力の不足分を、すべて
既存の結晶シリコン太陽光発電システムで
まかなうとすると、160ギガ~180ギガワット
の発電能力が必要となる。

 一方、現在、国内の太陽電池メーカーの
全生産能力はたった2ギガワットしかない。
 これを10年後に、80倍や90倍にするのは、
現実的ではない」。富田氏はこう説明する。

 また、仮に、既存の結晶シリコン太陽光
発電システムの国内における生産能力が、
今の100倍になったとしても、今度は別の
問題が浮上する。

 太陽電池パネルの材料となる高純度
シリコンや透明電極の材料となる
インジウムなどのレアメタルに関する
資源外交リスクだ。

 現在、太陽電池パネルに使われている
高純度シリコンの調達は、珪石の発掘から
精製までほぼ100%海外に依存している。

 そして、その9割以上を中国に頼っている
のが現状だ。

 今後、世界的な需要が拡大すれば、中国
からの輸出制限や価格高騰といったリスク
は、一層高まることになるだろう。

 「このような状況を回避するには、
エネルギー変換効率の向上と発電量の増大
が不可欠で、そのための革新技術を是が非
でも開発しなければならないと考えた」
と富田氏はいう。

 そこで、富田氏は、先端科学技術研究
センターと共同で、変換効率の向上と
発電量の増大を目標に、新型の太陽光発電
システムの研究開発に取り組むことにした。

 そして、今回、実用化させたのが、
「追尾集光型太陽光発電システム」である。

 同システムの技術的なポイントは3つだ。

 追尾集光技術、冷却技術、そして、
セルの多層化技術である。
 セルとは、数センチ角の太陽電池の板
のことで、これを数十枚並べたものを
モジュールと呼ぶ。

 追尾集光技術とは、その名の通り、
太陽光を追尾し集光する技術のことだ。
 富田氏は、太陽の動きに合わせて反射鏡
を動かして、太陽電池パネルに常に多くの
太陽光が当たるようにした。
 また、反射鏡を使うので、モジュールは
必ずしもパネル状である必要がない。
 そこで集光効率が高い棒状にした。

 その結果、従来の固定式の結晶シリコン
太陽電池パネルに比べて、5~10倍の太陽光
を当てられるようになり、発電量も約25%
向上した。
 しかも、シリコンなど材料の使用量を
4分の1~10分の1に抑えることができた。
 これにより、製造コストや資源リスクの
低減が可能となった。

 太陽光の入射量が10倍になれば、発電量
も10倍になりそうなものだが、そう単純
にはいかない。
 なぜなら、結晶シリコンは熱に弱く、
太陽熱によるセルの温度上昇に伴い、
エネルギー変換効率は、約40度をピークに、
急速に低下してしまうからだ。

 そこで、富田氏が新たに開発したのが、
2つ目のポイントである冷却技術だ。

 仕組みは簡単だ。
 まず、チューブ状の容器に棒状の太陽電池
モジュールと冷媒を入れて、両端を閉じる。
 太陽熱によって太陽電池モジュールの
温度が上昇すると、チューブ内の冷媒が
太陽電池モジュールから熱を奪って気化
する。その気化熱によって、太陽電池
モジュールが冷やされるのだ。

 一方、気化した冷媒は、別の場所に移る
ようになっている。
 そこで冷媒は熱を放出して液体に戻る。
その結果、冷媒の体積が減り、空気圧が
下がる。これがポンプの役割を果たし、
冷媒が自動的に循環する。
 これにより太陽電池モジュールの過熱を
防ぎ、エネルギー変換効率の低下を防ぐ
ことに成功した。

