« マウスのES細胞から網膜組織、理研チームが世界初 | トップページ | 今回の地震で新幹線が脱線しなかった理由とは? 新幹線の被害を最小限にとどめたテクノロジー #jishin »

2011年4月 8日 (金)

三菱重工、世界の洋上風力発電に挑む

三菱重工、世界の洋上風力発電に挑む
2011/3/14 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。
ちょっと遅くなりましたが、紹介して
おきます。

---------------------------------------
 英国政府の主導で、2020年までに
合計32GW(ギガワット)もの大規模な洋上
風力発電を実現しようという計画
「Round(ラウンド)3」が進んでいること
を2011年2月3日付の本コラムで紹介した。

 先行する「ラウンド1」「同2」と
合わせて英国の全消費電力の3分の1を
賄い、世界中の風力発電企業の研究施設や
製造拠点を英国に集積させることで
一大産業に発展させようという同計画が、
世界の再生可能エネルギー産業に大きな
影響を与え始めている。

 今回は、ラウンド3に参画している唯一
の日本企業である三菱重工業の取り組みを
通じて、洋上風力発電の最先端で今、
何が起こっているのかをお伝えしたい。

■なぜ巨大プロジェクトに食い込めたのか

 洋上風力発電は、日本国内ではまだ
これからという再生可能エネルギーで、
国内企業で力を入れているところは少ない。
 しかも、国内ではよく名前が知られている
三菱重工だが、世界の風力発電分野において
は数多く存在する風力発電機メーカーの中の
1社としか見られていなかった。
 その同社が、英国のラウンド3のような
世界屈指のプロジェクトに食い込めたこと
には次の3つの理由がある。

 第1に、英国政府とのつながりをつくった
こと。
 同社は2010年2月、英国政府と大型の
洋上風力発電機の開発で提携した。
 英国に製造・開発拠点を置き、英国政府
から補助金の支援も受け始めている。

 第2に、英国電力大手のScottish and
Southern Energy社(SSE)と深い関係を
構築したこと。
 三菱重工は2010年7月、洋上風力発電
設備をはじめとする低炭素エネルギー
開発分野でSSEと開発協力することで合意
した。
 実はこのSSEが、今回のラウンド3
におけるDogger Bank(ドッガーバンク)
地区の主事業者なのである。
 具体的には、発電規模9GWの洋上風力
発電設備を担当している。
 英国での洋上設置に最適な大型風力発電機
をSSEと組んで開発することで、ラウンド3
で使う設備の受注を狙ったわけだ。

 第3に、風力発電機の大型化に対して
積極的な技術開発を進めていること。
 風車(タービン)が作るエネルギーは
羽根の直径の2乗に比例するので、大型化
すると出力が大幅に上がっていき、採算が
とりやすくなる。

■海洋国家の日本でも洋上風力は有望

 陸上も含めた風力発電全体では、米国が
2009年に首位だったが、2010年には中国が
抜き去って世界最大の風量発電市場と
なった。
 米国の5GWに対し、2010年のわずか
1年の新設分だけで中国は16GWもの風力
発電能力を備えたのだ。
 ちなみに16GWは、東北電力の設備容量に
相当する規模である。

 欧州では、英国に限らず、スウェーデン
(写真4)、デンマーク、ドイツでも
積極的に洋上風力発電の取り組みが進め
られている。
 フランスでも政府の支援の下、
ノルマンディー沿岸などで2020年までに
出力6GWの規模で発電する計画だ。
 これは事業規模で200億ユーロ
(約2兆2000億円)に達する
大型プロジェクトである。
 欧州の海では一定方向に強い風が吹く
ことが多いため、風力発電に適している
といわれる。

 このように世界で急速に進む風力発電の
プロジェクト。
 これに対して、日本の洋上風力発電は
どのような状況にあるのだろうか。

 日本の海の場合、「年間を通して
一定方向に一定量の風が吹く場所は
限られている。
 しかし、洋上は(陸上に比べて)風の
状態が安定しており、条件としては良い」
(日本風力発電協会の事務局長である
岩田陸氏)。
 日本は海岸線が長く、広大な海に囲まれた
島国であり、洋上風力発電による電力供給
のポテンシャルは高い。
---------------------------------------

世界は再生可能エネルギー開発に熱心
ですね。

>あのフランスでさえ、政府の支援の下、
>ノルマンディー沿岸などで2020年までに
>出力6GWの規模で発電する計画だ。
そうです。

日本では三菱重工、頑張っているようです。

英国は1/3の電力を風力で購うという、
かなり野心的な計画のようですが、電力の
安定化に対する工夫はどうしているので
しょうか?

英国付近は安定した風が見込めるので
可能ということなのでしょうか?

分散して配置するから大丈夫ということ
なのでしょうか?

基本的に電気は溜めておけないので、
ちょっと気になりますね。
工夫次第でなんとかなるということかな?

出来ない、出来ない。と言っていても、
それこそ出来ないわけですから、
挑戦しないといけない。

|

« マウスのES細胞から網膜組織、理研チームが世界初 | トップページ | 今回の地震で新幹線が脱線しなかった理由とは? 新幹線の被害を最小限にとどめたテクノロジー #jishin »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工、世界の洋上風力発電に挑む:

« マウスのES細胞から網膜組織、理研チームが世界初 | トップページ | 今回の地震で新幹線が脱線しなかった理由とは? 新幹線の被害を最小限にとどめたテクノロジー #jishin »