« 福島第1原発:放射線の蓄積、注視必要 累積被ばく問題も | トップページ | 放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」 八代嘉美 »

2011年3月23日 (水)

放射性物質の拡散予測公表せず、批判の声

放射性物質の拡散予測公表せず、批判の声
2011年3月23日01時52分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 福島第一原発の事故で、文部科学省が
行った放射性物質の拡散予測の結果が公表
されていないことに、専門家から批判が
上がっている。

 今回のような事故を想定して開発された
システムだが、「生データを公表すれば誤解
を招く」として明らかにされていない。

 このシステムは「SPEEDI
(スピーディ)」と呼ばれ、炉心溶融に
至った1979年の米スリーマイル島の
原発事故を踏まえ、開発が始まった。
 現在も改良が進められ、2010年度
予算には7億8000万円が計上された。

 コンピューターで原発周辺の地形を
再現し、事故時の気象条件なども考慮して、
精密に放射性物質の拡散を予測する。

 今回の事故でも、原発内の放射性物質が
広範囲に放出された場合を計算。
 政府が避難指示の範囲を半径20キロ・
メートルに決める時の判断材料の一つと
なった。

 住田健二・大阪大学名誉教授は
「拡散予測の結果を含め、専門家が広く
議論し、国民が納得できる対策をとれる
よう、情報を公開すべきだ」と批判する。
---------------------------------------

同感です。
何故公開しない?

そんなに予測精度が悪いのでしょうか?

事実、汚染は広がっているでは
ありませんか?

公開すると避難すべき地域が広がって、
政府にとって都合が悪いことが増える
からでしょうか?

人の安全はどう保証するつもりなので
しょうか?

>生データを公表すれば誤解を招く
どんな誤解でしょうか?
良く理解できません。

|

« 福島第1原発:放射線の蓄積、注視必要 累積被ばく問題も | トップページ | 放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」 八代嘉美 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質の拡散予測公表せず、批判の声:

« 福島第1原発:放射線の蓄積、注視必要 累積被ばく問題も | トップページ | 放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」 八代嘉美 »