 さらに、エネルギー変換効率を高める
ため、富田氏は、先端科学技術研究センター
と共同で、3つ目のポイントとなるセルの
多層化技術を開発した。

 現在、一般的な結晶シリコン太陽電池の
エネルギー変換効率は15%程度しかなく、
変換効率の向上が重要課題となっている。

 その主な要因は、シリコンだけでは太陽光
の広い波長域にわたって存在している
光エネルギーのうちのごく一部しか使うこと
ができないことにある。

 そこで、富田氏らは、短い波長、中くらい
の波長、長い波長を吸収する半導体でできた
それぞれのセルを組み合わせて多層化できる
ようにした。
 その結果、幅広い波長域の光を電気に
変換できるようになり、エネルギー変換
効率を、約20%にまで高めることに成功
した。

 「このシステムは大規模展開に適した
仕様になっている。
 発電量の多さを武器に、東日本大震災に
伴う電力不足分をできる限り補って
いきたい」と富田氏は意気込む。

 また、2014年には、本格的な海外展開を
図っていく計画だ。
 高温に強い同システムの強みを生かし、
インドやバングラディッシュ、
サウジアラビアなど、日射量が多い
「サンベルト」と呼ばれる地域を中心に
売り込み、自らで発電事業を手がけること
も計画している。
 「2018年に世界最大の太陽光発電事業者
になること」。これが富田氏の目標である。
---------------------------------------

>現在、国内の太陽電池メーカーの
>全生産能力はたった2ギガワットしか
>ない。これを10年後に、80倍や90倍に
>するのは、現実的ではない。
そう思います。
2ギガワットしかないとは知りません
でした。

>現在、太陽電池パネルに使われている
>高純度シリコンの調達は、珪石の発掘
>から精製までほぼ100%海外に依存して
>いる。そして、その9割以上を中国に
>頼っているのが現状だ。
>今後、世界的な需要が拡大すれば、
>中国からの輸出制限や価格高騰といった
>リスクは、一層高まることになるだろう。

>「このような状況を回避するには、
>エネルギー変換効率の向上と発電量の
>増大が不可欠で、そのための革新技術を
>是が非でも開発しなければならない
>と考えた」
同感です。
是非、その目標を達成して頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京大学と理化学研究所のチームが、分化した神経細胞のDNAメチル化のパターンは個人ごとに異なることを証明

東京大学と理化学研究所のチームが、
分化した神経細胞のDNAメチル化の
パターンは個人ごとに異なることを証明

2011年05月25日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 エピジェネティックスの一つとして
DNAのメチル化が遺伝子発現を抑止すること
が知られています。

 発生分化の過程でDNAそのものが組み
変わるのは抗体(B細胞受容体)と
T細胞状態ですが、多くの場合、細胞分化は
ゲノムDNA配列の変化ではなく、DNAや
ヒストンが化学修飾を受けて遺伝子発現が
エピジェネティックスにより調節された
結果です。

 抗体遺伝子の解析でノーベル賞を受賞
した利根川教授が、神経の研究に転換した
のも、神経細胞の高度な分化は、抗体分子
のようにDNA配列の変化を伴っているかも
知れないという疑問からでした。

 今では、神経細胞の分化は
エピジェネティクスが主役であることが
確定しており、ロマンチックなDNA組み換え
による神経細胞分化説は影を潜めています。

 東京大学と理化学研究所のチームが、
神経細胞のみのエピジェネティックスの
パターンを詳細に解析したところ、分化
した神経細胞のDNAメチル化のパターンは
個人ごとにかなり異なることを証明
いたしました。

 24人の死後脳から抽出した細胞核を、
神経細胞特異的なたんぱく質を手がかりに
精製し、バイサルファイト・シーケンスで
解析しました。
 この結果、今まで脳神経特異的な
DNAメチル化パターンといわれていのは、
脳細胞で圧倒的な数を占めている
グリア細胞など非神経細胞のパターンと
ほぼ一致し、神経細胞とは異なる
DNAメチル化のパターンであることが
分かりました。

 これは、神経細胞と非神経細胞の分化の
差で説明できるのですが、実は困ったこと
がこの実験データには含まれていました。

 神経細胞はDNAメチル化のパターンが
大きくばらついたのです。

 研究チームは24人それぞれの
DNAメチル化パーターンを比べたところ、
神経細胞では非神経細胞に比べてあきらかに
個人と残り23人との相関係数が小さかった
のです。

 これは即ち、神経細胞といっても個人
ごとにDNAメチル化のパターンが異なる
ことを意味しています。

 神経細胞のネットワークのパターンの
個人差に加えて、個人の脳神経を構成する
神経細胞の個人差があるということです。

 この差がネットワークの多様性に影響
しているのかも知れません。

 これが個性なのか?
 あるいは脳神経の機能分化の個体差
なのか(個性と同じか)?

