« Newton、Webにて放射線に関する記事を無償公開 | トップページ | 世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功 »

2011年3月20日 (日)

「半減期」について

「半減期」について
環境研ミニ百科

詳細は、リンクを参照して下さい。

また勉強です。
知っておいた方が良いと思います。

今回の事故で良く出てくる
ヨウ素131は、8.04日
セシウム137は、30.0年
です。

だからヨウ素131に限って言えば結構
早く放射線は出なくなるのですね。

この意味で、半減期は知っておかないと
いけないと思いますが、半減期が短い
からと言って安全というものではない
ようです。

>危険の度合いは、生物体内に取り込まれ
>易いかどうか、どの部分にたまり易い
>のか、どれ位生物体内にとどまって
>いるのか(生物学的半減期、前出)、
>どんな種類の放射線を出すのか、などの
>情報を総合して判断されるものです。
とのことです。

|

« Newton、Webにて放射線に関する記事を無償公開 | トップページ | 世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51170220

この記事へのトラックバック一覧です: 「半減期」について:

« Newton、Webにて放射線に関する記事を無償公開 | トップページ | 世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功 »