« iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い | トップページ | 土中の放射性物質、水洗いで除去できず 福島大が確認 »

2011年5月27日 (金)

イトカワ、45億年前誕生…太陽系の6百万年後

イトカワ、45億年前誕生
…太陽系の6百万年後

2011年5月27日03時03分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 探査機「はやぶさ」が微粒子を持ち
帰った小惑星イトカワは太陽系の誕生から
約600万年以上たった後に誕生した
可能性が高いことが、宇宙航空研究開発
機構などの研究でわかった。

 微粒子の表面には、クレーター状の微小
な穴が複数存在することも判明。
 太陽系の環境を理解するうえで重要な
成果で、千葉市で開かれている日本地球
惑星科学連合大会で26日、発表した。

 直径0・1ミリ・メートル前後の
イトカワの微粒子を詳しく調べた結果、
この微粒子には、太陽系が生まれた45億
6800万年前に存在したアルミニウムの
同位体がわずかしか含まれていないこと
が判明。
 こうした理由から、イトカワは太陽系の
誕生から、少なくとも約600万年たって
から誕生したと推定した。
---------------------------------------

なるほど。
少しずつですが、新しいことがわかって
来ましたね。

直径0・1ミリ・メートル程度の小さな
ものでも、新発見がある。

|

« iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い | トップページ | 土中の放射性物質、水洗いで除去できず 福島大が確認 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51781571

この記事へのトラックバック一覧です: イトカワ、45億年前誕生…太陽系の6百万年後:

« iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い | トップページ | 土中の放射性物質、水洗いで除去できず 福島大が確認 »