 とても興味あるデータです。
 DNAメチル化や脱メチル化は環境要因に
よっても起こります。
 ライフスタイルや経験が神経の
DNAメチル化パターンをどう変え、それが
その個人の思考や正確、情動などにどう
影響を与えるのか?
 極めて重要な出発点となる研究であると
思います。

 同グループは精神疾患の患者の死後脳の
分析に挑戦する予定です。
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release_20110501.pdf
---------------------------------------

興味深い研究だと思います。
「エピジェネティクス」については、
リンクを見てください。
極簡単な説明があります。

>これは即ち、神経細胞といっても個人
>ごとにDNAメチル化のパターンが異なる
>ことを意味しています。
個人毎に違う。
同じ人はいないということと同義?

この研究はエンドレスになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NTTと東北大、半導体中の電子スピンの向きを超音波により制御することに成功

NTTと東北大、半導体中の電子スピンの
向きを超音波により制御することに成功

2011/05/31 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本電信電話(NTT)と東北大学は、
半導体中の電子スピンの複雑な運動を計測
する方法を開発し、電子スピンの向きを
超音波によって制御する実験に成功した
ことを発表した。

 同成果は、独ポール・ドルーデ
固体エレクトロニクス研究所と連携して
得られたもので、米国の物理学誌
「Physical Review Letters」(電子版)
に掲載された。

 半導体中の電子は、「電荷」と「スピン」
の2つの性質を持っているが、従来の半導体
デバイスでは電気的に制御しやすい電荷の
性質のみしか利用されていなかった。
 しかし近年、電荷とスピンの両方の性質
を活用しようとする、
半導体スピントロニクスの研究が世界中で
進められるようになってきた。

 半導体中のスピンを情報処理に利用する
ためには、スピンの向きが揃った状態で
電子を移動させるとともに、スピンの向き
を自由に操作する必要があるが、一般的に
半導体中のスピンの向きはランダムに
なりやすいことが知られており、スピンが
揃った状態を乱す要因を排除し、
かつスピンの向きを制御できる技術の確立
が課題とされていた。

 これまでNTTでは、移動している電子が
自身のスピンと互いに影響しあうことで
生じる「スピン軌道相互作用」と呼ばれる
物理効果を利用した、
新しいスピン制御手法について研究して
きた。同作用は、移動している電子に
対してあたかも磁場が存在するように
影響し、スピンはその見かけ上の磁場
(有効磁場)の回りを回転するもので、
その際、回転速度はスピン軌道相互作用の
大きさに比例する。

 そのため、スピン軌道相互作用の大きさ
を自由に変えられれば、外部磁場を用いず
に電子スピンの向きを操作できることと
なる。

 今回、NTTでは、同作用のメカニズムの
解明のために、超音波を用いて移動させた
際に回転運動するスピンの分布を図示化
する新しい測定手法を開発。
 さらに、スピンをいくつかの異なる方向
に移動させた場合や超音波強度を変えた
場合のスピンの回転速度の違いを分析する
ことで、超音波によって生じる歪みや電場
が、スピン軌道相互作用の大きさを決める
一因となっていることを実証した。

 具体的には、半導体量子井戸構造に
超音波(表面弾性波)を伝播させると、
超音波に乗せて電子を移動させることが
できることから、これを用いることで、
スピンが揃った状態を極めて長い時間
保つことができるようになる。

 また、超音波によって2次元平面内を移動
するスピンを高感度で計測するために、
走査型カー効果測定法という方法を開発。
 同方法を用いることで、スピンが移動
しながら回転する様子を明瞭に観測する
ことができるようになった。

