« 国交省、放射性物質が検出された汚泥の処理方法などの指針を福島県に通知 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 »

2011年5月13日 (金)

東電、原発補償へ公的管理 政府支援の枠組み決定

東電、原発補償へ公的管理政府支援の
枠組み決定 上場維持、社債も保護

2011/5/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 政府は13日、東京電力福島第1原子力
発電所事故の損害賠償(補償)について、
東電の補償を支援する枠組みを正式に
決めた。

 補償負担で東電が債務超過に陥らない
よう、新法で設立する「機構」が資本注入
する。

 機構には各電力会社が「負担金」を納め、
補償費用を業界で相互扶助する役割も
持たせる。

 負担金は電気料金の引き上げで賄う公算
が大きい。

 補償の全額支払いと電力の安定供給の
両立に向け、東電を公的管理する枠組み
だが、法案審議は波乱含みだ。
---------------------------------------

>負担金は電気料金の引き上げで
>賄う公算が大きい。
つけは国民に回ってきそうですよ。
電力供給確保の為にとか言う理由で、

ちょっと前に投稿しました。
やり方はいろいろあるはず。
経産省の現役官僚が提言
「原発事故のツケを国民が払うのは
おかしい
』(動画)
この記事の中に
「安易な電気料金値上げに走る前に
原子力予算・埋蔵金を賠償に回せ」
という案もあります。

東電が所有している送電線を売っても
良い。資金になる。

発送電分離は最低の戦略。

これがなければ、電力会社の地域独占が
続き、再生エネルギーの参入など
できるはずがない。

|

« 国交省、放射性物質が検出された汚泥の処理方法などの指針を福島県に通知 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51659121

この記事へのトラックバック一覧です: 東電、原発補償へ公的管理 政府支援の枠組み決定 :

« 国交省、放射性物質が検出された汚泥の処理方法などの指針を福島県に通知 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 »