« 1号機、津波の5時間半後には燃料溶融 東電解析で判明 | トップページ | レアアースを含む蛍光体を種類ごとに分離する技術を開発 »

2011年5月16日 (月)

アレルギー発症を決める遺伝子内配列の発見

アレルギー発症を決める遺伝子内配列
の発見

13 May 2011 RIKEN Research Highlights

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 同じ染色体上に位置する一連の免疫系
遺伝子は、共通の調節因子による制御を
受けている一方で、個別の活性化シグナル
も受け取っている

 生体では、体内に侵入した外来抗原に
対する免疫反応の一環として、抗原刺激を
まだ受けていないナイーブT細胞と呼ばれる
細胞が、多様なヘルパーT細胞へと分化
・成熟することが知られている。

 こうしたヘルパーT細胞のうち、例えば
TH1細胞やTH17細胞は、ウイルス感染に
対する炎症応答を促進する一群のシグナル
伝達因子(サイトカイン)を分泌し、
TH2細胞は、別の免疫細胞であるB細胞に
よる抗体産生を誘導して、アレルギー反応
を引き起こすサイトカインを分泌する。

 GATA-3タンパク質は、TH2細胞分化の
「マスタースイッチ」として知られる
転写因子で、インターロイキン(IL)-4
やIL-13などのサイトカインの産生を促進
する。

 このほど、理研免疫・アレルギー科学
総合研究センター(神奈川県横浜市)の
久保允人チームリーダー(TL)率いる研究
チームは、この活性化過程が予想外に複雑
であることを明らかにした1。
---------------------------------------

難しいです。
興味のある人は熟読してみてください。

>活性化過程が予想外に複雑である
>ことを明らかにした

免疫系の働きは本当に複雑ですね。

|

« 1号機、津波の5時間半後には燃料溶融 東電解析で判明 | トップページ | レアアースを含む蛍光体を種類ごとに分離する技術を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51686348

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー発症を決める遺伝子内配列の発見:

« 1号機、津波の5時間半後には燃料溶融 東電解析で判明 | トップページ | レアアースを含む蛍光体を種類ごとに分離する技術を開発 »