 これまでのスピン軌道相互作用は、
母体材料および外部から加えた電場で作用
していたものが主であったが、
今回明らかにした超音波がもたらす新しい
タイプのスピン軌道相互作用を用いる
ことで、超音波の強度を調節すること
により、スピンの向きを自在に操作する
ことが可能となる。

 このため、研究グループでは今後、
スピン軌道相互作用をより効率的に変化
させることのできる材料や構造の探索や、
超音波の波長の微細化に取り組む
とともに、量子的振舞いが顕著となる
「単一スピン」を制御する技術の確立に
向けた研究も進めることで、
半導体スピントロニクスの研究を加速し、
スピントランジスタの開発や将来的には
量子コンピュータの要素技術に応用する
ことを目指すとしている。
---------------------------------------

面白そう。
夢のありそうな話です。
電子は真球だということもわかったし、
そのスピン状態の制御も可能となりつつある。

「スピントロニクス」いろいろな所に登場して
くるようになって来ました。

でも量子コンピュータの実現はまだまだ
先の話なんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯周病には、コラーゲン線維を再生するビタミンCを

歯周病には、コラーゲン線維を再生する
ビタミンCを

2011年6月1日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考です。

---------------------------------------
 歯周病で歯を失う人が年々増えている
そうです。
 歯周病とは、一口に言えば歯を支えて
いる歯茎(歯周)の組織が細菌によって
壊されて歯がぐらつきだし、最後は歯が
抜けてしまう病気のこと。

 厚労省の調べでは歯周病にかかっている
日本人は30歳以上で、何と80%!
 しかも、近年は高齢者のみならず、
30代40代にまで蔓延しつつあるとか。

 働き盛りの人でも「まだ、そんな年
じゃないから」と高をくくっているわけ
にはいかなくなってきています。

 なにしろ、歯周病の恐さは歯が抜けて
ものが噛みにくくなったりするだけでは
ありません。
 歯茎の壊れた組織から体内に入った
細菌が心臓病などの血管障害や糖尿病など
のリスクを高めるばかりか、咀嚼力が
落ちることで認知症の一因となることも
指摘されているのです。

 歯周病のメカニズムを簡単に説明する
と、歯と歯茎の間に歯周ポケットと
呼ばれるわずかな隙間があります。
 ここに食べかすなどを栄養として細菌が
繁殖し、プラーク(歯垢)を形成します。

 これらの細菌はコラゲナーゼという酵素
を大量に分泌。
 この酵素には歯茎をつくっている
コラーゲン線維を分解する作用がある
ため、徐々に歯茎が弱体化していく
のです。さらに、免疫物質が細菌と戦う
ことで炎症が発生。
 これも歯茎の破壊に拍車をかけます。

 歯周病は意外に手強い病気ですが、
最近の研究でビタミンCが壊れた
コラーゲン線維の再生に力を発揮すること
がわかってきました。

 日本歯科大学の佐藤聡教授らが行った
試験ではビタミンC入りの歯磨き剤を使って
ブラッシングすると、コラーゲン線維の
産生量が通常の3~4倍にもなるとのこと。
 実際の治療にも大きな効果を上げている
そうです。

 家で行う場合は、しっかり歯の
ブラッシングをした後、市販の
アスコルビン酸(ビタミンC)耳かき1杯
程度を歯ブラシにつけ、歯周ポケットの
あたりに軽く押しつけるようにして塗り
ます。

 歯周病が気になる方は一度試されて
みたらいかがでしょう。

竹内有三(医療ジャーナリスト)
---------------------------------------

良いかもしれません。

簡単にできそうですから、
歯周病が気になる方は一度試されて
みたらいかがでしょう。

こういう話もありましたね。
日本から歯周病を無くしたい
2009年9月13日放送 夢の扉
2年位前の話です。

この関連記事です。
ドクター天野の歯科診療室
つかっておられる先生もいるようです。

上記以外では、
オゾンナノバブルと歯周病
上記の「夢の扉」でもとりあげられて
いたようですが、

今はどうなっているのかな?

