« ナノテクノロジーが環境にやさしい農業を可能に | トップページ | アスベストを現場で溶融処理 »

2011年5月23日 (月)

遺伝子発現量の測定で、がん細胞がピタリと分かる

遺伝子発現量の測定で、がん細胞が
ピタリと分かる

―1分子シーケンサーの遺伝子発現
解析法「HeliScopeCAGE法」を開発―
平成23年5月19日 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 がんなどの疾患の様子や、生命そのものの
現象の解明には、生体を構成する多種多様な
細胞1つ1つに着目し、それらのDNA発現量を
分子レベルで調べることが欠かせません。

 例えば、がん細胞とその隣の正常細胞の
遺伝子発現を区別することができると、
がん細胞を明確に定義でき、確かな医療が
可能になります。

 そのため、少数の細胞から微量サンプルを
抽出して解析する技術開発が進んでおり、
すでにDNAシーケンサーでは、ポリメラーゼ
連鎖反応(PCR)を活用した手法が確立して
います。

 しかし、このPCRによる増幅過程では、
発現解析データの偏りや再現性の低下を
引き起こすため、微量サンプルの高精度な
解析は不可能でした。

 オミックス基盤研究領域と米国ヘリコス
バイオサイエンス社は、わずか
100ナノグラムのRNAサンプルから、定量的
で高精度に遺伝子の発現量を測定することが
できる「HeliScopeCAGE法」の開発に成功
しました。

 新手法は、理研独自の遺伝子解析技術
である「CAGE法(Cap Analysis of Gene
Expression)」を、DNA増幅なしに
1分子レベルで核酸の塩基配列を解読
(シーケンシング)することができる
1分子シーケンサー「HelicosR Genetic
Analysis System」に最適化し、
微量サンプルの直接シーケンシングを
可能にしました。

 その性能は、ヒト急性単球白血病由来
のTHP-1細胞株とヒト子宮頸がん由来の
HeLa細胞株を用いて、遺伝子発現解析に
広く使われているマイクロアレイ法と
比べると、高い相関に加えてより高い精度
も確認することができました。

 この技術により、細胞特異的な微量の
遺伝子発現検出を可能にすると注目され
ます。

リリース本文(詳細)へ

---------------------------------------

DNAシーケンサーそのものもそうですが、
遺伝子解析手法進歩してきましたね。

「1分子シーケンサー」凄いです。
期待したい。

|

« ナノテクノロジーが環境にやさしい農業を可能に | トップページ | アスベストを現場で溶融処理 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51747915

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子発現量の測定で、がん細胞がピタリと分かる:

« ナノテクノロジーが環境にやさしい農業を可能に | トップページ | アスベストを現場で溶融処理 »