« 遺伝子発現量の測定で、がん細胞がピタリと分かる | トップページ | 節電の「見える化」を実現する無線LAN内蔵電源タップ »

2011年5月23日 (月)

アスベストを現場で溶融処理

アスベストを現場で溶融処理
-安全で省エネルギーのオンサイト
溶融処理システム-

2011年5月18日 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画もあります。

---------------------------------------
ポイント
・集光加熱法で1500 ℃程度の高温場を
 得られるオンサイト型の集光加熱溶融装置
 を開発
・オンサイト型集光加熱溶融装置と
 アスベスト廃棄物成形技術のシステム化
 により除去現場などで処理が可能
・実際のアスベスト廃棄物溶融に成功し、
 オンサイト溶融処理技術の確立に期待

 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)電子光技術研究部門【研究部門長
原市 聡】池田 伸一 主任研究員、
梅山 規男 テクニカルスタッフは、
大成建設株式会社【代表取締役社長
山内 隆司】(以下「大成建設」という)
技術センター【執行役員技術センター長
辻田 修】森 直樹 次長、万字 角英 課長
代理らと共同で、オンサイト溶融処理
システムによる溶融処理を、実際の
アスベスト廃棄物を用いて実証すること
に成功した。

 この技術は、ハロゲンランプの光源と
回転楕円型の反射鏡による集光加熱技術、
アスベスト廃棄物成形技術をそれぞれ開発
し、システム化したもので、アスベストの
剥離・除去現場などオンサイトで無害化を
目的とした溶融処理を行うことができる。

 開発したオンサイト溶融処理システムを
用いて、実際のアスベスト廃棄物
(飛散性吹付材:クリソタイル含有)の
溶融処理を行い、処理後の廃棄物には
アスベストが含まれていないことを透過型
電子顕微鏡観察により実証した。
 これにより、これまで困難と考えられて
きた、アスベスト廃棄物のオンサイト溶融
処理技術の確立が期待される。
---------------------------------------

良いですね。
危険なアスベスト廃棄物のオンサイト
溶融処理が出来るようになりそうです。

>今後、アスベストの溶融処理速度など
>をさらに改善し、実用化のための
>実証試験を行っていく予定である。
とのことで期待したい。

|

« 遺伝子発現量の測定で、がん細胞がピタリと分かる | トップページ | 節電の「見える化」を実現する無線LAN内蔵電源タップ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51747987

この記事へのトラックバック一覧です: アスベストを現場で溶融処理:

« 遺伝子発現量の測定で、がん細胞がピタリと分かる | トップページ | 節電の「見える化」を実現する無線LAN内蔵電源タップ »