« 高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化ステロイド剤が効果 | トップページ | アンチモン90万トン(推定)を含むレアメタルの鉱床を鹿児島湾奥部海底で発見! 岡山大 »

2011年4月28日 (木)

おおたかどや山標準電波送信所、落雷によりふたたび停波

おおたかどや山標準電波送信所、
落雷によりふたたび停波

2011年04月28日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 21 日に再開したばかりのおおたかどや山
標準電波送信所だが (/.J 記事)、25 日に
発生した落雷により再び送信が停止した
(NICT のイベント & トピックのページ
より) 。

 マイコミジャーナルの記事によると
「NICT では、暫定的に送信を再開した際に
今回のような落雷や停電などによる停波を
余儀なくされる可能性があるとの見方を
示していた」とのことだが、運悪くもその
可能性が現実のものになってしまった。
---------------------------------------

残念です。
又、電波時計が電波時計でなくなった。
たんなる水晶時計です。

|

« 高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化ステロイド剤が効果 | トップページ | アンチモン90万トン(推定)を含むレアメタルの鉱床を鹿児島湾奥部海底で発見! 岡山大 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおたかどや山標準電波送信所、落雷によりふたたび停波:

« 高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化ステロイド剤が効果 | トップページ | アンチモン90万トン(推定)を含むレアメタルの鉱床を鹿児島湾奥部海底で発見! 岡山大 »