« パーキンソン病の薬、アルツハイマーに効果? 九州大 | トップページ | 特捜調べ録画―誰のための可視化か »

2011年3月 5日 (土)

レアアース使わず強力磁石、モーター4割小さく

レアアース使わず強力磁石、
モーター4割小さく

2011年3月4日01時44分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 レアアース(希土類)を使わない永久磁石
の原料となる金属粉末を大量生産する技術を
東北大学と金属製造会社「戸田工業」
(広島県)のチームが開発した。

 粉末を固形に加工すれば、電気自動車用
のモーターなどを安価に製造できると期待
される。2020年代の実用化を目指す。

 ハイブリッド車やエアコンのモーターに
使う強力な磁石のほとんどは、鉄のほかに
希土類のネオジムとジスプロシウムを
使っている。だが、採掘量の少ない希土類
は高価なうえ、輸入量が産出国の思惑に左右
されやすい欠点があった。

 研究チームは、高い磁力があるものの
大量生産が難しく、実用化が進まなかった
窒化鉄に着目。
 原材料を溶解して焼き固める従来の方法
ではなく、原材料が酸化しないよう工夫して
化学合成したところ、希土類を含む磁石と
同等以上の磁力を持つ直径1万分の1ミリ
程度の窒化鉄の粒子ができた。

 代表者の高橋研・東北大教授は「窒化鉄
の粒子は磁力が強く、モーターを今より
4割小さくできる。
 固形化技術を開発して、ぜひ実用化
したい」と話している。
---------------------------------------

>希土類を含む磁石と同等以上の磁力を持つ
とは素晴らしいですね。

ただ、2020年代の実用化を目指す。
というのがちょっとね。

以前投稿した関連記事です。
レアアース4割削減で強力磁石…
東北大など成功

頑張ってます。

|

« パーキンソン病の薬、アルツハイマーに効果? 九州大 | トップページ | 特捜調べ録画―誰のための可視化か »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51038215

この記事へのトラックバック一覧です: レアアース使わず強力磁石、モーター4割小さく:

« パーキンソン病の薬、アルツハイマーに効果? 九州大 | トップページ | 特捜調べ録画―誰のための可視化か »