« 放射能の危険性は本当? | トップページ | 照明点灯時の消費電力増加は、気にしなくてもいいレベルらしい »

2011年4月27日 (水)

これまでで最も重い反物質、反ヘリウムが見つかる

これまでで最も重い反物質、
反ヘリウムが見つかる

2011年04月26日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米ブルックヘブン研究所 (BNL) の実験
により、ヘリウム 4 (4He) の反物質である
反ヘリウムが発見されたようだ。

 反ヘリウムは、既知の反物質としては
最も重いものとなる
(Brookhaven National Lboratory News
の記事より) 。

 BNL の重イオン加速器 RHIC による実験
で、ほぼ 10 億回の金原子核の衝突によって
生じた 5000 億の荷電粒子の軌跡を調べた
ところ、その中で 18 例だけ、
反ヘリウム原子核と思われるケース
(つまり陽子のほぼ 4 倍の質量で
電子 2 つ分のマイナスの電荷を持つ粒子)
が含まれていた。

 これは計算上予想される反ヘリウムが
生じる確率ともよく合うのだそうだ。

 なお、反ヘリウムよりも重い反原子核
(たとえば次の反リチウム) の生成確率は
非常に低いため、実験装置に何らかの
ブレイクスルーがない限り、人類に合成
できそうな反物質で一番重いのは今回の
反ヘリウムまでということになりそう
だという。

 BNL のプレスリリースにも書かれている
が、今年 2011 年は、金箔にα線
(ヘリウム原子核) を衝突させた実験の
結果から、ラザフォードが原子模型の着想
に至った 1911 年からちょうど 100 年目に
あたる。
 その記念的な年に、金の原子核の衝突実験
によって反ヘリウム原子核を見つけたという
報が出てくるのは面白い話である。
---------------------------------------

確かに、ちょうど 100 年目というのは
面白い話ですが、安定的に生成出来ないと
反物質の実験には使えません。残念。

|

« 放射能の危険性は本当? | トップページ | 照明点灯時の消費電力増加は、気にしなくてもいいレベルらしい »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51507217

この記事へのトラックバック一覧です: これまでで最も重い反物質、反ヘリウムが見つかる:

« 放射能の危険性は本当? | トップページ | 照明点灯時の消費電力増加は、気にしなくてもいいレベルらしい »