菌を殺すということでは、効果は
ありそうですが、
常在菌との関係はどうなのか?

使い方次第のような気もします。
正しく使用すれば効果はありそうな
感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

ワクチン接種が義務の米国、無償提供の英国、ツギハギの日本は見直しが進行中

ワクチン接種が義務の米国、
無償提供の英国、
ツギハギの日本は見直しが進行中

2011年05月18日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 昨日、東京の永田町のキャピトル東急
ホテルで、米国製薬工業協会が開催した
セミナー「日本の新しいワクチン政策の
創出」に参加しました。

 福島原発事故がまだ終息しない段階で、
来日していただいた米国のワクチン政策の
キーマン、米Pennsylvania大学の
Stanley A.Plotkin名誉教授と英国保健省
予防接種部のDavid Salisbury部長には
頭が下がります。

 日本のワクチン政策のキーマンである
国立感染症研究所感染症情報センターの
岡部信彦センター長と細菌性髄膜炎から
子どもたちを守る会の高畑紀一事務局長を
交えたパネルディスカッションは大変勉強
になりました。

 同じ民主主義国家でありながら米国と
英国は対照的なワクチン政策を取って
いました。

 米国はワクチン接種は国家が義務付け
しており、少なくとも学童では就学前の
ワクチン接種が学校に入学・通学する条件
となっておりました。
 背景には軍隊でのワクチンの接種
(義務付け)が行われており、ワクチンに
対する理解や体験を両親が持っていること
もありました。
 ワクチンの広報や教育を政府や関連学会
が国民や両親が熱心に行ってことも
加わって、国民のワクチン接種率は極めて
高い数字を示しています。
 ワクチンの接種費用に関しては、保険会社
がカバーしていない国民に対して受給資格を
問わず、連邦政府と州政府が費用負担して
いました。

 一方、英国は強制接種ではありませんが、
必要なワクチンを政府が買い上げ、無償で
国民に提供しています。
 英国の皆保険制度(NHS)を通じて、
ワクチンの接種などにかかる医療費も、
保健省が支払います。
 英国保険省が子供の両親に対する教育や
詳細な調査、そしてメディアキャンペーン
によってワクチンの接種率を95%以上に
保っています。
 どのプロセスにも強制や義務付けが無い
にも係らず、高い接種率を保っている
最大の理由は、英国が登録医制度を取って
いることです。
 家庭医が、患者の状態を把握している
ため、ワクチン接種が必要な児童を容易に
選択し、ワクチンを受けませんかと勧誘
できるためです。
 英国で臨床試験が円滑に行われている
理由と同じ、良好な医師と患者関係が
背景にあります。

 我が国の国民皆保険制度は、いつどこでも
誰でも医療にアクセスできる優れたシステム
ですが、高度で見栄えのよい大病院に患者が
殺到、良好で親密な医師患者関係を喪失する
という欠陥があることが、ワクチンや
先端医療には手痛い状況となっております。

 日本はどうか?
 日本のワクチン制度はまったくツギハギ
だらけで、予防接種法の改訂の度に、国は
両親にワクチン接種の責任を押し付ける
制度改革を進めています。
 その結果、予防接種法による定期接種
(定期接種1類と2塁)と任意接種、そして
痘瘡が該当する予防接種法の臨時接種、
それに国の事業として一時的に行う特例措置
として新型インフルエンザ、
パピローマウイルス、Hib、肺炎双球菌の
ワクチンが混在するという大混乱状態。
 こうした制度上の混乱と予防接種法を
いくら読んでも、国民の安心と安全を守る
ために国家がワクチン接種の責任を取る
と言うミッションが読みとれないことも
加わり、国民のワクチンの接種率は
先進国では極めて低い状況にあります。

 水痘、ムンプス、B型肝炎、
インフルエンザ、Hib、結合型肺炎双球菌、
肺炎双球菌、パピローマウイルス、
狂犬病、A型肝炎、ワイル病、黄熱病などが
任意接種です。

