« そろそろiPhone 6の話をしないか? シャープのLCDで次世代iPhoneはより薄く? | トップページ | 大前研一が語る、原発事故を収束する手順とは »

2011年5月 3日 (火)

集団食中毒 乳幼児・高齢者は生肉控えて

集団食中毒 乳幼児・高齢者は生肉控えて
2011.5.1 msn 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富山県砺(と)波(なみ)市の焼き肉店
「焼肉酒家えびす砺波店」でユッケなどを
食べた男児が死亡するなどした食中毒。

 死亡した男児らが感染した腸管出血性
大腸菌は抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は
重症化の傾向がある。

 食中毒を発生させた店の衛生管理などが
問われる一方で、厚生労働省は「乳幼児に
生肉を食べさせることは控えるべきだ」
とし、専門家も「消費者も子供が重症に
なりやすい食中毒への理解が必要だ」
と指摘する。

 国立感染症研究所によると、
「O111」や「O157」など
腸管出血性大腸菌による患者数は
年間3千~4千人。

 牛の生肉は注意が必要な代表的食材で、
乳幼児や高齢者の場合、腎臓障害を引き
起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)や
脳症を発症、重症化して死に至ることも
ある。

 鶏の刺し身などで感染する
カンピロバクター菌や、生卵による
サルモネラ菌などの食中毒も注意が必要だ。
 いずれも加熱殺菌できるため、厚労省は、
特に高齢者や乳幼児に与える際は十分な
加熱を指導している。

 国立感染症研究所感染症情報センターの
岡部信彦センター長は「日本では、もともと
生肉を食べる習慣があまりなく、現在も
危険性が十分に伝わっていない」とし、
「乳幼児には生肉や生レバー、加熱の不十分
な肉料理、殻を割ってから時間が経過した
生卵などを食べさせるべきではない」と
指摘している。
---------------------------------------

ついに起こっていまいました。

「生肉として食して良い肉は流通していない」
そうではありませんか?

知っていました?
おかしくないですか?

政府の監督責任はどうなっているので
しょうか?

生で食することに適さない肉が流通して
いることは知っていたはず。
提供した店の責任だけを追及することで
良いのでしょうか?
店の衛生管理だけの問題なんですか?
疑問を感じます。

国民への周知、徹底もなされていない。

いまさら
>厚生労働省は「乳幼児に生肉を食べ
>させることは控えるべきだ」
と言ったところで遅い。

政府には国民の命を守ると言う意識が
あるのでしょうか?

以前、投稿しました。
◆食の安全 牛レバーの生食、
危険伝えよ

を見てください。
2008年8月22日の投稿です。
約3年前です。

すでに
>牛の生レバーやユッケなどを食べて、
>O-157など腸管出血性大腸菌に感染する
>人が目立つ。
>きわめて危険で死亡することもあるのに、
>飲食店では幼児や児童、老人までもが
>平気で生肉を口にしている。
>これは、私のように細菌学を専門とする
>立場からは自殺行為に映る。
>国や自治体は十分な啓発や防止措置を
>講じて欲しい。
と言っています。

どういうことでしょう?怠慢の一言しかない。
防げたはずです。残念です。

|

« そろそろiPhone 6の話をしないか? シャープのLCDで次世代iPhoneはより薄く? | トップページ | 大前研一が語る、原発事故を収束する手順とは »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集団食中毒 乳幼児・高齢者は生肉控えて:

« そろそろiPhone 6の話をしないか? シャープのLCDで次世代iPhoneはより薄く? | トップページ | 大前研一が語る、原発事故を収束する手順とは »