« 石油元売り、ガソリンなど緊急出荷 被災地へピストン輸送 | トップページ | 福島第1原発に東北電送電線からの受電ケーブル敷設へ 保安院 »

2011年3月16日 (水)

福島第1はスリーマイルより深刻な「レベル6」 仏当局

福島第1はスリーマイルより深刻な
「レベル6」 仏当局

2011/3/15 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 フランス原子力安全機関(ASN)の
当局者は15日、福島第1原子力発電所の
事故について、国際原子力事象評価尺度
(INES)で上から2番目に重大な事態
である「レベル6」に相当するとの見解を
明らかにした。

 ロイター通信などが伝えた。
 過去に最も深刻な「レベル7」となった
のは1986年のチェルノブイリ原発事故のみ。
 79年の米スリーマイル島の原発事故は
「レベル5」だった。

 公的な機関として原子力の安全性を監視
するASNの当局者は、福島第1原発の
設備の損傷などを踏まえて認識を厳しく
した。原子力安全・保安院は暫定的な評価
として「レベル4」に匹敵するとしてきた。
---------------------------------------

まだ途中経過なので、ハッキリしませんが、
そうかも知れません。
なんでこうも事故に対する東京電力の説明は
曖昧なのでしょうか?

事実は隠したところで事実なのです。
いずれ明るみに出るものです。

例えば気になるのは、
~否定できない。とかいう言い方をする。

否定出来ないとは、可能性があるという
ことで、何故そう言わないのか?
確率的な問題があるとすれば、可能性は
あるがそうなる可能性は極めて低い。
と言えば良いはず。

なんともはぎれの悪い言い方しかしない。
これで、不安を払拭できていると思って
いるのだろうか?

これでは不安をますますあおっている
としか言いようがない。

事実も当初言ってきたこととは違い
状況は悪い方向に向かっている。

どういうことなのか?
どうしてもっと明快に言えないのか?

原子炉を冷却するポンプの電源が
途絶えてしまったのがそもそもの原因なの
ではないのでしょうか?

そうであるのなら、電源復旧のための
何かしらの活動があっても良いはずなのに
なんの説明もない。

起こってしまった事象に対して言い訳
めいた話しかしない。

起こってしまった事故を収束するために
有効な手段が幾つあって、そのいくつかある
手段の一つ一つについて、いま何人かけて、
どうして行こうとしているのかという説明が
いっさいない。
どうなっているのか?

そもそも崩壊熱というものがあることを
知りませんでした。原発を作った時にその
説明を市民に対してしたのでしょうか?

原子炉は、制御棒を挿入すればその時点で
核分裂は止まり即安全な状態になるもの
だと思っていたら、実は違うのですね。
核分裂を止めても崩壊熱は当分発生し続け
継続的に冷却しなくてはいけないものなの
だということを初めて知りました。

ならば継続的に冷却するために必要な
電源は原子炉の安全を保つ為に絶対に
欠かせないもの、その電源の確保に
どの程度の配慮がされたのでしょうか?
結果を見る限り配慮が足りないとしか
思えない。

外からの電源がとれない状態になった
時に唯一頼りにされる発電機とその燃料
タンクは当然高い位置にあってしかるべき
です。海岸の近くにあるのですから、
どの程度の津波を想定していたので
しょうか?

地震ばかりにしか頭が行っていなかったと
いうことはないのでしょうね?

今回の事故は初歩的な配慮が欠けていた
ことが原因としか思えません。
情けない事故だと思う。

地震だけならたいしたことはなかったはず。
私の家でさえ大丈夫だった。
まして原発。耐震性はずっと高い。
津波でバックアップ電源が使えなくなった。

こんなことで安全な原子力発電所を本当に
建設できるのだろうか?
今までの経験が生かされていたのだろうか?
疑問を感じます。

関連記事です。
福島原発「レベル6接近、7の可能性も」
米研究所

>ISISは、2号機での爆発や
>4号機建屋からの出火を受け「状況は
>大幅に悪化している」と説明。
>「国際社会は緊急事態を阻止するため、
>日本への支援を強化する必要がある」

米GE、注水支援に電源車10台
東電の要請受け日本移送

>GEと日立製作所の原子力事業合弁会社
>であるGE日立ニュークリア・エナジー
>によると、提供するのは発電用ガス
>タービンをトラックに搭載した移動
>電源車。10台で合計280メガワットの出力
>があるという。


|

« 石油元売り、ガソリンなど緊急出荷 被災地へピストン輸送 | トップページ | 福島第1原発に東北電送電線からの受電ケーブル敷設へ 保安院 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1はスリーマイルより深刻な「レベル6」 仏当局:

« 石油元売り、ガソリンなど緊急出荷 被災地へピストン輸送 | トップページ | 福島第1原発に東北電送電線からの受電ケーブル敷設へ 保安院 »