« 東日本大震災:「電波時計」に誤差 避難対象で停波 | トップページ | 原発・北西40キロ飯館村土壌からヨウ素117万ベクレル、セシウム16万3000ベクレル 文科省 »

2011年3月24日 (木)

放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委

放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委
2011年3月24日02時01分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力福島第一原子力発電所の事故に
関して、政府の原子力安全委員会
(委員長=班目まだらめ春樹・元東京大学
教授)は23日夜、放射性物質の拡散を
予測した模擬計算「SPEEDI
(スピーディ)」の結果を発表した。

 本来、事故発生時に住民が迅速に避難
するために利用するはずだったが、
東日本巨大地震による停電や計器故障で、
前提となる放射性物質の放出量が分からず、
避難に役立つ計算ができなかった。

 このため、安全委では20~22日の
原発周辺の大気中の放射性物質の観測結果を
もとに放出量を逆算。
 これを前提に、改めて放射性物質がどう
拡散するか計算した。
 23日午後9時にようやく結果を公表
したが、米エネルギー省が同日午前9時に
独自の計算結果を公表した後だった。

 計算は、事故後の12日から24日まで
ずっと屋外にいたと想定。
 最も影響を受けやすい1歳児が、大気中
に漂う放射性ヨウ素を体内に取り込んだ
場合の被曝ひばく量を予測した。

 その結果、現在避難や屋内退避の指示が
出ている同原発から30キロの範囲外でも、
一部の地域で被曝量が安定ヨウ素剤の
予防投与の対象になる
100ミリ・シーベルトを超える危険性が
あることが分かった。

 安全委は「100ミリ・シーベルトを
超えても健康に影響はない。
 しかも、屋内にいれば被曝量は屋外の
10分の1から4分の1になる」として
いる。

 安全委は、放出量を特定しない計算も
行っていたが、結果を公表せず、専門家の
批判を受けていた。
---------------------------------------

やっと発表したようです。
なんでこうも日本の専門機関は動きが遅い
のでしょうか?

>安全委は「100ミリ・シーベルトを
>超えても健康に影響はない。

本当ですか?
根拠は何によるのですか?
こんなに鈍感で良いのですか?
野菜類の出荷停止措置と偉い違い
ですね。
私にはこちらの方が安全なような
気がします。

続けて食べ続けるはずもない。
「生物学的半減期」の話もある。
政府にとって都合の良い話ばかり
では信頼できない。

国民の安全をどう考えているのでしょう?

>それでは、一度に浴びても安全装置が
>維持される限界の放射線量はどのくらいか
>というと、現在では、およそ200~250mSv
>程度というのが定説になっており、
>この線量までであれば急性の障害があると
>いうデータはない。
>ここで言う「一度」とは、一般的には数分
>とか数時間までぐらい、長くとも一日くらい
>の長さで考えればよいと思う。
>しかし、放射線量が100mSvをこえると
>リスクが上昇するのも事実である。
2011年03月20日 SYNODOS JOURNAL

>健康に明らかな影響が出る恐れが出る
>目安が100ミリ・シーベルトと
>されている
2011年3月22日 読売新聞

と言う話もありますが?

|

« 東日本大震災:「電波時計」に誤差 避難対象で停波 | トップページ | 原発・北西40キロ飯館村土壌からヨウ素117万ベクレル、セシウム16万3000ベクレル 文科省 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委:

« 東日本大震災:「電波時計」に誤差 避難対象で停波 | トップページ | 原発・北西40キロ飯館村土壌からヨウ素117万ベクレル、セシウム16万3000ベクレル 文科省 »