« 廃棄された原発無人ロボット 東電など「活用場面ない」 | トップページ | 京大、海洋バイオマスからバイオエタノールを生産する技術を確立 »

2011年5月15日 (日)

瞬間接着剤が容器の中で固まってしまわないのはどうして?

瞬間接着剤が容器の中で固まって
しまわないのはどうして?

2011年05月12日 スゴモリ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 少しの量でもいろんなものを強力に接着
してしまうのが便利な瞬間接着剤ですが、
どうして容器の中で固まってしまわない
のでしょうか?

 瞬間接着剤は、そのほとんどが
シアノアクリレートという炭素、酸素、
水素、窒素からできた分子でできて
います。

 この分子は容器の中ではバラバラです
が、空気中に含まれるわずかな水分とでも
反応して分子同士が手をつなぐように結び
つきます。

 このような、分子が結びついて固化する
ことを「重合(じゅうごう)」と言い、液体
である石油が固体のプラスチックになる
のも分子の重合によるものです。

 水分に触れないように保管しておけば、
固まらないように長期間の保管ができる
ので、使う時に容器の口を必要以上に
開けたままにしないことや、空気が入ら
ないように口をしっかり閉めることが
大事になります。
---------------------------------------

なるほどね。
知りませんでした。
気をつけたいと思います。

でも、結局一回使うと殆ど二回目は
使えません。固まってます。

|

« 廃棄された原発無人ロボット 東電など「活用場面ない」 | トップページ | 京大、海洋バイオマスからバイオエタノールを生産する技術を確立 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51676193

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間接着剤が容器の中で固まってしまわないのはどうして?:

« 廃棄された原発無人ロボット 東電など「活用場面ない」 | トップページ | 京大、海洋バイオマスからバイオエタノールを生産する技術を確立 »