« 多発性硬化症薬TYSABRI投与に関する米国FDAの報告 | トップページ | マクロピノサイトーシスによる細胞膜回収が、神経突起退縮を制御 »

2011年5月20日 (金)

世界初のスーパーハイビジョン対応液晶ディスプレイを開発

世界初のスーパーハイビジョン対応液晶
ディスプレイを開発

19 MAY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 シャープとNHKは、世界で初めて、
スーパーハイビジョンに対応する85V型
液晶ディスプレイの開発に成功したと発表
しました。

 今回開発したディスプレイは、
横1.9m×縦1.05mの画面サイズに、
横7,680×縦4,320もの画素数を実現して
います。

 これは、現行のハイビジョンの16倍に
相当する数で、圧倒的な臨場感と迫力ある
映像表現が可能となりました。

 これまで、スーパーハイビジョンの映像
は、プロジェクターでしか見る事が
できませんでしたが、シャープの液晶技術
「UV2A技術」を採用することで、3,300万
画素の表示性能が極めて高いスーパーハイ
ビジョン対応の直視型液晶を実現して
います。

 また、AQUOSや大画面マルチディスプレイ
で培った高画質映像処理技術により、
RGB各色10bitの表示階調や60Hzのフレーム
レートなど、大容量の映像駆動を実現して
います。

 NHKでは、2020年の
スーパーハイビジョン試験放送を目指し、
現在研究開発を進めており、今回開発した
ディスプレイは、5月26日~の
NHK放送技術研究所一般公開で展示される
予定です。
---------------------------------------

日本の技術は素晴らしい。
どんどん高精細になることは良いことだと
思いますが、そのディスプレイで何の映像
を流すかが重要。

宝の持ち腐れにならないように、
その持っているポテンシャルを生かす番組の
制作にも力を入れてください。

ハードは進歩するけれど、その中身が
伴わなければ意味がないと思う。
その質はだんだん落ちて来ているような
気がしてならない。残念なこと。

|

« 多発性硬化症薬TYSABRI投与に関する米国FDAの報告 | トップページ | マクロピノサイトーシスによる細胞膜回収が、神経突起退縮を制御 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

昨夜、テレビのニュースで紹介されているのを見て、カミさんと二人で意見が一致しました。
『これ以上は女優さんが可愛そうじゃない??』
って ^ ^;

投稿: H!ro ^ ^ | 2011年5月20日 (金) 16時24分

そうですね。同感です。
ちょっと見えすぎじゃない?


投稿: haredasu | 2011年5月20日 (金) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51719548

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初のスーパーハイビジョン対応液晶ディスプレイを開発:

« 多発性硬化症薬TYSABRI投与に関する米国FDAの報告 | トップページ | マクロピノサイトーシスによる細胞膜回収が、神経突起退縮を制御 »