« コメ減反「段階的廃止」 民主、農業改革素案に明記 | トップページ | 再生医療(1)培養表皮 重症やけど救う »

2011年3月 3日 (木)

医師らへの資金提供、情報公開へ指針 製薬工業協会

医師らへの資金提供、情報公開へ指針
製薬工業協会

2011年3月2日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本製薬工業協会(会長=長谷川閑史
〈やすちか〉・武田薬品工業社長)は2日、
大学や医師らへの資金提供について、
加盟製薬企業に情報公開を求める指針を公表
した。

 自社の医薬品を説明する講演会などの
講師謝礼や原稿料は医師の個人名まで
公開する。

これまで企業と医師の関係の
不透明さが問題にされてきたが、企業が
自ら情報公開することで透明性の確保を
目指す。

 産学連携が進む中、製薬企業が大学や
病院に研究費や寄付金を提供したり、医師に
講師謝礼や原稿料を支払ったりする例が
少なくない。

 治療では患者にとって最も有効で安全な
薬が選ばれるべきなのに、資金提供した
企業に有利なように医師の意見が偏ると、
患者の不利益になり、医療をゆがめる
ことになる。

 研究者にとって、科学的中立性を保つ
責任と、個人や組織の利益が相反する
「利益相反」の状態が生じることになる。

 指針が公開を求めるのは、
(1)大学や病院に提供する研究開発費の
   費目別の年間総額
(2)奨学寄付金などの寄付先と金額
(3)自社医薬品の説明会費用の総額など。
   自社の医薬品に関する講師謝礼や
   原稿料などは「○○大学○○科
   ○○教授○○件○○円」と個人名
   まで示す。
 個人名の情報公開には医師らの同意を
得ることにした。

 2012年度の情報を13年度に公開する
ことを目指す。
 指針をもとに、加盟各社が独自に詳細な
ルールを作る。
---------------------------------------

良い流れですね。

とにかく不透明なのは良くない。

これでかなり、どの製薬会社とどの大学の
どの教授とつながりがあるのかわかって
来て意見の正当性に対する評価もしやすく
なると思います。

スポンサーに対してはバイアスが
少なからずかかるはずですから、

不透明の典型が政治家の機密費かな?

>オバマ大統領が進めた医療保険改革法に、
>製薬企業による資金提供の情報公開が
>盛り込まれた。
日本の首相はどうしてこうも存在感が無い
のかな?

|

« コメ減反「段階的廃止」 民主、農業改革素案に明記 | トップページ | 再生医療(1)培養表皮 重症やけど救う »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51020736

この記事へのトラックバック一覧です: 医師らへの資金提供、情報公開へ指針 製薬工業協会:

« コメ減反「段階的廃止」 民主、農業改革素案に明記 | トップページ | 再生医療(1)培養表皮 重症やけど救う »