« 原発事故の早急な解明は世界への責務 | トップページ | 放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 »

2011年5月26日 (木)

武田邦彦氏「年間1ミリシーベルト以上の被曝は危険」(動画)

武田邦彦氏「年間1ミリシーベルト以上の
被曝は危険」(動画)

2011年05月24日 デジログ!

詳細は、リンクを参照して下さい。

見てください。
説明はいらないと思います。
極めて当たり前のことを言っているだけ。

東電の言い分で言えば、冷温停止まで1年
かかると、
この期間の長さは、異常時ではなく、
平常時に相当します。

異常時が1年も続くのは、それこそ異常。

ならば、放射線に対する処置は平常時の
基準を守るべきではないでしょうか?

現在ある基準は世界も含めて平常時の
値を基準として設定されています。
要するに1mSv/年なのです。

そのことを前提として総ての基準が
設定されているのです。

原発の設置基準も放射線管理区域の
基準も、なにもかもです。

それに対して、政府が言っているのは
異常時だから、、と言う話。
どうしても矛盾が生じます。


異常時の期間が1ヶ月程度であれば、
そうかもしれません。でも違う。

現在の値で一年も続くということが
わかっているのに、安全だと言う。
信じられなくて当然だと思います。

政府が実施すべきは本来の安全基準
1mSv/年を守る為に最善の対策を
即、実行すべきです。

校庭の汚染された土も直ちに除くべき
です。
地方自治体ではなく、政府が率先して
実施すべきもの。
原発の状態が安定するまで待つ
などとんでもない。

これ以上の汚染拡大を止めるために
最善の策を打つべきです。
一日も早く、避難を余儀なくされた人々が
戻れるような対策を実施することです。

取り除いた土壌はそのままで、とか
土を上下入れ替えれば良いとか、
なんとも不安を煽るものばかり。

とんでもないと思う。

現状の値で安全というのなら、直ちに
関連する法律、基準を改定して貰いたい。
そうすれば、矛盾はなくなる。
但し、世界はそれを認めないでしょう。

なんともやりきれない。
政治家は馬鹿ばかりなのか?
国民の安全をどう考えているのか?
理解できない。

|

« 原発事故の早急な解明は世界への責務 | トップページ | 放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51772304

この記事へのトラックバック一覧です: 武田邦彦氏「年間1ミリシーベルト以上の被曝は危険」(動画):

» 武田邦彦 ブログ 原発 5月 [ちょっとレアなニュースダイジェスト]
【拡散希望89】縦割り:子供の立場は誰が?武田邦彦さんの記... 武田邦彦さんの記事を引用・転載します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こちらより引用・転載します クリックして下さい → 武田邦彦 (中部大学) [トップページへ戻る] [■■■■ 特設の2] 科学者の日記 110525 縦割り:子供の立場は誰が? 子供の被曝限度を定め(続きを読む) 【拡散希望86】億・兆・そして京武田邦彦さんの記事より#ge... 武田邦彦さんの記事を引用・転載します。 ◆◇◆◇◆... [続きを読む]

受信: 2011年5月30日 (月) 16時30分

« 原発事故の早急な解明は世界への責務 | トップページ | 放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 »