 もう我が国でほとんど発生していない病気
(ワイル病や黄熱病など)はともかく、
それ以外の任意接種のワクチンの定期接種化
を早急に検討しなくてはならないと
思いました。医療経済的にも、その方が
医療費全体では安上がりとなるのでは
ないでしょうか。

 現在、厚生科学審議会感染症分科会
予防接種部会で、予防接種制度の見直しが
進んでいます。
 奇しくも、3月11日、この分科会開催中
に東日本大震災が発生、流会となって
しまいました。
 今までの議論の中間とりまとめが
なされないまま、2カ月が過ぎましたが、
5月26日午後3時から予防接種部会が再開
されます。
 この部会で迅速に制度改革を立案する
ことを、大いに期待したい。
 我が国の医療を変える一歩に、ワクチン
の制度改革は繋がるはずです。
---------------------------------------

どうしてこうも違うのでしょうか?
なんとも情けない状態です。

>この部会で迅速に制度改革を立案する
>ことを、大いに期待したい。
>我が国の医療を変える一歩に、ワクチン
>の制度改革は繋がるはずです。
期待したいです。

どこも責任をとらないというこの国の
システムのなせる技なのではないかと、
思ってしまいます。

国民の命を守るのが最優先のはずなのに
今回の原発事故の対応を見ていても、
そうは見えない。

人のせいにばかりしていては駄目なの
です。政治家も、国民も、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で初めて超強力磁場中の軟X線分光実験を実現- レアアースを低減した高性能磁石開発を加速 -

世界で初めて超強力磁場中の軟X線
分光実験を実現
- レアアースを低減した高性能磁石開発
を加速 -

2011年5月30日
東北大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学は、高輝度光科学研究センター
(以下「JASRI」)、東京大学物性研究所
などと共同で、大型放射光施設SPring-8の
軟X線固体分光ビームラインBL25SUに
おいて、21テスラ(=21万ガウス)の超強力
磁場を用いた軟X線分光実験に世界で
初めて成功し、強力なネオジム磁石を含む
ほぼ全ての実用磁気材料について軟X線
磁気円二色性(MCD)による磁気分析を可能
にしました。

 今回開発した計測技術を用いると、
ネオジム磁石の成分として用いられる
ジスプロシウム(Dy)などの価格が高騰する
レアアースが磁石中で担う役割を解明する
ことにつながり、レアアースを代替する
安価な元素(ユビキタス元素)を見出す
研究の進展が期待されます。

 本成果は、東北大学の鳴海康雄 准教授、
JASRIの中村哲也 主幹研究員、東京大学の
金道浩一 教授らの共同研究で得られたもの
で2011年5月24日に日本応用物理学会の
英文雑誌「Applied Physics Express
(APEX)」オンライン版に掲載されました。

詳細(プレスリリース本文)
---------------------------------------

>今回開発した計測技術を用いると、
>ネオジム磁石の成分として用いられる
>ジスプロシウム(Dy)などの価格が高騰
>するレアアースが磁石中で担う役割を
>解明することにつながり、レアアース
>を代替する安価な元素(ユビキタス元素)
>を見出す研究の進展が期待されます。
とのことです。期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君が代判決―司法の務め尽くしたか

君が代判決―司法の務め尽くしたか
2011/06/01 朝日新聞社説より

---------------------------------------
 卒業式などの君が代斉唱の際、都立学校
の校長が教員に起立斉唱を命じても、
思想・良心の自由を保障する憲法に違反
しない――。
 そう述べた判決にも長文の補足意見が
ついた。

 「不利益処分を伴う強制が、教育現場
を疑心暗鬼とさせ萎縮させることがあれば、
教育の生命が失われる」「強制や不利益
処分は可能な限り謙抑的であるべきだ」
(須藤正彦裁判長)、「国旗・国歌が
強制的にではなく、自発的な敬愛の対象と
なるような環境を整えることが重要だ」
(千葉勝美裁判官)。


