« おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 | トップページ | 原発事故賠償金の国民負担を少なくし電力料金引き下げも可能な処方箋を示そう »

2011年5月14日 (土)

iPS細胞:マウスに移植後、拒絶反応 再生医療に課題

iPS細胞:マウスに移植後、拒絶反応
再生医療に課題

毎日新聞 2011年5月14日


詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 マウスの体細胞から作った新型万能細胞
「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を
マウスに移植すると、遺伝情報は同じはず
なのに、免疫細胞が異物を攻撃する拒絶反応
が起きるとの研究結果を米カリフォルニア大
サンディエゴ校のチームが13日、
英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。

 iPS細胞はさまざまな細胞に分化でき、
患者の体細胞から作れば本人に移植しても
拒絶反応は起きないと考えられていた。

 研究チームは「そうした考え方は再検討
する必要がある」としており、体の失われた
機能を回復させる再生医療への応用に向け、
新たな課題になる可能性もある。

 研究チームは、マウスの線維芽細胞に
2種類の方法で遺伝子を導入しiPS細胞
を作成。
 遺伝情報が同一の別のマウスに、この
iPS細胞を移植した。
 数週間後、マウスの体内でiPS細胞
からできた組織で細胞が壊死するなど、
免疫細胞による拒絶反応が起きていた。

 これらの組織では、いくつかの遺伝子が
過剰に働いており、それが原因で拒絶反応
が起きた可能性があるという。

 一方、このマウスの受精卵から作った
胚性幹細胞(ES細胞)を移植した場合は、
拒絶反応は起きなかった。

 研究チームは「iPS細胞が医療に利用
できないことを示すものではない。
 iPS細胞から分化してできる細胞
のうち、どの細胞が拒絶反応を引き起こす
のかを調べることが重要だ」としている。
【ワシントン共同】
---------------------------------------

新しい問題が出て来ましたね。
>iPS細胞から分化してできる細胞
>のうち、どの細胞が拒絶反応を引き
>起こすのかを調べることが重要だ
そうですね。

拒絶反応を起こしたということは、
異なったHLA抗原を持った細胞が出来て
しまったということですね。
どうしてでしょう?

関連記事です。
いろいろな新聞社から出ています。
万能でなかった万能細胞、
iPSに拒絶反応

読売新聞

|

« おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 | トップページ | 原発事故賠償金の国民負担を少なくし電力料金引き下げも可能な処方箋を示そう »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51666638

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:マウスに移植後、拒絶反応 再生医療に課題:

« おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開【速報】 | トップページ | 原発事故賠償金の国民負担を少なくし電力料金引き下げも可能な処方箋を示そう »