« 中国・成都のiPad製造主力工場で大規模爆発 | トップページ | 電界効果による新超伝導体の開発 »

2011年5月24日 (火)

貼る認知症薬。1日1回、介護負担減、初承認へ。

貼る認知症薬。1日1回、介護負担減、
初承認へ。

2011-05-18 レーベンスクラフト最新医療情報

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 体に貼るタイプの認知症治療薬が国内で
初めて承認されることになった。

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の
部会が、製造販売の承認を了承した。

 薬が飲み込めない患者や、薬を飲み込む
事を嫌がる患者も使うことができる。

 了承されたのは、ノバルティスファーマ
(東京都)の「イクセロンパッチ」と、
小野薬品工業(大阪市)の
「リバスタッチパッチ」。

 いずれも薬効成分は同じで、
アルツハイマー型認知症の治療薬としては
国内で4品目目となる。

 これまでの飲み薬と違って、背中や腕、
胸などに貼って使う。
 脳内の伝達物質の分解を防ぐ効果があり、
症状の進行を抑えることができるという。

 同じ薬は、海外では81カ国で承認されて
いるという。

 アルツハイマー方認知症の治療薬は、
これまで「アリセプト」しかなかったが、
昨秋以降、第一三共の「メマンチン」
(商品名・メマリー)や、
ヤンセンファーマの「ガランタミン」
(商品名・レミニール)が相次いで
承認されている。
---------------------------------------

Good Newsです。
体に貼るタイプ良いですね。
>薬が飲み込めない患者や、薬を
>飲み込む事を嫌がる患者も使う
>ことができる。


関連記事です。
【アルツハイマー病】10年ぶりの
新薬登場間近

2011年1月 9日

上記の記事で4つ目ということ
になります。

良かったと思いますが、関連記事でも
述べられているように最も重要なのは
早期発見と早期治療です。

|

« 中国・成都のiPad製造主力工場で大規模爆発 | トップページ | 電界効果による新超伝導体の開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51756718

この記事へのトラックバック一覧です: 貼る認知症薬。1日1回、介護負担減、初承認へ。:

« 中国・成都のiPad製造主力工場で大規模爆発 | トップページ | 電界効果による新超伝導体の開発 »