 最高裁の姿勢には疑念と失望を禁じ
得ない。

 原告の元教員は1度だけ起立を拒み、
戒告処分を受けた。
 その後は現場を混乱させたくないとの
思いで命令に従ったが、定年後の再雇用を
認められなかった。
 ところが、別の理由で停職や減給など
もっと重い処分を受けた教員は採用
された。

 一審の東京地裁は扱いの不均衡を踏まえ、
裁量権の乱用があったとしたが、最高裁は
職務命令と憲法の関係のみを論じ、不採用
の当否は判断しなかった。
 結果として、原告が逆転敗訴した二審
判決が確定した。

 最高裁にその思いがあれば審理できる
にもかかわらず、そしてそれに値する重要
な問題であるのに、あえて避けたとしか
思えない。

 このようなケースにすら救いの手を
伸べず、ただ判決文の中で「慎重な配慮」
を求めても説得力に欠けよう。

 多数者の意向や勢いに流されず、少数者
を保護する。
 それが司法の大切な使命だ。
 とりわけ思想、良心、表現、信教など
精神的自由に関する分野では、厳格な
チェックが求められる。

 裁判所がその職務を放棄したとき、
私たちの社会は多様性を失い、やがて
色あせていく。
---------------------------------------

どうもしっくりこない。
本当に正しい判断なのか?
>このようなケースにすら救いの手を
>伸べず、ただ判決文の中で
>「慎重な配慮」を求めても説得力に
>欠けよう。
同感である。

>「不利益処分を伴う強制が、教育現場を
>疑心暗鬼とさせ萎縮させることがあれば、
>教育の生命が失われる」
>「強制や不利益処分は可能な限り
>謙抑的であるべきだ」(須藤正彦裁判長)

>「国旗・国歌が強制的にではなく、
>自発的な敬愛の対象となるような環境を
>整えることが重要だ」(千葉勝美裁判官)。

当然のことだと思う。
強制しないと成り立たない現状こそ正すべき
こと。
何故、現場が真摯に議論しないのだろうか?
多分議論すらできない雰囲気があるのだと
思う。悲しいことだと感じる。

>多数者の意向や勢いに流されず、少数者
>を保護する。
>それが司法の大切な使命だ。
>とりわけ思想、良心、表現、信教など
>精神的自由に関する分野では、厳格な
>チェックが求められる。

>裁判所がその職務を放棄したとき、
>私たちの社会は多様性を失い、やがて
>色あせていく。
こうならないことを切に願う。

どうも裁判所は少数者を保護するという
その役目を果たしているとは思えない。

司法は本当に独立しているのだろうか?

原発がこんなに沢山建設された。
反対のための裁判だって沢山起こされた
はず。その中で、考慮すべき論点が
出て来ていたはず。それをことごとく
無視してきた結果が現在の事故に
つながってはいないだろうか?

疑問が出てくる。
裁判所が裁判所としての機能をきちんと
果たして来たのだろうかと、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPS細胞:「ミューズ」が元 東北大・京大チーム、多能性の起源解明に道

iPS細胞:「ミューズ」が元
東北大・京大チーム、多能性の起源解明
に道

毎日新聞 2011年5月31日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大と京都大のチームが、さまざまな
細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞
(iPS細胞)の元になる細胞を突き止め、
今週号の米科学アカデミー紀要(電子版)
に発表した。

 この細胞は、同じチームが昨年発表した
「Muse(ミューズ)細胞」と呼ばれる
神経や筋肉などの細胞になる多能性幹細胞。

 iPS細胞は体の細胞に分化した細胞が
受精卵のような状態に「初期化」したもの
と考えられているが、今回の研究成果は、
初期化は起きず、異なる仕組みで作られる
ことを示しているという。

