« 東京電力の罪と罰 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所、落雷によりふたたび停波 »

2011年4月28日 (木)

高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化ステロイド剤が効果

高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化
ステロイド剤が効果

2011年4月25日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 骨粗しょう症の治療などに既に使われて
いるタンパク同化ステロイド剤が、高い
放射線量を被ばくした後で発生する腸障害
を回復させる効果があることを、
放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究
センターの研究チームが発見した。

 このタンパク同化ステロイド
「ナンドロロン(19-ノルテストステロン)」
は骨格筋を増強する作用があり、
ドーピング剤としてスポーツ選手の使用が
禁止されている。

 しかし、男性機能の低下や骨粗しょう症、
重いやけどなどの治療薬として使われて
おり、安全性や副作用は十分分かっている。

 動物実験で効果が確かめられた段階だが、
高放射線被ばく患者の腸障害に対する薬
として効果が期待できる、と研究チームは
言っている。

 緊急被ばく医療研究センターの石原弘
・障害治療研究チームリーダーと明石真言
センター長らは、半数を死亡させるほどの
強い放射線をマウスの腹部に当て、
24時間後にナンドロロンを投与した。

 ナンドロロンを投与されたネズミの生存率
は37%向上し、被ばく5日後に小腸を検査
したところ粘膜細胞の数が23%増えている
ことも確認された。

 放射線医学総合研究所によると、被ばく
事故などで高線量の放射線が腹部に当たる
と、小腸の粘膜が次第に消滅する腸障害が
起き、被ばく線量が著しく高いと腸粘膜から
の出血が止まらず死に至る。

 これまで被ばく前に投与すると障害を
抑えられる治療法はあったが、被ばく事故
が発生した後に使用しても効果がある
治療法はなかった。
---------------------------------------

良いですね。

>ナンドロロンは、医薬品として人に対する
>安全性や副作用が充分に検討されています
>ので、臨床への応用が可能であると
>考えられます。
>たとえば、高線量放射線による被ばく
>事故後に、小腸の被ばく障害が発生した
>ときには、ナンドロロンを投与すれば、
>回復に役立つことが予測できます。

>この成果は、被ばく事故だけでなく、
>癌の放射線治療の際に、小腸が被ばく
>して腸管障害の発生したときなどにも
>利用できることが期待できます。

詳細は、
放射線医学総合研究所 プレスリリース
をどうぞ、

|

« 東京電力の罪と罰 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所、落雷によりふたたび停波 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51516147

この記事へのトラックバック一覧です: 高線量被ばく患者の腸障害にタンパク同化ステロイド剤が効果:

« 東京電力の罪と罰 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所、落雷によりふたたび停波 »