« 電中研レビュー第49号 未利用地熱資源の開発に向けて -高温岩体発電への取り組み- | トップページ | 放射能の危険性は本当? »

2011年4月26日 (火)

迅速に汚染水の処理ができる粉末を、金沢大学が開発

迅速に汚染水の処理ができる粉末を、
金沢大学が開発

2011年04月25日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 金沢大学の太田富久教授は汚染水の除染
が可能とされる粉末を1ヶ月足らずで開発
したと発表した。

 しかもすでに導入が決まっている
フランス・アレバ社の除染システムよりも
20倍早く処理できるという
(ウォール・ストリート・ジャーナル
日本版)。

 同教授によると「天然の鉱物と化学物質
を混合した白い粉末は、汚染水に溶けた
放射性物質を捕まえて沈殿させる。

 1000トンの汚染水の場合では1時間で処理
できる」という。

 一方フランス・アレバ社の除染システム
の処理能力は1時間当たり50トンとされる。

 ベースとなっている技術は汚染処理を
専門とするクマケン工業(秋田県横手市)
と金沢大学が共同開発した無機系凝集剤
「ソリウェルパウダー」のようだ。

 こちらではすでに有害重金属類の除去が
可能なので、今回さらに微調整して
「放射性同位体のヨウ素、セシウム、
ストロンチウム、プルトニウムにも応用」
できたという。

 一方東京電力は取水口付近の海中に投入
したゼオライト(猫砂に利用される沸石類)
土嚢に放射性物質の吸着に成功したと発表
している。

 遅まきながらも除染技術が次々に開発
されるのは喜ばしい。
---------------------------------------

誠に喜ばしいことです。

積極的に採用してください。
東電さん。

|

« 電中研レビュー第49号 未利用地熱資源の開発に向けて -高温岩体発電への取り組み- | トップページ | 放射能の危険性は本当? »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51498919

この記事へのトラックバック一覧です: 迅速に汚染水の処理ができる粉末を、金沢大学が開発:

« 電中研レビュー第49号 未利用地熱資源の開発に向けて -高温岩体発電への取り組み- | トップページ | 放射能の危険性は本当? »