« X線の位相を利用した新しいX線装置を開発 | トップページ | 脳の血管内治療 今、これから 第3回 切らずに治す外科治療 血管内治療とはどのような治療? »

2011年3月10日 (木)

肝臓の病気、血液1滴で即判定 肝炎・がんなど9種類

肝臓の病気、血液1滴で即判定
肝炎・がんなど9種類

2011年3月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 1滴の血液からB型、C型肝炎、肝臓がん
など9種類の肝臓の病気を同時に判定できる
――。

 こんな診断法を、慶応大などのグループが
開発した。

 30分程度でわかるという。
 肝臓の病気は症状が表に出るまで時間が
かかるため、血液検査で早期発見できれば、
治療にもつなげられる。
 今後2~3年での実用化を目指すという。

 人間の血液内には、細胞の活動により
生まれる「代謝物」が約3千種類ある。
 慶応大先端生命科学研究所の
曽我朋義教授(分析化学)らは、
病気ごとに、この代謝物の種類、濃度が
異なることに着目。
 代謝物の違いなどを測定できる装置を
開発した。

 その上で、東大と山形大の協力を得て、
肝臓の病気を持つ患者ら237人の血液に
特徴がないか調べた。
 この結果、肝臓の病気には、5~10種類
程度の特定の代謝物があることが分かった。

 また病気ごとに濃度も違った。
 これらの特徴を比較することで、
まだ発症していないB型とC型肝炎、
B型とC型の慢性肝炎、薬剤による肝炎、
肝硬変、肝細胞がん、脂肪肝、
非アルコール性脂肪肝炎の9種類の違いを
ほぼ正しく見分けることに成功した。

 1回の測定に必要な血液量は
0.1ミリリットル程度で、費用も
2万~3万円ですむという。

 すでに特許を申請し、食品会社と契約、
製薬企業とも交渉中だ。

 現在、肝臓の病気は、複数の検査を
組み合わせて診断している。
 ウイルスの有無や画像診断のほか、
肝臓の組織をとって調べる方法などだ。

 研究成果は近く欧州肝臓学会誌電子版
に発表される。

 B型、C型肝炎の感染者は、国内に
300万人以上おり、曽我さんは
「この検査法なら、ウイルス感染の有無
だけでなく、病名もわかる。
 早期診断が可能になることで、多くの
命が救えるはずだ」と話している。
(岡崎明子)
---------------------------------------

良いですね。
素晴らしい。画期的です。

今までは、診断に時間も手間もかかった。
この方法は、時間もかからず病名も
分かるし、何より早期発見ができる。
期待したい。

|

« X線の位相を利用した新しいX線装置を開発 | トップページ | 脳の血管内治療 今、これから 第3回 切らずに治す外科治療 血管内治療とはどのような治療? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51083847

この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓の病気、血液1滴で即判定 肝炎・がんなど9種類:

« X線の位相を利用した新しいX線装置を開発 | トップページ | 脳の血管内治療 今、これから 第3回 切らずに治す外科治療 血管内治療とはどのような治療? »