« アスベストを現場で溶融処理 | トップページ | 「オートファジーによる細胞内浄化が腫瘍発生を防ぐ」 »

2011年5月23日 (月)

節電の「見える化」を実現する無線LAN内蔵電源タップ

節電の「見える化」を実現する無線LAN
内蔵電源タップ

23 MAY 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 ユビキタスは、組込みシステム開発技術展
において、無線LANモジュールを内蔵した
電源タップ「iRemoTap」を参考出展
しました。

 この電源タップを利用することで、ユーザ
はパソコンや携帯電話から、電源タップに
接続された機器の電力の使用状況を表示
したり、電源オン・オフなどのリモート操作
が可能となります。

 遠隔操作により消し忘れたスイッチを
切ったり、消費電力が一定の値を超えた
場合にメールやtwitterで通知する機能
により、常に消費電力を気にせずとも節電
が必要な状況を知ることも可能です。

 今後の製品展開としては、ユビキタス社
および協業先との研究開発・試作など
により事業の可能性を追求していく予定で、
販売価格は1万円を切った形で提供して
いきたいということです。
---------------------------------------

なかなか良さそう。
有りそうで無かったのは何故?

|

« アスベストを現場で溶融処理 | トップページ | 「オートファジーによる細胞内浄化が腫瘍発生を防ぐ」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51748130

この記事へのトラックバック一覧です: 節電の「見える化」を実現する無線LAN内蔵電源タップ:

« アスベストを現場で溶融処理 | トップページ | 「オートファジーによる細胞内浄化が腫瘍発生を防ぐ」 »