« 東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功 | トップページ | デザインじゃない、カギは速度なのだよ! 驚きのLTE高速通信対応の新「iPhone 4S」が9月発売か... »

2011年5月18日 (水)

パーキンソン手術で新技術開発 和歌山県立医大

パーキンソン手術で新技術開発
和歌山県立医大
2011/02/25 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 手足の震えや歩行困難などの運動障害が
起きる難病パーキンソン病+の手術精度を
高める技術の開発に成功したと、
和歌山県立医大(和歌山市)が25日、
発表した。

 従来よりも副作用が少なく、安全性の
向上も期待されるとしており、同医大の
小倉光博講師(脳神経外科)は「患者の
症状に合った治療法を選べるきっかけに
なる」と話している。

 手術法の一つ「脳深部刺激療法」は、
胸に刺激発生装置を付け、脳の深部に埋めた
電極から弱い電気刺激を与えることで脳の
働きを抑え、治療する。

 同医大によると、従来は主に大脳の
「視床下核」という部位に電極が
埋められていた。

 同医大は1994年から約80人の患者
に手術をする中で、同じ大脳にある
「淡蒼球」という部位の中で特に運動機能
の調節に関与する場所に電極を埋める手法
を開発。

 治療効果を上げる“つぼ”となり、
うつ病や認知症など精神障害の副作用が
少なく、安全性の向上も期待できる
としている。

 全国パーキンソン病+友の会によると、
全国のパーキンソン病患者のうち8割以上
が視床下核に電極を埋める手術を受けて
いる。同会は「少しずつでも治療が改善
されていくのはうれしい」としている。
---------------------------------------

>従来は主に大脳の「視床下核」という
>部位に電極が埋められていた。
んですね。

この辺の理屈は古いですが、下記の
記事を見てください。
視床下核を見る
2006年01月21日 Neurology

参考になると思います。

もう一つ関連するものがありましたので
紹介しておきます。
脳深部刺激療法(DBS)を受けた患者
に関するアンケート調査報告書

2011年05月01日


|

« 東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功 | トップページ | デザインじゃない、カギは速度なのだよ! 驚きのLTE高速通信対応の新「iPhone 4S」が9月発売か... »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51704296

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン手術で新技術開発 和歌山県立医大:

« 東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功 | トップページ | デザインじゃない、カギは速度なのだよ! 驚きのLTE高速通信対応の新「iPhone 4S」が9月発売か... »