« 「半減期」について | トップページ | ヒートショックタンパク質(HSP)誘導による網膜剥離の治療に向けて ゲラニルゲラニルアセトン(GGA)の持つ神経保護作用 »

2011年3月21日 (月)

世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功

世界初、レアアースレス磁石
(強磁性窒化鉄)粉末の
単相分離・生成に成功

2011年3月10日 東北大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NEDOの「希少金属代替材料開発
プロジェクト」に取り組んでいる東北大学
大学院電子工学専攻の高橋研教授
(NICHe兼務)、小川智之助教と
戸田工業(株)などの研究グループは、
これまで粉末として単相を分離・生成する
ことができなかった強磁性窒化鉄を合成
する手法を世界で初めて確立しました。

 強磁性窒化鉄は、現在最強の磁石とされる
ネオジム-鉄-ボロン磁石の性能を凌駕する
可能性のある物質で、この成果により
レアアース(希土類)を使用しない磁石の
実現に大きく近づくことになります。

 今後、強磁性窒化鉄の生成機構解明や
微細ナノ構造制御などを検討し、より高性能
な磁石材料設計を行う予定です。
 またスケールアップを段階的に進めながら
磁石メーカーとの連携を行い、
レアアースレス磁石・モーターの実用化検討
を進めます。

 なお、このプロジェクトの参加機関は、
東北大学、京都大学、千葉工業大学、
倉敷芸術科学大学、戸田工業株式会社、
帝人株式会社、トヨタ自動車株式会社、
(独)物質・材料研究機構、
(独)産業技術総合研究所(再委託)、
(財)電気磁気材料研究所(再委託)
の10機関です。

(参照URL)
NEDO Press Release
---------------------------------------

>強磁性窒化鉄は、現在最強の磁石
>とされるネオジム-鉄-ボロン磁石の性能
>を凌駕する可能性のある物質
とのことで希望が持てますね。

関連投稿
レアアース4割削減で強力磁石
…東北大など成功

もあり心強い。

|

« 「半減期」について | トップページ | ヒートショックタンパク質(HSP)誘導による網膜剥離の治療に向けて ゲラニルゲラニルアセトン(GGA)の持つ神経保護作用 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51179180

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功:

» 株の配当 株配当入門 [株の配当 株配当入門]
株の配当の解説しています。 [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 18時57分

« 「半減期」について | トップページ | ヒートショックタンパク質(HSP)誘導による網膜剥離の治療に向けて ゲラニルゲラニルアセトン(GGA)の持つ神経保護作用 »