« 耐久性優れた色素増感太陽電池開発 | トップページ | iPS細胞から血液のもと、効率よく作製 都臨床研 »

2011年3月 1日 (火)

心筋幹細胞で世界初の心臓の再生治療を実現

特集記事:心筋幹細胞で世界初の心臓の
再生治療を実現

2011年02月24日 naturejapanjobs

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 京都府立医科大学大学院医学研究科
循環器内科学 松原弘明教授

 世界で初めての自己心筋幹細胞を用いた
心筋再生治療の臨床試験が京都府立医科大学
で2010年から始まっている。

 第1例の患者さんは、急性心筋梗塞で2月に
入院、重症の心不全に陥ったが、6月に
冠動脈バイパス手術と同時に自己心筋幹細胞
を壊死した心筋組織に注入、胸痛や動悸が
改善し、外出もできるようになり、7月に
退院した。
 現在のところ、大きな副作用もなく、
経過は良好だ。

 この臨床試験の指揮を執っているのが、
同大学循環器内科の松原弘明教授。
 1994年に同大学に着任以来、心筋や血管の
細胞の再生を研究してきた。
 その前のハーバード大学留学中は不整脈に
関わるカリウムチャンネル、帰国後は血圧を
司るレニン-アンジオテンシン系のARB受容体
を研究していたが、「臨床に近いと思われる
テーマでも、研究のための研究をしている
ようで、直接患者さんの治療に結びつかない
ことをもどかしく感じていた」という。

 最初に手がけた再生医療は、骨髄細胞を
使う治療法だった。
 末梢血中に血管内皮前駆細胞が発見されて
から、末梢血よりも骨髄からなら血管を作る
細胞の単離が容易ではと考え、当時、久留米
大学医学部に在籍していた室原豊明氏
(現・名古屋大学教授)らと1998年から研究
を始めた。

 骨髄細胞から幹細胞を含む単核球分画を
単離し、下肢や心筋の虚血を起こした部分
に移植する方法を開発、2000年7月、
バージャー病と閉塞性動脈硬化症の
自己骨髄細胞移植による血管再生療法
(Therapeutic Angiogenesis using Cell
Transplantation:TACT)をスタートし、
2002年には“Lancet”に論文が掲載された。

 この治療法は高度先進医療
(現・先進医療)として認められ、全国26
の医療機関で実施されており、下肢の血管
治療の症例数は京都府立医大だけで200例を
超えている。

 約150例の長期予後の観察でも安全性と
有効性が確認された。
 松原教授らは、さらに心筋再生治療の
臨床試験でも心筋再生に成功している。

 一方で、心筋幹細胞を使う方法は、
心筋幹細胞の発見者である王英正氏
(現・岡山大学教授)らと研究を重ね、
まず心筋幹細胞の単離と増殖の技術を確立
した。
 ただ、心筋幹細胞をそのまま心臓の虚血部
に移植しても死滅する率が高い。
 そこで、移植後の心筋幹細胞の死滅を防ぐ
因子として線維芽細胞増殖因子(bFGF)を
発見し、これを徐放するゼラチンの
特殊シートを2006年に開発、移植後に患部に
貼り付けることで残存率を移植1カ月後で
約6割、4カ月後で約4割まで高めた。

 実施中の臨床試験は第Ⅰ相の安全を確認
する試験で6例を予定、3例目を今年2月に
実施した。
 「1例目は心筋の収縮力が冠動脈バイパス
手術のみの例と比較して10%以上上がり、
目標通りだった。
 何よりも梗塞層が半分以下に減っている
のに驚いた」と松原教授。
 1年半ほどで第Ⅰ相試験を終え、有効性を
確認する第Ⅱ相試験に入る計画だ。
 近いうちに対象疾患を心筋梗塞から心筋症
に拡げることを目指す。
 「とくに心臓移植を待っている子どもたち
に、移植まで待てる時間を伸ばすことに貢献
できれば」と松原教授は抱負を述べている。
Tokushu501

---------------------------------------
良いですね。
>自己心筋幹細胞を壊死した心筋組織に注入
する方法のようですね。

これに加えて
>線維芽細胞増殖因子(bFGF)を発見し、
>これを徐放するゼラチンの特殊シートを
>2006年に開発、移植後に患部に貼り
>付けることで残存率を移植1カ月後で
>約6割、4カ月後で約4割まで高めた。
治療法のようです。

開発フェーズとしては、
>1年半ほどで第Ⅰ相試験を終え、
>有効性を確認する第Ⅱ相試験に
>入る計画だ。
のようです。

再生医療がいよいよ臨床の場入って
きましたね。素晴らしいことです。
期待しましょう。

2011年2月24日にも、
サウジ男性、足の筋肉細胞培養し
心臓機能回復

というニュースがありました。


|

« 耐久性優れた色素増感太陽電池開発 | トップページ | iPS細胞から血液のもと、効率よく作製 都臨床研 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51003225

この記事へのトラックバック一覧です: 心筋幹細胞で世界初の心臓の再生治療を実現:

« 耐久性優れた色素増感太陽電池開発 | トップページ | iPS細胞から血液のもと、効率よく作製 都臨床研 »