« 中国の奇病~致死性ウイルス特定される | トップページ | ナノダイヤが有効ながん治療になるかもしれない-ノースウェスタン大学 »

2011年3月30日 (水)

三次元構造のフィルムで充電時間を大幅に短縮

三次元構造のフィルムで充電時間を
大幅に短縮

2011年03月24日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 電気自動車の普及を阻害する要因として、
一回の充電にかかる時間の長さが挙げられる
が、米イリノイ大学がこの問題を解消し得る
技術を開発したそうだ
(gizmag の記事、本家 /. 記事より) 。

 活物質をフィルム状にすることにより
充電と放電のスピードを格段に向上させる
ことが可能なことは従来から分かっていた
が、このようなフィルムは大量の電気を
蓄えることが難しかったとのこと。

 今回開発された電池では三次元構造の
フィルムを実現することにより蓄電量を
大幅に増やすことに成功したそうだ。

 リチウムイオン電池やニッケル水素電池、
その他どのような電池にも応用できる技術
だそうで、大容量化も可能という。

 デモでは従来の充電池と比較して
10~100 倍の速さで充電できることが
示されているとのこと。

 電気自動車においては、一回の充電に
おける走行距離が例え短かったとしても
短時間で充電できるのであれば利便性の
向上が期待できるとのことだ。
---------------------------------------

10~100 倍の速さというのは凄いですね。

10時間だったのが1~0.1時間で充電完了。
素晴らしい。 6分で充電完了とは、

|

« 中国の奇病~致死性ウイルス特定される | トップページ | ナノダイヤが有効ながん治療になるかもしれない-ノースウェスタン大学 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51255354

この記事へのトラックバック一覧です: 三次元構造のフィルムで充電時間を大幅に短縮:

« 中国の奇病~致死性ウイルス特定される | トップページ | ナノダイヤが有効ながん治療になるかもしれない-ノースウェスタン大学 »