 東北大の出沢真理教授(幹細胞生物学)
らは、ヒトの皮膚の元になる細胞に1%
ほど含まれるミューズ細胞を選び出し、
ミューズ細胞の集合体と、ミューズ細胞を
含まない細胞の集合体を作った。
 それぞれに山中伸弥・京都大教授が
見つけたiPS細胞作成に用いる4種類の
遺伝子を導入した結果、ミューズ細胞の
一部はiPS細胞になったが、それ以外の
細胞集合体からはできなかった。

 作成したiPS細胞と元のミューズ細胞
の遺伝子の特徴を比べると、さまざまな
細胞になる多能性に関する遺伝子の働き方
が類似していた。

 出沢教授は「iPS細胞の多能性は、
遺伝子導入によって細胞が初期化されて
付与されるものではなく、ミューズ細胞が
持っていたものが強くなったのではないか」
と話している。【野田武】

-------
■解説

 ◇「初期化」定説に疑問
 ミューズ細胞は東北大のチームが昨年、
胚性幹細胞(ES細胞)、iPS細胞に
続く多能性幹細胞として発表。
 その性質や再生医療への応用を研究して
いる。体細胞に含まれるミューズ細胞が
iPS細胞の元になっているという今回の
成果は、iPS細胞の特色である
「遺伝子導入によって、体細胞を分化前の
状態に初期化する」という定説に疑問を
提示するもので、今後議論を呼びそうだ。

 iPS細胞が、ある特定の細胞から
できている可能性は以前から指摘されて
きた。iPS細胞を開発した山中教授は
09年、こうした見方に否定的な見解を
英科学誌ネイチャーで公表。

 とはいえ、作成時に導入する遺伝子が
「初期化」にどうかかわっているかは
今でも明確には分かっていない。

 東北大のチームは今回、遺伝子が初期化
にかかわっているのではなく、
ミューズ細胞が元々持っている多能性を
遺伝子が強めているのだと結論付けた。
 共著者の藤吉好則・京都大教授は
「(謎だった)遺伝子の役割を提示できた」
と強調する。

 今回、ミューズ細胞から作ったiPS細胞
をマウスに移植したところ、腫瘍ができた。
 一方、ミューズ細胞は他の多能性幹細胞
よりがんができにくい点が長所とされて
おり、チームは今後、有効性の検証を進めて
いく方針だ。【野田武】
---------------------------------------

なかなかややこしい話が出て来ましたね。

ミューズ細胞が元だとすると、作成効率は
>ヒトの皮膚の元になる細胞に1%ほど
>含まれるミューズ細胞
ということですから、皮膚細胞を原料に
した場合は、1%以下のはず。
ということになりそうな気もしますが?
どうなんでしょう?
iPS細胞の作成効率はもう少し
高かったような?

いずれにしても、安全なiPS細胞を
効率よく作成することが求められるわけ
ですので、そうなるよう研究が進んで
欲しいものです。

ふりかけるだけでiPS細胞という
話も出て来ています。
多面的に研究が進むとさらに解明されて
行くと思います。

今後に期待したい。

関連情報です。
ヒト線維芽細胞由来iPS細胞は、
Muse細胞からのみ形成される

2011年6月 1日 東北大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 4S、7月後半から8月頭に発売?

iPhone 4S、7月後半から8月頭に発売?
2011.05.31 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 MACお宝鑑定団 blog経由のDigiTimes
によると、次期iPhoneとされる
「iPhone 4S」は、7月後半から8月前半に
発売される可能性があるそうです。

 iPhone 4Sの特徴は、GSMとCDMAを統合
し、SIMが無くなり、内蔵アンテナが増える
そうです。
 また、カメラには800万画素を採用との
こと。

 アンテナ周りやスペックの改善は当然
として、肝心の発売時期は9月と思っていた
ので、いつも通り夏には新しいiPhoneを
手に入れることができるかもしれません
ね。
---------------------------------------

やっぱり「iPhone 4S」ということに
なりそうですね。

CPUはA5なんでしょうね。

>iPhone 4Sの特徴は、GSMとCDMAを統合
>し、SIMが無くなり、内蔵アンテナが
>増えるそうです。
日本版は多分SIM無しにはならないような?
日本での発売はいつなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »