« これがスペースシャトルなき後のNASAの最新宇宙船だ! | トップページ | 温度を下げると膨張する現象(負の熱膨張)を鉄の化合物で実証 »

2011年5月28日 (土)

電圧で磁気を制御できる新しいトランジスターの開発に成功

電圧で磁気を制御できる新しい
トランジスターの開発に成功
-室温での電気的な磁性の
スイッチングに道-

平成23年5月27日
科学技術振興機構(JST)
東京大学 大学院理学系研究科
東北大学原子分子材料科学高等研究機構

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題解決型基礎研究の一環
として、東京大学 大学院理学系研究科の
福村 知昭 准教授らは、ありふれた光触媒
材料である透明な酸化チタンを用いて室温
において電圧で磁気を制御することに成功
しました。

 磁石の性質が電圧制御できることは、
これまでガリウムマンガンヒ素などの磁性
半導体などで報告されていましたが、
-100℃以下の低温でしか動作しません
でした。

 福村准教授らは今回、酸化チタンに微量
のコバルトを加えて、磁石の性質を持つ
透明な磁性半導体を作り、わずか数ボルト
の電圧で磁石の性質をオン・オフする
新しいトランジスターの作製に成功
しました。

 材料としてコバルト添加酸化チタンを
用いるとともに、電圧を有効に加えるため
に有機電解質が形成する電気二重層を
用いる工夫をしたことによって、世界で
初めて低電圧による室温動作につなげ
ました。

 今回の成果は今後、窓ガラスなどにも
搭載可能な室温で動作する透明な
磁気メモリデバイスなどへの応用に発展
するものと期待されます。

 本研究は、東京大学 大学院工学系研究科
付属 量子相エレクトロニクス研究センター
の川崎 雅司 教授(兼 東北大学原子分子
材料科学高等研究機構 連携教授)、
東北大学原子分子材料科学高等研究機構、
同大学金属材料研究所、東京大学 大学院
工学系研究科、
財団法人 ファインセラミックスセンターと
共同で行われました。

 本研究成果は、2011年5月27日
(米国東部時間)発行の米国科学雑誌
「Science」に掲載されます。
---------------------------------------

題名だけ見たときはそれほどの開発では
ないのかな? と思ったのですが、

>本研究は、非磁性の物質を電気的に
>強磁性の物質に変化することができる
>という画期的な成果です。
画期的な成果らしいです。

>従って、強磁性体が用いられる
>磁気メモリに記録された情報に対して、
>電気的にオン・オフスイッチングなどの
>操作が可能です。
>本研究で用いられた酸化チタンという
>材料は、透明で電気を流すことから
>ディスプレイ技術として注目されている
>透明エレクトロニクスに有望な材料
>です。今後、窓ガラスなどにも搭載可能
>な透明な磁気メモリデバイスの実現が
>期待できます。
とのことで期待したい。

透明な磁気メモリデバイスってちょっと
驚きですね。

|

« これがスペースシャトルなき後のNASAの最新宇宙船だ! | トップページ | 温度を下げると膨張する現象(負の熱膨張)を鉄の化合物で実証 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51788224

この記事へのトラックバック一覧です: 電圧で磁気を制御できる新しいトランジスターの開発に成功:

« これがスペースシャトルなき後のNASAの最新宇宙船だ! | トップページ | 温度を下げると膨張する現象(負の熱膨張)を鉄の化合物で実証 »